Just Baked - Novi, MIJust Baked(ジャスト・ベイクド)Novi, MI 1

Just Baked(ジャスト・ベイクド)Novi, MI

3年前にリボニア市で開業したカップケーキ店 「Just Baked」。アナーバーやノバイを含め現在9店舗あり、ケーキや他のbaked goodsと一緒に50種類のカップケーキを販売している。近日、更に2店舗の開店を予定している。
Teahaus - Ann Arbor, MITeahaus(ティーハウス)Ann Arbor, MI

Teahaus(ティーハウス)Ann Arbor, MI

アナーバーの大学院生に人気のあるケリータウン内の「Teahaus」。土曜日はファーマーズマーケット(地元農家による市場)の影響で混雑することがある。店内は現代ヨーロッパ風のデザインで、世界中から集められたオシャレなティーポットやお茶道具が印象的。日本から輸入されたものも見ることができる。
51 North Brewing Company - Lake Orion, MI51 North Brewing Company - Lake Orion, MI 2

51 North Brewing Company – Lake Orion, MI

長年、自宅でビールを作っていた男が1990年代後半のマイクロビューワリーの萌芽期に魅せられていた。今はない Detroit Brew Factory の常連となり、仲間とビール作りのグループを作るうちにビール産業へ足を踏み入れ、ついに自分のビューワリーを持つようになった。
Granite City Food & Brewery - Detroit, MI 2

Granite City Food & Brewery – Detroit, MI

ミシガン州に住んでいると手続きなどでデトロイト・ダウンタウンの日本国総領事館をおとづれたことがある人が多いだろう。総領事館はルネサンス・センターにある。このデトロイトリバー沿いにそびえるゼネラル・モーターズのヘッドクォーターのビルが公式にオープニングセレモニーを行ってから今年の4月15日で40周年になる。今世紀に入ってからのリノベーションで作られた吹き抜けのWinter Gardenから見るデトロイト・リバー越しのカナダ、ガラス張りの回廊に感動した人も多いはず。リバー沿いにのびるウォーターフロントのプロムナードと夏の噴水で戯れる家族連れでもにぎわうRen Cen(ルネサンス・センター)はデトロイトの再興の希望のシンボルとなっている。今回はRen Cenにあるブリューワリーを紹介する。
Tofu House - Farmington, MITofu House(トウフ・ハウス)Farmington, MI 3

Tofu House(トウフ・ハウス)Farmington, MI

日本人にポピュラーなったスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)は、具だくさんで栄養バランスもよく、体にもとても良い。元々本国では食堂などでの一メニューだったものが、1990年代のアメリカで豆腐が健康食品ブームで愛好されるようになり、スンドゥブ・チゲはロサンゼルスのコリア・タウンの人気メニューになり、本国に‘専門店’が逆輸入されたという。
Jolly Pumpkin Pizzeria & Brewery - Detroit, MI 4

Jolly Pumpkin Pizzeria & Brewery – Detroit, MI

デトロイト・ダウンタウンのWoodward AvenueとMichigan Avenueが交差する界隈はWayne State Universityの近くなので、大学に関係する建物もよく目に入る。Woodward Avenueと平行に走るCass AvenueとCanfield Streetの一角には3つのbreweryがひしめく。秋の冷たい雨の降った日、DIA(デトロイト美術館)の日本ギャラリーを見学したあと、5分先のJolly Pumpkin Pizzeria & Breweryを訪れてみた。
Third Monk Brewing Company - South Lyon, MI 1

Third Monk Brewing Company – South Lyon, MI

口の中に広がる香りとギャラクシー・ホップの渋さがまるで、ペアダンスのようなおもしろさを演出しているのが、Hop Tango。British style のPale AleのTempestとWheat beerのBird the whistleを50/50にして作ったIPAだ。ミキシングの微妙なバランス。
North High Brewing Co. - Columbus, OH 1

North High Brewing Co. – Columbus, OH

お隣のオハイオ州もクラフトビールが盛んな州だ。ミシガン州の半分ほどの面積だが総人口はミシガンよりも200万人ぐらい多い。現在、250ほどのブリューワリーがある。オハイオの大手スーパーの店頭にはミシガン同様、いやそれ以上に地元産のビールが缶のパックで販売されている印象がした。偶然手にした缶だが、そのタップルームを訪問した印象を紹介しよう。
W.F.Bibimbab Restaurant - Novi, MIW.F.Bibimbab Restaurant(ビビンバ)Novi, MI 2

W.F.Bibimbab Restaurant(ビビンバ)Novi, MI

立春から一カ月以上過ぎたが、まだしばらく寒さが続くに違いないミシガンの冬。今回は体の芯まで温まるメニューを探索。日本の隣国、韓国も冬の寒さがかなり厳しいらしい、ということで、韓国レストランW.F.ビビンバで、寒い季節にお薦めのメニューを伺った。
Drafting Table Brewing Company - Wixom, Michigan 6

Drafting Table Brewing Company – Wixom, Michigan

ミシガン南東部にまた新しいブリューワリーが4月にオープンした。 Wixom出身のオーナーは、大学で建築学を専攻した。パートナーはインテリアデザインが専門。内装は、すっきりとしたモダン・インダストリースタイルで、ナチュラル。テーブルは木目調。バーの反対側の壁面には、ドラフティング(製図)用具を使ったアクセントが飾られている。コンパスは店のロゴにもなっていて、コースターの図柄に使われている。オーナーはドイツに住んだこともあり、ヨーロッパのいろいろな国を旅したことから、オーナーが描いたその土地ごとの建築物のスケッチも飾られている。
Detroit Beer Co. - Detroit, MI 2

Detroit Beer Co. – Detroit, MI

ミシガン州での最も世界的に注目されているイベントの一つのデトロイト・オートショー。1月11日からの開催に向けてオフィシャルサイトも既に充実。今回はそのサイト中で “Dining in Detroit”として店内写真が公開されているDetroit Beer Co.を紹介する。

Founders – Detroit, MI

ミシガン州のクラフトビールで最も売れているといわれるFoundersは昨年20周年を迎えた。All Day IPA、Centennialなどの人気商品は、食料品店でも目にした人が多いだろう。本店のグランドラピッズまではなかなか足を延ばせないが、うれしいことにFoundersはデトロイトにもブリューレストランを構える。2017年にオープンしたデトロイト・バー。やはり、そのブリューワリーのタップルームで飲むのがおいしい。

Sandhill Crane Vineyards – Jackson, MI

ミシガン東南部、アナーバー南西を中心に、“Pioneer Wine Trail”と名付けられたワイナリーエリアがあり、いくつものワイナリーやワインテイスティングの施設が点在する。期待が膨らみ過ぎないように記しておくと、北部トラバースシティー周辺や南西部の一帯にあるような‘ブドウ園が広がるワイナリー’ではなく、場所によっては試飲スペースのみの所もある。その中でSandhill Crane Vineyardsは、こじんまりとした規模ながらブドウ園を臨みながら、自然の中で試飲、そして軽食も楽しむことができる。

Jolly Pumpkin – Royal Oak, MI

ちょうど一年前にJolly Pumpkin, Detroitを紹介したが、今回はRoyal Oakを紹介する。2004 年にJolly Pumpkinは醸造を始めたが、2017年にはRoyal Oakで新しい形でTap roomとレストランを開いた。
Good Girls Go To Paris Crepes - Detroit, MIGood Girls Go To Paris Crepes(グッドガールズゴーツーパリ・クレープ)Detroit, MI 1

Good Girls Go To Paris Crepes(グッドガールズゴーツーパリ・クレープ)Detroit, MI

DIA(デトロイト美術館)近くにあるクレープの専門店。カジュアルな内装と雰囲気で、学生風なグループが寛ぐ姿も多く、人種も飛びかう言語もいろいろ。クレープを焼く姿がオープンで、見れるのも面白い。
Witch’s Hat Brewing Company - South Lyon, MIWitch’s Hat Brewing Company(ウィッチハット)South Lyon, MI 1

Witch’s Hat Brewing Company(ウィッチハット)South Lyon, MI

アメリカのテレビ番組にあった”Cheers”を知っている人はかなりの通だろう。テレビ・ラジオ番組のジャンルに「シットコム(sitcom)」と呼ばれるものがある。シチュエーション・コメディーの略で、舞台が固定され、登場人物の軽妙な会話が主のもの。“Cheers”は1980年代に人気を博し、NBCの「Must See TV」のキャッチフレーで、木曜日の夜に放送されていた。ボストンのバーにやってくる常連が、おしゃべり、交流するシナリオで、オープニングのテーマソングの「誰もが自分の名前を知っている、そこに寄ってみたくなる」のフレーズは、当時からアメリカに住んでいる人なら聞いたことがあるだろう。その雰囲気をかもし出そうとしているのが、Witch’s Hat Breweryだ。
Michigan Beer Company - Novi, MI 5

Michigan Beer Company – Novi, MI

数多くあるミシガン州のブリューワリー。でも、いざ行ってみて注文して、となるとさすがに躊躇する人も多いことだろう。ブリューワリーにはたいてい10種類以上がラインナップされているし、”Flight”と呼ばれるサンプラーも6種類セットを頼むと、なんだか味も名前もわからなくなってきそう、ということもあるかもしれない。ましてや、グラスの大きさやプライス、支払い、チップは、考えると厄介かもしれない
Goldfish Tea - Royal Oak, MIGoldfish Tea(ゴールドフィッシュ・ティー)Royal Oak, MI 1

Goldfish Tea(ゴールドフィッシュ・ティー)Royal Oak, MI

Oakland Community Collegeの校舎に近く、老若男女が集まる街の「Goldfish Tea」。ロイヤルオークは歴史のある街で、ダウンタウン付近にはアンティークショップや個性的なクラフトショップやギフトショップが多い。
Westview Orchards - Washington TWP, MI 5

Westview Orchards – Washington TWP, MI

ちょっと遠出の果樹園として人気の高いWestview Orchardsが従来のファーマーマーケット、パイベーカリー、フルーツピッキング、広大なプレイグラウンドに加え、昨秋wineryをオープン。マツ材のらせん階段を一気に上り詰めると開放感ある改装されたバーン(barn、納屋)の2階へ。
Draught Horse Brewery - Lyon Township, MI 4

Draught Horse Brewery – Lyon Township, MI

これまでにGrand River Avenue沿いのブリューワリーをいくつか紹介してきた。NoviのAscension Brewing Co.がその真ん中に位置するとすると、東はFarmington Brewing、西にはるか先に行ったところが前回紹介したE t e r n i t y Breweryだ。Noviから少し西にあるNew HudsonにDraught Horse Breweryがある。