ホーム おでかけ特集

おでかけ特集

Blueberry Kingdom Michiganブルーベリー王国ミシガン

ブルーベリー王国ミシガン

7月はブルーベリー狩り (blueberry U-pick)の季節。あの紺青色の丸いツブツブの形をした果物は、黒い真珠をちょっと連想させるようで、とびきりの魅力があると思いませんか? あの実を詰めたパックが店頭に並ぶと、私はいつも、買わずにはいられない。
Dearborn, Michigan Cuisine移民の国アメリカで異国料理~その5:Dearborn, Michigan 2

移民の国アメリカで異国料理~その5:Dearborn, Michigan

Dearbornは、アメリカの中で最も多くアラブ系アメリカ人が住む街。このエリアには、数々の中近東レストランはもとより、アラブアメリカン・ナショナル博物館、中近東スーパーマーケット、また、チャーミングな中近東ベーカリーが続々と並ぶ。ミシガンに居ながらにして中東諸国を探索できる。多数のお店がある中から米人にもポピュラーな数か所をご紹介。
人気恒例イベント Arts, Beats & Eats と ローヤル・オークのブリューワリー 3

人気恒例イベント Arts, Beats & Eats と ローヤル・オークのブリューワリー

夏はミシガンの季節。日本とは違い、焼け付くような太陽の日差しのもと、楽しいイベントが目白押しだ。ちょっと早いと思うかもしれないが、9月最初のLabor Day Weekendのイベントのチェックはいかが。レーバーデー明けからは現地の学校が新学期を迎える。夏の最後の彩りを楽しもう。
日本語の学習のモチベーションの向上に成果あり~「サマーキャンプ in ぎふ」を振り返って 4

日本語の学習のモチベーションの向上に成果あり~「サマーキャンプ in ぎふ」を振り返って

日本の里山で毎年実施している日本語・日本文化体験学習プログラム「サマーキャンプ in ぎふ」(米日教育交流協議会主催)は11年目の実施を無事終了しました。7月1日から7月11日に予定していた第1期は都合により実施しませんでした。
北陸新幹線を利用して〜②金沢編北陸新幹線を利用して〜②金沢編 4

北陸新幹線を利用して〜②金沢編

金沢は、この3月の北陸新幹線の長野―金沢間開業によって、東京から最短で2時間28分の身近さになった。それを実現させた北陸新幹線の車両は、伝統文化と未来をつなぐ「“和”の未来」がデザインコンセプト。環境配慮やバリアフリーの装備や乗り心地アップをめざしたシステムなどのテクノロジーに加えて、日本の伝統を表現した内装が施されている。普通車のシートとグリーン車のカーペットが格子柄、グランクラス車(グリーン車の上レベル)のデッキパネルは日本の四季をモチーフ、など、和柄がお洒落。プラス、普通車でさえも、なかなかゆったりとした空間。デッキや洗面台もモダンなデザインで、広々としている。
住宅街に近いミニ・カントリー・ビレッジ住宅街に近いミニ・カントリー・ビレッジ 1

住宅街に近いミニ・カントリー・ビレッジ

1900年代のこの地域の一般的な建築スタイルを保存している歴史村。自然の水と木々に囲まれた11エーカーの敷地に、教会、学校、宿、金物屋など、そして3件の家屋が集まっている。内部の見学や建物の説明を含むツアーは定期的には提供されていないが、グループによる予約を受け付けている。
Michigan Apple Cider MillsMichigan Apple Cider Mills: 昔ながらのミルで絞る旬のアップルサイダー 5

Michigan Apple Cider Mills: 昔ながらのミルで絞る旬のアップルサイダー

ミシガンは言わずと知れたリンゴ王国。ミシガン州内3万7千エーカーの土地に2千万本以上というピンとこない 程のリンゴの木があるそうだ。訪問可能なサイダーミルが100以上あり、デトロイト近郊にも数多くおり、中には ヒストリカルな果樹園やサイダーミル(リンゴの絞り機)が数カ所ある。今回は、その中から住宅街に比較的近い 4カ所を紹介。タイムトリップしたような空間や、昔ながらの手法で絞ったアップルサイダーは心も体も和ませてく れる。リンゴ狩りには少々遅いが、紅葉を楽しみながら訪れてはいかが?
ハリウッド(CA,USA)、オーランド(FL,USA)、大阪(日本) ユニバーサル・スタジオ比較 1

ハリウッド(CA,USA)、オーランド(FL,USA)、大阪(日本) ユニバーサル・スタジオ比較

期せずして、というか、誘われるままに、今年、3カ所のユニバーサルスタジオを訪れたので、印象と主観が入った感想文のような紹介を書かさせていただきます。半年経って、もう消えたアトラクションもあるので、情報は既に古いかもしれませんが、ご了承のほど願います。 *文中、ハリウッド:USH、オーランド:USF、大阪:USJを使って記載。
Fall Colours in Washington D.C. AreaワシントンDC方面の紅葉 2

ワシントンDC方面の紅葉

先月号ではカナダの首都であるオタワを含めた紅葉の旅について紹介したが、今回はアメリカの首都ワシントンDCを含む東南部の紅葉について。住んでいる国の方が後回しになったが、紅葉シーズンはカナダのメープル街道方面より1ヶ月からそれ以上遅いので、色づく順序ということで納得いただきたい。いわずもがなであるが、地理条件、年によってピークの時期がかなりずれるので、ネットのブログ等で調べるか宿泊先に問い合わせてオンタイムの情報を入手することをお薦めする。
フロリダのガーデン 1

フロリダのガーデン

同じ北米とはいえミシガンとは気候の異なるフロリダに行って、テーマパークや遊園地で過ごすだけではもったい! 昨年6月号では、マイアミ西方の湿地帯のサファリ“Billie  Swamp Safari”をフロリダ在住経験者の方が紹介してくれたが、今回は穏やかに南の自然を楽しむことができる施設を2カ所紹介したい。
「なばなの里 イルミネーション」+花 鑑賞レポート 6

「なばなの里 イルミネーション」+花 鑑賞レポート

弊紙2016年12月号で日本のイルミネーションに関する記事を掲載したが、その中で触れた夜景鑑賞士と一般投票によるライトアップのランキングで2016年に第1位に輝いた「なばなの里」のことが気になり、この4月に訪れた。今年のイルミネーションは5月7日までだが、今後の情報としてお届けしたい。
ポートランド散策 - Portland, Oregon 5

ポートランド散策 – Portland, Oregon

アメリカで最も住みやすい街の1位に選ばれているポートランド。観光で訪れる魅力はどうなのか。米国内の旅行雑誌でも多く取り上げられ、訪れたい土地の第1位に選ばれたこともある人気のこの街に、近年、日本からも観光客が多く押し寄せているという。
Traverse City, MichiganTraverse City, Michigan 自然の彩りとアクティビティを楽しむ 6

Traverse City, Michigan 自然の彩りとアクティビティを楽しむ

デトロイト近郊の住宅街でさえ木々の秋色を楽しむことができ、公園や湖畔に足を伸ばせばダイナミックな彩りを充分堪能できるので“紅葉狩り”にわざわざ出かける人は多くないが、トラバース・シティーの周辺の紅葉は格別。湾や大小の湖といった変化に富んだ地形と豊かな森、そして湖水の輝きが美しい秋色の景色を生み出す。

歴史あるRomeo付近の新情報

Romeoはデトロイトから延びる州道M-53にある町。開基は1813年でVillage of Romeoになったのは1838年。もともとはネイティブ・アメリカンの冬季のキャンプ地だった。今回は、8月下旬からのイベントとRomeo周辺のサイダーミルとブリューワリー、イベントの紹介。
Santa Barbara, CA 3

Santa Barbara, CA

北米で一番美しい街、宝石のような街とさえいわれるサンタバーバラ Santa Barbaraはロスアンジェルスの北西、大西洋岸のサンタイネス山脈というなだらかな丘陵にかこまれた、カルフォルニア有数のビーチリゾートだ。白壁にテラコッタ(オレンジ色っぽいレンガ)屋根の南スペイン風な家や店が立ち並んでいる。 観光スポットやレストラン、ショップはダウンタウンの目貫通りState St.周辺に集まっている。こじんまりとしたダウンタウンで、ビーチから徒歩20分程度。ビーチにはワーフやハーバーなど、海辺らしい爽快な景色があり、目抜き通りは高級ブランドショップも多い洒落た雰囲気があり、優雅な、大人の街という感じ。 街の美しさの理由は、悲しいかな1925年に起きた地震でかなりの建物が崩壊し、復興にあたって「街の建物をスペインのアンダルシア風に統一する」という計画を市が推進し、さらには建物階数、屋根と壁の色などに規制を設けたためだという。自然と調和しつつ、洗練された、テーマパークかのような統一感のある街が誕生し、今に至っている。北米一かどうかの判断はしかねるが、美しい街であるのは確か。 観光スポットをざっと見るだけならば1,2時間で回れるサイズの街だが、周辺にはデンマーク系の街やワイナリーもあり、余裕があれば1泊したいところ。 ロスアンゼルス空港から100マイルほどの距離で、観光ブックには「L.A.から車でわずか2時間」と記載されていたが、ロスアンゼルス周辺の渋滞は相当なもので、途中の道路も主要ハイウェイは1本であるため混みがちで、夕方の帰路は3時間以上かかってしまった。 サンタバーバラ観光は歩いても回ることができ、トロリーやシャトルも運行しているので、 アムトラックやバスで訪れるのも一案。 観光案内所はビーチ近くにあり、ダウンタウンの目貫通り寄りに位置するアムトラック駅との間には開放的なレストランや気取らないショップが点在していて、ダウンタウンとは別のリラックスした雰囲気が感じられる。海岸線にはパームツリーが並び、行楽地ムードの強いサンタモニカのビーチとは違う良さがある。 ☆おもな見どころ ステート・ストリート  State St. 西海岸最古の桟橋スターンズ・ワーフに繋がる メインストリートがステート通り。街路樹と花が美しい通りに沿って、お洒落なレストラン、高級ブランドショップ、センスの良いブティックなどが軒を並べている。 サンタバーバラ郡裁判所 Santa Barbara County Courthouse 1929年の建造以来、郡裁判所として使用されている。街の中心地プレシディオから北に2ブロックのところにある。内部見学も可能。ひときわ目立つ白い時計台はダウンタウンで一番高く、街並みを展望することができる。 オールド・ミッション・サンタバーバラ Old Mission Santa Barbara スペインのミッションによって建てられた200年以上続くこの教会は2つの鐘楼を持つ巨大なもので、今なお現役。サンタバーバラの町から山に向かって登ったところにある。一帯がヒストリカルパークとして保存されている。 サンタバーバラ・ハーバー サンタバーバラ・ハーバーには、クラムチャウダーやフィッシュ&チップなどのシーフードが美味しいレストランがある。ハーバー前のMaritime Museumでは、この地と海の歴史を知ることができる。 ☆その他 セグウェイのレンタルのほか、ビーチでのバドルボートなどのレンタル、サーフィンクラスなど、ウォーターアクティビティーのビジネスも充実している。ホエールウォッチング、周辺のワイナリーやワインセラーを巡るツアーもある。  
Traverse City - Beautiful Spring and Early Summerトラバースシティー春から初夏の魅力 6

トラバースシティー春から初夏の魅力

トラバースシティーに訪れる多くの旅行者は真夏を選ぶが、市の北側Grand Traverse Bay 周辺が最もチャーミングな装いをするのは春と秋。
アイスランドで オーロラ鑑賞 2

アイスランドで オーロラ鑑賞

今年(2017年)の年明けごろ、周囲の人たちから、「アイスランドを旅した」という話がいくつも耳に入り、その理由と魅力を探りはじめてすぐに、3月の航空券を手配した。
ミシガン州のビール産業とブリューワリミシガン州のビール産業とブリューワリ 4

ミシガン州のビール産業とブリューワリ

夏本番に入るミシガンでは、気温が華氏90度(摂氏32度強)になり、乾いた空気のもと暑い日差しが降り注いだ一日の終りにはビールがいいと思う人も多いでしょう。あまり知られてはいませんが、ミシガン州とビールには思わぬ縁があったのです。
A Cherry Story From The Cherry Kingdomチェリー王国からチェリーの話 2

チェリー王国からチェリーの話

エデンの園(旧約聖書の『創世記』に登場する理想郷)を例外として、トラバースシティーほど果実に密接な土地を挙げるのは難しい。その果実こそがチェリーである。
Visit Cleveland Ohioクリーブランド探索コース 2

クリーブランド探索コース

オハイオ州といえば、まず思い浮かぶのがシーダーポイントだが、実はオハイオには、シーダーポイントの他にミシガンから一足のばして行ってみたい、そんなスポットがたくさんある。今回は、そのおすすめスポットのひとつ、クリーブランドをご紹介。クリーブランドはミシガン州の南東に位置する街。デトロイトからクリーブランドまで車で約2時間半。クリーブランドへは日帰り、または、一泊コースがおすすめ。