ノバイのTaft Rdを南に下がり道なりに行 くと、歴史的なNorthvilleのダウンタウン方 面への案内板が見えてくる。それに従って 進み、ダウンタウンのちょっと手前で東に折 れる道に進むとコロニアル風の家が立ち並 ぶ清楚な住宅地に入る。その中にNorthville Breweryと Cider Millがある。おそらくノバ イ地区から最も近場にあるサイダーミルで あろう。同じ敷地にブリューワリーもある。
“いくらかのいいことがきっとある”― 2年 ぶりに 訪 れ た O x f o r d の H o m e Grown BC。木枯らしが粉雪のように舞 い上がる大風の日に、2年前に訪れた 時と同じようにHome Grown BCは、温 かく、そして前向きなメッセージをくれ た。
「グランド・オープニングに向けてのソフトオープニング」―。ここ数年でブリューワリーのスタイルも多様になった。ランチやディナーも楽しめるブリューレストランから、キッチンを持たないブリュワリーも増えた。
デトロイト美術館、サイエンスセンターなどのCultural CenterとWayne State University のおひざ元にMotor City Brewing Worksはある。1994年の創業なので、ミシガンのブリューワリーの先駆者的存在だ。
Stay Home Order発令から2か月が過ぎた。オークランドカウンティ—は北緯42度に位置し、四季がダイナミック。外出が限られている現在、今年は特に自然の移り変わりを近くの公園で楽しむ人も多いのではないだろうか。今回は近場の散策とサイダーミルを紹介する。
Brightonは地理的にユニークな場所に位置する。Livingston Countyに属するが、Metro-Detroitの中にあって、South Lyon-Howell-Brighton Urban Areaの中心でもある。市を東西に通るのはI-96、南北を貫くのはUS-23。さらにユニークなのは、I-96からUS-23に乗り換えたら、BrightonからHartlandまではExitがない。この中間地点にあるBlock BreweryはOLD US-23と呼ばれるハイウエイをたどっていくことになる。
コロナ禍の中迎えた2回目の新年。私たちの生活が一変してから2年間が経った。コロナが広まり始めた当時訪れたタップ・ルームを再び訪れてみた。
FerndaleはI-696とWoodward Avenue沿いに広がる街。Woodward Avenueと9Mile Rdが交差するダウンタウンは、いくつかのクラフトビールのブリューワリーがある。
Japan News Club 2021年 3月号です!ミシガンの冬もそろそろ終盤です。ちらりちらりと春が見え隠れする日もあり嬉しい限りです。引き続き安全にお過ごしください。
収容人数の制限はあるが、6月第二週からミシガン州のブリューワリーも店内での飲食の提供を始めた。Oakland County の最も北の一つにある緑と湖の自然豊かな街、OxfordのHomeGrown Brew Company (HGBC)もその一つ。 To Goで缶の販売を続けていたが、店の裏側にあるビアガーデンは2日後の再開のために準備は万全だった。
2020年のサンクスギビングはいつものように旅行や大人数での会食というわけにはいきません。そんな状況でも、おうちで少しでもサンクスギビングを味わいたいものです。今月は、ミシガン州デトロイト近郊でシェフとして活躍する斉木美乃さんに「おうちでサンクスギビングを楽しむ!」をテーマに、特別レシピをシェアしていただきました! 「6:00pmに全品できあがるタイムライン」もしっかりチェックしてからぜひチャレンジしてください。
ミルウォーキーはミシガン湖の対岸にあり、シカゴからはほぼ真北に位置し車で2時間ほどのウィスコンシン州の街。サッポロビールのCM で「ビールのおいしい街」としても名が知られ「Brew City」が愛称。
毎年日本漢字能力検定協会が発表している令和2年の今年の漢字は「密」、というニュースを聞いた。では、新しい年に向けてふさわしい漢字は。おそらく多くの人たちは「望」やそれに似た字を思うだろう。今回は、それがテーマのミシガンのローカルBreweryとそのビールを紹介する。
 二年越しでかなった訪問。田舎の直線道路にポッと現れたRestaurant &Micro BreweryのThe Maple Grilleを紹介する。
なぜだかわからないけれども、このLiberty Street界隈はOld Village、と呼ばれているーBearded Lamb Brewing Co.の Ryanは語った。Plymouth出身、ここで新しくbreweryを開く機会を得た。昨年、11月のこと。”Bearded Lamb Brewing Co.”— そのネーミングは考えた挙句の、English Style、古い雰囲気、動物のイメージ ---それ全体を含んでの自身の名前によるものだった。
昨年11月中旬から続いているレストラン・バー等の屋内飲食の規制が解除されるかどうか、注目されている。これまで紹介してきたブリューワリーは厳しい状況の下、それぞれが工夫を凝らして、コミュニティーにクラフトビールを提供している。今回はEastern Market Brewing Coの店の一つ、Ferndale Projectを紹介する。
シカゴ―。アメリカ中西部の最大の街、全米ではニューヨーク、ロスに続き3番目に大きい。メトロ・デトロイトエリアからも車で約4時間半、飛行機では1時間、と訪れるには絶好の大都市。12月のクリスマスに訪れた時には中西部を襲った大寒波と吹雪に遭ったが、この街とブリューワリーの魅力をお伝えする。
“HOMES“は何のacronym(略語)なのか?ミシガンにお住まいならご存じの方も多いはず。五大湖(Huron, Ontario, Michigan, Erie, and Superior)の頭文字。それをブリューパブの名前にしたのが、Homes Brewery。U-Mのおひざ元、Ann Arborにある。
 サンクスギビングが終わるとクリスマスまではもうすぐ。 コロナへの油断はまだまだ禁物だが、クリスマスに向けて足取りも今年は軽い気がする。今回はメトロ・デトロイトのクリスマス・ビールを3つ取り上げる。
HartlandはOakland County に隣接するLivingston Countyの街。I-96とUS 23を乗り継ぐとNovi, New Hudson方面からは30分もかからない。Covid-19のパンデミック前にHartland Brewing Coはオープンした。出だしはコロナ禍の影響を受けたが、現在ではコミュニティーに愛されるブリューワリーだ。