Wednesday, April 17, 2024

W.F.Bibimbab Restaurant – Novi, MIW.F.Bibimbab Restaurant(ビビンバ)Novi, MI

0
<!--:en-->W.F.Bibimbab Restaurant - Novi, MI<!--:--><!--:ja-->W.F.Bibimbab Restaurant(ビビンバ)Novi, MI<!--:--> 2

 立春から一カ月以上過ぎたが、まだしばらく寒さが続くに違いないミシガンの冬。今回は体の芯まで温まるメニューを探索。日本の隣国、韓国も冬の寒さがかなり厳しいらしい、ということで、韓国レストランW.F.ビビンバで、寒い季節にお薦めのメニューを伺った。

 寒い季節に一押しのメニューは、日本でも冬の定番である鍋料理。韓国と言えば、の、赤唐辛子が入っていて‘ホット度’は格別。海鮮チゲやキノコ数種入りなど具だくさんなチゲが何種類もある。ちなみに、日本では韓国風鍋料理を「チゲ鍋」と表現することがあるが、韓国語の「チゲ」には「鍋料理」の意味をすでに含むので、「〇〇チゲ」と「鍋」をつけない呼び名が正解。W.F.ビビンバではテーブルに備え付けの焼肉用のコンロを使って大鍋でのサーブもしている。2人前となっているが、3~4人グループにも充分なボリューム。メニューでは‘Hot Pot Dishes’に分類してある。

  1人用のもの(Entree)では‘生(なま)タラチゲ(Sang Daeku Tang)’が美容にも健康にも良さそうで惹かれる。生(なま)のタラを食べるわけではなく、生で食べれるほど=刺身に使えるほど新鮮なタラを仕入れて食材にしているそうだ。ミニコンロと鍋でサーブされるので、熱々を楽しめる。1人用というものの、味噌汁なら3~4人分作れそうな大きさの鍋。魚貝好きには申し分ない一品。野菜そして豆腐など、具が多いのも嬉しい。唐辛子ベースなのでやはり辛い!・・けれども、まろやかな魚介味のお出汁と相まって、激辛は苦手なレポーターにも美味しく頂け、心も体もボカボカになった。

 唐辛子には血行促進があるので体を温めることは周知であるが、他にも、 肥満予防・消化吸収促進の効果があると言われている。運動不足になりがちな冬にぴったりではないか。ビタミンCも豊富なので風邪予防にもなる。

 メニューに話を戻すと、日本人にポピュラーなスンドゥブ(豆腐チゲ)も、新鮮な魚貝など、具だくさん。栄養バランスもよく、体にとても優しそう。肉系はコクが濃く、一品でも十分満足感がある。‘Ugeoji Kalbi Tang’はカルビ(牛のショートリブ)入りで白菜もたっぷりのスープ。‘Yooke Jang’(Hot & Spicy Beef Soup)は、煮込んでホロホロにほぐれた牛肉入りのスープ。

 辛さは注文しだい。ぜひお試しを!

W.F.Bibimbab Restaurant

43155 Main Street Ste #300 Novi, MI

TEL : 248-348-6800

移民の国アメリカで異国料理~その3:冬に嬉しいホットなメニュー

 立春から一カ月以上過ぎたが、まだしばらく寒さが続くに違いないミシガンの冬。今回は体の芯まで温まるメニューを探索。日本の隣国、韓国も冬の寒さがかなり厳しいらしい、ということで、韓国レストランW.F.ビビンバで、寒い季節にお薦めのメニューを伺った。

 寒い季節に一押しのメニューは、日本でも冬の定番である鍋料理。韓国と言えば、の、赤唐辛子が入っていて‘ホット度’は格別。海鮮チゲやキノコ数種入りなど具だくさんなチゲが何種類もある。ちなみに、日本では韓国風鍋料理を「チゲ鍋」と表現することがあるが、韓国語の「チゲ」には「鍋料理」の意味をすでに含むので、「〇〇チゲ」と「鍋」をつけない呼び名が正解。W.F.ビビンバではテーブルに備え付けの焼肉用のコンロを使って大鍋でのサーブもしている。2人前となっているが、3~4人グループにも充分なボリューム。メニューでは‘Hot Pot Dishes’に分類してある。

  1人用のもの(Entree)では‘生(なま)タラチゲ(Sang Daeku Tang)’が美容にも健康にも良さそうで惹かれる。生(なま)のタラを食べるわけではなく、生で食べれるほど=刺身に使えるほど新鮮なタラを仕入れて食材にしているそうだ。ミニコンロと鍋でサーブされるので、熱々を楽しめる。1人用というものの、味噌汁なら3~4人分作れそうな大きさの鍋。魚貝好きには申し分ない一品。野菜そして豆腐など、具が多いのも嬉しい。唐辛子ベースなのでやはり辛い!・・けれども、まろやかな魚介味のお出汁と相まって、激辛は苦手なレポーターにも美味しく頂け、心も体もボカボカになった。

 唐辛子には血行促進があるので体を温めることは周知であるが、他にも、 肥満予防・消化吸収促進の効果があると言われている。運動不足になりがちな冬にぴったりではないか。ビタミンCも豊富なので風邪予防にもなる。

 メニューに話を戻すと、日本人にポピュラーなスンドゥブ(豆腐チゲ)も、新鮮な魚貝など、具だくさん。栄養バランスもよく、体にとても優しそう。肉系はコクが濃く、一品でも十分満足感がある。‘Ugeoji Kalbi Tang’はカルビ(牛のショートリブ)入りで白菜もたっぷりのスープ。‘Yooke Jang’(Hot & Spicy Beef Soup)は、煮込んでホロホロにほぐれた牛肉入りのスープ。

 辛さは注文しだい。ぜひお試しを!

W.F.Bibimbab Restaurant

43155 Main Street Ste #300 Novi, MI

TEL : 248-348-6800

Umacamon Japanese Kitchen – Chicago, IL

Umacamon Japanese Kitchen - Chicago, IL 1

DSC_6084Umacamon Japanese Kitchen うまかもん~シカゴ

ミシガン拠点の弊紙がシカゴのレストランをレボートするのは初めて。夏に開店したばかりの日本食レストラン『うまかもん』を取り上げた理由は、ミシガンやオハイオから日本食材や日本書籍、日本酒を買い出しに行くMitsuwa(ミツワマーケットプレイス)から1.5マイル程と近く、そして、昼は洋食屋、その後はスイーツを出すカフェとなり、夜は居酒屋と様変わりする、言わば3倍楽しめるお店であるため。

DSC_6091夜の居酒屋メニューが特にユニークで、『うまかもん』の名から察せられるように、九州にまつわるものが数多い。豚骨ラーメンやもつ鍋など、本場スタイルが味わえる他、オーナー自らが九州の酒造を訪れ吟味して取り寄せているレアな焼酎や日本酒も揃っている。もちろん九州産ばかりではない。ワイン、発泡酒、ビールの品揃えも相当なもので、日本でも品切れになったほど人気の高いコエドビール(埼玉県)の「紅赤」も置いている。

IMG_2638オーナーの一人であるホンマ氏はミシガンに在住していた時期もあり、ミシガンからの来店に大喜びして歓迎の意を表してくださった。「お客さんに喜んで頂けるように、試行錯誤を重ねている」という。日本食レストランと謳う店は多いものの日本人オーナーのお店は少ない現状を憂いて、仲間と共に、「日本人経営、日本人シェフによる、日本人の繊細さを忘れない料理を提供するお店」としてオープンしたそうである。

店の売りは、厳選した食材。中でも一押しは夜に提供している焼き鳥などの串焼き物で、本格炭焼きと焼き加減にこだわった品々である。

DSC_6103ランチタイムには、カレー、オムライス、ハンバーグ、エビフライなど、洋食の王道メニューを提供している。オムライスが$7.99というお手軽な値段設定も嬉しい。オーナーがとりわけ薦めるのは、じっくり煮込んだ自信のカレーとシチューで、カレーはプレーンカレーに、ビーフ、シーフード、トンカツなど好きなトッピングをいくつでもオーダーできるアレンジ自由なスタイル。

カフェタイムには、ミニタルトやマカロン、ムースの他、ランチタイムにも出している巻き寿司や寿司丼も注文できる。

開店当初は、あまりの人気ぶりに対応が大変なほどの状態になったとのこと。

shochu今(2015年11月)では多くのファンが定着し、こだわりの食材とメニューを届けている。シカゴへ行く折には是非ご来店を!

うまかもん

ウェブサイト:
www.umacamon.com

住所1673 Algonquin Rd
Rolling Meadows, IL 60008
電話  224-318-2489

開店日時

*月曜日はランチのみ

ランチ     毎日: 11:30-2:30pm
カフェタイム 火-日: 2:30pm-5:00pm
ディナー 火-日: 6:00pm-12:00am

ミシガンにラーメンブーム到来か?ミシガンにラーメンブーム到来か?

0
<!--:en-->ミシガンにラーメンブーム到来か?<!--:--><!--:ja-->ミシガンにラーメンブーム到来か?<!--:--> 4

 今春4月21日、アナーバーに新しいヌードルショップが誕生した。オーナーのTakashi YagihashiシェフはシカゴにあるTakashi Restaurantでミシュラン星を獲得した経歴、Iron Chef America、Top Chef Mastersなどの料理番組に出演した経験がある。

 今回オープンしたヌードルショップ「Slurping Turtle」は日本やアジアのカジュアルな食事が体験できるレストランがテーマ。日本風のラーメンの他にも丼もの、肉まん、タパス、巻物寿司がある。ラーメンはチキン醤油、担々麺、豚骨の3種。麺は自家製で、店内にある製麺機で作られている。豚骨ラーメン(写真下)には細麺を使い、スープの味付けは当店ならではの日本風フュージョンといえる。

 オープン当日は行列となり、ラッシュ時に訪れた客は1~2時間待ちとなった。ラーメン各種$12~13と値段は少々高め。現在は夜間営業に限られているので、5人以上の場合は予約することをお勧めする。

Slurping Turtle 豚骨ラーメン

Slurping Turtle
608 E Liberty
Ann Arbor, MI 48104

【営業時間】

Sunday-Thursday: 5PM-10PM
Friday & Saturday: 5PM-11PM

【ウェブサイト】
www.slurpingturtle.com/annarbor

デトロイトにもヌードルショップ誕生予定

 デトロイトにあるGreen Dot Stablesというカジュアルな人気店で実績のあるオーナーが挑戦する日本風ヌードルショップ「Johnny’s Noodle King」が6月にオープン予定となっている。

塩ラーメン

 4月24日、Wayne State University近くのカフェで試食イベントが行われ、レポーターも参加。販売が予定されいる2種のラーメン(塩・白味噌)を試食した。麺は市販のものだったが、全体的な味付けは日本風にこだわっており、海苔、ワカメ、メンマなど、具材が充実している。トッピングが印象的で、豪快に炙った豚バラ肉とタコ足の食感がよく、外はカリカリ、中はトロけるほど軟らかい。この日の試食用は各種$8だったが、開店後のメニューは未公開。デトロイトのダウンタウン近くでオープンされる予定。

味噌ラーメン

Johnny’s Noodle King
2601 W. Fort Street
Detroit, MI 48216 (予定)

【ウェブサイト(工事中)】
www.johnnynoodleking.com

 今春4月21日、アナーバーに新しいヌードルショップが誕生した。オーナーのTakashi YagihashiシェフはシカゴにあるTakashi Restaurantでミシュラン星を獲得した経歴、Iron Chef America、Top Chef Mastersなどの料理番組に出演した経験がある。

 今回オープンしたヌードルショップ「Slurping Turtle」は日本やアジアのカジュアルな食事が体験できるレストランがテーマ。日本風のラーメンの他にも丼もの、肉まん、タパス、巻物寿司がある。ラーメンはチキン醤油、担々麺、豚骨の3種。麺は自家製で、店内にある製麺機で作られている。豚骨ラーメン(写真下)には細麺を使い、スープの味付けは当店ならではの日本風フュージョンといえる。

 オープン当日は行列となり、ラッシュ時に訪れた客は1~2時間待ちとなった。ラーメン各種$12~13と値段は少々高め。現在は夜間営業に限られているので、5人以上の場合は予約することをお勧めする。

Slurping Turtle 豚骨ラーメン

Slurping Turtle
608 E Liberty
Ann Arbor, MI 48104

【営業時間】

Sunday-Thursday: 5PM-10PM
Friday & Saturday: 5PM-11PM

【ウェブサイト】
www.slurpingturtle.com/annarbor

デトロイトにもヌードルショップ誕生予定

 デトロイトにあるGreen Dot Stablesというカジュアルな人気店で実績のあるオーナーが挑戦する日本風ヌードルショップ「Johnny’s Noodle King」が6月にオープン予定となっている。

塩ラーメン

 4月24日、Wayne State University近くのカフェで試食イベントが行われ、レポーターも参加。販売が予定されいる2種のラーメン(塩・白味噌)を試食した。麺は市販のものだったが、全体的な味付けは日本風にこだわっており、海苔、ワカメ、メンマなど、具材が充実している。トッピングが印象的で、豪快に炙った豚バラ肉とタコ足の食感がよく、外はカリカリ、中はトロけるほど軟らかい。この日の試食用は各種$8だったが、開店後のメニューは未公開。デトロイトのダウンタウン近くでオープンされる予定。

味噌ラーメン

Johnny’s Noodle King
2601 W. Fort Street
Detroit, MI 48216 (予定)

【ウェブサイト(工事中)】
www.johnnynoodleking.com

Hamburger Shops in Michiganミシガンのハンバーガー専門店特集

0
<!--:en-->Hamburger Shops in Michigan<!--:--><!--:ja-->ミシガンのハンバーガー専門店特集<!--:--> 5

 「ハンバーガー以外は作りません。」と、マクドナルド(ファストフード)やレッドロビン(レストラン)とは異った中間サービスのハンバーガー専門店が全米各地で話題となっている。ワシントンDCを拠点に、ここ10年間で全国2500店舗以上に拡大しているフランチャイス「Five Guys(ファイブ・ガイズ)」が一例だ。赤と白の看板に「5人」と、一見では意味がわからない、知る人ぞ知るといった店構え。不思議気に店の前で立ち止まる人も珍しくない。それも宣伝効果なのか、気になるあまりに覗いてみたことが今回の特集のきっかけだ。軽い食事を考えていたが、メニューはハンバーガーとポテトフライが主。元祖アメリカン・バーガーといった感じ。冷凍庫も設けず、フレッシュな食材が品質の秘訣なのだろう。ハンバーガーの値段は$5~10。安くもなく、決して健康的とは言えないが、鉄板で焼かれた手作りハンバーガーが味わえる。グリルを準備するのが面倒くさい時、バーベキューには暑過ぎる日に立ち寄ってみてはどうだろうか。ウェスト・ブルームフィールド、サウスフィールド、リボニア、キャントン、アナーバーに店舗がある(右参照)。

 同じくハンバーガー専門店で今回撮影許可を頂いたのはアナーバーの「Great Plains Burger Company(グレイトプレインズ・バーガーカンパニー)」。こちらはチェーン展開をしていないが、独自の現地食材選びやバーガーの作り方で差別化を図っている。一般的なバーガーに比べても、見た目と味付けはシンプル。素材を生かしている。バンやお肉は厚みがあり歯応えがある。ポテトフライもギトギトしていない。店内で食べる場合はオーダーがグリルネットでサーブされ、ちょっと見た目もお洒落。具材はビーフ以外にもターキーやビーンズも選ぶことができて、特にブラックビーン・ハンバーガーはアジア人に人気だという。極めつけには、地元のデイリー(酪農業者)から仕入れられたクリーミーなミルク・シェーキが食後の「もうひとつ」を満たしてくれる。

 この夏はミシガン食材の手作りグリル・バーガーを食してみてはいかがでしょうか。但し、ハンバーガーやシェーキは高カロリーです。食べ過ぎにはご注意を。

Five Guys 

http://www.fiveguys.com/ 

・ 6667 Orchard Lake Road, West Bloomfield Township, MI 
・ 24548 W 12 Mile Rd, Southfield, MI 
・ 23339 Greenfield Road, Southfield, MI 
・ 29491 Plymouth Road, Livonia, MI 
・ 42489 Ford Road, Canton, MI 
・ 311 South State Street, Ann Arbor, MI

Great Plains Burger Company 

http://www.greatplainsburger.com/ 

・ 1771 Plymouth Rd., Ann Arbor, Michigan 48105

 「ハンバーガー以外は作りません。」と、マクドナルド(ファストフード)やレッドロビン(レストラン)とは異った中間サービスのハンバーガー専門店が全米各地で話題となっている。ワシントンDCを拠点に、ここ10年間で全国2500店舗以上に拡大しているフランチャイス「Five Guys(ファイブ・ガイズ)」が一例だ。赤と白の看板に「5人」と、一見では意味がわからない、知る人ぞ知るといった店構え。不思議気に店の前で立ち止まる人も珍しくない。それも宣伝効果なのか、気になるあまりに覗いてみたことが今回の特集のきっかけだ。軽い食事を考えていたが、メニューはハンバーガーとポテトフライが主。元祖アメリカン・バーガーといった感じ。冷凍庫も設けず、フレッシュな食材が品質の秘訣なのだろう。ハンバーガーの値段は$5~10。安くもなく、決して健康的とは言えないが、鉄板で焼かれた手作りハンバーガーが味わえる。グリルを準備するのが面倒くさい時、バーベキューには暑過ぎる日に立ち寄ってみてはどうだろうか。ウェスト・ブルームフィールド、サウスフィールド、リボニア、キャントン、アナーバーに店舗がある(右参照)。

 同じくハンバーガー専門店で今回撮影許可を頂いたのはアナーバーの「Great Plains Burger Company(グレイトプレインズ・バーガーカンパニー)」。こちらはチェーン展開をしていないが、独自の現地食材選びやバーガーの作り方で差別化を図っている。一般的なバーガーに比べても、見た目と味付けはシンプル。素材を生かしている。バンやお肉は厚みがあり歯応えがある。ポテトフライもギトギトしていない。店内で食べる場合はオーダーがグリルネットでサーブされ、ちょっと見た目もお洒落。具材はビーフ以外にもターキーやビーンズも選ぶことができて、特にブラックビーン・ハンバーガーはアジア人に人気だという。極めつけには、地元のデイリー(酪農業者)から仕入れられたクリーミーなミルク・シェーキが食後の「もうひとつ」を満たしてくれる。

 この夏はミシガン食材の手作りグリル・バーガーを食してみてはいかがでしょうか。但し、ハンバーガーやシェーキは高カロリーです。食べ過ぎにはご注意を。

Five Guys 

http://www.fiveguys.com/ 

・ 6667 Orchard Lake Road, West Bloomfield Township, MI 
・ 24548 W 12 Mile Rd, Southfield, MI 
・ 23339 Greenfield Road, Southfield, MI 
・ 29491 Plymouth Road, Livonia, MI 
・ 42489 Ford Road, Canton, MI 
・ 311 South State Street, Ann Arbor, MI

Great Plains Burger Company 

http://www.greatplainsburger.com/ 

・ 1771 Plymouth Rd., Ann Arbor, Michigan 48105

Detroit Beer Co. – Detroit, MI

0
Detroit Beer Co. - Detroit, MI 2

DSCN0627ミシガン州での最も世界的に注目されているイベントの一つのデトロイト・オートショー。1月11日からの開催に向けてオフィシャルサイトも既に充実。今回はそのサイト中で “Dining in Detroit”として店内写真が公開されているDetroit Beer Co.を紹介する。

ダウンタウン・デトロイトのまさに中心から郊外へ放射線状に伸びるWoodward Avenue.日本国総領事館が入っているRenaissance Centerから西に1ブロックにあり、今はなきHudson’s Department Storeの解体から、現在勇姿を誇るThe Spirit of Detroit、Minoru YamsakiのデザインしたOne Woodwardのビルなど、デトロイトの歴史を見守っている。

DSCN0640そこからCampus Martiusを通り抜け、Monroeから21世紀のデトロイトの新しい姿を示すComerica Park、Ford Fieldをめざす途中、Detroit Opera Houseの真向かいがDetroit Beer Co.。一年の中でも自動車ショーの時期が最もにぎやかで2階まで世界各国の自動車関係者でいっぱいになる、という。

DSCN0610“Detroit Beer”のブランドネームに恥じないLocal 1529 IPA (6.4%) はほかのBreweryよりも少し深めのボディー色でフルーツの香りかぐわしい一品だ。ホップは他でも使われているCentennial, Columbusのほか、Falconer’s Flightという西海岸ビールのメッカ、ワシントン州のホップを用いている。最近、日本でもWest Coast 産のビールが注目を浴びているので、ここで味比べといきたいものだ。また、バーテンダーが次に推すのはMichigan Grown Pale Ale。モルツとホップは全てミシガン産。IPAよりも芳香が控えめだが、苦味が苦手な人にはこちらの方がミシガンの味を楽しめるかもしれない。

DSCN0641気さくな若者BrewmasterのJustinは、系列のミシガン・クラフトビールの老舗Royal Oak Breweryで4年間Brewチームを務めた後、1年前からここのbrewmasterに。MazdaがFlat Rockで生産していたとき働いていた父は、日本に行ったこともあるという。「自分も日本にいつかは行ってみたい」という。ミシガン州立大学では心理学を専攻し、在学中から「大学の寮じゃなくて、もちろんオフキャンパスの部屋で」ビールを造り始めたそうだ。現在はWayne County Community Collegeで“ビール醸造“クラスの講師も務めている。ミシガンは全米でもトップクラスに入るクラフトビール産業が盛んな州。WCCCではこの成長産業に人材を送り出すためにこのコースを設置。地元の人々がスペシャリストとして地元成長産業の仕事に就くことを後押ししている。

DSCN0637People Moverの駅の真下だが、ビールの味とともに気になるところはダウンタウン・デトロイトという立地。この日は、気軽にランチのための客層も見られた。ウエイティング・スタッフもとてもフレンドリー。特にランチメニューはないが、サンドイッチは値段も$10前後でボリューム感は価格以上。サイドメニューで選んだポテトフライもラティス形をしていて、見た目もうれしい。

店内には往年のデトロイトを語る写真パネルが多数飾られている。歴史を尊重しながら、2003年開業のbreweryはデトロイト・ダウンタウンの再開発の旗手の一つ。新しい世代の代表選手としてのbrewmasterは”クラフトビール作りが、典型的な白人、男性、に限らず多様な作り主へと広がっていく“ことを期待している、と語った。

Detroit Beer Co. 

1529 Broadway, Detroit, MI 48226
Tel: (313) 962-1529
www.detroitbeerco.com

Momo Tea – Ann Arbor, MIMomo Tea(モモ・ティー)Ann Arbor, MI

0
<!--:en-->Momo Tea - Ann Arbor, MI<!--:--><!--:ja-->Momo Tea(モモ・ティー)Ann Arbor, MI<!--:--> 2

アジア系の商店が数多く並ぶセントラルキャンパス南方に位置する「Momo Tea」。窓際には可愛いぬいぐるみが飾ってあり、カワイイをイメージした喫茶店となっている。店に入るとチャイムの付いたてるてる坊主が挨拶してくれます。マネージャーのツァイさんによると、この「カワイさ」がMomo Teaのセールスポイントである。「リラックスした雰囲気で、お客様にとって居心地がいいスペースを目指している。」という。当店のオーナーは台湾人で、ミシガン大学の台湾人生徒にアピールするため、台湾で流行している「カワイイ」をテーマを取り入れたそうだ。ドリンクに使うタピオカにも拘っており、台湾で誕生したタピオカティーを忠実に再現することを心がけている。実際にお客さんと話してみると、「Momo Teaは、この軽い雰囲気と本格的な味がキーポイント」だという。ちょっとトレンディーな空間と本格的なタピオカティーを味わえるティーハウスである。

当店の気になるメニュー☆

モモ・ミルクティー:新鮮な牛乳を加えたタピオカティー。甘さと脂肪レベルを 特製することができるので、味の好みに応じてもらうことができます。
ポップコーン・チキン:唐揚げ風のおつまみ。夜中まで勉強する学生に人気。
卵パンケーキ:台湾風の朝ご飯

Momo Tea

1213 South University, Ann Arbor 48104
Telephone: 734-213-3300
Website: http://www.mymomotea.com/

 

アジア系の商店が数多く並ぶセントラルキャンパス南方に位置する「Momo Tea」。窓際には可愛いぬいぐるみが飾ってあり、カワイイをイメージした喫茶店となっている。店に入るとチャイムの付いたてるてる坊主が挨拶してくれます。マネージャーのツァイさんによると、この「カワイさ」がMomo Teaのセールスポイントである。「リラックスした雰囲気で、お客様にとって居心地がいいスペースを目指している。」という。当店のオーナーは台湾人で、ミシガン大学の台湾人生徒にアピールするため、台湾で流行している「カワイイ」をテーマを取り入れたそうだ。ドリンクに使うタピオカにも拘っており、台湾で誕生したタピオカティーを忠実に再現することを心がけている。実際にお客さんと話してみると、「Momo Teaは、この軽い雰囲気と本格的な味がキーポイント」だという。ちょっとトレンディーな空間と本格的なタピオカティーを味わえるティーハウスである。

当店の気になるメニュー☆

モモ・ミルクティー:新鮮な牛乳を加えたタピオカティー。甘さと脂肪レベルを 特製することができるので、味の好みに応じてもらうことができます。
ポップコーン・チキン:唐揚げ風のおつまみ。夜中まで勉強する学生に人気。
卵パンケーキ:台湾風の朝ご飯

Momo Tea

1213 South University, Ann Arbor 48104
電話番号:734-213-3300
ウェブサイトhttp://www.mymomotea.com/

 

Michigan Beer Company – Novi, MI

Michigan Beer Company - Novi, MI 5

DSCN5719進化する地元ビールの楽しみ方

文&写真 by ヤマトノオロチ

数多くあるミシガン州のブリューワリー。でも、いざ行ってみて注文して、となるとさすがに躊躇する人も多いことだろう。ブリューワリーにはたいてい10種類以上がラインナップされているし、”Flight”と呼ばれるサンプラーも6種類セットを頼むと、なんだか味も名前もわからなくなってきそう、ということもあるかもしれない。ましてや、グラスの大きさやプライス、支払い、チップは、考えると厄介かもしれない産業が発展しているからか、300もがひしめくので競争が激しくなったのかはさておき、あれこれ悩むことなくミシガンのブリューワリーを自宅で楽しめるおもしろいものを発見した。その名も”Kiosk”。カリフォルニアなどの西海岸の州では既に数年前から見られるが、ミシガンでも流行の兆しか。

DSCN5750食料品スーパーの中にサーバーが設置されていて、その上のスクリーンにラインアップが表示されている。イメージ的にはファーストフード店のドリンクのサーバーのような機械、と思ってもらえると近い。ミシガン南東部では、Clinton Twp.などに数店を展開するVince & Joe’sで導入されている。

一般的なスーパーにもシーズナルの缶入りまたは瓶入りのビールも売られているが、やはりタップから注いだものがいい、と言う人も多い。購入の要領は、Glower(1/2ガロン=64oz) Crowler(32oz)、そしてグラス(16oz)でもリストのビールを購入することができる。

事前に容器を購入しなければならないが、買い物がてらでできる気軽さがいい。

DSCN5749それでもブリューワリーは敷居が高いが、缶や瓶にはない味を楽しみたい、と言う人には「ブリューハウス」をおすすめしよう。スポーツバー・レストラン形式だが、ミシガンのクラフト・ビール30種類を提供するところがある。ノバイのメインストリートにあるMichigan Beer Company。”Restaurant & Beer garden”の名のとおり、ブース主体のフロアーから、屋内だがビアガーデンのような雰囲気の吹き抜けの高い天井が開放感満点のフロアー。バイソンの肉を始めエビもミシガン産、その他の食材もミシガン産というのはオーナーのこだわり。

DSCN5733もちろんGrowlerやCrowlerにKioskと同様、クラフトビールを入れてもらい、購入できる。通常そのブリューワリーごとの容器を購入しほかのところのは使わない、というのが流儀だが、サーバー嬢によるとここでは可能。

Michigan Beer Company

42875 Grand River Ave., Novi, MI

www.mibeerco.com

Kioskもブリューハウスもスーパーの6本入りよりも高め。$13から$22ぐらいと、ばらつきがある。それはちょっと、という人は「Make up your own」、スーパーなどでいろんなビールを6本好きに組み合わせて$9.99、でミシガンビールを味わうことはいかがかな。

North High Brewing Co. – Columbus, OH

0
North High Brewing Co. - Columbus, OH 1

DSCN5844近隣の州のブリューワリー(Ohio州)

文&写真 by ヤマトノオロチ

お隣のオハイオ州もクラフトビールが盛んな州だ。ミシガン州の半分ほどの面積だが総人口はミシガンよりも200万人ぐらい多い。現在、250ほどのブリューワリーがある。オハイオの大手スーパーの店頭にはミシガン同様、いやそれ以上に地元産のビールが缶のパックで販売されている印象がした。偶然手にした缶だが、そのタップルームを訪問した印象を紹介しよう。

DSCN5845州最大の都市コロンバスの中央部にはオハイオ州立大学(OSU)のキャンパスが広がっている。日本人コミュニティのあるコロンバス北部Polaris Fashion Place方面とはUS-270と71でつながっている。高速道路周辺にいくつかのブリューワリーがある。

DSCN5857なかでも大学街の風情と歴史を感じさせるのがNorth High Brewing Co。OSUのビジネス・スクール卒業の二人が新しい形のビジネスとして2011年開業、コロンバスで最初のtaproom兼醸造所、お客自らが醸造する「体験型」のブリューワリーだという。あまりの人気なので、施設を拡張、brewmasterによる増産、販売へと発展した。名前の由来は所在地の住所。High Streetを行く人々はカジュアルなファッションで年代層も若く大学街で活気があふれる。けれどもこのTaproomはコロンバス市の歴史を受け継いでいる。建物自体は20世紀前半に建てられた自動車のディーラー店。中は重厚な雰囲気の第一印象。入り口の8フィートの窓はもともとは1916年から使っていたオハイオ州立大学のもので、大学が建物を再建するときに譲り受けたという。それも「建設業者から現金とビールとで」、というエピソードつき。またこれも2008年に取り壊しになった大学内の建物から、灯り取りの高窓、教室のドアも譲り受けた。ケンタッキー州にあった蒸留会社(1872-1987, Old Crow Distillery)の窓やカウンタートップも使われている。Taproomは100年以上の歴史がいっぱいだ。かつての教室のドアを懐かしげに訪れるalumni(同窓生)や大学関係者もいるのではないか。

DSCN5846ストアーで缶で購入したIPA(ABV. 6.8) は6つのホップを使っている。それぞれのホップの風味が甘く生かされている。サーバーに聞いたところ最もホップが効いているのはGrapefruit Walleye Session IPA (ABV. 4.7%)。缶でも市販されている。キッチンは地元のBrenz Pizza in Columbus製のもの。Hop Pocketはここだけでしか食べられない。サイドのOH! Chipsも地元産で、カリカリした食感がいい。BrenzelはBrenz のsoft pretzel。

DSCN5851コロンバスにはミシガンにはない特徴のある観光施設も多くある。Cociは何度も施設のリノベーションをしている体験型科学施設で人気(https://cosi.org/)。コロンバス動物園・水族館のゾウ、マナティーなど(https://www.columbuszoo.org)もある。

コロンバス市内でゆっくりしすぎたため帰りは薄暗くなっていた。流通のシステムの違いでNorth High等の缶入りはミシガン州内では販売されていない。残念に思ってオハイオののどかな直線の農道を走っていると、前方に黒い影を見つけた。馬車に乗るアーミッシュの紳士とゆっくり歩く婦人たちだった。オハイオ州にはアーミッシュのコミュニティーと見学施設もある(http://www.visitamishcountry.com)。徐行し、この道路を通

North High Brewing Co.

(1288N. High Street, Columbus, OH, 43201)

http://www.northhighbrewing.com/

クリスマス気分を味わえる町 Frankenmuth

クリスマス気分を味わえる町 Frankenmuth 1

dscn3279文&写真 by ヤマトノオロチ

サンクスギビングからクリスマスはアメリカのホリデーの中でも活気付いた時期だ。氷点下や積雪のため、この時期は南に旅行する人も多いだろうが、近場で週末の旅行に向いているミシガンの観光地とブリューワリーを紹介しよう。

dscn3230
FrankenmuthはFlint市からさらにI-75を北上したところにある町。住民の半数近くがドイツ系。夏にはさまざまな祭りが開かれているが、冬にも見所は多い。Bronner’sは「世界最大級のクリスマス・ショップ」で、フットボール場の約1.7倍の面積を誇り、一年中クリスマスアイテムを販売している。オーナメントは犬や猫、雪の結晶などカテゴリーごとに配置され、つい時間を忘れてしまうほどの品数だ。クリスマスイブまでは毎日サンタクロースがお出ましになるので、きらびやかなオーナメントに包まれたサンタとのスナップは雰囲気満点だろう。

dscn3275Bronner’s Christmas WonderlandからM-83(Gera Rd)を2,3分北に進むとFrankenmuthのダウンタウンに入る。Bavarian Inn、Visitor Centerもあるところだ。小さいお店が道の両サイドに並んでいる。雪が積もってもコートや帽子でしっかり防寒していれば、雪のミシガンを体感しながら趣のある散歩になるだろう。

dscn3256Frankenmuthのダウンタウンを下から包みこむように流れているのがCass River。「アメリカで最も古いマイクロ・ブリューワリー」の看板を掲げるのがFrankenmuth Brewery。モダンなレンガ造りのブリューワリーは1Fと2Fのホール、地下のCass Tavernからなり、窓の外に広がるCass Riverのくねりと対岸の緑とパビリオンを一望する眺めが素晴らしい。ダウンタウンの中心にある“屋根つき橋”も遠くに見える。1862年にまさにここにブリューワリーが建てられた。倒産、トルネードなどに遭ったり、所有者が変わったりしたが、2009年に現在のブリューワリーがオープンした。

dscn3253訪れた週末はちょうどミシガン大学とオハイオ州立大学のフットボールがあった日。ランチの時間を過ぎていたが、ホールは超満員だった。「火曜日か平日に来るのがいいよ」とサーバーに勧められた。カウンターにはユニークなノブのデザインがずらり。ミシガン州とオハイオ州北部で流通しているからChristmas Town Ale、 Batch 69 American IPA、 The Hefのラベルデザインをスーパー等で目にしたことがある人がいるかもしれない。季節限定のTed Nugget IPA(7.1%)は苦味分の多いNugget hopを使っているところが、ほかの所はないユニークさだ。

dscn3265結婚式やパーティーにも適したこのブリューワリーでは、ハンバーガーやサラダ、マック・チーズなどいわゆる”American’s Favorite”のメニューがいっぱい。さらに、デザートもゴージャスだった。Sweet Dough Oreosはクッキーをドーナッツの粉で揚げ、バニラアイス、クリーム、チョコレートでアレンジしたもの。見た目に関わらず、2,3人で食べたほうがいいほどのボリューム感だ。

dscn3249Bronner’s Christmas Wonderland

www.bronners.com

Frankenmuth Brewery

http://frankenmuthbrewery.com

人気恒例イベント Arts, Beats & Eats と ローヤル・オークのブリューワリー

人気恒例イベント Arts, Beats & Eats と ローヤル・オークのブリューワリー 3

10612721_10152684363434168_138877091580498261_n文&写真 by ヤマトノオロチ

夏はミシガンの季節。日本とは違い、焼け付くような太陽の日差しのもと、楽しいイベントが目白押しだ。ちょっと早いと思うかもしれないが、9月最初のLabor Day Weekendのイベントのチェックはいかが。レーバーデー明けからは現地の学校が新学期を迎える。夏の最後の彩りを楽しもう。

DSC_3124ミシガン南東部のレーバーデーの大きなイベントはDetroit Jazz Festival (Detroit downtown Hart Plaza) とArts, Beats & Eats (Royal oak downtown)。いずれも大人気のイベント。アクセスがしやすく、ファミリーで楽しみやすいのはArts, Beats & Eats。ローヤル・オークはI-696を使うと高速の出口からすぐなので便利。

Arts, Beats & Eats は今年で19回目を迎える。そのタイトルの通り、アメリカ各地からプロの芸術家が出店する。絵画、レーザー彫刻などの作品やコンテンポラリー、民芸細工などバラエティーは豊富。ダウンタウンに9つものステージが設置され、コミュニティーのバンドからプロのバンドが期間中は熱いパフォーマンスを繰り広げる。食べ物系出店ブースもあるが、ストリートのど真ん中に広がった大テントでのレストランやケータリングで食事も楽しそうだ。ダウンタウンは2車線道路だが歩行者に開放され、両サイドの建物に反響するビートとBBQの香り、そこから少し離れるとアートや企業イベントのブースが連なり、日本とは違うゴージャスさだ。気軽に「どうぞ」と会社名の入ったサックやぬいぐるみなどのfreebie(無料サンプル)が渡されたりして楽しい。

このイベントのスポンサーのFordは車の体験コーナーを出している。バウンスハウス、遊園地のようなカーニバルライドもあり、子供にとっても楽しい。

DSCN1767さて、ローヤル・オークは200年の歴史がある町。ダウンタウンはさまざまな文化がミックスしており、レストランもバラエティーに富む。ブリューワリーは6つもある。

レストランとして訪れたいなら Lily’s Seafood Grill & Brewery と Bastone Brewery。

ファミリーと行きやすくパティオでゆっくり食事を取りながらのどを潤せるのがRoyal Oak Brewery。1995年開業のミシガンのブリューワリーの先駆者。11種類がこの日はラインアップされていた。残念ながらスペシャルのbarrel agedのpale ale は完売。「ブリューガイはそんなに前もってスペシャルビールがいつ出るかは言わないわよ」、とここに来ることを目的にしている人だけにまずは味わってもらおうというプロ意識だ。

DSCN2009どれも安定したビールの仕上がりの中で、特にミシガンの夏にぴったりに思えたのはNorthern Kolche。Royal Pride IPAに次ぐ人気だそうだが、アルコールドは4.2%と軽め。すっきりしているが、飲んでから甘い感じが残るようだ。飲み始め、または飲みの締めくくりに、という説明があった。

DSCN1777キッチンはアペタイザーからデザート、キッズメニューまでフルにある。家族で楽しめそうなピザ、軽く済ませたいときにはちょうどいいサラダやスープ、Favoritesのリブ、サーモン・グリル、サンドイッチまで、さすがビールだけでなく長年人々にアピールして来たセレクションの広さとクオリティの高さだ。メインディッシュは$12前後なのもいい。

Royal Oak Breweryから1ブロック東に2015年にオープンしたRiver Rouge Brewing Companyは「アメリカの素晴らしいナノブリューワリー50」に選ばれている。シーズナルビールにレモンライム、へーゼルナッツ、マンゴーなどのユニークなビールが多い。こちらはこじんまりと楽しむ場所としていい。

Royal Oak Brewery

215 E. Fourth St., Royal Oak
www.royaloakbrewery.com

River Rouge Brewing Company

406 E. Fourth St., Royal Oak
www.riverrougebrew.com

 

Gandy Dancer – Ann Arbor, MIGandy Dancer(ギャンディー・ダンサー)Ann Arbor, MI

0
<!--:en-->Gandy Dancer - Ann Arbor, MI<!--:--><!--:ja-->Gandy Dancer(ギャンディー・ダンサー)Ann Arbor, MI<!--:--> 1

アメリカの歴史と文化の息吹が残るレストラン ~駅舎編~

 1886年まで駅舎だった建物を改装したエレガントなレストラン。建築要素だけでなく、特にシーフード料理が店の売り。結婚披露宴など人生一度の記念レセプションの会場に、このレストランを選ぶ人も多い。

 直線的なフォルムにアーチ型の玄関や窓の形がくっきりと映え、威風堂々とした佇まいは修道院か伝統ある学校のよう。外観は元駅舎には見えないが、一歩中に入ると、かつてはかなり立派な駅であったことを諸所の造りから感じされられる。メインルームは天井が高く、ゆとりのある空間。内装は重厚な品の良い雰囲気に統一され、窓ガラスを通した自然光と、柔らかい室内灯が和やかさをかもし出している。

 かつての駅舎の外にあるテラススペースは、洒落た鉄骨の柱や屋根の裏がプラットホームそのもの。壁は一面ガラス張りで、線路と広々とした原っぱが望める。線路はアムトラックの現役路線で、食事中に電車が通ると眺め続けている客の姿も見られた。

 メニューはランチもディナーもアペタイザーを含めてシーフード系が充実している。お値段はランチでもサラダが7ドル程からとやや高め。ランチもディナーも同料金の3点セットメニュー$25.99は、お徳感がある。

 平日(月~金)4時半から6時半までのハッピーアワーには、バーに限り、ビールやカクテル(種類限定)の格安サービスを提供している。

 日曜日(10:00am – 2:00pm)のバフェスタイルのブランチも人気。一般的なバフェメニューであるソーセージやポテト、その場でクックしてくれるオムレツの他、海老や貝、サーモンなどの魚介類料理も多数並ぶ。ファミリーレストランの倍ほどの値段(現在$24.95)にも関わらず、客足がとだえない。雰囲気でレストランを選ぶ人が多いアメリカだが、そればかりではない魅力が広く認められていると言えそうだ。沈滞ムードが拭えないお店が少なくない中、活気が感じられる貴重なレストランである。

Gandy Dancer

401 Depot Street  Ann Arbor, MI
Telephone: (734) 769-0592
Website: http://www.muer.com/gandy-dancer/

アメリカの歴史と文化の息吹が残るレストラン ~駅舎編~

 1886年まで駅舎だった建物を改装したエレガントなレストラン。建築要素だけでなく、特にシーフード料理が店の売り。結婚披露宴など人生一度の記念レセプションの会場に、このレストランを選ぶ人も多い。

 直線的なフォルムにアーチ型の玄関や窓の形がくっきりと映え、威風堂々とした佇まいは修道院か伝統ある学校のよう。外観は元駅舎には見えないが、一歩中に入ると、かつてはかなり立派な駅であったことを諸所の造りから感じされられる。メインルームは天井が高く、ゆとりのある空間。内装は重厚な品の良い雰囲気に統一され、窓ガラスを通した自然光と、柔らかい室内灯が和やかさをかもし出している。

 かつての駅舎の外にあるテラススペースは、洒落た鉄骨の柱や屋根の裏がプラットホームそのもの。壁は一面ガラス張りで、線路と広々とした原っぱが望める。線路はアムトラックの現役路線で、食事中に電車が通ると眺め続けている客の姿も見られた。

 メニューはランチもディナーもアペタイザーを含めてシーフード系が充実している。お値段はランチでもサラダが7ドル程からとやや高め。ランチもディナーも同料金の3点セットメニュー$25.99は、お徳感がある。

 平日(月~金)4時半から6時半までのハッピーアワーには、バーに限り、ビールやカクテル(種類限定)の格安サービスを提供している。

 日曜日(10:00am – 2:00pm)のバフェスタイルのブランチも人気。一般的なバフェメニューであるソーセージやポテト、その場でクックしてくれるオムレツの他、海老や貝、サーモンなどの魚介類料理も多数並ぶ。ファミリーレストランの倍ほどの値段(現在$24.95)にも関わらず、客足がとだえない。雰囲気でレストランを選ぶ人が多いアメリカだが、そればかりではない魅力が広く認められていると言えそうだ。沈滞ムードが拭えないお店が少なくない中、活気が感じられる貴重なレストランである。

Gandy Dancer

401 Depot Street  Ann Arbor, MI
電話番号:(734) 769-0592
ウェブサイトhttp://www.muer.com/gandy-dancer/

SLOWS Bar-B-Q Detroit(スローズ)Detroit, MISLOWS Bar-B-Q Detroit(スローズ)Detroit, MI

0
<!--:en-->SLOWS Bar-B-Q Detroit(スローズ)Detroit, MI<!--:--><!--:ja-->SLOWS Bar-B-Q Detroit(スローズ)Detroit, MI<!--:--> 1

2005年にオープンしてから複数のレストラン賞を獲得したデトロイトで大人気のバーベキューレストランがある。

場所はダウンタウン、ルネッサンスセンターから西へ2マイル程のコークタウンと呼ばれる一画。かつては賑やかであっただろうセントラルステーション前の、1880年代に建設された建物をそのままの形を残し内装をリフォームでいる。

同店でじっくり煮込まれたプルドポークやリブを目当てに平日でも行列ができるほどだ。

バーベキュー自体の味付けはシンプルで、テーブルにはお好みで味が楽しめる5種のソースが用意されている。スープ、サンドイッチ、サイドディッシュなど肉料理とマッチする品も数多く、ドラフトビールだけでも地元ミシガンや世界各地50種以上を常時していて、飲食共にセレクションが充実している。

今春にグランドラピッズ店舗オープン予定。

秋にはポンティアック市にもオープン予定。

Slows Bar-B-Q

2138 Michigan Ave, Detroit

【電話番号】313-962-9828

2005年にオープンしてから複数のレストラン賞を獲得したデトロイトで大人気のバーベキューレストランがある。

場所はダウンタウン、ルネッサンスセンターから西へ2マイル程のコークタウンと呼ばれる一画。かつては賑やかであっただろうセントラルステーション前の、1880年代に建設された建物をそのままの形を残し内装をリフォームでいる。

同店でじっくり煮込まれたプルドポークやリブを目当てに平日でも行列ができるほどだ。

バーベキュー自体の味付けはシンプルで、テーブルにはお好みで味が楽しめる5種のソースが用意されている。スープ、サンドイッチ、サイドディッシュなど肉料理とマッチする品も数多く、ドラフトビールだけでも地元ミシガンや世界各地50種以上を常時していて、飲食共にセレクションが充実している。

今春にグランドラピッズ店舗オープン予定。

秋にはポンティアック市にもオープン予定。

Slows Bar-B-Q

2138 Michigan Ave, Detroit

【電話番号】313-962-9828

日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~

<!--:en-->日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~<!--:--><!--:ja-->日本からの訪問者を連れて行きたいレストラン~メトロ デトロイト エリア リストアップ~<!--:--> 2

注:限られた情報収集に基くもので、味やサービスの良さを保証するものではありませんこと、ご了承下さい。

☆とてもアメリカンな店

Original Pancake House

終日アメリカンな朝食系のメニューを提供している。内装も、アンティックな時計やおもちゃ、台所機器がて置かれていて、素朴な雰囲気が溢れ、カントリー・アメリカン。

パンケーキは、バターミルク、麦ベース、芋ベースの3種を基本に、甘いデザート系に限らず、食事向けの具材も多く、バラエティ豊か。

Southfield、Birmingham、Grosse Pointe Woodsの3店

www.originalpancakehouse.com 

Cracker Barrel

素朴なカントリー調の内装と典型的なアメリカメニューが人気の全米チェーン店。大半が高速道路沿いにあるので、旅行中にも重宝。 ミシガンには16カ所(2014年8月)。

Brighton、Belleville、Monroe、Flint、Jackson、Okemos(Lansing東) など。

www.crackerbarrel.com

HOOTERS

カジュアルレストラン&スポーツバー。ウェイトレスのコスチューム(白地にロゴ入りタンクトップとオレンジ色のホットパンツ)が有名で、アメリカ国内で400店舗以上展開している。日本にもオープンしたが、やはり本場で一度は! 男性向きというイメージだが、人気メニューのバッファローウィング目当てに訪れる女性ファンも多い。

デトロイト近郊では、Novi、Taylor、Troyなど。

www.hooters.com

Rocky’s of Northville

内装はログキャビン風の落ち着いたカントリー調。味が定評。プライムリブが人気。ツナやニジマス、オイスター、カモ料理など、メニューが豊富。

41122 Seven Mile Road West Northville, MI

www.rockysnorthville.com 

Zingerman’s Delicatessen - Ann Arbor

アナーバーの有名なデリカテッセン。「オバマ大統領もわざわざ注文した」という話題つき。上質アンガス牛肉のコンビーフや、放し飼いの鶏や七面鳥を原料にしているのがお店の売り。膨大なサンドイッチ系のメニューの中でもポピュラーなのは’Rueben’というコンビーフ&ザワークラフト。日本のコンビーフとは全く違う。

422 Detroit St., Ann Arbor, MI

www.zingermansdeli.com

☆アメリカと言えばやはりステーキやリブ、ハンバーガー

Famous Dave’s Detroit Legendary Pit Bar-B-Que® restaurants and catering. 

メトロデトロイト地区に5件:Novi、Rochester Hills、 Roseville、 Taylor、Westland。典型的なアメリカン。BBQ ribs(スペアリブ)が人気。

www.famousdavesdetroit.com

Texas Roadhouse

西部開拓時代の街道杉の食事処といった雰囲気のチェーン店。 Fall-Off-The-Bone Ribsと称される柔らかいスペアリブと、グリルで焼いたステーキが自慢。量の多さとリーゾナブルな価格が売りとあって、日本人にはびっくり。

デトロイト近郊では、Westland、Taylor(空港の東)、Madison Heights、Sterling Heightsなど。

www.texasroadhouse.com

☆やはりシーフードが・・・という方に

Mitchell’s Fish Market - Livonia

日本では貴重なロブスター料理も好評な、素材と味に定評のシーフードレストラン。

17600 Haggerty Rd, Livonia, MI 他Rochester Hills、Birmingham

www.mitchellsfishmarket.com

Real Seafood Company -Ann Arbor

品質の良い素材を生かしたシンプルな料理が売りのシーフードレストラン。アナーバーのダウンタウン、メインストリートに面した立地で、アウトドアパティオ席もあり、大学町の活気も楽しめる。

341 South Main St. Ann Arbor, MI

www.realseafoodcoannarbor.com

注:限られた情報収集に基くもので、味やサービスの良さを保証するものではありませんこと、ご了承下さい。

 

The Sardine Room – Plymouth, MIThe Sardine Room(サーディーン・ルーム)Plymouth, MI

0
<!--:en-->The Sardine Room - Plymouth, MI<!--:--><!--:ja-->The Sardine Room(サーディーン・ルーム)Plymouth, MI<!--:--> 1

個性的なお店が並ぶプリモスのダウンタウン。公園に面した中心地に、3件のレストランが並んでいる。今回はその1件、The Sardine Roomを紹介。

こじんまりとしたモダンな内装の店内には、バー、止まり木のようなカウンター席、テープル席が隣り合っている。コーヒーショップのような開放感のあるカジュアルさが若いカップルや仕事帰りの仲間、そして女性連れにも人気。

海やバイキングをテーマにした絵柄を壁に施しているが、メニューもシーフードが充実している。

小皿(日本で言うツマミ系)の多さが店の売りになっている。

空き缶でフライドポテトをサーブするなど、盛付も小粋でカジュアル。ピアに居る気分。

Happy Hour

ハッピーアワー(月~土4pm-6pm)に訪れる多くの人が注文するのが生オイスター。この時間帯には1こ$1とかなりお手頃。バーカウンターの横に殻付きオイスターがずらりと並び、客の目の届くところで手際よく処理していて、新鮮さを感じさせる。

日替わりメニューで、チーズや魚介類のつまみ類もお得価格。 ビールやカクテル、ワインも‘その日’指定の種類が割安。

(*ハッピーアワーのスペシャルメニューはバーとカウンターの席でのみ可。)

個性的なお店が並ぶプリモスのダウンタウン。公園に面した中心地に、3件のレストランが並んでいる。今回はその1件、The Sardine Roomを紹介。

こじんまりとしたモダンな内装の店内には、バー、止まり木のようなカウンター席、テープル席が隣り合っている。コーヒーショップのような開放感のあるカジュアルさが若いカップルや仕事帰りの仲間、そして女性連れにも人気。

海やバイキングをテーマにした絵柄を壁に施しているが、メニューもシーフードが充実している。

小皿(日本で言うツマミ系)の多さが店の売りになっている。

空き缶でフライドポテトをサーブするなど、盛付も小粋でカジュアル。ピアに居る気分。

Happy Hour

ハッピーアワー(月~土4pm-6pm)に訪れる多くの人が注文するのが生オイスター。この時間帯には1こ$1とかなりお手頃。バーカウンターの横に殻付きオイスターがずらりと並び、客の目の届くところで手際よく処理していて、新鮮さを感じさせる。

日替わりメニューで、チーズや魚介類のつまみ類もお得価格。 ビールやカクテル、ワインも‘その日’指定の種類が割安。

(*ハッピーアワーのスペシャルメニューはバーとカウンターの席でのみ可。)

Tofu House – Farmington, MITofu House(トウフ・ハウス)Farmington, MI

0
<!--:en-->Tofu House - Farmington, MI<!--:--><!--:ja-->Tofu House(トウフ・ハウス)Farmington, MI<!--:--> 3

寒い日には、旨味が詰まったちょっと辛目の熱々お鍋が一番

 日本人にポピュラーなったスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)は、具だくさんで栄養バランスもよく、体にもとても良い。元々本国では食堂などでの一メニューだったものが、1990年代のアメリカで豆腐が健康食品ブームで愛好されるようになり、スンドゥブ・チゲはロサンゼルスのコリア・タウンの人気メニューになり、本国に‘専門店’が逆輸入されたという。ニューヨーク等にも専門店が増え、日本でも韓国料理店のメニューとしてだけでなく専門店が展開された。そしてようやく2011年夏、ファーミントンに専門店‘Tofu House’が登場!専門店といっても内装は食堂風で気取りがなく、気楽に立ち寄れるのも嬉しい。

 スンドゥブは韓国の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)のような柔かい豆腐。そのとろりとした柔らかさと、コチュジャンや唐辛子粉、ニンニクなどの調味料と、具の旨みが絡み合って、旨さがびっしり余すところなく詰め込まれている。本来「スンドゥブ」はこの豆腐だけを表すのだが、(特にアメリカでは) 「スンドゥブ」がスンドゥブチゲの略称として使われることが多いようだ。

 Tofu Houseのシーフード・スンドゥブやミックス・スンドゥブに入っている具の種類と量の多さには嬉しくなる。そしてキムチ・スンドゥブは「家では出せない味だなあ」と感じるコクのある豊かな味。スンドゥブメニューだけのオーダーでも数品の付け合せが付くのもありがたい。キムチ、野菜のナムル、厚揚げ風の和え物など、日によって付け合せの種類は変わる。

 スンドゥブメニューに含まれているご飯には混合米か白米のチョイスがあり、混合米(Mixed Rice)は風味があり固さも程よく食べ易い。白いご飯は個別の石釜で炊いた状態で供され、おこげの残った石釜に湯を注いで、スンニュンというお茶漬け風のものにしてくれる。

 スンドゥブの他に、石焼ビビンバ、パジョン(日本でチヂミと呼ばれている、ネギの入った韓国お好み焼き風)、カルビやブルコギなどのメニューもある。隣の(入り口は別。奥は繋がっている)日本食レストランSushi Houseの料理もオーダーできる。

 石焼ビビンバや焼肉は焼きたてが格別だが、スンドゥブは持ち帰っても、(シチュー類と同様に)次の日でも美味しく頂ける。テイクアウトして、家でゆっくり味わうのも手。

寒い冬にはボカボカ効果を期待して辛めの味で頂きたい人が多いと思うが、初回はミディアムから試すことをお薦めしたい。魚貝や肉の旨みと生卵の味にコーティングされて、口に入れたときはマイルドな口当たりだが、後からじわっと辛味が効いてくる。‘辛味無し’の注文も可能。栄養をしっかりとって長い冬を乗り切ろう!

Tofu House

22042 Farmington Rd., Farmington, MI 
Telephone: 248-426-6788

 

寒い日には、旨味が詰まったちょっと辛目の熱々お鍋が一番

 日本人にポピュラーなったスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)は、具だくさんで栄養バランスもよく、体にもとても良い。元々本国では食堂などでの一メニューだったものが、1990年代のアメリカで豆腐が健康食品ブームで愛好されるようになり、スンドゥブ・チゲはロサンゼルスのコリア・タウンの人気メニューになり、本国に‘専門店’が逆輸入されたという。ニューヨーク等にも専門店が増え、日本でも韓国料理店のメニューとしてだけでなく専門店が展開された。そしてようやく2011年夏、ファーミントンに専門店‘Tofu House’が登場!専門店といっても内装は食堂風で気取りがなく、気楽に立ち寄れるのも嬉しい。

 スンドゥブは韓国の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)のような柔かい豆腐。そのとろりとした柔らかさと、コチュジャンや唐辛子粉、ニンニクなどの調味料と、具の旨みが絡み合って、旨さがびっしり余すところなく詰め込まれている。本来「スンドゥブ」はこの豆腐だけを表すのだが、(特にアメリカでは) 「スンドゥブ」がスンドゥブチゲの略称として使われることが多いようだ。

 Tofu Houseのシーフード・スンドゥブやミックス・スンドゥブに入っている具の種類と量の多さには嬉しくなる。そしてキムチ・スンドゥブは「家では出せない味だなあ」と感じるコクのある豊かな味。スンドゥブメニューだけのオーダーでも数品の付け合せが付くのもありがたい。キムチ、野菜のナムル、厚揚げ風の和え物など、日によって付け合せの種類は変わる。

 スンドゥブメニューに含まれているご飯には混合米か白米のチョイスがあり、混合米(Mixed Rice)は風味があり固さも程よく食べ易い。白いご飯は個別の石釜で炊いた状態で供され、おこげの残った石釜に湯を注いで、スンニュンというお茶漬け風のものにしてくれる。

 スンドゥブの他に、石焼ビビンバ、パジョン(日本でチヂミと呼ばれている、ネギの入った韓国お好み焼き風)、カルビやブルコギなどのメニューもある。隣の(入り口は別。奥は繋がっている)日本食レストランSushi Houseの料理もオーダーできる。

 石焼ビビンバや焼肉は焼きたてが格別だが、スンドゥブは持ち帰っても、(シチュー類と同様に)次の日でも美味しく頂ける。テイクアウトして、家でゆっくり味わうのも手。

寒い冬にはボカボカ効果を期待して辛めの味で頂きたい人が多いと思うが、初回はミディアムから試すことをお薦めしたい。魚貝や肉の旨みと生卵の味にコーティングされて、口に入れたときはマイルドな口当たりだが、後からじわっと辛味が効いてくる。‘辛味無し’の注文も可能。栄養をしっかりとって長い冬を乗り切ろう!

Tofu House

22042 Farmington Rd., Farmington, MI 
電話:248-426-6788

 

Griffin Claw Brewing Company – Birmingham, MIGriffin Claw Brewing Company(グリッフィンクロー)Birmingham, MI

<!--:en-->Griffin Claw Brewing Company - Birmingham, MI<!--:--><!--:ja-->Griffin Claw Brewing Company(グリッフィンクロー)Birmingham, MI<!--:--> 1

Birminghamの鉄道跡の再開発地域

緑多く、300余りの様々な店やレストラン等が立ち並ぶBirminghamのダウンタウンはOakland Countyの中でもゆったりとサイドウォークのションピングを楽しめる。町はWoodward Avenueを越すと住宅街になり、東を走るEaton Streetは鉄道が廃止されてから久しく、最近は再開発や新しいアパートの建設が続いた。手前に古くからの住宅街、背後には真新しいしゃれたコンドミニアムに囲まれたところにこのmicrobreweryはある。

Griffin Claw Brewing Companyは隣接するアップスケールのレストラン(Big Rock Chop House)から2013年に独立。Microbreweryでの営業のほかに8種類の16oz缶ビールをミシガン内で流通させており、”Competitive(競争の激しい)”な業界で一気に時代の波に乗ろうとしている。

真のBrewmaster

数々のワールドクラスのコンペティションでメダルを獲得したのはNorm’s Raggedy Ass IPA (ABV.7.2 )。

缶、brewery内ともにトップセールを誇る。Centennial、Cascade、Columbus、Simcoeの4種類のホップを使用しているのはめずらしい。これら4種は多くのbreweryのIPAにも使われている。4人のメインのbrewerがここでビールを造っているが、この4種のホップをうまく生かしたのはやはりbrewmasterの腕といえる。

ラスベガスで最初のbreweryを設立、その後上記のレストランのためにビールを作ってきた。切れ味がよくホップやアルコール%の割に多くの人に好まれている。パワフルだが次の一杯も求めたくなるからだろう。

面白味のあるフレーバーとしてはProject Clementine (ABV. 9%)。みかん液から作っているが、風味はやや抑え目。Red Rock Flanders (ABV. 7.2%)も特徴があっておもしろい。伝統的なBelgianスタイルで、酸味が出るような発酵を施してある。口当たりは確かにそうだが、ワインにもっとも似ているビール、といわれるようにコクがある。Breweryのトレードマークや、ビールの材料を粉砕するいわゆるmashtankもベルギー系の会社のものを特に使っているのも、コンセプトはホンモノのビール作りにこだわる姿勢が受け取られる。

残念ながら当日はbreweryには出されていなかったが、缶とビンのラベルがユニークなのはsessionタイプのMr. Blue Sky (ABV.4.5%)。デトロイトのダウンタウンのシンボルThe Spirit of Detroitとデトロイトの再興を願って摩天楼が描かれている。Breweryのオーナーの孫娘のデザインのこのラベルは、ひときわ目を引く。この缶ビールは他の8種とともに一般のスーパーマーケットでも流通しているので、試してみやすい。

Brewery内だけの提供になるが、バーボンを製造したあとの樽で醸造したビールBourbon Barrel Aged 2013 & 2014、さらにはウォッカ、ラム、ジンも製造しているから、ここのbrewチームの力を感じる。

レストラン内部は明るい採光で、ハンバーガー、サンドイッチなどカジュアルダイニングのスタイル。価格も$10前後で手ごろ。

【電話番号】248-712-4050

【住所】575 South Eaton Street, Birmingham, MI 48009

【ウェブサイト】www.griffinclawbrewingcompany.com

Birminghamの鉄道跡の再開発地域

緑多く、300余りの様々な店やレストラン等が立ち並ぶBirminghamのダウンタウンはOakland Countyの中でもゆったりとサイドウォークのションピングを楽しめる。町はWoodward Avenueを越すと住宅街になり、東を走るEaton Streetは鉄道が廃止されてから久しく、最近は再開発や新しいアパートの建設が続いた。手前に古くからの住宅街、背後には真新しいしゃれたコンドミニアムに囲まれたところにこのmicrobreweryはある。

Griffin Claw Brewing Companyは隣接するアップスケールのレストラン(Big Rock Chop House)から2013年に独立。Microbreweryでの営業のほかに8種類の16oz缶ビールをミシガン内で流通させており、”Competitive(競争の激しい)”な業界で一気に時代の波に乗ろうとしている。

真のBrewmaster

数々のワールドクラスのコンペティションでメダルを獲得したのはNorm’s Raggedy Ass IPA (ABV.7.2 )。

缶、brewery内ともにトップセールを誇る。Centennial、Cascade、Columbus、Simcoeの4種類のホップを使用しているのはめずらしい。これら4種は多くのbreweryのIPAにも使われている。4人のメインのbrewerがここでビールを造っているが、この4種のホップをうまく生かしたのはやはりbrewmasterの腕といえる。

ラスベガスで最初のbreweryを設立、その後上記のレストランのためにビールを作ってきた。切れ味がよくホップやアルコール%の割に多くの人に好まれている。パワフルだが次の一杯も求めたくなるからだろう。

面白味のあるフレーバーとしてはProject Clementine (ABV. 9%)。みかん液から作っているが、風味はやや抑え目。Red Rock Flanders (ABV. 7.2%)も特徴があっておもしろい。伝統的なBelgianスタイルで、酸味が出るような発酵を施してある。口当たりは確かにそうだが、ワインにもっとも似ているビール、といわれるようにコクがある。Breweryのトレードマークや、ビールの材料を粉砕するいわゆるmashtankもベルギー系の会社のものを特に使っているのも、コンセプトはホンモノのビール作りにこだわる姿勢が受け取られる。

残念ながら当日はbreweryには出されていなかったが、缶とビンのラベルがユニークなのはsessionタイプのMr. Blue Sky (ABV.4.5%)。デトロイトのダウンタウンのシンボルThe Spirit of Detroitとデトロイトの再興を願って摩天楼が描かれている。Breweryのオーナーの孫娘のデザインのこのラベルは、ひときわ目を引く。この缶ビールは他の8種とともに一般のスーパーマーケットでも流通しているので、試してみやすい。

Brewery内だけの提供になるが、バーボンを製造したあとの樽で醸造したビールBourbon Barrel Aged 2013 & 2014、さらにはウォッカ、ラム、ジンも製造しているから、ここのbrewチームの力を感じる。

レストラン内部は明るい採光で、ハンバーガー、サンドイッチなどカジュアルダイニングのスタイル。価格も$10前後で手ごろ。

【電話番号】248-712-4050

【住所】575 South Eaton Street, Birmingham, MI 48009

【ウェブサイト】www.griffinclawbrewingcompany.com

ホリデーシーズンの ブリューワリーの楽しみ方

ホリデーシーズンの ブリューワリーの楽しみ方 4

文&写真 by ヤマトノオロチ

DSCN0458 今回は、トピックを2つに絞っていこう。

一つ目はホリデーシーズンなので、ファミリーに優しいブリューワリーのイベントの紹介だ。アメリカではこの12月に「サンタ・ブランチ」があちらこちらのレストラン等で行われる。家族みんなで日曜日のブランチを楽しみながら、サンタクロースと一緒に写真を撮るイベントだ。日ごろはテレビのスポーツゲームの大音響や人々の話し声でにぎわうブリューワリーも趣がガラッと変わって、ドレスやスーツで着飾ったかわいらしい姿と笑い声があふれる。

正統派のビールを提供しているRochester Millsの「サンタ・ブランチ」は、広々としたパブレストランのスペースを十分に活かし、2回の完全入替制で行われるので、ゆったりと楽しめる。シェフの手で目の前で切り出されるハム、豊富なサラダや果物、アペタイザーに舌鼓をうつ。

10403664_10152917659544168_6898803988743946569_nRochesterダウンタウンでの「Big Bright Light Show」は11月中から既に始まっており、毎日午後5時から1月3日の深夜まで。カラフルなライトが、ミシガンの凍り付くような空気を凛(りん)と照らしてくれ、心地よい。

Rochesterに限らず、各地域のダウンタウンでもライトアップが行われているので、せっかくの機会を楽しみもう。

DSCN0434もう一つの話題は、地元ブリューワリーの缶入りビールの紹介だ。ミシガン州のブリューワリー数の伸びは今年も続いた。気がつくと、スーパーの棚には大手ビール会社のものよりも、各地のブリューワリーが作っているビールのほうがはるかに多い。スーパーで売られているミシガン産のビールの数は実際にブリューワリーで作られている種類の一握りにも満たないから、いかに膨大なセレクションがあることに気づく。

DSCN0430南東ミシガン地域のブリューワリの中で缶入りビール小売りで健闘しているのが、過去にも紹介したことがあるGriffin Claw。Griffin Clawは5種類に加えて季節ビールの”3 Scrooges”を発売した。Dickensの名作”Christmas Carol”の守銭奴の主人公をブランド名にした冬限定のエール。レーベルもクリスマスの雰囲気を盛り上げる。3様の表情のキャラクターは、「ブリューマスターの顔じゃないよ」とバーテンダーの談。オレンジ・ピールとスパイスがきりっ、と効いているすっきりした味。このほかにも前述のRochester Millsも5種類の缶入りをだしている。ミシガンらしい松のイラストのレーベル”Pine Knob Pilsner”はアルコール度も5.3%でほどよい。

100_0611ホリデーシーズンは仕事が休みの人も多いだろう。ゆったりとした気分で、地元ミシガンの味と時間を楽しんではいかがだろうか。

*Rochester Mills Beer Co.
Santa Branch 12月20日(日)10:30 & 12:30。

大人$22.95、子供$9.95(6歳以下は無料)。要予約。
www.rochestermillsbeerco.com

*Griffin Claw Brewing Company
www.griffinclawbrewingcompany.com

*その他書ききれないが、クリスマス、ニューイヤーのイベント、ファミリーフレンドリーなブリューワリが数多くある。

湖とみどりの町Milfordのブリューワリー

0
湖とみどりの町Milfordのブリューワリー 5

dscn2917文&写真 by ヤマトノオロチ

MilfordはKensington Metro Parkの北に位置する町。I-96とM59のいずれのハイウエイからも訪れることができることから、ハイウェイ近辺からだけではなくAnn ArborやDearbornからも足を伸ばす人も多いという。町の面積は約6平方キロメートルと小さいが、Kensington Metro Park をはじめ6つの大きな公園に隣接し、清閑な魅力を残している。

dscn2932Huron Riverがこの町を横切る。1879年にエジソンが白熱電灯を実用化させるが、1892年にはMilfordでは電灯が灯っている。日本での最初の電灯は1878年なので、いかにMilfordでは水力をいかし早い時期に電力を得ていたかがわかる。さらに自動車王のHenry Fordはこの豊富な水量を生かすため水力発電所をMilfordに作った。工場で働きつつ農業に従事する労働者のために作ったという。訪れた日はちょうどブリューワリーの正面にあるCentral ParkでコミュニティーのBBQパーティーが開かれていて、家族連れがたくさん見えた。湖のほうを見ると、豊かな水量と静かさのもと日没を迎えようとしていた。
dscn2912River’s Edge Brewing Companyは2014年にこの地域出身の3つの家族が協力して作った、コミュニティーに根ざしたブリューワリー。「縁があってこの場所にブリューレストランをオープンできてよかったよ。もちろん自慢は窓からのHuron Riverの景色」と、オーナーの一人のRyanは言う。店から公園や池が見える側は大きな窓を配している。1950年代には電気会社だったこの建物はインダストリアル・スタイルだが、天井は建材がむき出しではない。黒のパネルで雑音を吸収するシステムを採用している。なるほど、天井の高い割には音が響いていない、と感じた。

ブリュー・パーソンのKimは、この業界に20年も従事している。Big Buck, Dragonmeadといえばビールのおいしさでは有名なブリューワリー。そこで修業し、これもまた有名なBastoneでブリューマスターになった。Belgianスタイルが得意だ。

dscn2922一方、River’s Edge B.C.では常に2つほどのCask Conditionのビールも出している。共同オーナーのMikeがイギリス系だからだ。Cask Conditionとは、自然に炭酸化させたビールのことで、貯蔵庫の温度のままお客さんに出される。キンキンに冷えたビールに慣れている人には、ちょっと眠いような口当たりだが、伝統的なこの味を好む人もいる。

dscn2924キッチンに目を向けると、サンドイッチやソーセージが主体。Bratwurstソーセージをホットドックのパンにはさんだものを注文した。あっさりしておいしく、一緒にはさんであるコールスローのスパイスがよく引き立っている。また、ミシガンの地図が印刷されているGreat Lakes Potato Chip Co.のポテトチップの味もよかった。食事全体の量も手ごろで、油がごってり使われていないナチュラルな味が、日本人にはいいだろう。
家族むけにボードゲームなども置いてあり、開放感あるホールを食事だけでなく飽きることなく楽しめる。ブリューワリーはアートセンターにもつながっているので、覗いてみることも可能。

River’s Edge Brewing Company

125 S Main St #400, Milford, MI 48381

http://riversedgebrew.com/

Tel: (248) 685-1625

GM テックセンター近くの本格的ブリューワリーGM テックセンター近くの本格的ブリューワリー

<!--:en-->GM テックセンター近くの本格的ブリューワリー<!--:--><!--:ja-->GM テックセンター近くの本格的ブリューワリー<!--:--> 3

Warren市はミシガン州で3番目に大きい市で、GMのテクニカルセンターがある。GM Tech Center は、Van Dyke Ave.とMound Rdの間の12Mile Rd と13 Mile Rdの大区画を占めていて、Mound Rd沿いに立ち並ぶ Ford や Chrysler の工場施設の中の中心的な存在だ。

この Warren の開基の場所、GMのテクニカルセンター近くのMound RdとChicago Rdに

玄人(くろうと)好みのブリューワリーがある。Kuhnhenn Brewing Co.。人生の転機というものを最大限生かして今を楽しんでいるbrew guy(ビールを造る人)の話はビールをいっそうおいしく感じさせた。

朝起きたら仕事に行きたくないと思う人は多いかもしれない。でも自分はそんなふうに思わない。ビールを造ることを自分自身今楽しんでいる。ここに1時間かけてたった1杯のビールをのみに来てくれる人もいる。この業界に入ったのは12年前。レイオフ、と言う仕事上の転機が訪れ、この産業に足を踏み入れた。近くのブリューワリーで修行し、今ここでビールを作っているんだ。

Kuhnhennのビールのラインナップは16から28種類なのは驚異的な数字だ。1回に作る量はたったの8バレル(1バレル=31ガロン)。だから、うちのビールはいつも新鮮、という。サーバーから注がれたビールを半分以上のみ干しても、グラスに残っている白い泡の後は他のどのブリューワリーよりもしっかりしている。

“Separate yourself”, “Distinct personality”

玄人好みのここでのお勧めは、何と言ってもIPA。IPAはビールの中でももっともフルーティーな風味のビールで、苦味でなかなかなじめない人もいるだろう。まずIPAの中のFluffer (ABV. 4.5%) は気軽に楽しんでもらいたい、というコンセプトでホップの量を少なめにしている。その分フルーティーさが強くないが、日本の大手ビールのような味わいだ。伝統的なスタイルのAmerican IPA(ABV. 6.5%)は琥珀色。ビールのスタイルや材料の組み合わせはそれぞれのブリューワリーが独自に作っているのではなく、BJCP(Beer Judge Certification Program)のガイドラインで決められている。これによりAmerican IPAはアンバーと呼ばれる琥珀色。これでは物足りない人にはDripa (ABV. 9.5%)。ややゴールデンカラーのこのIPAはホップの風味が芳醇。さらにここではもっとすごいIPAがある。Tripa(ABV. 12.25%)。

ABV.の数字だけ見ても尻込みしてしまう。ラインナップの中でもほかに異色なのは、Imperial Crème Bule Java stout (ABV. 8.5)。コーヒー風味のスタウト・ビール。これもかなり苦味と濃厚な質量感が口の中に広がるので、ビールの形式を超えて試してみたいものだ。

ミシガンには多くのブリューワリーがあるけれど、互いに競合しあうのではなく、それぞれの特徴を出していき、お互いを助け合っているんだ。“separate yourself”, “distinct personality”。

Kuhnhennでは11月中旬に、ビールの中でのもっとも最高級品と呼ばれるRaspberry Eisbockを季節限定発売予定。Eisbockとは発酵過程でビールを凍らせ水分を抜き取る工程を踏んだビールで、水分が減った分高アルコール度になる。12オンス瓶入りで一本$30の予定。

一つのビールを作り上げるこの工程にこめられたブリューワリーの人生観めいたものが光る。Kuhnhennでは各種の食べ物も楽しめるが、サーバー周囲のバーシートでじっくりとバラエティーを楽しみたい本格的なブリューワリーだ。

Kuhnhenn Brewing Co. 

5919 Chicago Rd, Warren, MI 48092

【電話番号】T: 586-979-8361
【ウェブサイト】http://www.kbrewery.com/

Warren市はミシガン州で3番目に大きい市で、GMのテクニカルセンターがある。GM Tech Center は、Van Dyke Ave.とMound Rdの間の12Mile Rd と13 Mile Rdの大区画を占めていて、Mound Rd沿いに立ち並ぶ Ford や Chrysler の工場施設の中の中心的な存在だ。

この Warren の開基の場所、GMのテクニカルセンター近くのMound RdとChicago Rdに

玄人(くろうと)好みのブリューワリーがある。Kuhnhenn Brewing Co.。人生の転機というものを最大限生かして今を楽しんでいるbrew guy(ビールを造る人)の話はビールをいっそうおいしく感じさせた。

朝起きたら仕事に行きたくないと思う人は多いかもしれない。でも自分はそんなふうに思わない。ビールを造ることを自分自身今楽しんでいる。ここに1時間かけてたった1杯のビールをのみに来てくれる人もいる。この業界に入ったのは12年前。レイオフ、と言う仕事上の転機が訪れ、この産業に足を踏み入れた。近くのブリューワリーで修行し、今ここでビールを作っているんだ。

Kuhnhennのビールのラインナップは16から28種類なのは驚異的な数字だ。1回に作る量はたったの8バレル(1バレル=31ガロン)。だから、うちのビールはいつも新鮮、という。サーバーから注がれたビールを半分以上のみ干しても、グラスに残っている白い泡の後は他のどのブリューワリーよりもしっかりしている。

“Separate yourself”, “Distinct personality”

玄人好みのここでのお勧めは、何と言ってもIPA。IPAはビールの中でももっともフルーティーな風味のビールで、苦味でなかなかなじめない人もいるだろう。まずIPAの中のFluffer (ABV. 4.5%) は気軽に楽しんでもらいたい、というコンセプトでホップの量を少なめにしている。その分フルーティーさが強くないが、日本の大手ビールのような味わいだ。伝統的なスタイルのAmerican IPA(ABV. 6.5%)は琥珀色。ビールのスタイルや材料の組み合わせはそれぞれのブリューワリーが独自に作っているのではなく、BJCP(Beer Judge Certification Program)のガイドラインで決められている。これによりAmerican IPAはアンバーと呼ばれる琥珀色。これでは物足りない人にはDripa (ABV. 9.5%)。ややゴールデンカラーのこのIPAはホップの風味が芳醇。さらにここではもっとすごいIPAがある。Tripa(ABV. 12.25%)。

ABV.の数字だけ見ても尻込みしてしまう。ラインナップの中でもほかに異色なのは、Imperial Crème Bule Java stout (ABV. 8.5)。コーヒー風味のスタウト・ビール。これもかなり苦味と濃厚な質量感が口の中に広がるので、ビールの形式を超えて試してみたいものだ。

ミシガンには多くのブリューワリーがあるけれど、互いに競合しあうのではなく、それぞれの特徴を出していき、お互いを助け合っているんだ。“separate yourself”, “distinct personality”。

Kuhnhennでは11月中旬に、ビールの中でのもっとも最高級品と呼ばれるRaspberry Eisbockを季節限定発売予定。Eisbockとは発酵過程でビールを凍らせ水分を抜き取る工程を踏んだビールで、水分が減った分高アルコール度になる。12オンス瓶入りで一本$30の予定。

一つのビールを作り上げるこの工程にこめられたブリューワリーの人生観めいたものが光る。Kuhnhennでは各種の食べ物も楽しめるが、サーバー周囲のバーシートでじっくりとバラエティーを楽しみたい本格的なブリューワリーだ。

Kuhnhenn Brewing Co. 

5919 Chicago Rd, Warren, MI 48092

【電話番号】T: 586-979-8361
【ウェブサイト】http://www.kbrewery.com/

Rochester Mills Production Brewery – Auburn Hills, MIRochester Mills Production Brewery(ロチェスターミルズ)Auburn Hills, MI

0
<!--:en-->Rochester Mills Production Brewery - Auburn Hills, MI<!--:--><!--:ja-->Rochester Mills Production Brewery(ロチェスターミルズ)Auburn Hills, MI<!--:--> 5

ミシガン州には現在大小200余りのブリューワリーがあり、その数はアメリカの中で第4位。アメリカ全体ではクラフトビールのシェアは8%弱ほどだが、ミシガン州では10%の成長が続く成長産業。州法の改正によって、ブリューワリーやマイクロブリューワリーが年間に生産できる量が大幅に増え、それとともに今年は40のブリューワリーがオープンする。ブリュワリーだけでなく、卸、小売り業も含めると7000人が従事し、経済効果も見込まれる。

今回はAuburn Hillsにある、12月に紹介したRochester Mills Beer Co.(RMBC)の生産所(Rochester Mills Production Brewery, RMPB。2012年開設)を訪れた。

A big man maintains both

もともとRMBCはミシガン州のブリューパブで先駆的な存在だった。創業者のPlesz氏は1998年にRMBCを開業、Royal Oak Brewery, Comerica Parkのオープンとともに数ブロック先にDetroit Beer Co.をオープンさせた。ミシガン州法では同一人物が所有できるブリューワリーの数が制限されているため、それらは現在別会社となっている。

RMPB内部は一般公開されていない。設備がゆったりしていて、50バレル(=1550ガロン。年間生産量6万バレル)のビールを作り出せる。大手のBudweiserの年間生産量は1600万バレルなので、規模が比較できる。ここで、現在RMBCとスーパーで流通しているビールを生産している。

生産所のディレクターYoungman氏に聞いた。

RMPBの特徴的なことは、生産しているのは缶ビールであること。現在ミシガン州では総計24ブリューワリーが117種の缶ビールを提供している。先月紹介したGriffin Clawもその一つ。缶ビールと聞くと、どうしてもサーバーから注ぎ出されるビールや瓶のビールよりも劣っている、安い、という印象を持つ人も多いだろう。しかし、現在では缶の素材のアルミニウムと中味が接触しない構造になっていて、缶臭さはない。瓶は茶色、緑色、色なしの順にビールにはいいといわれるが、缶がビールが最も嫌う光と酸素との接触を遮断できる。むしろ炭酸ガスを加えることによってビールそのものの風味を保てるという。RMPBはあえて缶を選んだのもそれらにある。「Budweiser並みの200のチェックポイントで品質をコンピューター管理している」という。缶が瓶よりも軽量なこと、瓶に比べて持ち込める場所が広がるのもプラス要素だ。

他のブリューワリー同様、RMPBも古いウイスキーの樽を洗浄し、それでビールの醸造もしている。通常エールは2、3週間、ラガーは6~8週間作るのにかかるが、このウイスキー樽ビールは3~6ヶ月間かかるという。独特の風味が醸し出される。特別な機会やイベントに出すビールになるので、ブリューガイのクリエイティビティの見せどころとなり楽しみだ。

「HWYB(ホップ、水、イースト、ビール)」。工程の最後は出荷のためにビール6200缶が、ペレットに整然と積み上げられていた。ひとつの芸術(art)だと思う、と言ってみた。答えが返ってきた。「芸術とサイエンス(science)の両方だ。大物はこの二つをやってのける(A big man maintains both.)」。

なるほど、と思った。

RMPBの缶ビールはミシガンだけでなく、オハイオ、フロリダ州へも出荷。フロリダにも流通網を伸ばしているのは「ミシガンの人でフロリダでリタイア生活を送っている人が多いから」。

文&写真 by ヤマトノオロチ

Rochester Mills Production Brewery

3275 Lapeer West Road, Auburn Hills, MI 48326

ミシガン州には現在大小200余りのブリューワリーがあり、その数はアメリカの中で第4位。アメリカ全体ではクラフトビールのシェアは8%弱ほどだが、ミシガン州では10%の成長が続く成長産業。州法の改正によって、ブリューワリーやマイクロブリューワリーが年間に生産できる量が大幅に増え、それとともに今年は40のブリューワリーがオープンする。ブリュワリーだけでなく、卸、小売り業も含めると7000人が従事し、経済効果も見込まれる。

今回はAuburn Hillsにある、12月に紹介したRochester Mills Beer Co.(RMBC)の生産所(Rochester Mills Production Brewery, RMPB。2012年開設)を訪れた。

A big man maintains both

もともとRMBCはミシガン州のブリューパブで先駆的な存在だった。創業者のPlesz氏は1998年にRMBCを開業、Royal Oak Brewery, Comerica Parkのオープンとともに数ブロック先にDetroit Beer Co.をオープンさせた。ミシガン州法では同一人物が所有できるブリューワリーの数が制限されているため、それらは現在別会社となっている。

RMPB内部は一般公開されていない。設備がゆったりしていて、50バレル(=1550ガロン。年間生産量6万バレル)のビールを作り出せる。大手のBudweiserの年間生産量は1600万バレルなので、規模が比較できる。ここで、現在RMBCとスーパーで流通しているビールを生産している。

生産所のディレクターYoungman氏に聞いた。

RMPBの特徴的なことは、生産しているのは缶ビールであること。現在ミシガン州では総計24ブリューワリーが117種の缶ビールを提供している。先月紹介したGriffin Clawもその一つ。缶ビールと聞くと、どうしてもサーバーから注ぎ出されるビールや瓶のビールよりも劣っている、安い、という印象を持つ人も多いだろう。しかし、現在では缶の素材のアルミニウムと中味が接触しない構造になっていて、缶臭さはない。瓶は茶色、緑色、色なしの順にビールにはいいといわれるが、缶がビールが最も嫌う光と酸素との接触を遮断できる。むしろ炭酸ガスを加えることによってビールそのものの風味を保てるという。RMPBはあえて缶を選んだのもそれらにある。「Budweiser並みの200のチェックポイントで品質をコンピューター管理している」という。缶が瓶よりも軽量なこと、瓶に比べて持ち込める場所が広がるのもプラス要素だ。

他のブリューワリー同様、RMPBも古いウイスキーの樽を洗浄し、それでビールの醸造もしている。通常エールは2、3週間、ラガーは6~8週間作るのにかかるが、このウイスキー樽ビールは3~6ヶ月間かかるという。独特の風味が醸し出される。特別な機会やイベントに出すビールになるので、ブリューガイのクリエイティビティの見せどころとなり楽しみだ。

「HWYB(ホップ、水、イースト、ビール)」。工程の最後は出荷のためにビール6200缶が、ペレットに整然と積み上げられていた。ひとつの芸術(art)だと思う、と言ってみた。答えが返ってきた。「芸術とサイエンス(science)の両方だ。大物はこの二つをやってのける(A big man maintains both.)」。

なるほど、と思った。

RMPBの缶ビールはミシガンだけでなく、オハイオ、フロリダ州へも出荷。フロリダにも流通網を伸ばしているのは「ミシガンの人でフロリダでリタイア生活を送っている人が多いから」。

文&写真 by ヤマトノオロチ

Rochester Mills Production Brewery

3275 Lapeer West Road, Auburn Hills, MI 48326