King Spa - Chicago, IL 6

King Spa – Chicago, IL

遅ればせながら、シカゴの日本人にも大人気という韓国スパKing Spaを訪れた。 家族で行っても息子とは別々だし、友人と裸でお風呂は・・・と躊躇していたが、意を決して探検に!予想外に、くつろぐ場を含めて男女兼用のスペースが多く、ボーっといる時も含めてかなりの時間を費やすことができる施設で、デートや家族連れでも楽しめることが分かった。
Umacamon Japanese Kitchen - Chicago, IL 1

Umacamon Japanese Kitchen – Chicago, IL

ミシガン拠点の弊紙がシカゴのレストランをレボートするのは初めて。夏に開店したばかりの日本食レストラン『うまかもん』を取り上げた理由は、ミシガンやオハイオから日本食材や日本書籍、日本酒を買い出しに行くMitsuwa(ミツワマーケットプレイス)から1.5マイル程と近く、そして、昼は洋食屋、その後はスイーツを出すカフェとなり、夜は居酒屋と様変わりする、言わば3倍楽しめるお店であるため。
フロリダのガーデン 1

フロリダのガーデン

同じ北米とはいえミシガンとは気候の異なるフロリダに行って、テーマパークや遊園地で過ごすだけではもったい! 昨年6月号では、マイアミ西方の湿地帯のサファリ“Billie  Swamp Safari”をフロリダ在住経験者の方が紹介してくれたが、今回は穏やかに南の自然を楽しむことができる施設を2カ所紹介したい。
デトロイト動物園のイルミネーション Wild Lights 4

デトロイト動物園のイルミネーション Wild Lights

デトロイト動物園のホリデーシーズン特別イベント。500万以上のLEDライトが、木々や建物、そしてワイヤーで作られた100以上の動物や蝶が電光で輝く。数メートルあろうかというレインディアも!
Dragonmead Microbrewery - Warren, MI 1

Dragonmead Microbrewery – Warren, MI

「50年後に残るビジネスを」と、共同オーナー3人が考えた結果出した答えは「Brewery」だった。人々の好みはそれぞれに違うから、少ない生産量でバラエティーに富んだビールを提供する。それがDragonmead Microbreweryのポリシーだ。

SEA LIFE Michigan Aquarium – Auburn Hills, MI

Great Lakes Crossing Outletsモールの中にある室内水族館。規模はさほど大きくはないのだが、大きいものではサメやエイ、小さいものはタツノオトシゴやクラゲなど、5,000以上という展示数はかなりのもの。迷路のような順路で、同じ水槽を横からも逆側からも鑑賞したり、魚眼レンズ式のガラスを通して見たり・・・と、見ごたえもなかなか。
Three Ceders Farm - Northville Township, Michigan 1

Three Ceders Farm – Northville Township, Michigan

多くの日本人が住んでいる Ann Arbor とNoviの間に、カントリームードに溢れる農場がある。ゲートで案山子たちが手を上げてお出迎え。納屋やGeneral Store(何でも屋)の周りの飾りがカントリー調に凝っている。ヤギやニワトリがいる小屋がストアーや学校の形をしていて動物村のようでユニーク。
Redford Theatre - Detroit, Michigan 2

Redford Theatre – Detroit, Michigan

Redford Theatre は1928年1月の創業以来一度も閉鎖されることなく経営されてきた由緒ある劇場で、非営利組織 Motor City Theatre Organ Societyの所有・経営と、スタッフ全員のボランティア活動により存続する、フルサイズステージに1600席以上の映画館及びイベントホールである。
ASCENSION Brewing Company - Novi, Michigan 1

ASCENSION Brewing Company – Novi, Michigan

NoviにできたAscension Brewing Companyは今年7月のオープンで1週間でビールが売り切れ一時休業した“伝説”を作った。BrewチームのJoeyは「ビールを楽しんでもらえる、誰からも愛される場所を作りたい」と言う。
『 Back-to-School … for Parents! 』学校生活についてのセミナー 1

フレデリックマイヤーガーデンズ&彫刻公園 ー 日本庭園で茶の湯 ー

グランドラピッズ市にあるフレデリックマイヤーガーデンズ&彫刻公園(以下マイヤーガーデンズと略称)に、今年6月開園した日本庭園 『The Richard & Helen DeVos Japanese Garden』については、弊紙7月号で紹介したが、去る9月20日、その庭園内の茶室『晧月庵』にて茶の湯の実演が催された。この実演はマイヤーガーデンズ会員を対象にした特別企画で、日本庭園の着工以前より強い繋がりを保ってきた在デトロイト総領事館の手配により、JSDウィメンズグラブの茶道熟練者が点前を披露し、総領事館の文化担当職員が解説を務めて行われた。
North Center Brewing Company - Northville, MINorth Center Brewing Company - Northville, MI 3

North Center Brewing Company – Northville, MI

「ホームブリューワリーをしている人の99.9%は自分の店を持ちたいだろうね」。そう言って3年越しの夢をかなえた3人のグループがいる。North Center BC.は今年の4月にオープンしたばかり。Noviの閑静なサブデビジョンが続くTaft Rdを南に下り、8マイルからノースビルのダウンタウンまではものの10分とかからない。絶好のロケーションだ。マイクロブリューワリーのため、食事の提供はしていないので、外部レストランやファーストフードの持ち込みができるのはうれしい。ゴルフ帰りにまたはミシガンの日長の夕べの散歩あとに気軽に立ち寄れそうだ。
Frederik Meijer Gardens & Sculpture Park 内に 苦労を乗り越えて完成した日本庭園Frederik Meijer Gardens & Sculpture Park 内に 苦労を乗り越えて完成した日本庭園 3

Frederik Meijer Gardens & Sculpture Park 内に 苦労を乗り越えて完成した日本庭園

「マイヤー・ガーデン」と聞き、スーパーマーケットのマイヤーを連想する方も多いだろう。その名の通り、Meijerの創立者であるフレデリック・マイヤー氏がグランドラピッズに築いたマイヤー・ガーデン(正式名:Frederik Meijer Gardens & Sculpture Park)の中に、この度日本庭園を造り、先日、6月13日の一般公開に先駆けて、オープニング・セレモニーがあった。
北陸新幹線を利用して〜②金沢編北陸新幹線を利用して〜②金沢編 4

北陸新幹線を利用して〜②金沢編

金沢は、この3月の北陸新幹線の長野―金沢間開業によって、東京から最短で2時間28分の身近さになった。それを実現させた北陸新幹線の車両は、伝統文化と未来をつなぐ「“和”の未来」がデザインコンセプト。環境配慮やバリアフリーの装備や乗り心地アップをめざしたシステムなどのテクノロジーに加えて、日本の伝統を表現した内装が施されている。普通車のシートとグリーン車のカーペットが格子柄、グランクラス車(グリーン車の上レベル)のデッキパネルは日本の四季をモチーフ、など、和柄がお洒落。プラス、普通車でさえも、なかなかゆったりとした空間。デッキや洗面台もモダンなデザインで、広々としている。
北陸新幹線を利用して ①長野編北陸新幹線を利用して ①長野編 2

北陸新幹線を利用して ①長野編

外国人と海外在住者のみ使用可能なJapan Rail Pass。線も本数も増えた新幹線(“のぞみ”を除く)の利用も可、指定席も追加料金なし、という好条件とあり、また、このところの円安もあって、日本をJRで移動していると、これを利用して動き回る人が激増していることが窺える。購入したからにはフル活用したいもの。新幹線駅の“駅近”や駅拠点の観光地情報に要チェック!
ワシントンD.C.から南へ150マイル コロニアル・ウィリアムズバーグ(ヴァージニア州)~生きる歴史博物館と言われるゆえん~ワシントンD.C.から南へ150マイル コロニアル・ウィリアムズバーグ(ヴァージニア州) 5

ワシントンD.C.から南へ150マイル コロニアル・ウィリアムズバーグ(ヴァージニア州)

コロニアル・ウィリアムズバーグは、ウィリアムズバーグ(バージニア州の独立市)にある18世紀の町を復元させた歴史的地区。1.5キロメートル以上のエリアに、修復保存または復元された約140もの建築物と、90エーカーに及ぶ庭園や緑地が、植民地当時そのままの姿に再現されている。
デイトン美術館でDeco Japan 特別展 開催デイトン美術館でDeco Japan 特別展 開催 5

デイトン美術館でDeco Japan 特別展 開催

オハイオ州デイトンにあるデイトン美術館で「デコ・ジャパン」 (DECO JAPAN)特別展が1月25日まで開催されている。
『赤毛のアン』の著者L・M・モンゴメリが住んでいたカナダ東端の島『赤毛のアン』の著者L・M・モンゴメリが住んでいたカナダ東端の島 2

『赤毛のアン』の著者L・M・モンゴメリが住んでいたカナダ東端の島

今期(2014年4月~)のNHK朝の連続ドラマ『花子とアン』の主人公花岡花子が翻訳を手がけた『赤毛のアン』の主舞台プリンスエドワード島。日本人客が例年多いのは、世代を超えた『赤毛のアン』ファンが多いためだが、今年は前述のドラマ放映(米国でもTVジャパンで同時放映)の影響で、さらに脚光を浴びている。モンゴメリの故郷であり、モンゴメリがアンの言葉を借りて「世界で一番美しいところ」と絶賛したこの島は、本土と繋ぐ橋が1997年にできるまでは最果ての孤島。小説と変わらない風景が今もそこここに残っている。
フロリダ在住経験者によるお薦めスポットフロリダ在住経験者によるお薦めスポット 2

フロリダ在住経験者によるお薦めスポット

フロリダの自然と言えば、ワニ、蛇、鳥、カメと豊富ですが、最近ではエバーグレイズの大蛇vsワニの争いに負けつつあると言われているワニ。そんな厳しいけど美しいフロリダの大自然を身近で感じてみたいと思いませんか?
ミシガン西岸の街 Saugatuck 『USA TODAY』 読者投票でトップにミシガン西岸の街 Saugatuck 『USA TODAY』 読者投票でトップに 1

ミシガン西岸の街 Saugatuck 『USA TODAY』 読者投票でトップに

ミシガン州南西部のミシガン湖畔には、日本で言う避暑地かペンション村のような場所がある。フリーウェイ、I-96とI-94の間。チューリップ祭が催されるオランダ系の町ホーランドの数マイル南に位置するSaugatuck(サガタック)は湖畔のセーリングや、景色・雰囲気そのものを楽しむ人たちが多く滞在するエリアだ。この街が『USA TODAY』 マガジンによる読者投票“10 Best Readers’ Choice contest”の Best Summer Weekend Escape(=夏の週末お出かけ地)で栄えある1位の座に輝いた。
San Antonio, Texas: Deep Into Spanish Cultureスパニッシュ文化が色濃く残る San Antonio, Texas ミシガンより一足早く温かい風と花を楽しむ 10

スパニッシュ文化が色濃く残る San Antonio, Texas ミシガンより一足早く温かい風と花を楽しむ

サンアントニオはテキサス州の南に位置し、メキシコ国境まで車で約3時間。スペイン人宣教師の入植によって集落が生まれ、その後、メキシコの統治時代を経多歴史があり、多くの文化が融合する街。歴史的遺産も数多く、周辺には広大な自然があり、いろいろな時の過ごし方ができる。