57.4 F
Detroit
Saturday, May 28, 2022

Old Nation Brewery – Williamston, MI

偶然が時には大きなきっかけになる。ミシガンにある300以上のクラフトビール、全米というよりは世界的に有名なビールブランド。数え切れない。
Kuhnhenn Brewing Company - Clinton Twp, MI 1

Kuhnhenn Brewing Company – Clinton Twp, MI

 オクトーバーフェストは、9月中旬から10月にかけて行われるドイツ・ミュンヘンでのフェスティバル。最近は日本でも各地でオクトーバーフェストが開かれている。ミュンヘン発祥なので、ビールの祭典、と思う人も多いかもしれないが、実は約200年ほど前の、1810年10月12日にバイエルン王国の王太子とザクセン公女との結婚式が行われた日がもとだ。結婚式の際のお祝いやそのときの競馬レースが、のちに定期的な祭りへと発展していった。祭りの初期からビールやワインなども供され、バイエルン地方の農業の推進も目的とされていた。現在では600万人がこの祭り近辺につどい、世界最大の祭りになっている。
CJ’s Brewing Company ミシガンのブリューパブのパイオニアのひとつCJ’s Brewing Company ミシガンのブリューパブのパイオニアのひとつ 1

CJ’s Brewing Company ミシガンのブリューパブのパイオニアのひとつCJ’s Brewing Company ミシガンのブリューパブのパイオニアのひとつ

「CJ’s Brewing Company」 は、Novi中心街から10分ほどのCommerce Townshipにある。M-5をNoviから北に3分ほど進むとPontiac Trailでエクスプレス・ウエイが終わる。そこからHaggerty Rdを北上し、Richardson Rdに突き当たったジグザグを左折して、Union Lk Rdとの交差点をやり過ごすと、すぐにここに出くわす。Novi付近の喧騒を全く感じさせない、1997年開店のCJ’sはミシガンのブリューパブでも先駆的な存在。ウイークエンドのディナータイムにはなかなか入れないぐらい、地元では有名だ。
La Feria Detroit (ラフェリア) - Detroit, MILa Feria Detroit (ラフェリア) - Detroit, MI 2

La Feria Detroit (ラフェリア) – Detroit, MILa Feria Detroit (ラフェリア) – Detroit, MI

一人の女性とその友達(兄妹)二人がデト ロイトでの起業のコンテスト(Comerica Hatch Detroit retail contest for start-up businesses) に応募して見事にトップ賞の5万ドルを獲得 し、デトロイトのミッドタウンに“La Feria”を先 月オープンした。
Big Rock Chop House - Birmingham, MIBig Rock Chop House(ビッグロック・チョップハウス)Birmingham, MI 2

Big Rock Chop House – Birmingham, MIBig Rock Chop House(ビッグロック・チョップハウス)Birmingham, MI

このレストランはBirmingham ダウンタウン近くにあり、数十年前まで、Norman’s Eton Street駅として使用され、かつて様々な旅人が行きかった場所である。元駅舎とあり、レストランの雰囲気はユニーク。1931年に建てられたこの建物は、その当時モダンとされたTudor Revival Style を使用。美しいパターンのレンガと傾斜のきつい屋根が特徴的で中世のコテージを彷彿させる。
Good Girls Go To Paris Crepes - Detroit, MIGood Girls Go To Paris Crepes(グッドガールズゴーツーパリ・クレープ)Detroit, MI 1

Good Girls Go To Paris Crepes – Detroit, MIGood Girls Go To Paris Crepes(グッドガールズゴーツーパリ・クレープ)Detroit,...

DIA(デトロイト美術館)近くにあるクレープの専門店。カジュアルな内装と雰囲気で、学生風なグループが寛ぐ姿も多く、人種も飛びかう言語もいろいろ。クレープを焼く姿がオープンで、見れるのも面白い。DIA(デトロイト美術館)近くにあるクレープの専門店。カジュアルな内装と雰囲気で、学生風なグループが寛ぐ姿も多く、人種も飛びかう言語もいろいろ。クレープを焼く姿がオープンで、見れるのも面白い。
Drafting Table Brewing Company - Wixom, Michigan 6

Drafting Table Brewing Company – Wixom, Michigan

ミシガン南東部にまた新しいブリューワリーが4月にオープンした。 Wixom出身のオーナーは、大学で建築学を専攻した。パートナーはインテリアデザインが専門。内装は、すっきりとしたモダン・インダストリースタイルで、ナチュラル。テーブルは木目調。バーの反対側の壁面には、ドラフティング(製図)用具を使ったアクセントが飾られている。コンパスは店のロゴにもなっていて、コースターの図柄に使われている。オーナーはドイツに住んだこともあり、ヨーロッパのいろいろな国を旅したことから、オーナーが描いたその土地ごとの建築物のスケッチも飾られている。
Atwater Brewery - Detroit, MI 1

Atwater Brewery – Detroit, MI

1990年代のマイクロ・ブリューワリー萌芽期から活躍しているブリューワリーがある。今年9月に20周年を迎える、Atwater Breweryだ。デトロイト・ダウンタウンからJefferson Avenueを北に数ブロック行き、レンガ造りの建物の一角にある。角からはGMのRen Cenも見える。

歴史と今が交差する「ならまち」

 「令和初」の日本の夏。2020東京オリンピック、パラリンピックもいよいよカウントダウン。超大型の台風10号が西日本を横断しお盆を直撃。日本の暑い夏がますます熱くなっていたときに、奈良を訪れた。
Arbor Brewing Company Microbrewery - Ann Arbor, MI 5

Arbor Brewing Company Microbrewery – Ann Arbor, MI

Arbor Brewing Company(ABC)はミシガン州のブリューワリーの萌芽期(1990年代)Ann Arborのダウンタウンにできた。長くYpsilantiに住んでいたオーナーは、ボトリングを含めた一般市場への拡張を目指してEastern Michigan Universityのキャンパスからすぐのdepo townに2006年にフルキッチンをもつマイクロブリューワリー(Corner of Arbor Brewing Company)を建てた。バックヤードには200席のビアガーデンがあり、ここで歓迎会や結婚式などのイベントを行う人もいるそうだ。
Kickstand Brewing Company KBC - Commerce Twp, MI 5

Kickstand Brewing Company KBC – Commerce Twp, MI

今年2月の開店から好調な出だしの、Kickstand Brewing Company。Commerce TWP.にあるこのブリューワリーは週末はごった返すほどの人気の場所。高い天井に大きな壁面。スポーツバーとは違った、開放的な空間がこのブリューワリーの特徴。9000Sq.Ftのダイニングエリアをもつこのスペースは、以前アパレル店が入っていた場所だ。
Scrambler Marie’s - Canton, Michigan 1

Scrambler Marie’s – Canton, Michigan

朝食系のメニュー、特に卵料理の軽食メニューを主に出しているレストラン。トレド(Ohio)の家族経営のチェーン店がミシガンにも進出し、現在はデトロイト郊外に3店舗ある。
Hilltop Brewery & Spirits - Clarkston, MI 1

Hilltop Brewery & Spirits – Clarkston, MI

ミシガン州のブリューワリーの数はほぼ250。2014年、この街にも待望のブリューワリーがオープンした。ClarkstonのParker’s Hilltop Breweryだ。
St. Julien - Frankenmuth, MI 1

St. Julien – Frankenmuth, MI

ミシガン州はワインの生産量でもアメリカのトップクラスに入っている。州の西側にミシガン 湖があり、“lake effect”によって冬の雪からぶどうのつるが守られている。夏は日照時間も 長く、氷河期からの豊かな土壌が広がり、ぶどうの実が成熟するにはよい。
Sandhill Crane Vineyards - Jackson, MI 2

Sandhill Crane Vineyards – Jackson, MI

アナーバーから30マイルほど西、I-94のフリーウェイを降りて数分というアクセスの良いところに、農家風なたたずまいが牧歌的なブドウ園がある。

Founders – Detroit, MI

ミシガン州のクラフトビールで最も売れているといわれるFoundersは昨年20周年を迎えた。All Day IPA、Centennialなどの人気商品は、食料品店でも目にした人が多いだろう。本店のグランドラピッズまではなかなか足を延ばせないが、うれしいことにFoundersはデトロイトにもブリューレストランを構える。2017年にオープンしたデトロイト・バー。やはり、そのブリューワリーのタップルームで飲むのがおいしい。
Eternity Brewing - Howell, MI 1

Eternity Brewing – Howell, MI

アメリカの“キャリア”とは「自分の納得する道を極めること」というのがまさにぴったりなブリューカップルに会った。日本人の人口が比較的多い Novi と Ann Arbor のどちらからも30分ほどのところに Howell がある。
Witch’s Hat Brewing Company - South Lyon, MIWitch’s Hat Brewing Company(ウィッチハット)South Lyon, MI 1

Witch’s Hat Brewing Company – South Lyon, MIWitch’s Hat Brewing Company(ウィッチハット)South Lyon, MI

アメリカのテレビ番組にあった”Cheers”を知っている人はかなりの通だろう。テレビ・ラジオ番組のジャンルに「シットコム(sitcom)」と呼ばれるものがある。シチュエーション・コメディーの略で、舞台が固定され、登場人物の軽妙な会話が主のもの。“Cheers”は1980年代に人気を博し、NBCの「Must See TV」のキャッチフレーで、木曜日の夜に放送されていた。ボストンのバーにやってくる常連が、おしゃべり、交流するシナリオで、オープニングのテーマソングの「誰もが自分の名前を知っている、そこに寄ってみたくなる」のフレーズは、当時からアメリカに住んでいる人なら聞いたことがあるだろう。その雰囲気をかもし出そうとしているのが、Witch’s Hat Breweryだ。
Draught Horse Brewery - Lyon Township, MI 4

Draught Horse Brewery – Lyon Township, MI

これまでにGrand River Avenue沿いのブリューワリーをいくつか紹介してきた。NoviのAscension Brewing Co.がその真ん中に位置するとすると、東はFarmington Brewing、西にはるか先に行ったところが前回紹介したE t e r n i t y Breweryだ。Noviから少し西にあるNew HudsonにDraught Horse Breweryがある。

オンタリオ州プリンス・エドワード・カウンティ

トロントの東、オンタリオ湖北東に飛び出した半島のような一帯がプリンス・エドワード・カウンティ(PEC)。かつての英国王子の名前をとった地名のこのエリアは18世紀のアメリカ独立戦争以降、独立を嫌う英国王党派“ロイヤリスト”たちがアメリカから移り住み、農地を開拓し静かに生活してきた地域。ローリングヒルと呼ばれる、なだらかな起伏に広がる農園・果実園、そして、素朴で豊かな景観や古めかしい佇まいの街が残されているのが魅力。オンタリオ湖の鮮やかなブルーの湖面も心を洗い流してくれる。