Thursday, June 20, 2024

湖とみどりの町Milfordのブリューワリー

0
湖とみどりの町Milfordのブリューワリー 5

dscn2917文&写真 by ヤマトノオロチ

MilfordはKensington Metro Parkの北に位置する町。I-96とM59のいずれのハイウエイからも訪れることができることから、ハイウェイ近辺からだけではなくAnn ArborやDearbornからも足を伸ばす人も多いという。町の面積は約6平方キロメートルと小さいが、Kensington Metro Park をはじめ6つの大きな公園に隣接し、清閑な魅力を残している。

dscn2932Huron Riverがこの町を横切る。1879年にエジソンが白熱電灯を実用化させるが、1892年にはMilfordでは電灯が灯っている。日本での最初の電灯は1878年なので、いかにMilfordでは水力をいかし早い時期に電力を得ていたかがわかる。さらに自動車王のHenry Fordはこの豊富な水量を生かすため水力発電所をMilfordに作った。工場で働きつつ農業に従事する労働者のために作ったという。訪れた日はちょうどブリューワリーの正面にあるCentral ParkでコミュニティーのBBQパーティーが開かれていて、家族連れがたくさん見えた。湖のほうを見ると、豊かな水量と静かさのもと日没を迎えようとしていた。
dscn2912River’s Edge Brewing Companyは2014年にこの地域出身の3つの家族が協力して作った、コミュニティーに根ざしたブリューワリー。「縁があってこの場所にブリューレストランをオープンできてよかったよ。もちろん自慢は窓からのHuron Riverの景色」と、オーナーの一人のRyanは言う。店から公園や池が見える側は大きな窓を配している。1950年代には電気会社だったこの建物はインダストリアル・スタイルだが、天井は建材がむき出しではない。黒のパネルで雑音を吸収するシステムを採用している。なるほど、天井の高い割には音が響いていない、と感じた。

ブリュー・パーソンのKimは、この業界に20年も従事している。Big Buck, Dragonmeadといえばビールのおいしさでは有名なブリューワリー。そこで修業し、これもまた有名なBastoneでブリューマスターになった。Belgianスタイルが得意だ。

dscn2922一方、River’s Edge B.C.では常に2つほどのCask Conditionのビールも出している。共同オーナーのMikeがイギリス系だからだ。Cask Conditionとは、自然に炭酸化させたビールのことで、貯蔵庫の温度のままお客さんに出される。キンキンに冷えたビールに慣れている人には、ちょっと眠いような口当たりだが、伝統的なこの味を好む人もいる。

dscn2924キッチンに目を向けると、サンドイッチやソーセージが主体。Bratwurstソーセージをホットドックのパンにはさんだものを注文した。あっさりしておいしく、一緒にはさんであるコールスローのスパイスがよく引き立っている。また、ミシガンの地図が印刷されているGreat Lakes Potato Chip Co.のポテトチップの味もよかった。食事全体の量も手ごろで、油がごってり使われていないナチュラルな味が、日本人にはいいだろう。
家族むけにボードゲームなども置いてあり、開放感あるホールを食事だけでなく飽きることなく楽しめる。ブリューワリーはアートセンターにもつながっているので、覗いてみることも可能。

River’s Edge Brewing Company

125 S Main St #400, Milford, MI 48381

http://riversedgebrew.com/

Tel: (248) 685-1625

美しいブリューワリー2 – Salt Springs Brewery – Saline, MI

0
オーナーの知人が描いた天井画

前回に引き続き、美しいBreweryを紹介する。6月22日にマスクの着用、レストランの収容人数の規制が取り除かれた。それを機に、以前からその建物と雰囲気の美しさからぜひ訪れてみたいと思っていたSalt Springs Breweryに足を運んだ。

 Salt Springs BreweryはYpsilantiの8マイルほど西のSalineのダウンタウンにある。US-12が街を横断するSaline。ユニークな歴史としてとどめておきたいのは、600〜200万年前はここは海面下であったこと。海水が引いたあと、豊かな塩や鉱物資源が残った。Michigan Historical Commissionによると、この辺りではMastodonという恐竜の化石も発見されている。塩を求めてこの地に住んでいたと思われる。そしてネイティブ・アメリカンもこの地の塩泉に引き寄せられた。

Italiano Pizza。$16。

 教会をリノベーションしたこのブリューワリーで圧巻なのは、1階のメインフロアーのステンドグラス。1899年当時のものだ。そして目をアーチ状の天井へ向けると1枚の絵画へと行きつく。指が触れんばかりの緑はホップなのだろうか。しゃれた演出だ。そしてところどころに教会だった当時の豪華さや荘厳さが残っている。壁のトリミングは芸術的な装飾を施してあり、建物の外から見上げると教会の塔が高くそびえている。前庭は今はビアガーデンになっているが、祈りを終えた人々で当時はにぎわっていたのではないか、と想像が膨らむ。

 週末の外出でにぎわう人々でいっぱいだったホール。40人ほどいた客の中でマスクをしていたのは我々のみ。かつての週末のブリューワリーの賑わいが現実に戻っていた。

 サンプルを2つ頼んだが、パイントを注文することにしたのはCashmere Zeppelin (American IPA, ABV 7.7%)。100%ミシガン産のCashmere hopでメロンとタンジェリン・オレンジフレーバーだが、どちらかというとほんのりとメロンの風味を感じる、Cashmere hopならではのクラシックなビールを楽しんだ。そして自家製サワードーの生地のピザ。これが本当においしかった。カリッとした食感だが、スモークベーコンとポモドーロソースがかみ合い、バジルが独特の風味を添える。フルキッチンメニューにはスターターから、ハンバーガー、サンドイッチ、ディナー料理までバラエティーに富む。前回紹介したAtwater Brewery at Parkが教会をリノベーションしたカジュアルダイニングなら、Salt Springs Breweryはステンドグラスから差す光を感じながらビールと食事をゆったりと楽しめる至福の時を過ごせるブリューワリーだ。

Cashmere-Zeppelin。16Oz $6

 Salineのダウンダウンはコンパクト。パーキングもブリューワリーのすぐ前にあり、ストリートパーキングのスペースも多い。夏のビアガーデン、秋のオクトーバーフェスト、冬のファイアーピットを囲んでの風景など、実に絵になるブリューワリーだ。

Salt Springs Brewery
117 S ANN ARBOR ST, SALINE MI 48176
Tel:734.295.9191
http://www.saltspringsbrewery.com/

Rooftop Beer Garden デトロイトリバーを挟んだカナダと夏の空を見ながら、爽快な一杯はいかが

0

Rooftop Beer Garden
デトロイトリバーを挟んだカナダと夏の空を見ながら、爽快な一杯はいかが

A t w a t e r B r e w e r y は総領事館からJefferson Avenueを北に数ブロック行った ダウンタウンデトロイトにある。雨が多い今年の夏。夕立とも思えるような、いやそれ以上の激しさの雨のハイウェイを走り、Atwater Brewery に着いた。倉庫街だったこの地域は再開発や整備がされ、ブリューワリーの周りには新しいアパートやホテルが立ち並んでいる。ミシガン州のクラフトビールの老舗であり、ストアーでもAtwater Breweryの製品をよく見かける。左手でジョッキを掲げるロゴは、デトロイトの労働者のモチーフ。急な階段を登り切り、少し高みのパティオでの風は爽快。このブリューワリーのビアガーデンは夏にぴったりのところだ。1Fはバーとフルキッチンのレストラン。高い天井、正面にはバーとタンクが見え、雰囲気もよい。以前からあったこの2Fのビアガーデンは 今年、床や椅子等を新しいものにした。2Fのバーでは7種類ほどの缶に入ったビールが飲めるが、会計システムが1Fとつながっており、1Fで購入したグラスにビールを入れて持って上がってこれるのもうれしい。

Atwater IPA (ABV 6.5%)は最近リリースされたAmerican IPA。少し渋みのある風味はCentennialホップから来ている。ここだけではなく、専門店でも手に入るからうれしい。Detroit City Juice (ABV 6.3%)はAmerican Hazy IPA、Wheat beerのDirty Blonde (ABV 4.5%)も人気だ。前者はカラフルな黄色のラベル、後者は対照的な深いブルーのラベル。目にした人も多いだろう。

雨上がりだったので、パティオにはそんなに人も多くなかった。限られたメニューだが、サーバーが気を利かせて、普段は1階でしか出していないTurkey Wrapを注文できるようにしてくれた。肉厚のラップの中はDirty BlondeのソースのShredded Turkey、トマト、レタス。サイドにポテトフライ(プラス$4)をとり、ボリューム満点。 食事の後、パティオからデトロイト・リバー対岸のカナダを眺めた。川を隔てて外国を見るーー

日本では見られないスケールの大きい風景は日常の雑事を忘れさせてくれるゆったりさがある。

車はブリューワリーのすぐ隣の駐車場に停めていた。そこから1ブロック行くと、小さいマリーナに出る。夕方の散歩、ランニングを楽しむ人たちがいた。総領事館前から続くDetroit Riverwalkが伸びている。ここからRenaissance Building が、間近に見える。

Atwater Breweryはデトロイトで最大のBreweryで1997年開業。ここ以外にも教会をリノベーションした美しいブリューワリーがG ro s s e Po i n te Pa r kに、4 0 種類がリストアップされているフルキッチンのタップルームがGrand Rapidsにある。

Atwater Brewery
237 Jos Campau, Detroit, MI 48207
https://www.atwaterbeer.com/

EMBC Ferndale Project – Ferndale, MI – $1 per Delivery!

0

昨年11月中旬から続いているレストラン・バー等の屋内飲食の規制が解除されるかどうか、注目されている。これまで紹介してきたブリューワリーは厳しい状況の下、それぞれが工夫を凝らして、コミュニティーにクラフトビールを提供している。今回はEastern Market Brewing Coの店の一つ、Ferndale Projectを紹介する。

 年末に久しぶりに訪ねてみたデトロイト・Eastern MarketにあるEastern Market  BC(EMBC)の中は寂しかった。かつてあったチェアーはフロアーの隅に山積みにされていた。ブリューマスターと話をしているうちに、2年前にオープンしたFerndaleにあるもう一つのEMBCはユニークな活動をしていると聞き、年明けにFerndaleを訪れてみた。

 Ferndale Projectという店名の下、EMBCと同様のビールや、ここでしか出していないビールがある。このブリューワリーもオンラインで注文とカーブサイドピックアップ、そして最近Tavour(加盟している全米のブリューワリーのビールの
オンラインオーダーサイト)にも参加し始めた、という。

 ブリューワリー内での飲食はミシガン州のコロナ対策で規制されているので、以前ブリューワリーで飲んで美味しかったと思えたクラフトビールを飲みたいと思ったら、もう一度足を運び自宅で楽しむことになる。Jumbo Juice (Abv. 9.0. New England style) もその一つ。デトロイトのEMBCで「これは昨日缶にしたIPA」と勧められ購入した。ブリューワリーの缶入りのビールはいつも新鮮に感じるが、このIPAは醸造したてだったので、特にフレッシュでフルーティーだった。Ferndale Projectでも購入できるのでありがたい。そして、そんなクラフトビール好きの思いをFerndale Projectはキャッチして「配達料1回$1のデリバリーサービス」を行っている。他のブリューワリーは、「車で
15分
以内」という制約があるが、ここは「15マイル以内」。Ferndaleから15マイルなら、Farmington Hills等は範囲内だが、Noviの一部やAnn Arborは含まれないことになる。しかし、実際にFerndale Projectを訪れてみると、うれしいことがあるのがわかった。「週の中で曜日を決めてCounty Dropをしている」という。Ferndale Projectのサイトでは含まれない範囲もデリバリーできる、という。例えば、Washtenaw Countyにもデリバリーできる。しかも、配達料1回$1で。

「お客さんの便宜を図ってこのような企画にしている。多くの人に楽しんでもらいたいから」という。また、最近食料品ストアーにもEMBCのビールを出し始めた。多くの人の目に触れれば、このようなサービスを利用する人も多くなるだろう。

 さて、2月のイベントと言えば、バレンタインデー。FerndaleのUnconditional Love(ABV. 5.0%)のラベルはバレンタインの雰囲気にぴったりだ。ハイビスカス、ローズヒップ、ピンク・ヒマラヤソルトを交えた、サワービール。

Unconditional Love
Jumbo Juice (EMBCの店内にて)
屋外パティオのファイヤーピット。 
Ferndale Projectの外観

文・写真:ヤマトノオロチ

クリスマス気分を味わえる町 Frankenmuth

クリスマス気分を味わえる町 Frankenmuth 1

dscn3279文&写真 by ヤマトノオロチ

サンクスギビングからクリスマスはアメリカのホリデーの中でも活気付いた時期だ。氷点下や積雪のため、この時期は南に旅行する人も多いだろうが、近場で週末の旅行に向いているミシガンの観光地とブリューワリーを紹介しよう。

dscn3230
FrankenmuthはFlint市からさらにI-75を北上したところにある町。住民の半数近くがドイツ系。夏にはさまざまな祭りが開かれているが、冬にも見所は多い。Bronner’sは「世界最大級のクリスマス・ショップ」で、フットボール場の約1.7倍の面積を誇り、一年中クリスマスアイテムを販売している。オーナメントは犬や猫、雪の結晶などカテゴリーごとに配置され、つい時間を忘れてしまうほどの品数だ。クリスマスイブまでは毎日サンタクロースがお出ましになるので、きらびやかなオーナメントに包まれたサンタとのスナップは雰囲気満点だろう。

dscn3275Bronner’s Christmas WonderlandからM-83(Gera Rd)を2,3分北に進むとFrankenmuthのダウンタウンに入る。Bavarian Inn、Visitor Centerもあるところだ。小さいお店が道の両サイドに並んでいる。雪が積もってもコートや帽子でしっかり防寒していれば、雪のミシガンを体感しながら趣のある散歩になるだろう。

dscn3256Frankenmuthのダウンタウンを下から包みこむように流れているのがCass River。「アメリカで最も古いマイクロ・ブリューワリー」の看板を掲げるのがFrankenmuth Brewery。モダンなレンガ造りのブリューワリーは1Fと2Fのホール、地下のCass Tavernからなり、窓の外に広がるCass Riverのくねりと対岸の緑とパビリオンを一望する眺めが素晴らしい。ダウンタウンの中心にある“屋根つき橋”も遠くに見える。1862年にまさにここにブリューワリーが建てられた。倒産、トルネードなどに遭ったり、所有者が変わったりしたが、2009年に現在のブリューワリーがオープンした。

dscn3253訪れた週末はちょうどミシガン大学とオハイオ州立大学のフットボールがあった日。ランチの時間を過ぎていたが、ホールは超満員だった。「火曜日か平日に来るのがいいよ」とサーバーに勧められた。カウンターにはユニークなノブのデザインがずらり。ミシガン州とオハイオ州北部で流通しているからChristmas Town Ale、 Batch 69 American IPA、 The Hefのラベルデザインをスーパー等で目にしたことがある人がいるかもしれない。季節限定のTed Nugget IPA(7.1%)は苦味分の多いNugget hopを使っているところが、ほかの所はないユニークさだ。

dscn3265結婚式やパーティーにも適したこのブリューワリーでは、ハンバーガーやサラダ、マック・チーズなどいわゆる”American’s Favorite”のメニューがいっぱい。さらに、デザートもゴージャスだった。Sweet Dough Oreosはクッキーをドーナッツの粉で揚げ、バニラアイス、クリーム、チョコレートでアレンジしたもの。見た目に関わらず、2,3人で食べたほうがいいほどのボリューム感だ。

dscn3249Bronner’s Christmas Wonderland

www.bronners.com

Frankenmuth Brewery

http://frankenmuthbrewery.com

Fiddler – West Bloomfield, MIFiddler(フィドラー)West Bloomfield, MI

0
<!--:en-->Fiddler - West Bloomfield, MI<!--:--><!--:ja-->Fiddler(フィドラー)West Bloomfield, MI<!--:--> 1

~ロシアンテイストに触れられるレストラン

 ウエストブルームフィールドのFiddlerはロシア料理を中心にしたレストラン。ミュージカル「Fiddler on the roof:屋根の上のバイオリン弾き」を彷彿させる絵柄が入口にあり、金曜と土曜の夜にはロシア系のライブ音楽を提供している。ロシア系の住民たちの食と交流の場所として、また、異国の食や雰囲気を楽しみたい人たちに愛されている。
 今回訪れたのはランチタイムだったが、十数人のパーティーが入っていて、彼らが特別依頼したキーボード+歌の生演奏の恩恵に預かった。後半はフォークダンス風なダンスが始まり、歌詞の意味が分からない歌とダンスの中で少々場違いな気分になり始めていたが、フレンドリーな誘いに応じてダンスの輪に参加させていただいた。中高年の方々、皆様、ダンスがお上手。手をつないだり、前の人の肩に手を置いたりしていると、日本の運動会の御遊戯のために習ったフォークダンスが思い出された。空間と時間をスリップしたような、何とも陽気な時を共有させてもらった。通常は金曜と土曜の夜9時以降にライブ音楽を提供している。
 さて、料理はというと、‘Home-cooked’を店の売りにしているだけあって、素朴でシンプルな味付けの料理が多い。ウクライナ風(とメニューに書いてある)ボルシチ:Borschtは意外なほどシンプル。サワークリームを混ぜるとコクと旨みが増し、ほんのりとした甘酸っぱさと調和してまろやか。

 サラダメニューが多く、レタスなどの葉野菜を主にしたサラダではなく、日本でいえば‘和え物’や‘漬物’といった感じの野菜メニューもある。
 主菜で人気があり、お店の一押しでもあるのがLamb chops:骨付きラム。そしてリポーターのお気に入りはStuffed Cabbage。日本でいうロールキャベツで、挽き肉の他に人参と玉ねぎ、そしてライスが、不思議なほど柔らかく、マイルドに味付けされて入っている。
 Siberian Pelmeniという一品は、ちょっと皮が厚めなミニ餃子のよう。あっさりとした風味で、濃い味を好む人には少々物足りないかと思うほど。テイクアウトした分に試しにポン酢を付けて食してみたところ、ピンポーン!当たり!餃子とは異なる洋風な味なのだが良く調和していた。 食文化を楽しんでみませんか?

FIDDLER

6676 Orchard Lake Rd. West Bloomfield, MI 48322
電話番号:(248) 851- 8782
ウェブサイト:http://fiddlerrestaurant.com

~ロシアンテイストに触れられるレストラン

 ウエストブルームフィールドのFiddlerはロシア料理を中心にしたレストラン。ミュージカル「Fiddler on the roof:屋根の上のバイオリン弾き」を彷彿させる絵柄が入口にあり、金曜と土曜の夜にはロシア系のライブ音楽を提供している。ロシア系の住民たちの食と交流の場所として、また、異国の食や雰囲気を楽しみたい人たちに愛されている。
 今回訪れたのはランチタイムだったが、十数人のパーティーが入っていて、彼らが特別依頼したキーボード+歌の生演奏の恩恵に預かった。後半はフォークダンス風なダンスが始まり、歌詞の意味が分からない歌とダンスの中で少々場違いな気分になり始めていたが、フレンドリーな誘いに応じてダンスの輪に参加させていただいた。中高年の方々、皆様、ダンスがお上手。手をつないだり、前の人の肩に手を置いたりしていると、日本の運動会の御遊戯のために習ったフォークダンスが思い出された。空間と時間をスリップしたような、何とも陽気な時を共有させてもらった。通常は金曜と土曜の夜9時以降にライブ音楽を提供している。
   さて、料理はというと、‘Home-cooked’を店の売りにしているだけあって、素朴でシンプルな味付けの料理が多い。ウクライナ風(とメニューに書いてある)ボルシチ:Borschtは意外なほどシンプル。サワークリームを混ぜるとコクと旨みが増し、ほんのりとした甘酸っぱさと調和してまろやか。

 サラダメニューが多く、レタスなどの葉野菜を主にしたサラダではなく、日本でいえば‘和え物’や‘漬物’といった感じの野菜メニューもある。
 主菜で人気があり、お店の一押しでもあるのがLamb chops:骨付きラム。そしてリポーターのお気に入りはStuffed Cabbage。日本でいうロールキャベツで、挽き肉の他に人参と玉ねぎ、そしてライスが、不思議なほど柔らかく、マイルドに味付けされて入っている。
 Siberian Pelmeniという一品は、ちょっと皮が厚めなミニ餃子のよう。あっさりとした風味で、濃い味を好む人には少々物足りないかと思うほど。テイクアウトした分に試しにポン酢を付けて食してみたところ、ピンポーン!当たり!餃子とは異なる洋風な味なのだが良く調和していた。 食文化を楽しんでみませんか?

 

FIDDLER

6676 Orchard Lake Rd. West Bloomfield, MI 48322
電話番号:(248) 851- 8782
ウェブサイト:http://fiddlerrestaurant.com

 

シーフード料理専門のブリューワリー Lily’s Seafood Grill & Brewery -Royal Oak, MI

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月にオープン21周年を迎える「Lily’s Seafood Grill & Brewery」。ミシガン屈指のトレンドかつポピュラーな雰囲気のRoyal Oakダウンタウン。街角には若者やゆったりと犬の散歩をする人々の姿が見られ、メーンストリートとワシントン・アベニューに多くのレストランが立ち並ぶ。Lily’sはワシントン・アベニュー沿いにある。

 秋から冬にかけてのイベントは行わないが、コロナウイルスでのレストラン等の規制のある中でも常連客は定期的に来店しているから大丈夫、とマネージャーのLiz。レストランとともにブリューワリーを開いて21年の家族経営。ロイヤルオークが地元だが、フロリダ・ジャクソンビルでのレストラン経営の経験と、兄弟が作るビールでLily’s-Seafood &-RestaurantはRoyal-Oakで圧倒的な存在感を示す。

 シグネチャーのサンドイッチメニューはどれも独特の工夫を凝らしたシーフード

Smoked Salmon Reuben $11.99(写真提供:Lily’s)

サンドイッチで満載だ。特に注目は2つのサンドイッチ。Lizは真っ先に、Smoked Salmon Reubenを挙げた。自家製の鮭の燻製のサンドイッチ。鮭とトマトベースのロシアンドレッシングは相性がいい。もう一つはSouthwest Tuna Burger。Tuna(マグロ)のフィレをステーキに見立てサンドウィッチで出すところもあるが、このLily’sでは細かく挽いたAhi tunaをグリルで焼き、アイオリソースを添えるハンバーガー。しっとりとした食感が印象的だ。

 フルレストラン、オンラインオーダー、GRUBHUB、Uber-Eatsも可能。Lily’sはオクトーバーフェスト以降、ワシントン・アベニュー沿いに白い屋外テントも設置している。Lizによると、お客の中には開放感を好む人もいるので、それに対応してこのままテントを設置している、という。

 店内は落ち着いた雰囲気のブース席とバー・エリア。バーテンダーは気さくに

「ボードにあるビールはどれも持ち帰り可能」と言った。5つのレギュラー・ビールと5つのシーズナル・ビール。どれでも4缶で$15。Oktoberfest beer(Marzen)はローストしたモルトとドイツのホップが特徴的なLager。これが売り切れたら、すでにPilsner系のOktoberfest-beerも用意してあり、発売も間近。

 ミシガン屈指のシーフード専門店とビールメニューのLily’sは現在でもひと時の楽しみを求める人が訪れている。ダウンタウン恒例のクリスマス・イルミネーションとともに楽しみたいところだ。

野外に設置されたテントにて(写真提供:Lily’s)
16oz.4缶で$15 

Lily’s Seafood Grill & Brewery
410 S Washington Ave
Royal Oak, MI 48067
Tel: (248) 591-5459
http://www.lilysseafood.com

文・写真:ヤマトノオロチ

Third Monk Brewing Company – South Lyon, MI

Third Monk Brewing Company - South Lyon, MI 1

DSCN1718文&写真 by ヤマトノオロチ

口の中に広がる香りとギャラクシー・ホップの渋さがまるで、ペアダンスのようなおもしろさを演出しているのが、Hop Tango。British style のPale AleのTempestとWheat beerのBird the whistleを50/50にして作ったIPAだ。ミキシングの微妙なバランス。

TempestもBird the whistleも単独では出していないミステリアスさもいい。

DSCN1726“Grand River Craft Beer Corridor”(グランドリバー クラフトビール街道)――。グランドリバー沿いや、その近辺のオークランド郡には最近若手が経営するブリューワリーがいくつかオープンしているが、これを彼はそう名付けた。Hop Tangoを作るこのbrewmasterは元L.A.のフリーランスのレコーディング・エンジニアだ。この近辺が地元で、昨年ブリューワリーをオープンさせた。

DSCN1730サウスライオンの中心通りLafayette Avenueにユニークな聖教師のロゴ、がここの目印。聖教師はL.A.のデザイナーが描き、周囲の木版画はいとこのアレンジ、モダンかつノスタルジックな黄系の背景はインド系の人に描いてもらった、という。マイクロ・ブリューワリーなので、店内はこじんまりとしている。ブリューワリーのポリシーもシンプル。「FlokのQRコードの活用。マグクラブはなし。HPもシンプル。自分ともう一人のバーテンダーで切り盛りしているから、ビールについて話したいときはいつでも寄って欲しい」。数百人のカスタマーケア、メンバーシップに付随するマグ(ジョッキ)の管理やイベントなどの運営で多くの他のブリューワリーは悲鳴を上げているらしい。そういうビジネスを極力カットしている。

DSCN1721Third Monkはお客さんがそれぞれここにきた時にQRコードをスキャンして、5回で$2の割引。「Untappedという、ビール愛好家のAppがあるから、それを参考にすればいいよ」とも。

マーケティングにかける労力を最小限にするのはすべてビール作りのためだ。4月に行われた2016 World Expo of BeerのEnglish Pale Ale部門ではLyon Pride Strong Bitterは第3位。Bitterといってもただ苦いのではなく、深褐色の切れのいい仕上がり。ちなみに

第1位は大手会社のSamuel Adamsというから、その実力のほどが窺える。

DSCN1732「GoalはImperial作り」。IBU(International Bittering Unit)50-90ぐらいで、苦味のないビールを造りたいという。どうしてサウスライオンに、の問いには「ここは交通量がいいから。いつもAnn Arborに向う車が通るよ」。

L.A.でフリーランスをしていた時、Columbia Recordsから売り上げ総計250万枚の記念の楯をもらった、と言いながら誇らしげに見せていただいた。テープ、レコード、CDと音楽業界の変遷を目の当たりにしながら、地元ミシガンでビジネスの機会を求めて戻ってきた彼のしなやかかつ強靭なメンタリティーは他にはないユニークさだ。

Third Monk Brewing Company

228 S. Lafayette, South Lyon, MI 48178

【電話番号】248-278-6366

【ウェブサイト】http://www.thirdmonkbrewingco.com/

マイクロビューワリーなので食事の提供なし。子供は午後9時まで。チップ類、ソフトドリンクは販売あり。キャーリーアウトの持込やオーダーが可能。

いとおしい不夜城の街シカゴーGoose Island Brewery

いとおしい不夜城の街シカゴーGoose Island Brewery

 シカゴ―。アメリカ中西部の最大の街、全米ではニューヨーク、ロスに続き3番目に大きい。メトロ・デトロイトエリアからも車で約4時間半、飛行機では1時間、と訪れるには絶好の大都市。12月のクリスマスに訪れた時には中西部を襲った大寒波と吹雪に遭ったが、この街とブリューワリーの魅力をお伝えする。

 シカゴ滞在には大手日本食料品店周辺の郊外に宿泊するか、シカゴダウンタウンに宿泊するかで、利便性に大きな差が出る。観て回る、という意味ではダウンタウンへの滞在をお勧めする。シカゴダウンタウンは「ループ」と呼ばれる地域で、ここから徒歩やMetra,  CTA、バスを使うとほぼ30分内で美術館、水族館、博物館、Navi Pier等の施設にアクセスできる。

シカゴ美術館。モネ、スーラ、モディリアーニ、カイユボット、ルノアール、そしてゴッホ。絵画美術史を彩る巨匠の作品を目の当たりにできる。建物は1893年開催の万博時に建てられたので、今年で130周年を迎える。入り口から下層へ進んでいくとAsia Sectionが広がる。建築家・安藤忠雄がデザインしたAndo Galleryは対の六画屏風が闇夜の竹林を模したかのような空間に光り輝く。館内全てが美術作品の宝庫で、美術の教科書を自らの目で確かめることができる心豊かな時間を過ごせる場所だ。

ファミリー向けには「ハンズ・オン」で科学の不思議さを楽しめるMuseum of Science and Industrial がおススメ。ダウンタウンよりも南に下がったところにある。科学、文化、歴史等を包括する博物館。一度入ったらそのとりこになる「A Mirror Maze」は家族で楽しめる。また、圧巻は地下にある「U505」の実物の展示。第二次大戦時にアメリカが捕獲したドイツの潜水艦は歴史以上のものを感じさせる。

 シカゴのブリューワリ―と言えば、Goose Island Brewery。1988年に設立され、現在は多国籍飲料会社のAB InBevとなっている。Goose Islandは、シカゴにある人口の島で、名前はそれにちなむ。3つあるブリューワリーのうち、Clybournのブリューパブはシカゴの中でも大きいショッピングエリアにある。バーエリアがフロアーの中心にあり、その周りにブース席、そしてショップの奥にもブースがある。Reuben sandwich (コーンビーフのサンドイッチ)をポテトとともにNeon Beer Hug IPA (70. ABV)。サンドイッチもゴージャスだったが、IPAもフルーティーだった。雪が横殴りに降り始めた通りを見ながらWindy Cityの異名を持つシカゴの雰囲気を味わった。キッチンはアペタイザーからサンドイッチ、デザートまでのフルキッチン。

ホテルの窓から24時間運航しているCTAの車両が走る夜景を眺めながら、駆け足で旅行するにはもったいないほどだ感じた。ミッドウインター、スプリングブレークの旅にいかが。

Goose Island Brewery (Clybourn Brewhouse)
1800 NORTH CLYBOURN AVENUE
Tel. 312-915-0071
https://www.gooseisland.com/ 

GM テックセンター近くの本格的ブリューワリーGM テックセンター近くの本格的ブリューワリー

<!--:en-->GM テックセンター近くの本格的ブリューワリー<!--:--><!--:ja-->GM テックセンター近くの本格的ブリューワリー<!--:--> 3

Warren市はミシガン州で3番目に大きい市で、GMのテクニカルセンターがある。GM Tech Center は、Van Dyke Ave.とMound Rdの間の12Mile Rd と13 Mile Rdの大区画を占めていて、Mound Rd沿いに立ち並ぶ Ford や Chrysler の工場施設の中の中心的な存在だ。

この Warren の開基の場所、GMのテクニカルセンター近くのMound RdとChicago Rdに

玄人(くろうと)好みのブリューワリーがある。Kuhnhenn Brewing Co.。人生の転機というものを最大限生かして今を楽しんでいるbrew guy(ビールを造る人)の話はビールをいっそうおいしく感じさせた。

朝起きたら仕事に行きたくないと思う人は多いかもしれない。でも自分はそんなふうに思わない。ビールを造ることを自分自身今楽しんでいる。ここに1時間かけてたった1杯のビールをのみに来てくれる人もいる。この業界に入ったのは12年前。レイオフ、と言う仕事上の転機が訪れ、この産業に足を踏み入れた。近くのブリューワリーで修行し、今ここでビールを作っているんだ。

Kuhnhennのビールのラインナップは16から28種類なのは驚異的な数字だ。1回に作る量はたったの8バレル(1バレル=31ガロン)。だから、うちのビールはいつも新鮮、という。サーバーから注がれたビールを半分以上のみ干しても、グラスに残っている白い泡の後は他のどのブリューワリーよりもしっかりしている。

“Separate yourself”, “Distinct personality”

玄人好みのここでのお勧めは、何と言ってもIPA。IPAはビールの中でももっともフルーティーな風味のビールで、苦味でなかなかなじめない人もいるだろう。まずIPAの中のFluffer (ABV. 4.5%) は気軽に楽しんでもらいたい、というコンセプトでホップの量を少なめにしている。その分フルーティーさが強くないが、日本の大手ビールのような味わいだ。伝統的なスタイルのAmerican IPA(ABV. 6.5%)は琥珀色。ビールのスタイルや材料の組み合わせはそれぞれのブリューワリーが独自に作っているのではなく、BJCP(Beer Judge Certification Program)のガイドラインで決められている。これによりAmerican IPAはアンバーと呼ばれる琥珀色。これでは物足りない人にはDripa (ABV. 9.5%)。ややゴールデンカラーのこのIPAはホップの風味が芳醇。さらにここではもっとすごいIPAがある。Tripa(ABV. 12.25%)。

ABV.の数字だけ見ても尻込みしてしまう。ラインナップの中でもほかに異色なのは、Imperial Crème Bule Java stout (ABV. 8.5)。コーヒー風味のスタウト・ビール。これもかなり苦味と濃厚な質量感が口の中に広がるので、ビールの形式を超えて試してみたいものだ。

ミシガンには多くのブリューワリーがあるけれど、互いに競合しあうのではなく、それぞれの特徴を出していき、お互いを助け合っているんだ。“separate yourself”, “distinct personality”。

Kuhnhennでは11月中旬に、ビールの中でのもっとも最高級品と呼ばれるRaspberry Eisbockを季節限定発売予定。Eisbockとは発酵過程でビールを凍らせ水分を抜き取る工程を踏んだビールで、水分が減った分高アルコール度になる。12オンス瓶入りで一本$30の予定。

一つのビールを作り上げるこの工程にこめられたブリューワリーの人生観めいたものが光る。Kuhnhennでは各種の食べ物も楽しめるが、サーバー周囲のバーシートでじっくりとバラエティーを楽しみたい本格的なブリューワリーだ。

Kuhnhenn Brewing Co. 

5919 Chicago Rd, Warren, MI 48092

【電話番号】T: 586-979-8361
【ウェブサイト】http://www.kbrewery.com/

Warren市はミシガン州で3番目に大きい市で、GMのテクニカルセンターがある。GM Tech Center は、Van Dyke Ave.とMound Rdの間の12Mile Rd と13 Mile Rdの大区画を占めていて、Mound Rd沿いに立ち並ぶ Ford や Chrysler の工場施設の中の中心的な存在だ。

この Warren の開基の場所、GMのテクニカルセンター近くのMound RdとChicago Rdに

玄人(くろうと)好みのブリューワリーがある。Kuhnhenn Brewing Co.。人生の転機というものを最大限生かして今を楽しんでいるbrew guy(ビールを造る人)の話はビールをいっそうおいしく感じさせた。

朝起きたら仕事に行きたくないと思う人は多いかもしれない。でも自分はそんなふうに思わない。ビールを造ることを自分自身今楽しんでいる。ここに1時間かけてたった1杯のビールをのみに来てくれる人もいる。この業界に入ったのは12年前。レイオフ、と言う仕事上の転機が訪れ、この産業に足を踏み入れた。近くのブリューワリーで修行し、今ここでビールを作っているんだ。

Kuhnhennのビールのラインナップは16から28種類なのは驚異的な数字だ。1回に作る量はたったの8バレル(1バレル=31ガロン)。だから、うちのビールはいつも新鮮、という。サーバーから注がれたビールを半分以上のみ干しても、グラスに残っている白い泡の後は他のどのブリューワリーよりもしっかりしている。

“Separate yourself”, “Distinct personality”

玄人好みのここでのお勧めは、何と言ってもIPA。IPAはビールの中でももっともフルーティーな風味のビールで、苦味でなかなかなじめない人もいるだろう。まずIPAの中のFluffer (ABV. 4.5%) は気軽に楽しんでもらいたい、というコンセプトでホップの量を少なめにしている。その分フルーティーさが強くないが、日本の大手ビールのような味わいだ。伝統的なスタイルのAmerican IPA(ABV. 6.5%)は琥珀色。ビールのスタイルや材料の組み合わせはそれぞれのブリューワリーが独自に作っているのではなく、BJCP(Beer Judge Certification Program)のガイドラインで決められている。これによりAmerican IPAはアンバーと呼ばれる琥珀色。これでは物足りない人にはDripa (ABV. 9.5%)。ややゴールデンカラーのこのIPAはホップの風味が芳醇。さらにここではもっとすごいIPAがある。Tripa(ABV. 12.25%)。

ABV.の数字だけ見ても尻込みしてしまう。ラインナップの中でもほかに異色なのは、Imperial Crème Bule Java stout (ABV. 8.5)。コーヒー風味のスタウト・ビール。これもかなり苦味と濃厚な質量感が口の中に広がるので、ビールの形式を超えて試してみたいものだ。

ミシガンには多くのブリューワリーがあるけれど、互いに競合しあうのではなく、それぞれの特徴を出していき、お互いを助け合っているんだ。“separate yourself”, “distinct personality”。

Kuhnhennでは11月中旬に、ビールの中でのもっとも最高級品と呼ばれるRaspberry Eisbockを季節限定発売予定。Eisbockとは発酵過程でビールを凍らせ水分を抜き取る工程を踏んだビールで、水分が減った分高アルコール度になる。12オンス瓶入りで一本$30の予定。

一つのビールを作り上げるこの工程にこめられたブリューワリーの人生観めいたものが光る。Kuhnhennでは各種の食べ物も楽しめるが、サーバー周囲のバーシートでじっくりとバラエティーを楽しみたい本格的なブリューワリーだ。

Kuhnhenn Brewing Co. 

5919 Chicago Rd, Warren, MI 48092

【電話番号】T: 586-979-8361
【ウェブサイト】http://www.kbrewery.com/

ミシガン州ーJapan News Club 2023年
8月号ー

Japan News Club 8月号です!

ミシガンの夏もたけなわ、元気にお過ごしですか🍅
ミシガンの夏時間を存分に味わっている皆さま、夏休みを謳歌している学生の方々、一時帰国中のご家庭、それぞれ残りの夏を皆さま安全にお楽しみください。
今月号のJNCもぜひお時間許すときにゆっくりお読みいただけましたら幸いです🎆

Japan News Club 8月号はこちら

04・・・ アメリカ生活の豆知識 / ゴルフのススメ    
05・・・ 喧喧諤諤
07・・・
日本の歴史を振り返るシリーズ
09・・・ 言葉の架け橋
10・・・ Dr.Kのミシガン育児相談室
11・・・ ミシガン会月例会結果 / スタンダードゴルフ
13・・・ クラシファイド広告
14・・・ ブリューワリー
15・・・ コミュニティインフォメーション          

Opera Pastry Shop – West Bloomfield, MIOpera Pastry Shop(オペラ・ペストリーショップ)West Bloomfield, MI

0
<!--:en-->Opera Pastry Shop - West Bloomfield, MI<!--:--><!--:ja-->Opera Pastry Shop(オペラ・ペストリーショップ)West Bloomfield, MI<!--:-->

’Opera(オペラ)’ケーキが人気のケーキ屋「Opera Pastry Shop」

 古くからヨーロッパで愛されてきた気品のあるチョコレートケーキ「オペラ」は、コーヒー系のスポンジケーキとバタークリームのレイヤーに、チョコレートのグレーズをかけた、シンプルなスタイルの大人っぽいケーキ。ウエストブルームフィールド市にあるケーキ屋「オペラ」のオペラはミニ(ペティ)サイズのケーキがあって、甘さがくどくなく、日本人に人気。同じチョコレート系のムースケーキもミニサイズがあるが、こちらはかなり甘い。

6588 Orchard Lake Road West Bloomfield, MI 48322
Website: www.perapastries.net

’Opera(オペラ)’ケーキが人気のケーキ屋「Opera Pastry Shop」

 古くからヨーロッパで愛されてきた気品のあるチョコレートケーキ「オペラ」は、コーヒー系のスポンジケーキとバタークリームのレイヤーに、チョコレートのグレーズをかけた、シンプルなスタイルの大人っぽいケーキ。ウエストブルームフィールド市にあるケーキ屋「オペラ」のオペラはミニ(ペティ)サイズのケーキがあって、甘さがくどくなく、日本人に人気。同じチョコレート系のムースケーキもミニサイズがあるが、こちらはかなり甘い。

6588 Orchard Lake Road West Bloomfield, MI 48322
ウェブサイトwww.perapastries.net

Rochester Mills Beer Co. (Rochester, MI)Rochester Mills Beer Co. (Rochester, MI)

0
<!--:en-->Rochester Mills Beer Co. (Rochester, MI)<!--:--><!--:ja-->Rochester Mills Beer Co. (Rochester, MI)<!--:--> 5

   Oakland郡北部にあるRochester市は1817年に開けた由緒ある街で、ダウンタウンのメインストリートは毎年サンクスギビングの週から新年まで建物のライトショー(Big Bright Light Show)で輝いている。メインストリートから2ブロック東に入ると、重厚な3階建てのレンガ造りの建物がある。それがRochester Mills Beer Co.だ。

  Rochester Mills Beer Co. (RMBC)は1998年にオープンしたミシガン州でももっとも大きいBrew Pubのひとつ。このBrew PubがまさにCommunityとともに歩んでいるエピソードがある。

時代のトップを走り続けているMill

  レンガ造りの建物はもともとはWestern Knitting Millsのものだった。最初の建物は1844年にこの場所に立てられたが、何度か焼失や破壊に遭い、現在の建物は1896年に建設が始まった。高い天井とハードウッドの木のフロアーは現在でも受け継がれている。もともとは鉄道の駅が近隣にあり、背後のペイント・クリークに沿って鉄道が延びていた。街の中心だった往時がうかがえる。そこに当時、建設費1万ドルをかけてMillsはそびえ立っていた。第一次世界大戦時には約10万組の手袋を生産した世界トップクラスの工場だったという。また、第二次世界大戦中にはアメリカでも有数の閃光弾の製造工場だったのもユニークなエピソードだ。このようにMillsはCommunityの歴史を見つめ続けてきたのだ。

時代を経て、現在はミシガンでももっとも特徴のあるBrew Pubとして建物は生き続けている。

正統派のビール

  このビューワリーの魅力はなんといっても、幅広い年代にとって楽しめるところ。開業以来、ラガーとエールを中心に地ビールを提供し続け、正統派路線を通してもいる。常時10-15のクラフトビールを提供している。RMBCでは最も愛されているRochester Red(エール)は深い赤銅色で苦味がなく飲みやすい(ABV 5.3)。Lazy Daze Lager(ABV 5.3)は切れ味すっきりの琥珀色、Pleasure pale Ale(ABV 6.1)は無ろ過ビールでホップと香りを楽しみたい人にお勧めの軽さ、Cornerstone IPA(ABV 6.6)はブリューマスターの粋をこめた香りと風味の傑作。いつでもホップの風味が最高なのが特色。冬にかけて新しいホップが使われるので、ABVではわからない微妙なホップの効いたIPAは特にいい。そして、11月下旬からはPine Knob Pilsner(ABV 5.3)をラインアップに加えた。ピルスナー系は日本でも多く出ているが、ここのはミシガン原産の材料を使い芳醇さで飲みやすい。パッケージの針葉樹林もミシガンの冬を髣髴させる。

Communityとともに

   RMBCは Communityとともに歩むBrew Pubで、ファミリーにとっても優しい。9月の

Oktoberfestには広い駐車場を生かして子供も楽しめるアトラクションも用意した。バーエリアはスポーツバーのように大スクリーンが配置されているが、背後のダイニングエリアは、各テーブルがファミリーでもゆったり座れるようになっている。ここで12月に恒例のSanta Branchも行われる。シーフードもあるサラダ、トラディショナルなハムを目の前で切ってもらえるのも楽しみだが、caper(ケイパー。セイヨウフウチョウボクのつぼみ)をトッピングしWhitefish pates(レモンとガーリックの味が利いたペースト)をクラッカーで食べるアペタイザーは珍しい。そして、ファミリー連れをもっとも喜ばせてくれるのが、サンタとの写真撮影を思う存分楽しませてくれること。ブランチは2回に分けて行われる完全入れ替

☆Santa Branch 12月14日(日)10:30 & 12:30。

   大人$22.95、子供$9.95 (6歳以下は無料)。要予約。

☆12 Days of Milk Shake Stout (12月12-23日), New Year Partyなども予定。

Rochester Mills Beer Co. 

  400 Water Street, Rochester, MI 48307

  Tel: 248-650-5080   www.rochestermillsbeerco.com

えで料理が新たにセットされ、いずれの回もゆったりとできる。夏季の火・木の夕方にはRMBCを出発点とする Bike Clubも行われ、ペイント・クリークの自転車コースなどを楽しむ活動もある(会員制)。

RMBCは今年、アーバンヒルズに缶入りビールの製造工場を開設、ますます地域へのアプローチを図っている。

  Baby Showerや誕生日パーティーにも対応。自宅でゆっくり飲んでみたい人には毎週火、木曜日は64ozのGrowlerに入れるビールが$6(季節ビールは除く。Growler代$4)、Beer TOGO(16oz) 4缶$7.99、種類限定。

  年末には冒頭のライトショー(Big Bright Light Show)を見たあとに家族でディナーを楽しむのもいいだろう。

   Oakland郡北部にあるRochester市は1817年に開けた由緒ある街で、ダウンタウンのメインストリートは毎年サンクスギビングの週から新年まで建物のライトショー(Big Bright Light Show)で輝いている。メインストリートから2ブロック東に入ると、重厚な3階建てのレンガ造りの建物がある。それがRochester Mills Beer Co.だ。

  Rochester Mills Beer Co. (RMBC)は1998年にオープンしたミシガン州でももっとも大きいBrew Pubのひとつ。このBrew PubがまさにCommunityとともに歩んでいるエピソードがある。

時代のトップを走り続けているMill

  レンガ造りの建物はもともとはWestern Knitting Millsのものだった。最初の建物は1844年にこの場所に立てられたが、何度か焼失や破壊に遭い、現在の建物は1896年に建設が始まった。高い天井とハードウッドの木のフロアーは現在でも受け継がれている。もともとは鉄道の駅が近隣にあり、背後のペイント・クリークに沿って鉄道が延びていた。街の中心だった往時がうかがえる。そこに当時、建設費1万ドルをかけてMillsはそびえ立っていた。第一次世界大戦時には約10万組の手袋を生産した世界トップクラスの工場だったという。また、第二次世界大戦中にはアメリカでも有数の閃光弾の製造工場だったのもユニークなエピソードだ。このようにMillsはCommunityの歴史を見つめ続けてきたのだ。

時代を経て、現在はミシガンでももっとも特徴のあるBrew Pubとして建物は生き続けている。

正統派のビール

  このビューワリーの魅力はなんといっても、幅広い年代にとって楽しめるところ。開業以来、ラガーとエールを中心に地ビールを提供し続け、正統派路線を通してもいる。常時10-15のクラフトビールを提供している。RMBCでは最も愛されているRochester Red(エール)は深い赤銅色で苦味がなく飲みやすい(ABV 5.3)。Lazy Daze Lager(ABV 5.3)は切れ味すっきりの琥珀色、Pleasure pale Ale(ABV 6.1)は無ろ過ビールでホップと香りを楽しみたい人にお勧めの軽さ、Cornerstone IPA(ABV 6.6)はブリューマスターの粋をこめた香りと風味の傑作。いつでもホップの風味が最高なのが特色。冬にかけて新しいホップが使われるので、ABVではわからない微妙なホップの効いたIPAは特にいい。そして、11月下旬からはPine Knob Pilsner(ABV 5.3)をラインアップに加えた。ピルスナー系は日本でも多く出ているが、ここのはミシガン原産の材料を使い芳醇さで飲みやすい。パッケージの針葉樹林もミシガンの冬を髣髴させる。

Communityとともに

   RMBCは Communityとともに歩むBrew Pubで、ファミリーにとっても優しい。9月の

Oktoberfestには広い駐車場を生かして子供も楽しめるアトラクションも用意した。バーエリアはスポーツバーのように大スクリーンが配置されているが、背後のダイニングエリアは、各テーブルがファミリーでもゆったり座れるようになっている。ここで12月に恒例のSanta Branchも行われる。シーフードもあるサラダ、トラディショナルなハムを目の前で切ってもらえるのも楽しみだが、caper(ケイパー。セイヨウフウチョウボクのつぼみ)をトッピングしWhitefish pates(レモンとガーリックの味が利いたペースト)をクラッカーで食べるアペタイザーは珍しい。そして、ファミリー連れをもっとも喜ばせてくれるのが、サンタとの写真撮影を思う存分楽しませてくれること。ブランチは2回に分けて行われる完全入れ替

☆Santa Branch 12月14日(日)10:30 & 12:30。

   大人$22.95、子供$9.95 (6歳以下は無料)。要予約。

☆12 Days of Milk Shake Stout (12月12-23日), New Year Partyなども予定。

Rochester Mills Beer Co. 

  400 Water Street, Rochester, MI 48307

  Tel: 248-650-5080   www.rochestermillsbeerco.com

えで料理が新たにセットされ、いずれの回もゆったりとできる。夏季の火・木の夕方にはRMBCを出発点とする Bike Clubも行われ、ペイント・クリークの自転車コースなどを楽しむ活動もある(会員制)。

RMBCは今年、アーバンヒルズに缶入りビールの製造工場を開設、ますます地域へのアプローチを図っている。

  Baby Showerや誕生日パーティーにも対応。自宅でゆっくり飲んでみたい人には毎週火、木曜日は64ozのGrowlerに入れるビールが$6(季節ビールは除く。Growler代$4)、Beer TOGO(16oz) 4缶$7.99、種類限定。

  年末には冒頭のライトショー(Big Bright Light Show)を見たあとに家族でディナーを楽しむのもいいだろう。

日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~

<!--:en-->日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~<!--:--><!--:ja-->日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~<!--:--> 2

注:限られた情報収集に基くもので、味やサービスの良さを保証するものではありませんこと、ご了承下さい。

☆とてもアメリカンな店

Original Pancake House

終日アメリカンな朝食系のメニューを提供している。内装も、アンティックな時計やおもちゃ、台所機器がて置かれていて、素朴な雰囲気が溢れ、カントリー・アメリカン。

パンケーキは、バターミルク、麦ベース、芋ベースの3種を基本に、甘いデザート系に限らず、食事向けの具材も多く、バラエティ豊か。

Southfield、Birmingham、Grosse Pointe Woodsの3店

www.originalpancakehouse.com 

Cracker Barrel

素朴なカントリー調の内装と典型的なアメリカメニューが人気の全米チェーン店。大半が高速道路沿いにあるので、旅行中にも重宝。 ミシガンには16カ所(2014年8月)。

Brighton、Belleville、Monroe、Flint、Jackson、Okemos(Lansing東) など。

www.crackerbarrel.com

HOOTERS

カジュアルレストラン&スポーツバー。ウェイトレスのコスチューム(白地にロゴ入りタンクトップとオレンジ色のホットパンツ)が有名で、アメリカ国内で400店舗以上展開している。日本にもオープンしたが、やはり本場で一度は! 男性向きというイメージだが、人気メニューのバッファローウィング目当てに訪れる女性ファンも多い。

デトロイト近郊では、Novi、Taylor、Troyなど。

www.hooters.com

Rocky’s of Northville

内装はログキャビン風の落ち着いたカントリー調。味が定評。プライムリブが人気。ツナやニジマス、オイスター、カモ料理など、メニューが豊富。

41122 Seven Mile Road West Northville, MI

www.rockysnorthville.com 

Zingerman’s Delicatessen - Ann Arbor

アナーバーの有名なデリカテッセン。「オバマ大統領もわざわざ注文した」という話題つき。上質アンガス牛肉のコンビーフや、放し飼いの鶏や七面鳥を原料にしているのがお店の売り。膨大なサンドイッチ系のメニューの中でもポピュラーなのは’Rueben’というコンビーフ&ザワークラフト。日本のコンビーフとは全く違う。

422 Detroit St., Ann Arbor, MI

www.zingermansdeli.com

☆アメリカと言えばやはりステーキやリブ、ハンバーガー

Famous Dave’s Detroit Legendary Pit Bar-B-Que® restaurants and catering. 

メトロデトロイト地区に5件:Novi、Rochester Hills、 Roseville、 Taylor、Westland。典型的なアメリカン。BBQ ribs(スペアリブ)が人気。

www.famousdavesdetroit.com

Texas Roadhouse

西部開拓時代の街道杉の食事処といった雰囲気のチェーン店。 Fall-Off-The-Bone Ribsと称される柔らかいスペアリブと、グリルで焼いたステーキが自慢。量の多さとリーゾナブルな価格が売りとあって、日本人にはびっくり。

デトロイト近郊では、Westland、Taylor(空港の東)、Madison Heights、Sterling Heightsなど。

www.texasroadhouse.com

☆やはりシーフードが・・・という方に

Mitchell’s Fish Market - Livonia

日本では貴重なロブスター料理も好評な、素材と味に定評のシーフードレストラン。

17600 Haggerty Rd, Livonia, MI 他Rochester Hills、Birmingham

www.mitchellsfishmarket.com

Real Seafood Company -Ann Arbor

品質の良い素材を生かしたシンプルな料理が売りのシーフードレストラン。アナーバーのダウンタウン、メインストリートに面した立地で、アウトドアパティオ席もあり、大学町の活気も楽しめる。

341 South Main St. Ann Arbor, MI

www.realseafoodcoannarbor.com

注:限られた情報収集に基くもので、味やサービスの良さを保証するものではありませんこと、ご了承下さい。

 

White Wolf Japanese Patisserie – Clawson, MI

第一回目のよりみちスポットは、日本スイーツ好きの間で話題になっているオープンしたばかりのWhite Wolf Japanese Patisserie。 中に入ると、外からみるより意外に広く、モダンでゆったりした雰囲気の店内。店名から「ザ・和」といったテイストかと思えばそうでもなく、東京、NYのカフェのよう。よくよく見なければ日本の要素が入ったカフェと一目ではわからないが、カウンターに近づくと、見慣れた和風の茶器、茶せん、日本製コーヒードリップのセットなどが並ぶ。商品をみると日本を色濃く意識したデトロイト近郊でも異色のカフェ・ベーカリーだ。取材には、こちらのトップシェフDoranさんが温かく迎えてくれた。

オーストラリア出身のシェフDoranは、お母様がイタリア人。いつも料理をしていた家庭に育ったという。料理学校ではフレンチを学びその後NYに渡ると、レストラン Morimotoのポジションをゲット。デザートのセクションに配属される。TVショー「料理の達人」“和食の鉄人”こと森本正治シェフのレストランだ。そこでみっちり和のスイーツを極め、その後は、GoogleやPixarなどでもシェフを務める。日本では蕎麦造りをはじめとする真の日本食も経験した。

 ショーケースをみると、日本のスイーツの要素をふんだんに取り入れた数々のケーキやパン、菓子類が美しく並んでいる。 フルーツ、抹茶、あんこ、クリーム、ゆず、ごま、きなこなど、日本人ならみなが親しんできた材料のものばかりだ。お味は、シンプル、というと語弊があるかもしれないが、何が入っているか、シンプルに素材の味がしっかり伝わるものばかり。甘さも強すぎず、すでに日本人の料理好きの間では、「ここは良い」とお墨付き。どこか「今」を感じさせるセンスが光っていて、日本のケーキに+αのアレンジが加えられた新しさを感じる。また、コーヒーは様々なロースターのものを揃えていてそこへもこだわりをみせる。「できる限り地元のものを使用し、素材の味を引き立たせるスローフードの概念を大切にしたい」と言うシェフは、内装は白黒と木の味わいを基調とし、すべてメープルの木で統一。これもメインの商品が引き立つように、と全ての面においてシェフのこだわりを形にしている。

 

 こちらのカフェは、ミシガンの日本食材店ワンワールドやノーブルフィッシュを傘下にもつTrueWorld社と、シェフDoranとのコラボで実現されたベーカリー。新型コロナウイルス拡大の影響を受け、現在はオンラインで注文、ピックアップで対応している。カツカレーや唐揚げもメニューに加わった。
ぜひ、いつかこの窮屈な生活から開放された時に、またゆっくり立ち寄りたい素敵な場所でした。    (JNC編集部)

(再編集:2020年8月25日時点)その後、現在もオンライン販売、カーブサイドピックアップ、配達もあるが、店内での購入も再開した。

 

———————————–
White Wolf Japanese Patisserie
31 E. 14 Mile Road, Clawson, MI
whitewolfbakery.com
———————————–

Café Zola – Ann Arbor, MICafé Zola(カフェ・ゾーラ)Ann Arbor, MI

<!--:en-->Café Zola - Ann Arbor, MI<!--:--><!--:ja-->Café Zola(カフェ・ゾーラ)Ann Arbor, MI<!--:--> 3

アナーバーのダウンタウン、メインストリート近くにある‘アナーバーで名の知れたレストランの一つ’と言われる店。外も店内もレンガの壁で、すっきりとした開放的な雰囲気も、性別・年齢にかかわらず好まれる要因かもしれない。ディナータイムは、パスタやシーフードメニューが充実したフレンチ風グルメレストランだが、ブランチ(Brunch: 朝食‐昼食)メニューのクレープやオムレツ、ワッフルは特に人気がある。地元の人々が集う店でもあり、他州から訪れる客も多いということ。

‘Savory’(野菜やチーズの入った惣菜系)のクレープの生地には挽いたばかりの蕎麦(そば)粉を混ぜてあり、独特な風合いになっている。(蕎麦とは、かけ離れた質感。)調味された野菜や肉類の具と合わせて、味わい豊かな一品に仕上げている。一方、甘いデザートグレープは、ペストリー用の粉を使ってあり、やんわりしっとり。新鮮な具沢山のオムレツも、人気の高さが納得できるボリュームと味だ。

Café Zola 

112 W. Washington St. Ann Arbor, Michigan
Telephone: (734) 769-2020
Website: http://www.cafezola.com/

 

アナーバーのダウンタウン、メインストリート近くにある‘アナーバーで名の知れたレストランの一つ’と言われる店。外も店内もレンガの壁で、すっきりとした開放的な雰囲気も、性別・年齢にかかわらず好まれる要因かもしれない。ディナータイムは、パスタやシーフードメニューが充実したフレンチ風グルメレストランだが、ブランチ(Brunch: 朝食‐昼食)メニューのクレープやオムレツ、ワッフルは特に人気がある。地元の人々が集う店でもあり、他州から訪れる客も多いということ。

‘Savory’(野菜やチーズの入った惣菜系)のクレープの生地には挽いたばかりの蕎麦(そば)粉を混ぜてあり、独特な風合いになっている。(蕎麦とは、かけ離れた質感。)調味された野菜や肉類の具と合わせて、味わい豊かな一品に仕上げている。一方、甘いデザートグレープは、ペストリー用の粉を使ってあり、やんわりしっとり。新鮮な具沢山のオムレツも、人気の高さが納得できるボリュームと味だ。

Café Zola 

112 W. Washington St. Ann Arbor, Michigan
電話:(734) 769-2020
ウェブサイト:http://www.cafezola.com/

 

Just Baked – Novi, MIJust Baked(ジャスト・ベイクド)Novi, MI

0
<!--:en-->Just Baked - Novi, MI<!--:--><!--:ja-->Just Baked(ジャスト・ベイクド)Novi, MI<!--:--> 1

店舗急増中!人気のカップケーキ店 「Just Baked」

 3年前にリボニア市で開業したカップケーキ店 「Just Baked」。アナーバーやノバイを含め現在9店舗あり、ケーキや他のbaked goodsと一緒に50種類のカップケーキを販売している。近日、更に2店舗の開店を予定している。

 最も人気があるのは「グランピー・ケーキ(バニラ・バタークリーム入りのチョコレートケーキ)」や可愛い「チェリー・チップ(バタークリームの上にチェリーが飾ってあるケーキ)」。

Just Baked バレンタイン・デーの特売品

【カップケーキのブーケ】
オリジナル・サイズの10個入り箱詰めカップケーキ。味はバニラとチョコレート限定。フロスティングは伝統的なバタークリームで、特注の飾りつけが可能。最低72時間前の注文が必要。

【チョコレートカバード・ストロベリーカップケーキ】
チョコレート・ガナッシュにディップさせたイチゴチーズクリームチーズ付きのイチゴ味カップケーキ。

Ann Arbor
2463 A West Stadium, Ann Arbor, MI 48103
Telephone: 734-585-5354
Hours:
Monday–Thursday: 11:00 am–7:00 pm
Friday–Saturday: 11:00 am–7:30 pm
Sunday: 11:00 am–4:00 pm

Twelve Oaks Mall
27500 Novi Road, Novi, MI 48377
Telephone: 248-859-4340
Hours:
Monday–Saturday: 10:00 am–9:00 pm
Sunday: 11:00 am–6:00 pm

West Bloomfield
6663 Orchard Lake Road, West Bloomfield, MI 48322
Telephone: 248-539-0330
Hours:
Monday–Saturday: 10:00 am–7:00 pm
Sunday: 12:00 pm–5:00 pm

その他店舗あり

ウェブサイトwww.justbakedshop.com

店舗急増中!人気のカップケーキ店 「Just Baked」

 3年前にリボニア市で開業したカップケーキ店 「Just Baked」。アナーバーやノバイを含め現在9店舗あり、ケーキや他のbaked goodsと一緒に50種類のカップケーキを販売している。近日、更に2店舗の開店を予定している。

 最も人気があるのは「グランピー・ケーキ(バニラ・バタークリーム入りのチョコレートケーキ)」や可愛い「チェリー・チップ(バタークリームの上にチェリーが飾ってあるケーキ)」。

Just Baked バレンタイン・デーの特売品

【カップケーキのブーケ】
オリジナル・サイズの10個入り箱詰めカップケーキ。味はバニラとチョコレート限定。フロスティングは伝統的なバタークリームで、特注の飾りつけが可能。最低72時間前の注文が必要。

【チョコレートカバード・ストロベリーカップケーキ】
チョコレート・ガナッシュにディップさせたイチゴチーズクリームチーズ付きのイチゴ味カップケーキ。

Ann Arbor(アナーバー)
2463 A West Stadium, Ann Arbor, MI 48103
電話番号:734-585-5354
営業時間:
月〜木:11:00 am–7:00 pm
金〜土:11:00 am–7:30 pm
日:11:00 am–4:00 pm

Twelve Oaks Mall(トゥエルブ・オークス)
27500 Novi Road, Novi, MI 48377
電話番号:248-859-4340
営業時間:
月〜土:10:00 am–9:00 pm
日:11:00 am–6:00 pm

West Bloomfield(ウェスト・ブルームフィールド)
6663 Orchard Lake Road, West Bloomfield, MI 48322
電話番号:248-539-0330
営業時間:
月〜土:10:00 am–7:00 pm
日:12:00 pm–5:00 pm

その他店舗あり

ウェブサイトwww.justbakedshop.com

Brew Detroit – Detroit, MI

0

デトロイトをブリューする

文&写真 by ヤマトノオロチ

デトロイトで誇りを持ってビールづくりをしている、と自負するブリューワリーは数多いが、ひときわ光を放つのが Brew Detroit。Corktown と呼ばれるデトロイト西地区にある。ダウンタウンの日本国総領事館からは車で5分ぐらいのところで、M-10(Lodge Fwy.)とI-75に囲まれた地域。1840年代にアイルランドで起きた「ジャガイモ飢饉(The Great Potato Famine)」により、人々が流入した。 County Corkから移り住んだので、この地区をCorktownと呼ぶようになったという、歴史的背景を持つところだ。

 Brew Detroitは「契約ブリューワリー(contract brewery)」と「自家タップルーム」という二つの側面を持つ。「契約ブリューワリー」とは、他社の製品を代わりに作ること。たとえば西海岸の大手会社のビールを同じレシピを作ってここミシガンで作っている、というようなことだ。68,000sqft.の巨大な施設は自動車の町デトロイトにあった元ベアリング工場を2014年に買い取り、醸造所に変えたもの。醸造、瓶や缶を詰め、ケグの冷蔵も有する現在の形になったのが2014年だ。醸造所内へのツアーに参加し、中を見てみると小売店でよく目にするミシガンのブリューワリーの缶がうず高く積まれている。7社の缶がすぐに確認できた。

 Brew Detroitが契約を請け負う顧客の中で特筆すべきものが、1850年にデトロイトで醸造を始めたStroh’s。Stroh’sが最盛期だった1970年代にその門をくぐってビール醸造の道に進んだのが、Brew Detroitの現在のブリューマスターのJoe。Stroh’sは今世紀には業績が悪化し会社は解体。大手のPabst Brewing Companyがいくつかの製品を買い取った。その間、彼はアメリカ内のStroh’sや大手ビール会社のブリューマスターなどを経験した。そしてここ地元ミシガンに戻ってきた。2016年にBrew Detroitが「契約ブリューワリー」として、Stroh’sのフラッグシップBohemian-style pilsnerを醸造し始め、小売店やレストランなどでも販売されている。1850年代のStroh’sのレシピを使っている。ツアー中に彼と会話することができた。小柄でたいへん穏やかな感じがする人だった。日本にも来たことがあり、SuntoryやAsahiの工場を見学したという。

 「契約ブリューワリー」という形はStroh’sビールの再興だけではなく、ミシガン全体のブリューワリーの可能性も広げる。それぞれのブリューワリーのレシピを尊重しながらJoeの経験がプラスされ、このBrew Detroitの中からそれぞれのブランド名で流通されていく。

 Brew Detroitのタップルームでは、Customer Brewとして前述のBohemian-style pilsnerを提供している。1パイント(16oz.)が$3はうれしい。Saaz, MagnaホップとVienna moltはクラッシックな風味。独自のものとして、Cherveza Delray (ABV. 4.2%)。Bohemianに風味が似たところがあるが、Chervezaはラガー。Joeが誰にでも飲んでもらえるように、と経験を生かしたビール。何となく、日本で飲むようなラガーに近い気がするが、Cascadeホップを使っている。Chervezaはここでしか飲めないが、4缶入りは$5.99。そのほか独自のビールが19種類もラインナップしている。

Brew Detroit ― デトロイトの元ベアリング工場を改造してのブリューワリーから数々のビールが生み出されていく。

Brew Detroit

1401 Abbott Street, Detroit MI 48216

https://www.brewdetroit.com/

ツアー($10。試飲とお土産つき。要予約。)

Farmington Brewing CompanyFarmington Brewing Company

0
<!--:en-->Farmington Brewing Company<!--:--><!--:ja-->Farmington Brewing Company<!--:--> 1

文&写真 by ヤマトノオロチ

ビール作りとブリューワリーでいつも気持ちを昂揚させられるのが、ブリューガイの心意気だ。“静かに”チャレンジし、地域を盛り立てていこうとしているブリューワリが昨年11月にFarmingtonにオープンした。

Farmington BreweryはFarmingtonのダウンタウンの真ん中、Grand River Ave.沿いにある。レンガの壁が、隣りの派手な看板のFarmington Civic Theaterと対照的で、粋に建っている感じがいい。

ミシガンのブリューワリー産業は成長しており、飽和状態とも言える。Farmington Breweryのビールは隣りのBasement Burger Barなどでも提供されていて、将来はもっと拡大を考えているという。その中でここにブリューワリーをオープンさせたのは“Location(立地条件)”という。それまではFarmingtonにはブリューワリーがなかった。その歴史は1820年代にさかのぼるデトロイトの萌芽初期の郊外の街ながらも、変化を求めたり、若者を呼び込んだり地域の再生を図るためにFarmingtonも苦戦していた。

“No risk, No game”

このブリューワリーのオーナーシップは三人が対等に持っている。Jason Schlaffと友人のJason Hendricks。彼らは“実験”を重ね、ブリューワリーをオープンさせたが、そこに一役買ったのがもう一人のオーナーでJason Schlaffの父Gary。彼がこの店におもしろい味を醸しだしている。

息子Jasonが試作したビールのエピソードは、と尋ねると父Garyが即座に語ってくれたのが、“baked red potatoとskittlesのビール”。砂糖としてskittlesを使ったけれど塩っ気が出て、未だに忘れられないビールの味だ、と言う。どのようなものができあがったかは想像の域を超えないが、話好きのGaryはカウンター越しに次から次へと会話を弾ませてくれた。

ここのブリューワリーでも逸品といえるのが、Cameron’s Weeheavy。ビールのスタイルとしてはスコッチ・エール(AVB 7.3%)で、名前はGaryの母方の祖父の名にちなむ。モルツの風味豊かだが甘すぎず、だ。オーク材の樽で作ったビールはユニーク。その次におもしろいところではBlood Orange Wheat (AVB 7.1%)。オレンジジュースの風味がこれから暑いミシガンの夏に効くかもしれない。

Owenの鏡

Garyは長年メディア産業で勤めていた。彼はビールを作らないのに、リタイア後は息子とその友人の夢のビジネスにポーンと乗ってきて、対等のオーナーシップを展開している。Garyの地域に対する心意気だ。Grand River Ave.とFarmington Rd.の交差点近くに現在National Bank of Michiganの建物があるが、ここにはSwan Hotel(別名OwenHouse、1875-1919)が建っていた。ミシガン州の出身で独立戦争のヒーロー、L.D. Owenが所有していたこのホテルは1800年代後半から1900年代初めにおいて、国内でも最もすばらしいホテル、電灯を初めて使ったホテル、として栄華を極めていた。しかし放火に遭い建物は現在残っていないが、そのホテルで使われていた、いわば生き残りの鏡をFarmington市が飾ってもらえないかとGaryに聞いてきたそうだ。ブリューワリー店内の真ん中にクルミ材のその鏡はある。息子のskittlesビールの珍作話とともにこの鏡の由来をあっさりと語るGaryだが、ユーモラスながらも若い原動力を生かして街の再生を図る思い入れを感じた。

タップルーム(ビール提供専門)なので、食べ物の提供はない。持ち込みや他のお店からのデリバリーが可能。そのため、店内は歴史豊かなダウンタウンにもかかわらず20代ぐらいの若い客層で賑わい、回転もいい。バーなので、21歳未満は入店できない。

Farmington Brewing Company

【住所】33336 Grand River Ave., Farmington, MI 48336
【電話番号】Tel. 248-763-6709
【ウェブサイト】http://fbcbrewing.com/

文&写真 by ヤマトノオロチ

ビール作りとブリューワリーでいつも気持ちを昂揚させられるのが、ブリューガイの心意気だ。“静かに”チャレンジし、地域を盛り立てていこうとしているブリューワリが昨年11月にFarmingtonにオープンした。

Farmington BreweryはFarmingtonのダウンタウンの真ん中、Grand River Ave.沿いにある。レンガの壁が、隣りの派手な看板のFarmington Civic Theaterと対照的で、粋に建っている感じがいい。

ミシガンのブリューワリー産業は成長しており、飽和状態とも言える。Farmington Breweryのビールは隣りのBasement Burger Barなどでも提供されていて、将来はもっと拡大を考えているという。その中でここにブリューワリーをオープンさせたのは“Location(立地条件)”という。それまではFarmingtonにはブリューワリーがなかった。その歴史は1820年代にさかのぼるデトロイトの萌芽初期の郊外の街ながらも、変化を求めたり、若者を呼び込んだり地域の再生を図るためにFarmingtonも苦戦していた。

“No risk, No game”

このブリューワリーのオーナーシップは三人が対等に持っている。Jason Schlaffと友人のJason Hendricks。彼らは“実験”を重ね、ブリューワリーをオープンさせたが、そこに一役買ったのがもう一人のオーナーでJason Schlaffの父Gary。彼がこの店におもしろい味を醸しだしている。

息子Jasonが試作したビールのエピソードは、と尋ねると父Garyが即座に語ってくれたのが、“baked red potatoとskittlesのビール”。砂糖としてskittlesを使ったけれど塩っ気が出て、未だに忘れられないビールの味だ、と言う。どのようなものができあがったかは想像の域を超えないが、話好きのGaryはカウンター越しに次から次へと会話を弾ませてくれた。

ここのブリューワリーでも逸品といえるのが、Cameron’s Weeheavy。ビールのスタイルとしてはスコッチ・エール(AVB 7.3%)で、名前はGaryの母方の祖父の名にちなむ。モルツの風味豊かだが甘すぎず、だ。オーク材の樽で作ったビールはユニーク。その次におもしろいところではBlood Orange Wheat (AVB 7.1%)。オレンジジュースの風味がこれから暑いミシガンの夏に効くかもしれない。

Owenの鏡

Garyは長年メディア産業で勤めていた。彼はビールを作らないのに、リタイア後は息子とその友人の夢のビジネスにポーンと乗ってきて、対等のオーナーシップを展開している。Garyの地域に対する心意気だ。Grand River Ave.とFarmington Rd.の交差点近くに現在National Bank of Michiganの建物があるが、ここにはSwan Hotel(別名OwenHouse、1875-1919)が建っていた。ミシガン州の出身で独立戦争のヒーロー、L.D. Owenが所有していたこのホテルは1800年代後半から1900年代初めにおいて、国内でも最もすばらしいホテル、電灯を初めて使ったホテル、として栄華を極めていた。しかし放火に遭い建物は現在残っていないが、そのホテルで使われていた、いわば生き残りの鏡をFarmington市が飾ってもらえないかとGaryに聞いてきたそうだ。ブリューワリー店内の真ん中にクルミ材のその鏡はある。息子のskittlesビールの珍作話とともにこの鏡の由来をあっさりと語るGaryだが、ユーモラスながらも若い原動力を生かして街の再生を図る思い入れを感じた。

タップルーム(ビール提供専門)なので、食べ物の提供はない。持ち込みや他のお店からのデリバリーが可能。そのため、店内は歴史豊かなダウンタウンにもかかわらず20代ぐらいの若い客層で賑わい、回転もいい。バーなので、21歳未満は入店できない。

Farmington Brewing Company

【住所】33336 Grand River Ave., Farmington, MI 48336
【電話番号】Tel. 248-763-6709
【ウェブサイト】http://fbcbrewing.com/

Thank You, Come Again!センキュー、カム・アゲイン!

0
<!--:en-->Thank You, Come Again!<!--:--><!--:ja-->センキュー、カム・アゲイン!<!--:-->

 世界最大のファースト・フード大陸アメリカ。この国では数えきれないほどの飲食フランチャイズが存在し、マクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンは世界中で認知度が高い。最近では「ファースト(ジャンク)・フードではない」と主張する、ヘルシー思考で自由度の高い良質なファーストフード・フランチャイズが人気を高めている。その代表にあるのが、サブマリン・サンドイッチを提供するチェーン店「サブウェイ」。日本でも人気上昇中のチェーンだが、日本の店舗と比べるとアメリカの店舗は雰囲気が異なり、更に英語での注文が難しい。パンの種類や具材を自由に選べるのは嬉しいが、なかなか足を運び入れることが出来ない人もいるのでは?今回はそんな方のために、サブウェイで注文するコツや、注文方法が似たファースト・フード店をいくつか紹介しよう。

《サブウェイでの注文の流れ》

① まずは、レジとは反対側のサンドイッチを作るエリアから並びます。この時点でどのサンドイッチを注文したいか、メニューを参考に決めておこう。「今日はどうしますか?(How can I help you today?)」と、聞かれた時にメニューを伝えよう。サブウェイで 最も人気のあるのはBLT(ベーコン・レタス・トマト)サンドイッチ。

「パンの種類は?(What kind of bread?)」と、聞かれたら、5種類のパンから選びます。その種類は:イタリアン(イタリアパン)、イタリアン・ハーブ&チーズ(イタリアパンにハーブとチーズ)、ホール・ホゥイート(小麦パン)、ハニー・オーツ(蜂蜜風味の麦)、ガーリック(ニンニク)。注文エリアに写真も掲載されているので参考にしよう。更に、ラップ(薄皮トルティーヤ)やフラットブレッド(平らなパン)を選ぶこともできる。

「サイズは?(Which size of bread?)」と、聞かれたら、6インチ(ハーフサイズ)またはフットロング(フルサイズ)からパンの長さを選びます。

《ポイント》最初に「こんにちは、フットロングのBLTをイタリアンパンでお願いします。(Hello, I want a Footlong BLT on Italian Bread.)」と、伝えてしまえば最初の3ステップを短縮することができます。聞き取りが難しい人にお薦め。

「チーズは?(What kind of cheese?)」と、聞かれたらチーズを選びます。種類は:アメリカン、チェダー、ペッパージャック、スイス、プロヴォローネ、モッツァレラ。この時点で指定されたメニューの主な材料が乗せられるので、肉やチーズの増量/追加を(追加料金あり)注文することができます。(倍は「ダブル(Double)」、追加は「エキストラ(Extra)」)※店によってチーズが異なる場合があります。

「トーストしますか?(Do you want toasted?)」と、聞かれたら、オーブンでパンを暖めるかどうかを選びます。

「野菜は?(Which vegetables?)」と、聞かれたら、サンドイッチに合わせたい野菜を選びます。レタス、スピニッチ(ほうれん草)、トマト、キャロット(にんじん)、キューカンバー(キュウリ)、ピックルズ、グリーン・ペッパー(生ピーマン)、オリーブ、レッド・オニオン(タマネギ)、バナナ・ペッパー(黄緑色の唐辛子)、ハレピーニョ(メキシコ唐辛子)は全て乗せ放題。全てを入れたい場合は、「エブリシング(Everything)」と伝えると早い。そこから「マイナス(Minus)+野菜名」と、言えば逆算方式で取り除きたい野菜を選ぶこともできる。
※店によって野菜が異なる場合があります。

「ドレッシングは?(What kind of sauce/dressing?)」と、聞かれたら最後にかけるソースを選びます。種類は:マヨネーズ、ライト・マヨネーズ(低脂肪)、マスタード(からし)、ハニー・マスタード、ランチ、サウスウェスト・チポトレ(薫製ハラペーニョ)、スイート・オニオン(甘いタマネギ)、ハニー・マスタード、オイル、ビネガー(酢)、レッドワイン・ビネグレット。
※店によってソース/ドレッシングが異なる場合があります。

⑧ 最後の精算時に「セット(Combo Meal)」にすることで、ドリンクやスナックを割値で追加することができます。

《ポイント》注文に困った場合は「オススメは?(What do you recommend?)」と、聞くことで助けてもらうことができます。アメリカでは、店員によっては対応が異なることがあるので、恐れず、マイペースに注文することが大事です。

 以上でサブウェイの注文方法となりますが、サブマリン・サンドイッチショップに限らず、似たシステムを導入した外食店が多数存在します。上記の注文法をマスターすれば、外食の幅や楽しみが増えることでしょう。

《サブマリン・サンドイッチ専門店》

サブウェイ(Subway)http://www.subway.com/
ヘルシー・ファーストフードの代表店。パンはふんわりと大きく、野菜の種類が豊富。

クィズノス(Quiznos)http://www.quiznos.com/ 
サブウェイに比べると価格が上がるが、具材の品質や味が評判。

ジミー・ジョンズ(Jimmy John’s)http://www.jimmyjohns.com/ 
オシャレな内装と簡単なメニューが学生に人気。日本人好みのしっとりパン。

ポット・ベリー(Pot Belly)http://www.potbelly.com/ 
味がしっかりとしたトースト・サブマリンが特徴的。メニューも簡単。

タビーズ(Tubby’s)http://www.tubby.com/ 
具材を鉄板で炒めるフィリー・チーズステーキ・サンドイッチが人気。

《ブリトー/タコス専門店》

チポートレ(Chipotle)http://www.chipotle.com/ 
各地のオーガニック食材に拘った高品質な具材が特徴的。メニューの種類が少なめ。

キュドーバ(Qdoba)http://www.qdoba.com/ 
メニューの種類が多く、価格も学生に人気。

パンチェロズ(Pancheros)http://pancheros.com/ 
目の前でトルティーヤの生地を焼くのでとてもフレッシュ。

☆ブリトー/タコスのメニューについて☆

【メニュー】 ブリトー(具材をトルティーヤという、とうもろこしの粉を伸ばし焼いた生地で包んだもの)、タコス(小さくソフトな、またはカリカリなトルティーヤに具材を挟んだもの)、タコサラダ(大きなカリカリトルティーヤの器に具材がのせられたもの)、ケサディーヤ(トルティーヤに具材を挟んで焼いたもの)など。
【肉の種類】 プルド・ポーク(煮込み、バーベキュー味)、グリルド・ステーキ(角切り)、グリルド・チキン、シュレッド・ビーフ(細切り)、グラウンド・ビーフ(ひき肉)など、野菜炒めのみも可能。
【豆の種類】 ピント(ブリトー定番のベージュ色の豆)、ブラック(低カロリーで栄養分が豊富な黒豆)
【サルサ/ソースの種類】 マイルド(甘口)からホット(辛口)なサルサ/ソースが多数で、交ぜることも可能。
【トッピング】サワークリーム、チーズ、グアカモレ(アボカドディップ)など
※具材やトッピングによって値段が異なることがあります。

《その他》

ピタ・ピット(Pita Pit)http://www.pitapitusa.com/

カナダより現在アメリカに進出中のピタ(ポケット型の薄いパン)に炒めた具材とフレッシュな野菜を包んだピタ・サンドイッチ専門店。まだ店舗数が少なく、主に学生街に存在する。

 世界最大のファースト・フード大陸アメリカ。この国では数えきれないほどの飲食フランチャイズが存在し、マクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンは世界中で認知度が高い。最近では「ファースト(ジャンク)・フードではない」と主張する、ヘルシー思考で自由度の高い良質なファーストフード・フランチャイズが人気を高めている。その代表にあるのが、サブマリン・サンドイッチを提供するチェーン店「サブウェイ」。日本でも人気上昇中のチェーンだが、日本の店舗と比べるとアメリカの店舗は雰囲気が異なり、更に英語での注文が難しい。パンの種類や具材を自由に選べるのは嬉しいが、なかなか足を運び入れることが出来ない人もいるのでは?今回はそんな方のために、サブウェイで注文するコツや、注文方法が似たファースト・フード店をいくつか紹介しよう。

《サブウェイでの注文の流れ》

① まずは、レジとは反対側のサンドイッチを作るエリアから並びます。この時点でどのサンドイッチを注文したいか、メニューを参考に決めておこう。「今日はどうしますか?(How can I help you today?)」と、聞かれた時にメニューを伝えよう。サブウェイで 最も人気のあるのはBLT(ベーコン・レタス・トマト)サンドイッチ。

「パンの種類は?(What kind of bread?)」と、聞かれたら、5種類のパンから選びます。その種類は:イタリアン(イタリアパン)、イタリアン・ハーブ&チーズ(イタリアパンにハーブとチーズ)、ホール・ホゥイート(小麦パン)、ハニー・オーツ(蜂蜜風味の麦)、ガーリック(ニンニク)。注文エリアに写真も掲載されているので参考にしよう。更に、ラップ(薄皮トルティーヤ)やフラットブレッド(平らなパン)を選ぶこともできる。

「サイズは?(Which size of bread?)」と、聞かれたら、6インチ(ハーフサイズ)またはフットロング(フルサイズ)からパンの長さを選びます。

《ポイント》最初に「こんにちは、フットロングのBLTをイタリアンパンでお願いします。(Hello, I want a Footlong BLT on Italian Bread.)」と、伝えてしまえば最初の3ステップを短縮することができます。聞き取りが難しい人にお薦め。

「チーズは?(What kind of cheese?)」と、聞かれたらチーズを選びます。種類は:アメリカン、チェダー、ペッパージャック、スイス、プロヴォローネ、モッツァレラ。この時点で指定されたメニューの主な材料が乗せられるので、肉やチーズの増量/追加を(追加料金あり)注文することができます。(倍は「ダブル(Double)」、追加は「エキストラ(Extra)」)※店によってチーズが異なる場合があります。

「トーストしますか?(Do you want toasted?)」と、聞かれたら、オーブンでパンを暖めるかどうかを選びます。

「野菜は?(Which vegetables?)」と、聞かれたら、サンドイッチに合わせたい野菜を選びます。レタス、スピニッチ(ほうれん草)、トマト、キャロット(にんじん)、キューカンバー(キュウリ)、ピックルズ、グリーン・ペッパー(生ピーマン)、オリーブ、レッド・オニオン(タマネギ)、バナナ・ペッパー(黄緑色の唐辛子)、ハレピーニョ(メキシコ唐辛子)は全て乗せ放題。全てを入れたい場合は、「エブリシング(Everything)」と伝えると早い。そこから「マイナス(Minus)+野菜名」と、言えば逆算方式で取り除きたい野菜を選ぶこともできる。
※店によって野菜が異なる場合があります。

「ドレッシングは?(What kind of sauce/dressing?)」と、聞かれたら最後にかけるソースを選びます。種類は:マヨネーズ、ライト・マヨネーズ(低脂肪)、マスタード(からし)、ハニー・マスタード、ランチ、サウスウェスト・チポトレ(薫製ハラペーニョ)、スイート・オニオン(甘いタマネギ)、ハニー・マスタード、オイル、ビネガー(酢)、レッドワイン・ビネグレット。
※店によってソース/ドレッシングが異なる場合があります。

⑧ 最後の精算時に「セット(Combo Meal)」にすることで、ドリンクやスナックを割値で追加することができます。

《ポイント》注文に困った場合は「オススメは?(What do you recommend?)」と、聞くことで助けてもらうことができます。アメリカでは、店員によっては対応が異なることがあるので、恐れず、マイペースに注文することが大事です。

 以上でサブウェイの注文方法となりますが、サブマリン・サンドイッチショップに限らず、似たシステムを導入した外食店が多数存在します。上記の注文法をマスターすれば、外食の幅や楽しみが増えることでしょう。

《サブマリン・サンドイッチ専門店》

サブウェイ(Subway)http://www.subway.com/
ヘルシー・ファーストフードの代表店。パンはふんわりと大きく、野菜の種類が豊富。

クィズノス(Quiznos)http://www.quiznos.com/ 
サブウェイに比べると価格が上がるが、具材の品質や味が評判。

ジミー・ジョンズ(Jimmy John’s)http://www.jimmyjohns.com/ 
オシャレな内装と簡単なメニューが学生に人気。日本人好みのしっとりパン。

ポット・ベリー(Pot Belly)http://www.potbelly.com/ 
味がしっかりとしたトースト・サブマリンが特徴的。メニューも簡単。

タビーズ(Tubby’s)http://www.tubby.com/ 
具材を鉄板で炒めるフィリー・チーズステーキ・サンドイッチが人気。

《ブリトー/タコス専門店》

チポートレ(Chipotle)http://www.chipotle.com/ 
各地のオーガニック食材に拘った高品質な具材が特徴的。メニューの種類が少なめ。

キュドーバ(Qdoba)http://www.qdoba.com/ 
メニューの種類が多く、価格も学生に人気。

パンチェロズ(Pancheros)http://pancheros.com/ 
目の前でトルティーヤの生地を焼くのでとてもフレッシュ。

☆ブリトー/タコスのメニューについて☆

【メニュー】 ブリトー(具材をトルティーヤという、とうもろこしの粉を伸ばし焼いた生地で包んだもの)、タコス(小さくソフトな、またはカリカリなトルティーヤに具材を挟んだもの)、タコサラダ(大きなカリカリトルティーヤの器に具材がのせられたもの)、ケサディーヤ(トルティーヤに具材を挟んで焼いたもの)など。
【肉の種類】 プルド・ポーク(煮込み、バーベキュー味)、グリルド・ステーキ(角切り)、グリルド・チキン、シュレッド・ビーフ(細切り)、グラウンド・ビーフ(ひき肉)など、野菜炒めのみも可能。
【豆の種類】 ピント(ブリトー定番のベージュ色の豆)、ブラック(低カロリーで栄養分が豊富な黒豆)
【サルサ/ソースの種類】 マイルド(甘口)からホット(辛口)なサルサ/ソースが多数で、交ぜることも可能。
【トッピング】サワークリーム、チーズ、グアカモレ(アボカドディップ)など
※具材やトッピングによって値段が異なることがあります。

《その他》

ピタ・ピット(Pita Pit)http://www.pitapitusa.com/

カナダより現在アメリカに進出中のピタ(ポケット型の薄いパン)に炒めた具材とフレッシュな野菜を包んだピタ・サンドイッチ専門店。まだ店舗数が少なく、主に学生街に存在する。