28.1 F
Detroit
Monday, December 5, 2022
ホーム コミュニティー イベントレポート

イベントレポート

20周年を迎えるベルアイル(Belle Isle)の桜20周年を迎えるベルアイル(Belle Isle)の桜 2

20周年を迎えるベルアイル(Belle Isle)の桜

デトロイト川にあるベル・アイル島に桜と記念碑がある。これは豊田市とデトロイト日本商工会がデトロイト市と豊田市の姉妹都市30周年を記念して1994 年に寄贈して植樹したもの。100本の桜の木が植樹されたが、当時植えた木は育たず、デトロイト市が植え直したものに代わっていると聞いている。ラグーンの周りでは無く、条件の良い位置に並んで植えられている。木が育たなかったことは残念だが、デトロイト市がこの友好のシンボルを維持しようとしていることが喜ばしい。
Ukiyoe & Lecture at Boston & Detroit日本から版元と摺師を迎え 浮世絵 実演+レクチャー 9

Ukiyoe & Lecture at Boston & Detroit日本から版元と摺師を迎え 浮世絵 実演+レクチャー

2月上旬、ボストンとデトロイトに、伝統木版画の版元である高橋由貴子氏と摺師(すりし)の平井恭子氏の御二人が国際交流基金の事業の一環として派遣された。デトロイトでは日本国総領事館の協力のもと、2月7日にミシガン大学ディアボーン校、2月9日にはデトロイト美術館に於いて実演及びレクチャーが一般公開形式で行われ、多くの人が浮世絵や木版画の世界に触れる機会に恵まれた。
滋賀県、近江の茶をPR ~Omi Tea Expo 4

滋賀県、近江の茶をPR ~Omi Tea Expo

滋賀県の茶業者が11月3日(金)、リボニア市のホテル(Hyatt Place)を会場にして茶商談会を開催した。滋賀県の6茶業者が参加し、デトロイト周辺地域の食に関わる事業者に対して滋賀県が誇る近江の茶の商品を披露・紹介した。
Summer Camp in Gifu, Japan日本語の学習意欲を芽生えさせる ~「サマーキャンプ in ぎふ」の特長 1

Summer Camp in Gifu, Japan日本語の学習意欲を芽生えさせる ~「サマーキャンプ in ぎふ」の特長

毎年夏は、日本語・日本文化体験学習プログラム「サマーキャンプ in ぎふ」の実施のために約1カ月半にわたり日本に滞在しています。そのうち1カ月近くを岐阜県揖斐川町の里山にて、サマーキャンプに参加する子どもたちと過ごしています。「サマーキャンプ inぎふ」は、海外生活が長い日本語学習中の小学生(4~6年)、中学生、高校生を対象として、日本語学習意欲を芽生えさせることを目的に、2週間と10日間の二つの期間にて実施しています。伝統文化や禅寺での体験、同世代の子どもをはじめ地域の人々との交流を通して、日本語や日本文化を心と体で感じられるように多彩なプログラムを用意しています。
Japanese Women Experience Taichi Class日本人女性たちが太極拳&気功体験クラスに挑戦 5

Japanese Women Experience Taichi Class日本人女性たちが太極拳&気功体験クラスに挑戦

中国の伝統武術であり健康にも良いとされる太極拳。自身の「気」(生命エネルギー)を整えることによって、自己の免疫力、治癒力や調整力を高めて、健康のレベルを上げ、「自養其生」(みずからその生命を養う) することをめざす健康法である気功。
College for Creative Studies Automotive Culture Immersion Workshop 2014日本の自動車企業数社の若手カーデザイナー対象に デトロイトの美術大学 CCSで夏期ワークショップ 1

College for Creative Studies Automotive Culture Immersion Workshop 2014日本の自動車企業数社の若手カーデザイナー対象に デトロイトの美術大学 CCSで夏期ワークショップ

College for Creative Studies(通称CCS)では、今年も“Automotive Cultural Immersion Workshop”が開講された。このワークショップは、日本の自動車企業の若手カーデザイナーを対象とした3週間の夏期特別強化特訓クラスで、CCS学舎に隣接する学生寮に滞在し、カーデザインの醍醐味を学ぶようにプランされた体験型ワークショップで、今年で4回目の開講となる。
男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブ主催第17回 スプリング・ファミリー・コンサート 4

男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブ主催第18回 スプリング・ファミリー・コンサート

5月22日(日)、ホワイトパイン・グリークラブ(以下WPGC)の第18回“スプリング・ファミリー・コンサート”が、昨年同様Faith Covenant Church(Farmington Hills,MI)で催された。
デトロイトりんご会補習授業校 卒園・卒業証書授与式 5

デトロイトりんご会補習授業校 卒園・卒業証書授与式

3月19日 (土) 、デトロイトりんご会補習授業校で第18回卒園式・第43回卒業証書授与式が挙行された。今年度の卒園・卒業生は、幼稚園部108人、小学部56人、中学部32人、高等部6人となった。
Miyuki Mori Concert with Dream Singers 2012Miyuki Mori Concert with Dream Singers 2012 10

Miyuki Mori Concert with Dream Singers 2012Miyuki Mori Concert with Dream Singers 2012

6月3日(土)、ファーミントンヒルズ市の教会で、NHK番組『おかあさんといっしょ』の第15代‘歌のお姉さん’としてデビューし、音楽活動を続けている森みゆきさんによるコンサートが行なわれた。みゆきさんは1999年よりミシガン州に在住。日本とアメリカで、音楽活動のほか、その豊かな経験や見聞をもとに、講演や執筆など、幅広く活躍をしている。
日本のイルミネーション、そのレベルの高さ、凝り方、バラエティに、あっぱれ! 1

日本のイルミネーション、そのレベルの高さ、凝り方、バラエティに、あっぱれ!

先月、一時帰国の折、ウィンターイルミネーション開催中の東京ドイツ村に行ってきた。実際は千葉県にあるテーマパークで、ドイツ風な建物のライトアップや光と音のショーは毎年好評。全長約70mという「虹のトンネル」もなかなかであったが、全体のスケールが圧巻!木道を歩きながら近くのシロクマや花畑を模ったイルミネーションを楽しんでいる時には分からなかった全体像が、離れた見晴台から一望すると地上絵として描き出され、それは感動もの。今シーズンのテーマは「大冒険~☆Doki☆Doki☆Smile」だそうで、子どもから大人まで楽しめる。ご当地ラーメンや縁日フードなどの屋台もあるところが実に日本的。
ウォルト・ディズニー・ワールドでハロウィーン時期限定のイベント  Mickey’s Not-So-Scary Halloween Party 3

ウォルト・ディズニー・ワールドでハロウィーン時期限定のイベント  Mickey’s Not-So-Scary Halloween Party

レイバーデーを過ぎるとパーティーグッズの品揃えやお店の装飾がハロウィーンものに変わっていき、早くもハロウィーン シーズン突入!
男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブスプリング・ファミリーコンサートを終えて男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブスプリング・ファミリーコンサートを終えて 3

男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブスプリング・ファミリーコンサートを終えて男声合唱団ホワイトパイン・グリークラブスプリング・ファミリーコンサートを終えて

6月1日(日)、ホワイトパイン・グリークラブ(以下WPGC)の第16回“スプリング・ファミリー・コンサート”(SFC)が、昨年に引き続きFaith Covenant Churchで催されました。デトロイト地区で活動するWPGCは主に日本人ビジネスマンで構成される男声合唱団で昨年創立15年をむかえ毎週金曜日の夜に練習を行い、歌を通して文化紹介や日米交流も行なっております。

ミシガンで台湾の影絵芝居上演「桃太郎」を日本人とのコラボで

台湾の伝統的な影絵芝居のグループ「永興楽皮影劇団」がミシガンを訪れ、11月10日から13日まで、スポンサーとなったデトロイト美術館のシアターをはじめ、アナーバーの図書館、オークランドコミュニティカレッジなど、4カ所で公演を行なった。数多くのレパートリーから今回選ばれた3つの演目のうちの一つ『桃太郎:Peach Boy』は当地の日本人とのコラボレーションで行なわれた。このコラボレーションはデトロイト美術館のアジアギャラリーのオープニングに合わせて同館のポランティアグループ:Friend of Asiaの台湾メンバーが、 「ぜひ、日本との合同で」との強い願いをもって橋渡しを務め、当地の台湾系団体の協力を得て実現した。

BON-ODORI 盆踊り@Ann Arbor Japan Festival アナーバージャパンフェスティバル

2020年で6度目の開催となるアナーバージャパンウィークが、去る6月半ばにミシガン大学の日本研究センター(Center  for Japanese Studies:CJS) により開催された。
森みゆきさんによる 子ども達を育てる 活動森みゆきさんによる 子ども達を育てる 活動 5

森みゆきさんによる 子ども達を育てる 活動森みゆきさんによる 子ども達を育てる 活動

NHK番組『おかあさんといっしょ』の第15代‘歌のお姉さん’としてデビューし音楽活動を続けている森みゆきさんが1999年よりミシガン州に在住し、ここを拠点として日本とアメリカで音楽活動のほか、その豊かな経験や見聞をもとに、講演や執筆など幅広く活躍をしている。2007年には当地で、「日本の歌を通して美しい日本語や日本文化を習得し、チームワークの貴さ学べるように」という願いのもと、ユースを対象としたミュージックパフォーマンスグループ‘Dream Singers(以下DS)’を発足した。DSは年毎にメンバーを募集し結成され、みゆきさんと共にコンサートの舞台に上がることをゴールに設定して活動する。歌唱レッスンの域に留まらず、みゆきさんの経験に基づいたパフォーマンスとしての意識なども学びつつ修練を積む、“道場”のようなもの。当地のフェスティバルや学校のイベント等にも出演している。
Michigan Hope 2013原発の被災を受けた福島に住む中高生を対象にした『Michigan 保養キャンプ2013』 取材レポート 3

Michigan Hope 2013原発の被災を受けた福島に住む中高生を対象にした『Michigan 保養キャンプ2013』 取材レポート

東日本大震災から2年半たった今も福島第一原発事故による放射能の除染は思うように進まず深刻な状況は続いている。その福島の地で生活を余儀なくされている子どもたちのために、少しでも良い環境の中で心身の回復をはかってもらおうという保養キャンプが日本の全国各地で実施されている。保養キャンプは短期間であっても、参加者の身体的精神的回復を助け、免疫力を高めるのに効果があることが、チェルノプイリ原発事故後の数々の実践によっても証明されている。
2016 JETプログラム参加者 ~ 壮行会

2016 JETプログラム参加者 ~ 壮行会

去る7月29日、次の日に日本への出発を控えたJETプログラム参加者の直前オリエンテーションと壮行レセプションが在デトロイト総領事公邸で開催された。在デトロイト総領事館の管轄地域であるミシガン州とオハイオ州からのJET参加者を送り出した。

ミシガンタオル帽子会による ベネフィットコンサート

10月21日(日)の午後、当地に拠点をおくNPOミシガンタオル帽子会(Towel Hats USA)の主催によるベネフィットコンサートがノバイ市のプロビデンス病院のキャンサーセンターで開催された。

【ミシガン州】ー Japan News Club 2021年2月号 ー

ミシガンの冬ももう折り返し地点まできましたね。 ミシガンでは、ワクチン接種も医療従事者に加え、65歳以上の方々も接種を受けられるようになり、一般の方まで届くのもそう遠くはないと信じ気を抜かずにいきたいと思います。皆さまも引き続き安全にお過ごしください。掲載広告に関しましては、現在の新型コロナの影響により営業時間や営業形態が変更されている可能性があるためウェブサイトやお電話(広告上のウェブアドレスをクリック)でご確認の上ご利用ください。
アジア系アメリカ人月間を祝って Splendor of the East 踊りと音楽の祭典 5

アジア系アメリカ人月間を祝って Splendor of the East 踊りと音楽の祭典

5月はアジア系アメリカ人月間になっており、例年、全米各地で様々な文化や経済のイベントが開かれる。そのひとつとして、メトロデトロイト地区ではCAPA (Council of Asian Pacific American)の主催で、踊りと音楽の祭典‘Splendor of the East’が恒例で行なわれている。月間の祝賀と、民族の交流、そして地元の人々にアジアの文化を紹介する場になっている。