30.8 F
Detroit
Wednesday, December 2, 2020
ホーム ニュース コミュニティー

コミュニティー

ー 広めたい、伝えたい、応援したい ー 米国でのこんな社会貢献活動

米国に住み始め、一番のカルチャーショックは、個人のボランティア活動や企業の社会貢献活動に対する人々の姿勢だと感じる方は少なくないのではないでしょうか。ふと、多忙な日々のなか立ち止まり周りを見渡すと、活発に活動を行なっているNPO、チャリティ団体が存在し、個人でも積極的に取り組み参加していることに気がつきます。今後もJNCでは不定期シリーズとしてこれまで知らなかった「こんな団体のこんな活動」を紹介していきます。

ミシガン州 秋だ!デトロイト近郊 サイダーミル リスト

今年もサイダーミルオープンの時期になりました。各農家によって現在のCOVID-19の状況により営業を中止をしているところもあるので、事前に調べてから、お気をつけてアップルサイダー&ドーナッツを楽しんでください。

バーチャル・ラジオ体操イベント 再び ”Let’s get some exercise together – Japan style!”

去る2020年8月14日(金)、「バーチャル・ラジオ体操」イベントが再び帰ってきた!  去る6月には、新型コロナ感染拡大中のためミシガン州も自宅待機令が発令されている中、どうにか「皆でつながろう」と、Japan Foundation Gen-J (Grassroots Exchange Network-Japan)Programが中心となり、「#ラジオ体操でつながろう」プロジェクトを開催。

滋賀県からミシガン州へマスク1万枚 寄贈される

2020年7月27日、ミシガン州に1万枚のマスクが寄贈された。そのマスクを寄贈をしたのは、ミシガン州と姉妹州県関係にある日本の滋賀県。滋賀県で製造されたこのマスクは、州のCOVID-19寄付チームによって受け取られた。

BON-ODORI 盆踊り@Ann Arbor Japan Festival アナーバージャパンフェスティバル

2020年で6度目の開催となるアナーバージャパンウィークが、去る6月半ばにミシガン大学の日本研究センター(Center  for Japanese Studies:CJS) により開催された。

ミシガン州 夏休み後半 #安全に楽しみたい #ミシガン夏休み #何できる?

1.  クランブルックハウス&庭園春から秋にかけて、クランブルック庭園は一般に無料公開されており、Sunken Garden(写真上)、木々が生茂るトレイル、様々な彫刻、

【ミシガン州】ー Japan News Club 8月号 ー

Japan News Club 8月号が発行されました。お近くの日系スーパーや日本レストランで入手いただけます。なお、ご自宅からも楽しんでいただけるよう、こちらからもご覧いただけます。

COVID-19とこれからの生活 覚えておきたいNEW NORMALの基本 

ミシガン州を含めて、アメリカの多くの州で、新型コロナウィルスのワクチンも治療も確立していない中、経済への配慮から、自粛規制は徐々に解除されつつありますが、いつまた大量感染の波がきてもおかしくない、という状況です。

“Knowledge is power” ミシガン州議員・専門家がヘイトクライムに関する集会行う

2020年4月末、COVID-19の感染拡大により、各州非常事態宣言および自宅待機令が出ているなか、ミシガン州デトロイトでは、このウイルスの感染拡大が中国と関連付けられたことから人種的ヘイトクライムが全米で報告され始めたとして、タウンミーティングが行われた。

Towel Hats USA ミシガンタオル帽子会 手作りマスクを地元医療センターへ寄付

ミシガン州に限らず、全米各地ではさまざまなボランティア活動が盛んに行われています。今回ご紹介するのは、ミシガン州の「タオル帽子会」。手縫いのタオル帽子を地域の癌センターや病院に届けているグループで、抗ガン剤治療や他の理由で脱毛した患者さんのために、一本のフェイスタオルから手縫いで帽子を製作されています。

デトロイト、アジア・太平洋諸島系米国人の歴史、これから

去る5月11日・12日二日間にわたり、デトロイト公共テレビ局DPTV(PBSシリーズ)にて「ASIAN AMERICAN 」と題されたアジア系アメリカ人コミュニティの奇跡を追った番組が放送された。 その放送に先駆け、放送前週末の5月8日、同テレビ局とAPIA Vote(Asian and  Pacific Islander American Vote) ミシガン共催により、番組制作を手掛けた同局One Detroit チームがホストを務めたプレビュー会がデトロイトで行われた。

COVID-19 感染予防のためのこれから ▶ New Normal (ニューノーマル)を知る

アメリカでは、1918-1919年に起ったスペイン風邪の経験をもとに、多くの判断がなされています。このスペイン風邪では5億人が死亡しましたが、第2波が第1波よりもずっと被害が大きく、第3波もおこりました。現在は、新型コロナウィルスのワクチンも治療も確立していない中、

【名古屋国際中学校】帰国生対象プレエントリープログラム(2020年夏の体験入学)実施のご案内

名古屋国際中学校(愛知県名古屋市昭和区)では、中学生を対象としたプレエントリープログラム(夏の無料体験入学)を実施します。

【ミシガン州】ー Japan News Club 6月号 ー

現在、ミシガン州の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、Japan News Club 6月号はオンライン閲覧版のみとなっています。ご自宅よりお楽しみください。掲載広告に関しましては、現在のこの状況下において営業時間や営業形態が変更されている可能性がございます。ウェブサイトやお電話(広告上のウェブアドレスをクリック)でご確認の上ご利用ください。

COVID−19 感染予防。今一度気を付けたいこと

気候も良くなり、ピーク時と比較すると感染の波も徐々に穏やかになっていることを受け、これから業種により段階を踏んで待機令も解除されていくと見られています。ただし、まだ完全な終息ではないため、引き続き気をつけるべきことは下記を参考にしてください。(2020.5.16.)

【ミシガン州】ー Japan News Club 5月号 ー

現在、ミシガン州の新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、Japan News Club 5月号はオンライン閲覧版のみとさせていただきます! おうちから読んでいただければ幸いです。広告に関しましては、現在のこの状況下において、営業時間や営業形態が変わっている可能性がございます。ウェブサイトやお電話(広告上のウェブアドレスをクリック)で確認の上ご利用ください。

【ミシガン州】4/16/2020 ウェビナー報告:COVID-19 パンデミックにおけるマインドフルネス:ストレス低減の一助

新型コロナウイルスCOVID19のパンデミックにより、世界中でどこも必要最低限の活動を除いては、自宅待機、活動自粛を余儀なくされています。それに伴い、ウイルスの感染に対する恐怖心だけでなく、失業からくる不安、在宅で仕事や学校の活動をこなさなければならない負担
photo:cottonbro

【ミシガン州】4/16/2020 ウェビナー報告:COVID-19パンデミックに関する情報アップデート 04

新型コロナウイルスのパンデミックに関する情報セミナーとして第1回目を開催しましたが、第二段として、2020年4月16日、その後のアップデート、および、再度気を付けるべきこと、改めて見直すことなどに関してミシガン大学家庭医療科リトル(平野)早秀子先生に再度第2回目のウェビナーを開催していただきました。

クランブルックハウス&ガーデン 和菓子&ほうじ茶ワークショップ開催

2020年3月3日(火)、デトロイト郊外ブルームフィールドヒルズ市にあるクランブルックハウスにて、和菓子作家の杉井ステフェス淑子さんによる和菓子づくりの講習会が行われた。今回イベントが行われたクランブルックハウスは、1908年にクランブルックの創設者であるジョージ・ゴウ・ブースとエレン・スクリップス・ブースの住居として建てられたもの。新聞業で財を成した彼らは...

〜 第22回 デトロイト 剣道大会 開催 2020年〜レポート

第22回デトロイト剣道大会が、去る2月16日、今年も盛大に開催された。会場はミシガン州バーミンガム市のシーホーム高校。全米各地やカナダから300名を超える参加者があり壮絶な試合が繰り広げられた。来賓には在デトロイト総領事ご夫妻、JBSD会長、デトロイトりんご会補習授業校校長、近本巧教士八段、全米剣道連盟からは副会長、理事の先生方が列席された。