Monday, June 17, 2024

A Pure Michigan Winter: ミシガンの 冬の自然を楽しむ

Snowmobilers2009-2010 082 - Copy 今季のミシガンの冬は、11月に早々と大雪に見舞われて心も体も震えたが、12月、1月は穏やかな気温の日が多く、胸を撫で下ろした。とはいえ、例年4月半ばまでは雪が積もる可能性が高いミシガン。長~い冬を、寒冷地の利と恩恵を受けて過ごしたいもの。

ミシガンの冬は雪と様々なアドベンチャーの季節。身近な丘でのそり遊びは、よく目にする光景。ウィンタースポーツの定番であるスキーやスノーボードをはじめ、スノーモービル、アイス(氷穴)フィッシング、アイスクライミング、犬ぞり、などなど、自然に身を投じるアクティビティーが数多くある。内陸の湖の多さが全米屈指のミシガンならではといえる氷上ヨットレースに興じる人たちもいる。

野外での楽しみがあれば、雪や零下の天気予報が心待ちになるに違いない。

膨大な数のトレイルやコース

ミシガンには総計6,500マイルに及ぶスノーモービル・トレイル、3,000マイル以上のクロスカントリースキー・トレイルがある。Snowshoeing(スノーシューイング)と呼ばれる、日本で言うところの“かんじき”を履いて歩き回るのに適した美しい地にも事欠かさない。

あまり認識されていないが、スキーエリアの数としては、米国内2位にランキングされているという(ミシガン州公式旅行サイト:michigan.org情報)。米国中西部で最高の高低差を誇るスキーゲレンデもミシガン州に存在。ただし、UP(アッパー・ペニンスラ)の西の端、ウィスコンシン州に近いので、デトロイト周辺からは秘境の地ではある。

DSC_1336それに対して、ローワー・ベニンスラのダウンヒル(滑降用)スキー場は、残念ながら小山程度のスケールで規模も標高差も大したことはない。メトロデトロイト周辺のスキー場はスノーボード用のハーフパイクが充実しているところが多い。ゲレンデの規模は小さいながらも、5人乗りや高速のリフトなどを備えて、週末でさえあまり待つことなく効率よく滑ることができるスキー場も多く、発想を変えれば存分に楽しむことができる。

また、クロスカントリースキー用のコースは、メトロパークを始め、近場にも多くあって手軽。スキー場以外ではボードやシューズなどのレンタル提供が無いところがほとんどだが、スポーツ用品のリサイクルショップで中古品がリーゾナルな価格で見つかるので、入手してしまうのも手。ミシガンのスキーに関するイベントやコンディションなどは、www.skimichigan.comwww.goskimichigan.comwww.miskireport.comのサイトで情報を得ることが出来る。

自前の道具無しで挑めるTubingという浮き輪状のチューブで滑り降りる遊びが特に子ども達に人気。

DSC_1338アクティビティーの拠点となるリゾート

北部、トラバースシティー方面のリゾートは、室内プールやゲームセンター、スパなどの施設が充実しているところも多い。そういった大スキー場では、パワフルな人工降雪機を多数備えているため、ミシガン南部に青い芝生が覗いていても、ゲレンデの積雪量は充分であることも。(あまりの暖冬で、追いつかないことも・・・。)

ロマンチックな馬ぞりなどのアクティビティーを提供しているリゾートもある。

トラバースシティから北東に約30マイルに位置するShanty Creek Resortsは、スキー雑誌の投票で、価値とダイニングやロッジ、アクティビティーをひっくるめて‘ミッドウエストで1位の行き先’を獲得したことがある。

1963年12月にオープンし、2シーズン前に50周年を迎えたミシガン屈指のリゾートBoyne Highlandsは、50周年に合わせ巨額を投じ、ホテルの改装、ゲレンデの設備やレンタル装備の拡大をした。ミシガン最大級の室内ウォーターパークも備えている。

冒険気分のアクティビティー

スキー場やリゾートの施設を飛び出して、より本格的な自然を満喫したい方には、スノーモービルや犬ぞりといった、日本では滅多に経験できないアクティビティーに挑戦するの一興。スノーモービルのレンタルやトレイルの情報はMichigan Snowmobile AssociationのHP:www.msasnow.org/trail-reports/やUpper Peninsulaのスノーモービルサイト:www.upsnowmobiling.com/trail-reportsで。

犬ぞりツアーの情報は、ミシガン州観光の公式サイト内www.michigan.org/dog-sledding-listingsで。リストされている11のうち8カ所はUP(アッパー・ペニンスラ)だが、Traverse City の南のCadillac市がメトロエリアから近め。

近年増えているのがZipliningの施設。ワイヤーロープを滑車を使って滑り降りる遊びで、冬にも登場してきた。

Have a nice winter!

Welcome To Ann Arbor [2] Downtown Parkingようこそアナーバーへ【2】ダウンタウンの散策に便利な公営駐車場

<!--:en-->Welcome To Ann Arbor [2] Downtown Parking<!--:--><!--:ja-->ようこそアナーバーへ【2】ダウンタウンの散策に便利な公営駐車場<!--:--> 1

 新年明けましておめでとうございます。

 今月は、毎年約千人が参加する、ミシガン大学日本研究所主催の餅つきイベント(1月7日)や、ドイツのハンブルグ交響楽団のコンサート(1月29日)などが予定されており、アナーバーに来る予定の方もいらっしゃることと思います。

 アナーバーは、ベストウオーキングシティ全米3位(2008年)に選ばれたことがあり、小物屋やブティック、レストランが多く集まるダウンタウンから大学のキャンパスまで、歩いて廻ることができるという魅力があります。しかし、開拓前は、ネイティブアメリカンの人々が使った街道が交わる場所であったこともあり、道が複雑で一方通行が多く、「どこに駐車場があるのかわからない」といった問い合わせがよくあります。今月は、そういった問題点を少しでも軽減できればと思いつつ、ダウンタウンの散策に便利な公営駐車場について述べます。

 公営駐車場は、全部で8ヶ所(立体と屋外)あります。その中で、最も賑わいのある、Main Stとケリータウンの中間に位置する3つは、Ann and Ashley (220 North Ashley St.)、First and Huron (201 West Huron St.)、4th and Washington (123 East Washington St.)です。青地のPのサインが入り口にあります。ノバイ方面から来る場合は、M-14のExit 3で降りると、Main St に出られます。そのまま、道なりに南へ向かい、Ann St またはWashington Stで曲がると、いずれかの駐車場に着けます。(図参照)

料金は、時間あたり$1.10 – $1.50で、日曜・祭日は無料です。支払いは、現金またはクレジットカードでできます。係員ブースの脇には、無料のダウンタウンマップが、プラスチックのケースに常備されており、持って行くと便利です。マップの裏には、商店のリストが記載されています。(写真)

 歩き方の一案ですが、ケリータウンマーケット&ショップ(www.kerrytown.com)は人気スポットです。贈り物になりそうな手工芸品の店、スパイス専門店、装飾紙専門店の他、おもちゃ屋、ブティック、宝石店、ヘアサロンなどが集まっています。隣接するファマーズマーケットでは、土曜の午前8時から午後3時まで、新鮮な野菜、パンなどを生産者が直接売りに来ます。又、近くのトレジャーマート(www.treasuremart.com)は、40年の歴史がある、市内で最も大きなアンティークショップで、好きな方には、お勧めです。時間をつい忘れてしまう所です。掘り出し物を見つけてお腹が空いたら、ジンガーマンデリ(www.zingermansdeli.com)で昼食というのいかがでしょうか?

 商店によっては、顧客にパーキングバリデーションを発行するところがあり、駐車カードを持参すると、ステッカーを貼ってくれ、駐車料金は無料になります。ダウンタウンのレストランでは、エチオピア料理のBlue Nile(221 E Washington)、インド料理のShalimar(307 S Main)、タイ料理のMarnee Thai(4140 S. Main)などが、それらに含まれます。バリデーションの有無を、商店に直接きいてみるのも良いでしょう。

 大学に用がある場合は(例えば、前述の1月7日の餅つきイベント)、キャンパスの南側に隣接する、Forest Ave (650 South Forest Ave.)の公営駐車場をお使いになることをお勧めします。料金等は同じです。もちろん、ダウンタウンからキャンパスまでは、徒歩で移動することも可能です。昨年の、餅つきイベントでは、アナーバーに不案内な参加者の多くが、すぐ近くの大学の駐車場に入れようとして断られていました。

 アナーバー観光局日本語サイト(www.nihongo.visitannarbor.org)では、「アクセス・駐車場」のページで、各駐車場の位置が確認できるグーグルマップ、駐車場ごとの収容可能台数をリアルタイムでチェックできるサイト、パーキングバリデーションを発行する商店のリストへのリンクを集めていますので、どうぞご覧になって下さい。次回は、春の様々なイベントについて、書いてみたいと思います。

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

 新年明けましておめでとうございます。

 今月は、毎年約千人が参加する、ミシガン大学日本研究所主催の餅つきイベント(1月7日)や、ドイツのハンブルグ交響楽団のコンサート(1月29日)などが予定されており、アナーバーに来る予定の方もいらっしゃることと思います。

 アナーバーは、ベストウオーキングシティ全米3位(2008年)に選ばれたことがあり、小物屋やブティック、レストランが多く集まるダウンタウンから大学のキャンパスまで、歩いて廻ることができるという魅力があります。しかし、開拓前は、ネイティブアメリカンの人々が使った街道が交わる場所であったこともあり、道が複雑で一方通行が多く、「どこに駐車場があるのかわからない」といった問い合わせがよくあります。今月は、そういった問題点を少しでも軽減できればと思いつつ、ダウンタウンの散策に便利な公営駐車場について述べます。

 公営駐車場は、全部で8ヶ所(立体と屋外)あります。その中で、最も賑わいのある、Main Stとケリータウンの中間に位置する3つは、Ann and Ashley (220 North Ashley St.)、First and Huron (201 West Huron St.)、4th and Washington (123 East Washington St.)です。青地のPのサインが入り口にあります。ノバイ方面から来る場合は、M-14のExit 3で降りると、Main St に出られます。そのまま、道なりに南へ向かい、Ann St またはWashington Stで曲がると、いずれかの駐車場に着けます。(図参照)

料金は、時間あたり$1.10 – $1.50で、日曜・祭日は無料です。支払いは、現金またはクレジットカードでできます。係員ブースの脇には、無料のダウンタウンマップが、プラスチックのケースに常備されており、持って行くと便利です。マップの裏には、商店のリストが記載されています。(写真)

 歩き方の一案ですが、ケリータウンマーケット&ショップ(www.kerrytown.com)は人気スポットです。贈り物になりそうな手工芸品の店、スパイス専門店、装飾紙専門店の他、おもちゃ屋、ブティック、宝石店、ヘアサロンなどが集まっています。隣接するファマーズマーケットでは、土曜の午前8時から午後3時まで、新鮮な野菜、パンなどを生産者が直接売りに来ます。又、近くのトレジャーマート(www.treasuremart.com)は、40年の歴史がある、市内で最も大きなアンティークショップで、好きな方には、お勧めです。時間をつい忘れてしまう所です。掘り出し物を見つけてお腹が空いたら、ジンガーマンデリ(www.zingermansdeli.com)で昼食というのいかがでしょうか?

 商店によっては、顧客にパーキングバリデーションを発行するところがあり、駐車カードを持参すると、ステッカーを貼ってくれ、駐車料金は無料になります。ダウンタウンのレストランでは、エチオピア料理のBlue Nile(221 E Washington)、インド料理のShalimar(307 S Main)、タイ料理のMarnee Thai(4140 S. Main)などが、それらに含まれます。バリデーションの有無を、商店に直接きいてみるのも良いでしょう。

 大学に用がある場合は(例えば、前述の1月7日の餅つきイベント)、キャンパスの南側に隣接する、Forest Ave (650 South Forest Ave.)の公営駐車場をお使いになることをお勧めします。料金等は同じです。もちろん、ダウンタウンからキャンパスまでは、徒歩で移動することも可能です。昨年の、餅つきイベントでは、アナーバーに不案内な参加者の多くが、すぐ近くの大学の駐車場に入れようとして断られていました。

 アナーバー観光局日本語サイト(www.nihongo.visitannarbor.org)では、「アクセス・駐車場」のページで、各駐車場の位置が確認できるグーグルマップ、駐車場ごとの収容可能台数をリアルタイムでチェックできるサイト、パーキングバリデーションを発行する商店のリストへのリンクを集めていますので、どうぞご覧になって下さい。次回は、春の様々なイベントについて、書いてみたいと思います。

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

クリスティーナのおしゃべりカフェ ~アメリカ生活の豆知識

0
クリスティーナのおしゃべりカフェ
クリスティーナのおしゃべりカフェ

“Happy new year!”

In America, you can say this either before or after the new year comes in, so that is easy to remember. However, a teacher or friend might also ask you “Do you have any new year’s resolutions?” Here are some ideas to help you navigate a conversation about it.

「新年明けましておめでとうございます!」アメリカでは、新年を迎える前と後のどちらでも言うことができるので、覚えやすいですね。ですが、先生やお友達から「今年の抱負は?」と尋ねられるかもしれませんね。会話を進めるのに役に立つヒントがこちらです。

A. Happy new year! Do you have any new year’s resolutions?

B. Oh, happy new year to you, too! No, I don’t have any resolutions.

(HINT: You can reply “Happy new year” or “Happy new year to you, too” or just “You, too.”) 

(ヒント:“Happy new year” や “Happy new year to you, too”もしくは “You, too.”と返事をしましょう。)

A. Really? No plans? No goals? No ideas?

B. Well, I guess that I would like to visit California. Also, I want to learn more English. How about you?

(HINT: “I guess that” is good to use if it’s just an idea, but you’re not sure.)

(ヒント: “I guess that” は思っているだけで、本当に実行するかは不明な時に使うといいでしょう。)

A. Oh, I plan to pick up tennis, learn how to knit, travel to Alaska, and lose 10 pounds.

B. B. Wow, that’s a lot! Good luck!

(HINT: “Pick up” is another way to say “start.” It’s a next-level English word.) 

(ヒント: “Pick up” は “start” の他の言い方です。ちょっと難しい単語の使い方になります。)

A. Hi, how are you? Happy new year!

B. Hi, how are you? You, too!

(HINT: You can just say “How are you” in return, like a greeting. You don’t always have to say, “I’m fine.” ヒント: “How are you”とだけ挨拶のように言ってもいいです。いつも “I’m fine.”と言わなくてもいいんですよ。)

A. How was your holiday?

B. It was fun. We went to Florida. How about you?

A. We didn’t go anywhere. We just relaxed at home.

B. Oh, that sounds nice.

(HINT: “That sounds nice/good” is a better translation of “Ii, ne” than “It’s good.” Remember, use it when listening about something. If you are looking at something, you say “That looks nice/good.” ヒント: “That sounds nice/good”は “It’s good.”より「いいね」の訳としては良いですね。何かについて聞いている時に使うと言うことを忘れずに。もし、何かを見ているのであれば、 “That looks nice/good.”と言います。)

A. So, do you have any new year’s resolutions?

B. Oh, I have to think about it. How about you?

(HINT: “I have to think about it” is an easy way to not say your resolution, if you don’t have one or don’t want to say. ヒント: “I have to think about it.”は決意がない時や言いたくない時などに使う簡単な言い方です。)

A. I just hope that my family is healthy and happy this year.

B. That’s a good resolution. Me, too!

Japanese Family Services, USA 

当社は日本人駐在家庭を支援、サポートを提供しております。

当社のウェブサイトで皆様のお役に立てる情報やヒントなどをブログとしてご紹介しております。
www.jfsusa.com
information@jfsusa.com

米大統領選2016の見所 (3)

0

(初回)米大統領選2016の見所
http://www.japannewsclub.com/2015/11/米大統領選2016の見所/

(前回)米大統領選2016の見所 (2)
http://www.japannewsclub.com/2015/12/米大統領選2016の見所-(2)/

IOWA CAUCUS:

アイオワ予備選(Iowa Caucus)は、2016年2月に全国に先駆けてアイオワ州で行われる予備選のことです。”caucus”は、アイオワ州では二年に一度開かれる党員集会のことであり、参加者は、党の方針を決定したり、党の候補者を選出したりする場です。又、1970年代初頭に、民主党がいち早く予備選をアイオワ州で実施したことから、その動向が注目されたことに着目した共和党が、1976年に、予備選の時期を民主党の予備選の時期に合わせて行うようになったのがそもそものはじまりでした。その結果、全国メディアから『全米で最初の予備選』ということで特別な注目を浴びるようになったということです。又、ニューハンプシャー州予備選やサウスキャロライナ州予備選がその後に続きます。

Trump edges ahead of Cruz in Iowa:

11月に実施されたアイオワ州の共和党員による世論調査の結果、今まで独走の感が強かったドナルドトランプ氏が、テッドクルーズ氏に僅差まで追い詰められているという結果が出ております。その差はほぼ3ポイントですが、誤差の範囲以内にあり、共和党の大統領候補指名を争う戦いは、事実上、トランプ氏vsクルーズ氏の対決ムードに拍車がかかってきたようです。そして、かなり水を明けられた形で、マークルビオ氏が3位を追走しております。そして、今までは、沈着冷静さと理知的な雰囲気で人気のあったベンカーソン氏は、大差で4位に陥落しております。それを追うのがその他の候補です。

Cruz vs Rubio:

ここで注視したいのが、ルビオ氏とクルーズ氏は共にキューバ移民の出身であるということです。そのために、移民政策には、格別な関心を寄せております。一千百万人いるといわれる違法移民をめぐる論争でも、多くの共通した考えを持ちながら、最近になって、クルーズ氏が保守主義の思想色を強めたことが(右傾化)一挙に躍進した理由であるといわれております。そして、その背後には、南部の諸州を始め、第一回目の予備選が実施されるアイオワ州でも、その影響力が特に強いといわれる、Evangelical

(福音派のキリスト教徒)や、共和党内でも最右翼といわれるTea Party、の支持を取り付けることに成功した事も一因であるともいわれております。今後、共和党内のいわば体制派どうしと、外部者であるトランプ氏との体制派対外部者の対立の構図も更に熾烈を極めてくるものと思われます。全国レベルの世論調査ではトップを走るトランプ氏もアイワ州の予備選に限ると劣勢であると言う世論調査も出ております。

San Bernardino Terror Attack:

今までもそうでしたし、そして、これからも引き続いて論争されるであろうことは、移民政策であることは間違いありません。しかし、パリで起きた同時多発テロと、12月2日に、カリフォルニア州のサンバーナーディーノで起きたテロ襲撃事件がアメリカの移民政策の抜本的な見直しを迫っているのです。というのは、犯人が合法的にアメリカ市民権(American citizenship)を得ていたことや、共犯者の女性が婚約者ビザ(fiancé visa)で入国していたことなどが判明した事がきっかけです。これからは、電話、インターネット、ツィッター、フェイスブック、等のソーシャルネットワークの検閲や、テロの温床となっている国々への渡航暦、疑わしい銀行送金、交友関係、飛行機に乗る時の身体検査、持ち物検査、その他数々のわずらわしい手続きが日常化する事が予想されます。それは一面においてプライバシーが制限されることですが、元ブッシュ大統領が作った先例が生きており、戦時下(war time)という認識の下では、Patriot Act(愛国法)のような法規制の強化も避けられないでのでしょう。12月15日に予定されている第5回共和党ディベートでもテロ(terrorism)、移民政策(immigration)、銃規制法(gun control)、などが大きな論争を呼ぶことでしょう。

5th GOP Debate:

今回の共和党大統領候補によるディベートは、CNN主催で、支持率により、4人と9人に分かれて行われました。前半はunder card(前座ディベート)とよばれ、4人が参加しましたが、文字通り前座扱いで、盛り上がりに欠けておりました。後半は9人が入り乱れるディベートでしたが、メインイディベート(main debate)に相応しい充実感がありました。参加者は、トランプ氏(28%)を中央に、クルーズ氏(25%)、ルビオ氏(14%)、

カーソン氏(10%)、ブッシュ氏(7%)などが、脇を固めていました。話し合われた主題は主に国家安全保障(national security)でした。

Brokered Convention:

このディベートで、数々の注目すべき発言や、候補者同士の確執が表面化しました。その中でも特に注目されたのが、最近良く取りざたされる大物政治家が陰で暗躍する党の全国大会(brokered convention)のことです。といいますのは、ドナルドトランプ氏が、共和党体制派側からすれば外部者(outsider)であり、その上彼の人気は一過性のものだから、そのうちかげりが見えるであろうと箍をくくっていた節があったのです。ところが、数々の度肝を抜くような過激な発言にもかかわらず、彼の人気は全国レベルで下がるどころか上がる一方だったのです。一向に衰える気配を見せないことから業を煮やした共和党体制派の一部から、予備選に敗れた候補を反トランプ氏ということで一本化すれば、結果的にトランプ氏が共和党候補になることを阻止できるという考えでした。そこでbrokerという言葉は、『物品やサービスの仲介役』という意味で使われることが多いのですが、ここでは、『黒幕による仲裁』という意味が色濃く出ています。ディベートで、このような動きがあることに触れ、司会者(moderator)が、その場合に無所属、あるいは、第三の政党(Independent)から立候補する事もありうるのかという質問に対し、トランプ氏は、言下に、”No”、と答えていたのが印象に残っています。それをCNNは、”Trump pledges allegiance to GOP, rules out 3rd–party bid.”と伝えております。『共和党に忠誠を尽くし第三政党からの立候補はありえない』と言明しているのです。

Commander In Chief to order Blanket Bombing, Indiscriminating Bombing, Massive Bombing:

更に今回の共和党ディベートで大きな話題を呼んだのが、大統領の陸海空軍総司令官(Commander in chief)としての役割と責任でした。パリの同時テロと、アメリカ国内におけるサンバーナーディーノテロ事件を受けて、アメリカはいまや戦争状態にあるという共和党候補者のほぼ全員に共通した認識から、勇ましい発言が次から次へと飛び出しました。すなわち大統領たるものはその戦争を勝利に導く勇気と決断が問われる、というのが共和党候補の共通した争点だったのです。先頭を走るトランプ氏は、イスラム教徒の全面的な入国禁止やデータベースの整備を進めるべきだと主張しました。イスラム教徒の反発にも関わらず、多くの共和党員の支持率はむしろ向上し、一部の共和党支持者からは、良くぞ言ってくれたという賞賛の声さえ上がるくらいだったのです。それは既成の共和党体制派に不満を持ち、今までは、選挙があっても投票に行かない人達から多くの支持があるからだといわれています。又、テッドクルーズ氏からも、負けじとばかり過激な発言が飛び出しました。トランプ氏のイスラム過激派の家族も攻撃の対象とするべきだという主張に対し、もっと大々的に、絨毯爆撃(blanket bombing)の必要性さえ説いたのです。それに対しアメリカは、ベトナム戦争で繰り返し絨毯攻撃を仕掛けたにもかかわらず、敗退した過去の教訓を学んでいないのかという反論も少なくありませんでした。

Ronald Trump vs Jeb Bush:

ジェブブッシュ氏は元フロリダ州知事であり、そこでの実績を引き下げて颯爽と登場したのですが、元大統領の弟であるということもあって、後援者からの寄付金も潤沢で、

それゆえに前評判が高かったのですが、実際にふたを開けてみると一ケタ台の支持率で低迷しておりました。それが今回のディベートでは真っ向からトランプ氏に勝負を挑んだ感じです。例えば、トランプ氏の違法移民を全員送り返すという提案は非現実的であり、イスラム教徒の全面入国禁止という提案も、10億を超す全世界の善良なイスラム教徒を敵に回すようなもので、しかも建国の理念に反する、あるいは総司令官としての資質、真面目さにかける、などなどと食って掛かったのですが、あたかも、負け犬の遠吠えのような結果に終わったようです。その証拠に、ディベート後の支持率でもブッシュ氏の支持率向上の兆しは全く見えておりません。

3rd Democratic Debate:

第三回目の民主党大統領候補指名を争うディベートでは、ヒラリークリントン氏の圧倒的な優勢が報道されております。その後行われた、Real Clear Politics という米政治専門のサイトが集計した各種世論調査でもそれがはっきりと現れております。すなわちクリントン氏が約55%で、二位のバーニーサンダース氏に25ポイント以上の差をつけております。ここでディベートで言い争われた内容よりも結果に着目するのは、紙面の都合もありますが、それよりも民主党が現政権を支える与党であり、共和党候補者の現大統領ゃ現政権に対する猛烈な批判と反発が、民主党の候補者にもそのまま向けられており、共和党候補者に対する民主党候補者の反発の構図が避けて通れなかったからです。次にその構図に簡単に触れてみたいと思います。

Clinton vs Trump:

それぞれがそれぞれの党の指名を受け大統領候補になると断定するのは時期尚早ですが、クリントン氏とトランプ氏が、お互いがお互いを意識して死に物狂いの舌戦を繰返していることは周知の事実です。その中から、幾つかの興味ある話題と英語表現を集めてみました。

1.”BE CAREFUL.” これは、本来『気をつけろ』というなんら変哲のない表現ですが、全て大文字で書かれている事に注目して下さい。トランプ氏は、同じ共和党の女性候補であるカーリーフロリーナ氏に対しても、女性を蔑視する表現でマスコミをにぎわした事がありました。クリントン氏に対しても信頼性、好感度、正直さなどを取り上げては、人間性を徹底的に卑しめる表現で攻撃してきましたが、クリントン氏がトランプ氏は女性差別主義者(sexist)だと反論したのに対し、トランプ氏がツイッターのなかで使った表現です。メディアも注目し様々な憶測が流れましたが、どうやらトランプ氏の真意は、ヒラリークリントン氏の夫であり元大統領のビルクリントン氏が犯した女性スキャンダルを念頭において、トランプ氏が女性蔑視主義者なら、ビルクリントン氏が危ういところで政治生命を落としかけた事もある女性問題を同じ土俵で話題にするぞという脅しだったようです。

2、”schlong” 一国の大統領を目指す候補者が公開の席で使うような表現ではありません。でも英語の辞書を開いてみると『おちんちん』と出ています。これは明らかに下品な表現です。しかも名詞ですから-edをつけて、動詞と同じような過去分詞形を作り、それを形容詞として使うことは出来ません。それをトランプ氏はクリントン氏を称して”schlonged woman”といっているのです。新しい語法を編み出し、それが何を意味しているのかは想像が付きます。『。。。。。の付いた』とでも言いたかったのでしょうが、良識ある人々からは顰蹙を買っています。表現の自由が許される範囲をはるかに逸脱していると思いますが、皆さんはどう思いますか。

筆:小林 義尚

著者略歴: 語学学校KOBY USAの校長。1987年に来米しMMUCに通訳として入社(6年間勤務)。早稲田大学第一商学部中退。立教大学経済学部卒業。働きながら、デトロイト大学大学院に学びMAとMBAを取得。ウェイン州立大学の経済学博士課程に進学すると同時に経済学部講師に就任。中途で病気の為退学。1993年に、コービィインターナショナルアカデミーを創立。2004年に第三者に経営権を譲渡。2012年にKOBY USA INCを設立。コービィランゲージセンターとコービィラーニングセンターの運営に従事。在米経験は約30年に亘る。

ますます変化する日本の教育と大学進学

0

~次期学習指導要領、大学入試センター試験廃止、教育のグローバル化の影響

米日教育交流協議会・代表  丹羽 筆人

小学校で2020年度から、中学校が21年度から、高校は22年度から学年ごとに導入される次期学習指導要領では、高校と小学校で大きな変化が見られそうです。20年度には、大学入試センター試験が廃止され、新テストが始まります。新テストでは実践的な英語力を測るようなテストが導入される模様です。また、文科省の教育のグローバル化の方針を受け、大学には英語のみで学位が取得できるコースが続々と登場しています。日本の教育および大学進学は、ますます変化することが予想されます。

高校では新科目が登場、小学校の英語は現行の3倍に

次期学習指導要領の変更点を見ていくと、高校では、日本史と世界史を融合し主に近現代史を学ぶ「歴史総合」、環境問題など地球規模の課題を考える「地理総合」、選挙権が18歳以上に引き下げられることを意識し、討論や模擬選挙などの活動を通して政治参加意識を育む「公共」などの新科目が必修化されます。また、数学と理科の知識を総合的に生かしながら主体的に実験などを行う「数理探究」も選択科目として導入されます。

20年度から大学センター試験に代えて導入される「大学入学希望者学力評価テスト」では、複数科目を組み合わせた合科目型、教科の枠を超えた総合型を導入し、教科型を廃止する方針です。「歴史総合」、「地理総合」、「数理探究」の導入は、このような大学入試改革の動きが影響していることが感じられます。

小学校では、英語が5・6年生で必修となり、外国語活動が3・4年生でも実施され、授業時間数は現行の3倍となります。これは、多くの高校3年生の英語力が中学校卒業レベルにとどまっていることが背景にあるようです。また、大学入試改革では、

TOEFLのような実践的な英語力を試す外部テストの導入も検討されていることも影響していると思われます。

中学校は、特に変更点は公表されていません。ただし、高校の学習指導要領の変更が、高校入試に影響を与える可能性はありますし、今後何らかの変更があることも考えられます。

いずれにしても、今後の学校教育では、知識を蓄えるだけではなく、知識を生かして考えたり工夫したりすること、自分の意見を発表することができる力の習得が求められます。ただし、帰国生にとっては大変なことではなく、このような教育は、アメリカの学校で実践されているものであり、そういう意味ではむしろなじみやすいともいえそうです。

実践的な英語力と思考力・判断力・表現力の育成を図る

大学入試センター試験に代わり、20年度から始まる大学入学希望者学力評価テスト(仮称)の出題科目数は簡素化されますが、新学習指導要領に登場する新科目の導入が検討されています。他科目や社会的事象と関連を意識した出題やセンター試験よりも高難度の選択問題の出題、1点刻みではなく多段階による成績表示、複数回の受験機会なども検討され、英語では、「話す・聞く・書く・読む」の4技能のテストを実施する民間機関との連携も検討されています。

また、記述式問題についてコンピュータによる採点支援が検討されています。23年度までは数十文字程度の短いものになりそうですが、24年度からは長文の記述にも対応できるよう受験生がパソコンやタブレット端末などを使って受験する方式の導入も検討中です。新テストに記述式問題を導入する背景には、知識量だけではなく、「思考力、判断力、表現力」という考える力を測ろうという大学入試改革の動きがあります。選択式のみの現行のセンター試験では把握できなかった表現力が重視されることになります。

20年度は現在の中学1年生、24年度は現在の小学3年生が大学を受験する年に当たります。つまり、現在の中学1年生以降の学年の子どもは、新テストの受験対象となるため、これまでのように知識を蓄えるのではなく、「思考力、判断力、表現力」を養う学習が必要になります。また、新テスト導入を含む大学入試改革では、各大学の実施する入試でも、「思考力、判断力、表現力」を測るものとすることが検討されています。

海外で学ぶ子どもにとっては、日本語でこれらの力を発揮できるように準備する必要があります。これまでは、補習校や学習塾で知識を短い時間で集中的に学習し、何とか受験にも対応できましたが、これからは学習方法を転換する必要があるでしょう。特に、与えられた課題について、自分の考えを日本語の長文で表現する力を養う学習を意識的に行うことが大切なのです。もちろん、日本の高校の授業にも変化が見られるでしょうし、補習校でもそれに合わせることが課題となりそうです。

英語の授業のみで学位の取得できる大学が増加

日本の大学も変化が著しいです。9月や10月などに入学できる大学が登場しています。東北、秋田、筑波、横浜国立、新潟、国際教養(秋田公立)、日本工業、慶應義塾、国際基督教、上智、東京電機、明治学院、早稲田、四天王寺、立命館アジア太平洋などです。

また、英語の授業のみで卒業できる大学・学部もあります。国際教養(国際教養)、上智(国際教養)、多摩(グローバルスタディーズ)、法政(グローバル教養)、早稲田

(国際教養)、立命館アジア太平洋(アジア太平洋、国際経営)、宮崎国際(国際教養)などです。さらに、文部科学省のグローバル30という留学生受け入れプロジェクト指定の13大学(東北、筑波、東京、名古屋、京都、大阪、九州、慶應、上智、明治、早稲田、同志社、立命館)にも英語の授業のみで卒業できるコースがあります。

これらの大学は、主に留学生を対象にしていますが、帰国生も受験可能な大学もありますし、国内生に門戸を開いている大学もあります。いわゆる大学のグローバル化は、今後ますます進むでしょう。つまり、高校卒業後の進路の選択肢はますます多くなるということです。

このように、今後の子どもたちに求められることは、幅広い視野で考え、日本語はもちろん、英語でも表現できる力です。そう意味では、海外生活を経験した子どもは有利ともいえます。ぜひ頑張ってほしいですね。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、全国の高等学校での進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際教育事業も担当。米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務め、2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。また、帰国生入試や帰国後の学校選びのアドバイスも行っており、北米各地で進学講演も行っている。河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザー、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、名古屋商科大学アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師(教務主任兼進路指導担当)

◆米日教育交流協議会(UJEEC)

Phone:1-248-346-3818
Website:www.ujeec.org

「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内

0
<!--:en-->「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内<!--:--><!--:ja-->「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内<!--:--> 2

日本語の学習意欲を芽生えさせる多彩な自然・文化・歴史体感プログラム

日本の里山での「サマーキャンプ in ぎふ 2013」(米日教育交流協議会主催)を今年も実施します。
 海外での生活が長くなると子どもの日本語力には伸び悩みが見られる。特に海外生まれや幼少時に来米した子どもにはその傾向が目立つ。また、就学後に移住した子どもでも、年齢差や個人差はあるものの3~4年後から英語力が向上する一方で日本語力が停滞する傾向がみられる。また、日本の礼儀作法を習得したり文化・風習などを理解したりすることも難しい。そこで、米日教育交流協議会では、子どもたちの日本語学習意欲を芽生えさせることを目的に、日本人が守り続けてきた素晴らしい自然、文化、歴史が残されている里山(岐阜県揖斐川町)で日本語・日本文化を体験する「サマーキャンプ in ぎふ」を実施している。このキャンプは、補習校講師でありアメリカに長く暮らす子を持つ父親でもある当協議会の代表者が出身地の岐阜県の人々と協力しながら作り上げたもので、実施される多彩な「自然・文化・歴史体感プログラム」には次のようなものがある。伝統文化体験、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・名所見学など。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿プログラムも用意している。参加者や保護者の満足度は高く、喜びの声が主催者に寄せられており、複数回参加する子どもも目立っている。

実施期間:第1期-7月5日から17日、第2期-7月26日から8月5日
主な体験プログラム:伝統文化体験(ものつくり、食つくりなど)、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・社会見学などの多彩な自然・文化・歴史体感プログラム。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿交流プログラムも用意している。
参加対象:海外在住で日本語学習中の小学生(4~6年生)、中学生、高校生。
参加費用:$2,050(第1期)、$1,850(第2期)

*日本との往復航空券代、集合・解散場所までの交通費などは含まない。

◆お問い合わせ・お申し込み先
 IACE TRAVEL アジア課 電話:1-866-735-4223  E-mail:info@iace-asia.com
 *現在、参加申し込み受け付け中。
詳細は、米日教育交流協議会のウェブサイトhttp://www.ujeec.orgを参照。

日本語の学習意欲を芽生えさせる多彩な自然・文化・歴史体感プログラム

日本の里山での「サマーキャンプ in ぎふ 2013」(米日教育交流協議会主催)を今年も実施します。
 海外での生活が長くなると子どもの日本語力には伸び悩みが見られる。特に海外生まれや幼少時に来米した子どもにはその傾向が目立つ。また、就学後に移住した子どもでも、年齢差や個人差はあるものの3~4年後から英語力が向上する一方で日本語力が停滞する傾向がみられる。また、日本の礼儀作法を習得したり文化・風習などを理解したりすることも難しい。そこで、米日教育交流協議会では、子どもたちの日本語学習意欲を芽生えさせることを目的に、日本人が守り続けてきた素晴らしい自然、文化、歴史が残されている里山(岐阜県揖斐川町)で日本語・日本文化を体験する「サマーキャンプ in ぎふ」を実施している。このキャンプは、補習校講師でありアメリカに長く暮らす子を持つ父親でもある当協議会の代表者が出身地の岐阜県の人々と協力しながら作り上げたもので、実施される多彩な「自然・文化・歴史体感プログラム」には次のようなものがある。伝統文化体験、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・名所見学など。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿プログラムも用意している。参加者や保護者の満足度は高く、喜びの声が主催者に寄せられており、複数回参加する子どもも目立っている。

実施期間:第1期-7月5日から17日、第2期-7月26日から8月5日
主な体験プログラム:伝統文化体験(ものつくり、食つくりなど)、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・社会見学などの多彩な自然・文化・歴史体感プログラム。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿交流プログラムも用意している。
参加対象:海外在住で日本語学習中の小学生(4~6年生)、中学生、高校生。
参加費用:$2,050(第1期)、$1,850(第2期)

*日本との往復航空券代、集合・解散場所までの交通費などは含まない。

◆お問い合わせ・お申し込み先
 IACE TRAVEL アジア課 電話:1-866-735-4223  E-mail:info@iace-asia.com
 *現在、参加申し込み受け付け中。
詳細は、米日教育交流協議会のウェブサイトhttp://www.ujeec.orgを参照。

Michigan Natura and Parks水が豊かなミシガンの湖や川の自然に親しもう

<!--:en-->Michigan Natura and Parks<!--:--><!--:ja-->水が豊かなミシガンの湖や川の自然に親しもう<!--:--> 5

ミシガン育ちの多くの人は短い春から秋を満喫しようと自然の中に身を置く。ヨットやボートを所有している人も多く、湖や川沿いの家に船寄せの施設が備わっているのはごくありふれた光景である。

せっかくミシガンに住んでいるのだから水辺のアウトドアライフを楽しみたいものだが、フロリダ等の観光地と違って、ボート類のレンタルやツアーのビジネスサービスが少ないのが難。今月号では、メトロパークなどの公共の施設を中心に、手軽なカヌー/カヤックのレンタルサービスがある場所、そして用具無しで楽しむことが出来る自然観察やネイチャーセンターをいくつか紹介したい。

デトロイト近郊の公園でのカヌー乗り

身近な州のレクリエーションアリアの2つProud Lake と Island Lake、そしてウェインカウンティの公園Hines ParkにあるNewburgh Lake、以上の3ヶ所で HEAVNER CANOE& KAYAK RENAL運営のカヌーレンタルを利用することができる。
*営業期間や時間、料金はまちまちなので、下記Webサイトなどでご確認ください。
http://www.heavnercanoe.com/

前者2ヶ所(Proud Lake と Island Lake)はステイトパークの入場許可書が必要になる。(入り口で購入が可能。)どちらも何ヶ所かに設定された出発点から川を下る方式で、シャトルのサービスもある。仲間や家族と車2台で行き、シャトルを利用しない方法をとると格安になる。より長い距離や一泊のトリップのアレンジも可能 (要予約)。

Proud Lake は Milfordの南東(Wixomの北西)。約1時間の距離から6時間以上かかるコースまで6種の設定がある。

Island Lake はNew Hudsonの西、Kensington MetroparkのKent Lakeの西端がレンタルカヌーの拠点になっている。1時間から3時間程度の2つのコース。

Newburgh Lakeでは、小さい湖の畔で借りて、同じ所に返却。事前に依頼すれば川くだりも可能。Hines Park は Northville から Plymouth などの7市を経てDearborn Heightsまで続く細長い公園。住宅街を縫う緑のオアシスラインと言っても過言ではないほど木々が豊か。湖水の澱みは否めない。車道(Hines Drive)に沿って自転車レーンもありジョギングやサイクリングをする人にポピュラー。NewburghLakeはフリーウェイ I – 2 7 5 から1マイルほど東。

ここで、(日本の公園や湖でよく見る)手漕ぎボートとカヌーの違いを解説。一番大きな違いは前に進むのがカヌーで後ろに進むのがボート。そして、ボートは櫂(オール)が艇に固定されているのに対し、カヌーは櫂が固定されていない。ということで、カヌーイングで注意を要するのはオールを水に落とさないようにすること。そして1本のオールで左右に切り替えながら漕ぐのに慣れが要る。また、カヌーは細長く左右のバランスが不安定なので転覆にも要注意。進路の状況は確認し易い。初心者でも10分も漕げばコツをつかめる(と思う)が、流れの急な箇所で舵を取るには技術が要る。レンタル用の一般的なカヌーには4,5人乗ることができるが、中で移動するとバランスを崩し転覆しかねないので、動き回りたい時期のお子さん連れでの長いコースは避けた方が無難。

メトロパークで水や自然に親しむアクティビティ

メトロパークは Huron River と Clinton River に沿って、デトロイトを中心に半円状に点在する(現在13箇所)。住宅街近くにありながら緑と水の自然が豊かだ。住民の憩いやアクティビティの場を提供する目的とともに、自然保護も重要な使命。ネイチャーセンターを中心に、学習活動の場や観察ツアーなどを多種提供している。期間および時間や料金の詳細等は公式サイトwww.metroparks.comでお確かめの上、お出かけ下さい。

Delhi Metropark / Dexter-Huron Metropark / Hudson Mills Metropark

Delhi Metroparkは、レンタルカヌーでの川下りサービスの施設がある唯一のメトロパークで、上流のHudson Mills又はDexter-Huronまでカヌーと一緒に運んでくれる。Dexter-Huronからは3マイル。Hudson MillsからはDexter-Huronを経て約8マイルのカヌーイングになる。特に上流は水が澄み緑が深く、町から近いことが信じられないほど。

先日この8マイルのカヌーイングをしたので、詳細を加えて記させていただく。

湖でのカヌーはしたことがあったが、川下りコースは初めてなので短い3マイルコースをする予定で現地入りしたところ、その時間(月曜日の12時)は8マイルのスタート地点へのシャトルしかないと発覚。3マイルコースのシャトルは3時まで無いとのことで、覚悟を決めて8マイルに挑戦することに。曜日によって異なるので予約時に確認されたし。

スタッフから全員(この日は20名強)に、「目標になる橋は5つ。橋の下は右側を。Dexter-Huronに寄って休憩が可能」など口頭で簡単な説明を与えられた後、一足乗り込むと揺れるカヌーにスタッフの手を借りて乗り込み、腰をすえて、いざ出発。8マイルをする者が初心者であるはずは無いと思うからか、漕ぎ方の説明などは全く無い。

川の流れの速さはというと、漕がなくても早歩き程度の速さの場所もあるが、大半は漕がないとほとんど進まないくらいの穏やかさ。水量によって異なるのかもしれない。川面の輝きと緑の美しさに目を奪われつつも、自分たちがどれだけ進んだかが分からず気持ちは落ち着かない。目標となる1つ目の橋が見えるまでが長く、(結果的には全体の1/3ほどの)1時間かかった。数日前の嵐のせいなのか倒木がかなり多い。浅瀬や岩も要注意。川の流れに引きずれて倒木にはまったり、浅瀬に乗り上げて前にも後ろにも進めなくなたりしたが、手足やオールを駆使して危機脱出。川面が白く波立っている所は浅いので回避すべきだと学んだ。途中、岸辺に佇む鹿や七面鳥に遭遇した。

Dexter-Huronまで2時間程。我々の後から出発した家族連れには父親と娘の気合いの入った漕ぎで一気に追い越されたが、他の数艘は視野にも入らなかったので、まず平均並みか速めのスピードといったところか。Dexter-Huronで陸に上がって休憩できると言われていたが、うまく岸に寄せる技術もカヌーを岸に上げる力も無いと判断して素通り。ここまで来れば先が知れて気持ちに余裕が生まれたが、後半は木々の間に見える家も増え、最後のほうは自動車道と並走し、町の雑沓感が伝わってきた。

上陸しての休憩をしなかったので3時間10分でDelhi Metroparkに到着。終点の数百メートル手前に‘West Delhi, Canoe Take-out’の看板があり、誰もいないがここで自力で引き上げるべきなのかと迷い、幸い手元にあった電話番号に問い合わせた。もう少し先と確認でき、安心して先に進んだ。濡れては大変なので車に置こうかと迷った携帯電話が役立った。行き過ぎ、カヌーの破損にはペナルティーを科されるので要注意。終盤には腕が疲れたが、非力な(?)女性二人でも無理の無いコースで景色にも満喫。とはいえ、転覆したり倒木にはまり込んだら厳しかっただろう。濡れてもよい服装、いざという時に川底で踏ん張れる靴の着用をお薦め。ライフベストとベンチクッションは借りられる。

Indian Springs Metropark

ミシガン南東部の自然を学習するEnvironmentalDiscovery Center (環境学習センター) があり、実験室やエコシステムについての展示、学習プログラムが充実している。池を水中から観察するためのガラス張りのドームが数年前に完成したが、水の透明度が低く、魚や植物はあまり見えないのが残念。プレーリー(草原)が多い公園。

Kensington Metropark

Kent Lake を包括するパークで、湖畔沿いのトレイル(8マイル強)は林間、原っぱもあり景色が良い。湖の探索用に乗り合いの観覧船のほか、レンタルの足こぎボート、カヌー、カヤックなどあり、メトロパークの中で最も充実してる。ペッティングファーム、ネイチャーセンターもある。湿地のトレイルは野鳥観察に絶好。

Stony Creek Metropark

Stony Creek Lakeを包括するパークで、湖畔1周のトレイルは8.3マイル。Kensingtonと似た趣だが起伏が多い。その起伏を利用したメトロパークでは唯一のマウンテンバイク・トレイルが充実している。ボートやカヌーのレンタルサービス有り。

Lake Erie Metropark

Marshlands Museum and Nature CenterというMarsh(湿地帯・潟)にフォーカスした博物館がある。猛禽類(鷲など)の生物の剥製展示の他、水辺の狩の歴史に関する旧式ボートやデコイの展示があるのがユニーク。エリー湖を臨む波のプール (Wave Pool) が人気。ただし波のプールはそれ程大きくはなく、他のプールは無い。

Lake St. Clair Metropark (旧称Metro Beech)

セントクレア湖に面する公園で、ボートランチ(艀)設備もあるがレンタルは無い。自然センターは規模が小さいが、野鳥の剥製の展示が充実しており、様々なプログラムを企画している。湖に臨むウォータースライド付きプールやSquirt Zoneという水遊び場があり、夏の人気スポット。対岸に並ぶボート施設を備えた民家を眺めるのも一興。

遠出してHoughton Lakeへ

近場のパークでのカヌーもいいけれど、一足伸ばして、さらに豊かな自然の中でカヌー体験をしてみるのもいいかも。デトロイトから車で約3時間北方のHoughton Lakeでは、カヌーをしながら様々な野生植物・動物に遭遇でき、森林浴効果も抜群。1-2時間のコースから半日、一日コースと様々ある。

カヌーの他にもチュービングやカヤッキングで川下りを楽しむこともできる。チュービングはグループでパーティー感覚で楽しみたい人にお勧め。ゆ~ったりした気分で自然を満喫したい方にはカヌーイングやカヤッキングがグー。

服装は水着または濡れても良いものでいく必要があるが、カヌーなどすべて貸出してくれる。初心者でも問題なし。Houghton Lakeの辺りには、下記のリスト以外にもたくさんカヌーができるところがある。White Birch Canoe Trips & Campgroundには緑豊かなキャンプ場もある。日帰りも可能だが、できれば泊りがけでゆっくり満喫したいもの。

http://www.whitebirchcanoe.com/
http://canoeatcampbells.com/
http://www.paddlebrave.com/webapp/p/6/rates.html

ミシガン育ちの多くの人は短い春から秋を満喫しようと自然の中に身を置く。ヨットやボートを所有している人も多く、湖や川沿いの家に船寄せの施設が備わっているのはごくありふれた光景である。

せっかくミシガンに住んでいるのだから水辺のアウトドアライフを楽しみたいものだが、フロリダ等の観光地と違って、ボート類のレンタルやツアーのビジネスサービスが少ないのが難。今月号では、メトロパークなどの公共の施設を中心に、手軽なカヌー/カヤックのレンタルサービスがある場所、そして用具無しで楽しむことが出来る自然観察やネイチャーセンターをいくつか紹介したい。

デトロイト近郊の公園でのカヌー乗り

身近な州のレクリエーションアリアの2つProud Lake と Island Lake、そしてウェインカウンティの公園Hines ParkにあるNewburgh Lake、以上の3ヶ所で HEAVNER CANOE& KAYAK RENAL運営のカヌーレンタルを利用することができる。
*営業期間や時間、料金はまちまちなので、下記Webサイトなどでご確認ください。
http://www.heavnercanoe.com/

前者2ヶ所(Proud Lake と Island Lake)はステイトパークの入場許可書が必要になる。(入り口で購入が可能。)どちらも何ヶ所かに設定された出発点から川を下る方式で、シャトルのサービスもある。仲間や家族と車2台で行き、シャトルを利用しない方法をとると格安になる。より長い距離や一泊のトリップのアレンジも可能 (要予約)。

Proud Lake は Milfordの南東(Wixomの北西)。約1時間の距離から6時間以上かかるコースまで6種の設定がある。

Island Lake はNew Hudsonの西、Kensington MetroparkのKent Lakeの西端がレンタルカヌーの拠点になっている。1時間から3時間程度の2つのコース。

Newburgh Lakeでは、小さい湖の畔で借りて、同じ所に返却。事前に依頼すれば川くだりも可能。Hines Park は Northville から Plymouth などの7市を経てDearborn Heightsまで続く細長い公園。住宅街を縫う緑のオアシスラインと言っても過言ではないほど木々が豊か。湖水の澱みは否めない。車道(Hines Drive)に沿って自転車レーンもありジョギングやサイクリングをする人にポピュラー。NewburghLakeはフリーウェイ I – 2 7 5 から1マイルほど東。

ここで、(日本の公園や湖でよく見る)手漕ぎボートとカヌーの違いを解説。一番大きな違いは前に進むのがカヌーで後ろに進むのがボート。そして、ボートは櫂(オール)が艇に固定されているのに対し、カヌーは櫂が固定されていない。ということで、カヌーイングで注意を要するのはオールを水に落とさないようにすること。そして1本のオールで左右に切り替えながら漕ぐのに慣れが要る。また、カヌーは細長く左右のバランスが不安定なので転覆にも要注意。進路の状況は確認し易い。初心者でも10分も漕げばコツをつかめる(と思う)が、流れの急な箇所で舵を取るには技術が要る。レンタル用の一般的なカヌーには4,5人乗ることができるが、中で移動するとバランスを崩し転覆しかねないので、動き回りたい時期のお子さん連れでの長いコースは避けた方が無難。

メトロパークで水や自然に親しむアクティビティ

メトロパークは Huron River と Clinton River に沿って、デトロイトを中心に半円状に点在する(現在13箇所)。住宅街近くにありながら緑と水の自然が豊かだ。住民の憩いやアクティビティの場を提供する目的とともに、自然保護も重要な使命。ネイチャーセンターを中心に、学習活動の場や観察ツアーなどを多種提供している。期間および時間や料金の詳細等は公式サイトwww.metroparks.comでお確かめの上、お出かけ下さい。

Delhi Metropark / Dexter-Huron Metropark / Hudson Mills Metropark

Delhi Metroparkは、レンタルカヌーでの川下りサービスの施設がある唯一のメトロパークで、上流のHudson Mills又はDexter-Huronまでカヌーと一緒に運んでくれる。Dexter-Huronからは3マイル。Hudson MillsからはDexter-Huronを経て約8マイルのカヌーイングになる。特に上流は水が澄み緑が深く、町から近いことが信じられないほど。

先日この8マイルのカヌーイングをしたので、詳細を加えて記させていただく。

湖でのカヌーはしたことがあったが、川下りコースは初めてなので短い3マイルコースをする予定で現地入りしたところ、その時間(月曜日の12時)は8マイルのスタート地点へのシャトルしかないと発覚。3マイルコースのシャトルは3時まで無いとのことで、覚悟を決めて8マイルに挑戦することに。曜日によって異なるので予約時に確認されたし。

スタッフから全員(この日は20名強)に、「目標になる橋は5つ。橋の下は右側を。Dexter-Huronに寄って休憩が可能」など口頭で簡単な説明を与えられた後、一足乗り込むと揺れるカヌーにスタッフの手を借りて乗り込み、腰をすえて、いざ出発。8マイルをする者が初心者であるはずは無いと思うからか、漕ぎ方の説明などは全く無い。

川の流れの速さはというと、漕がなくても早歩き程度の速さの場所もあるが、大半は漕がないとほとんど進まないくらいの穏やかさ。水量によって異なるのかもしれない。川面の輝きと緑の美しさに目を奪われつつも、自分たちがどれだけ進んだかが分からず気持ちは落ち着かない。目標となる1つ目の橋が見えるまでが長く、(結果的には全体の1/3ほどの)1時間かかった。数日前の嵐のせいなのか倒木がかなり多い。浅瀬や岩も要注意。川の流れに引きずれて倒木にはまったり、浅瀬に乗り上げて前にも後ろにも進めなくなたりしたが、手足やオールを駆使して危機脱出。川面が白く波立っている所は浅いので回避すべきだと学んだ。途中、岸辺に佇む鹿や七面鳥に遭遇した。

Dexter-Huronまで2時間程。我々の後から出発した家族連れには父親と娘の気合いの入った漕ぎで一気に追い越されたが、他の数艘は視野にも入らなかったので、まず平均並みか速めのスピードといったところか。Dexter-Huronで陸に上がって休憩できると言われていたが、うまく岸に寄せる技術もカヌーを岸に上げる力も無いと判断して素通り。ここまで来れば先が知れて気持ちに余裕が生まれたが、後半は木々の間に見える家も増え、最後のほうは自動車道と並走し、町の雑沓感が伝わってきた。

上陸しての休憩をしなかったので3時間10分でDelhi Metroparkに到着。終点の数百メートル手前に‘West Delhi, Canoe Take-out’の看板があり、誰もいないがここで自力で引き上げるべきなのかと迷い、幸い手元にあった電話番号に問い合わせた。もう少し先と確認でき、安心して先に進んだ。濡れては大変なので車に置こうかと迷った携帯電話が役立った。行き過ぎ、カヌーの破損にはペナルティーを科されるので要注意。終盤には腕が疲れたが、非力な(?)女性二人でも無理の無いコースで景色にも満喫。とはいえ、転覆したり倒木にはまり込んだら厳しかっただろう。濡れてもよい服装、いざという時に川底で踏ん張れる靴の着用をお薦め。ライフベストとベンチクッションは借りられる。

Indian Springs Metropark

ミシガン南東部の自然を学習するEnvironmentalDiscovery Center (環境学習センター) があり、実験室やエコシステムについての展示、学習プログラムが充実している。池を水中から観察するためのガラス張りのドームが数年前に完成したが、水の透明度が低く、魚や植物はあまり見えないのが残念。プレーリー(草原)が多い公園。

Kensington Metropark

Kent Lake を包括するパークで、湖畔沿いのトレイル(8マイル強)は林間、原っぱもあり景色が良い。湖の探索用に乗り合いの観覧船のほか、レンタルの足こぎボート、カヌー、カヤックなどあり、メトロパークの中で最も充実してる。ペッティングファーム、ネイチャーセンターもある。湿地のトレイルは野鳥観察に絶好。

Stony Creek Metropark

Stony Creek Lakeを包括するパークで、湖畔1周のトレイルは8.3マイル。Kensingtonと似た趣だが起伏が多い。その起伏を利用したメトロパークでは唯一のマウンテンバイク・トレイルが充実している。ボートやカヌーのレンタルサービス有り。

Lake Erie Metropark

Marshlands Museum and Nature CenterというMarsh(湿地帯・潟)にフォーカスした博物館がある。猛禽類(鷲など)の生物の剥製展示の他、水辺の狩の歴史に関する旧式ボートやデコイの展示があるのがユニーク。エリー湖を臨む波のプール (Wave Pool) が人気。ただし波のプールはそれ程大きくはなく、他のプールは無い。

Lake St. Clair Metropark (旧称Metro Beech)

セントクレア湖に面する公園で、ボートランチ(艀)設備もあるがレンタルは無い。自然センターは規模が小さいが、野鳥の剥製の展示が充実しており、様々なプログラムを企画している。湖に臨むウォータースライド付きプールやSquirt Zoneという水遊び場があり、夏の人気スポット。対岸に並ぶボート施設を備えた民家を眺めるのも一興。

遠出してHoughton Lakeへ

近場のパークでのカヌーもいいけれど、一足伸ばして、さらに豊かな自然の中でカヌー体験をしてみるのもいいかも。デトロイトから車で約3時間北方のHoughton Lakeでは、カヌーをしながら様々な野生植物・動物に遭遇でき、森林浴効果も抜群。1-2時間のコースから半日、一日コースと様々ある。

カヌーの他にもチュービングやカヤッキングで川下りを楽しむこともできる。チュービングはグループでパーティー感覚で楽しみたい人にお勧め。ゆ~ったりした気分で自然を満喫したい方にはカヌーイングやカヤッキングがグー。

服装は水着または濡れても良いものでいく必要があるが、カヌーなどすべて貸出してくれる。初心者でも問題なし。Houghton Lakeの辺りには、下記のリスト以外にもたくさんカヌーができるところがある。White Birch Canoe Trips & Campgroundには緑豊かなキャンプ場もある。日帰りも可能だが、できれば泊りがけでゆっくり満喫したいもの。

http://www.whitebirchcanoe.com/
http://canoeatcampbells.com/
http://www.paddlebrave.com/webapp/p/6/rates.html

 

Welcome To Ann Arbor [13] Downtown Holiday Shoppingようこそアナーバーへ【13】ダウンタウンでのホリデーショッピング

<!--:en-->Welcome To Ann Arbor [13] Downtown Holiday Shopping<!--:--><!--:ja-->ようこそアナーバーへ【13】ダウンタウンでのホリデーショッピング<!--:--> 4

 ショッピングモールのように一箇所に集約されていないので、なかなか見つけにくいですが、アナーバーのダウンタウンには、ホリデーギフトが買える小さな店が結構あります。ミシガンの特産品を売っているところから、風変わりなギャラリーまで様々ですが、今月は、そんなローカル色のある店をいくつか紹介したいと思います。

Cherry Republic

 ご存知の方も多いかと思われますが、ミシガンはタルトチェリーの名産地で、全米の生産高の約7割を産出しています。州北西部トラバースシティ周辺のAntrim、Benzie、 Charlevoix、Grand Traverse、Kalkaska、 Leelanau、 Manisteeの7つのカウンティー(郡)が、チェリーベルトと呼ばれている地帯です。Cherry Republicでは、このミシガン産のチェリーを原料としたクッキー、サルサソース、BBQソース、ジャム、ソーダ、チョコレート・チェリー、ドライチェリーなど170種以上の製品をつくっています。店は、アナーバーとトラバースシティ含め、州内に3カ所あります。試食はたっぷりできます。ミシガン大スクールカラーMaize & Blueのドライチェリーなどは、アナーバーのおみやげとしても適しているかもしれません。

【場所】223 South Main St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.cherryrepublic.com

Crazy Wisdom

 スピリチュアルな雰囲気の品物を多く置いています。お香、タロットカード、キャンドル、ジュエリー、ヨガのガイドブックなど様々です。英語のみですが、スピリチュアル関連の本は200以上のカテゴリがあります。2階はティールームで、日本茶を含む100種類以上のお茶が楽しめます。コーヒーもあります。

【場所】114 S. Main St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.crazywisdom.net

Schakolad

 チョコレート屋さんです。店内で作るので、新鮮さが売り物のようです。品揃えは豊富です。ユニークな点は、元々のオーナーが航空機製造エンジニアだったこともあり、コンピュータを使った3Dデザインでチョコレート鋳型を作っているところでしょうか。店内には、色々な形のチョコレートが展示されていて楽しめます。実際作っているところも見ることができます。

【場所】110 E. Washington St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.schakolad.com

Found

 風変わりなアートとビンテージ・トレジャーがテーマの小物屋さんで、ケリータウンマーケット&ショップ(www.kerrytown.com)内にあります。オーナーのメアリーさん(タイトルがOwner&Finder)が、あちこち旅をしてアンティークを見つけてくるのでFoundという店の名前になったようです。アンティーク以外で目を引くのは、リサイクル材料を使用した、ローカルアーティストたちによる手作りの作品です。抵抗器(レジスタ)でできたブレスレット、自転車のチェーンでできたネックレス、ビンテージ・ボタンの指輪、スプーンでできた置物など様々です。ケリータウンマーケット&ショップでは、クリスマスまで毎週土曜10時から1時まで、サンタが登場します。又、12月7日には、隣接のファーマーズマーケット(屋外)が夜9時まで開いています。

【場所】407 N. Fifth Ave, Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.foundgallery.com

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

 ショッピングモールのように一箇所に集約されていないので、なかなか見つけにくいですが、アナーバーのダウンタウンには、ホリデーギフトが買える小さな店が結構あります。ミシガンの特産品を売っているところから、風変わりなギャラリーまで様々ですが、今月は、そんなローカル色のある店をいくつか紹介したいと思います。

Cherry Republic

 ご存知の方も多いかと思われますが、ミシガンはタルトチェリーの名産地で、全米の生産高の約7割を産出しています。州北西部トラバースシティ周辺のAntrim、Benzie、 Charlevoix、Grand Traverse、Kalkaska、 Leelanau、 Manisteeの7つのカウンティー(郡)が、チェリーベルトと呼ばれている地帯です。Cherry Republicでは、このミシガン産のチェリーを原料としたクッキー、サルサソース、BBQソース、ジャム、ソーダ、チョコレート・チェリー、ドライチェリーなど170種以上の製品をつくっています。店は、アナーバーとトラバースシティ含め、州内に3カ所あります。試食はたっぷりできます。ミシガン大スクールカラーMaize & Blueのドライチェリーなどは、アナーバーのおみやげとしても適しているかもしれません。

【場所】223 South Main St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.cherryrepublic.com

Crazy Wisdom

 スピリチュアルな雰囲気の品物を多く置いています。お香、タロットカード、キャンドル、ジュエリー、ヨガのガイドブックなど様々です。英語のみですが、スピリチュアル関連の本は200以上のカテゴリがあります。2階はティールームで、日本茶を含む100種類以上のお茶が楽しめます。コーヒーもあります。

【場所】114 S. Main St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.crazywisdom.net

Schakolad

 チョコレート屋さんです。店内で作るので、新鮮さが売り物のようです。品揃えは豊富です。ユニークな点は、元々のオーナーが航空機製造エンジニアだったこともあり、コンピュータを使った3Dデザインでチョコレート鋳型を作っているところでしょうか。店内には、色々な形のチョコレートが展示されていて楽しめます。実際作っているところも見ることができます。

【場所】110 E. Washington St., Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.schakolad.com

Found

 風変わりなアートとビンテージ・トレジャーがテーマの小物屋さんで、ケリータウンマーケット&ショップ(www.kerrytown.com)内にあります。オーナーのメアリーさん(タイトルがOwner&Finder)が、あちこち旅をしてアンティークを見つけてくるのでFoundという店の名前になったようです。アンティーク以外で目を引くのは、リサイクル材料を使用した、ローカルアーティストたちによる手作りの作品です。抵抗器(レジスタ)でできたブレスレット、自転車のチェーンでできたネックレス、ビンテージ・ボタンの指輪、スプーンでできた置物など様々です。ケリータウンマーケット&ショップでは、クリスマスまで毎週土曜10時から1時まで、サンタが登場します。又、12月7日には、隣接のファーマーズマーケット(屋外)が夜9時まで開いています。

【場所】407 N. Fifth Ave, Ann Arbor, MI
【ウェブサイト】www.foundgallery.com

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

Welcome To Ann Arbor [7] Fairy Doorsようこそアナーバーへ【7】Fairy Doors (フェアリードア) : 子供と楽しめるダウンタウン散策

<!--:en-->Welcome To Ann Arbor [7] Fairy Doors<!--:--><!--:ja-->ようこそアナーバーへ【7】Fairy Doors (フェアリードア) : 子供と楽しめるダウンタウン散策<!--:--> 2

 20年ほど前から、アナーバーでは、高さが30センチにも満たない小さなドアや窓が建物の壁などに見られるようになりました。www.urban-fairies.comというウェブサイトによると、近くの森などから、フェアリー(妖精)のファミリーが移り住んだということになっています。街なかに移り住んだため、urban fairies という名で呼ばれており、子供たちに人気があるそうです。最近では、ワシントンポストやCBSラジオでも取り上げられるようになりました。

 フェアリードアは、市内に全部で20カ所以上ありますが、ダウンタウンで歩いて廻れる範囲では7カ所です。ミシガン大学のMott Children’s Hospitalにも1つあります。場所によって建物の外側か内側のみ、両方が小さな部屋でつながっているケースなど様々です。子供がメッセージを書き込めるよう、ノートが置いてある所もあります。

 場所は下の地図で確認できます。公営駐車場(Ⓟ)は、ノバイ方面から来る場合、201 West Huron St.と123 East Washington St.が分かりやすいと思われますが、他にもあります。詳細は観光局サイト(www.nihongo.visitannarbor.org)をご覧下さい。

又、201 West Huron St.の公営駐車場の、Washington St.を隔てた向かい側には、Mark’s Cart (www.markscartsannarbor.com)という、比較的新しい (屋台が集まってできた)フードコートがあります。なかなか人気があるようなので、一度寄られてみてはいかがでしょうか。

 天気の良い日に、ダウンタウンでフェアリードアを見つけながらの散策はいかがでしょうか。

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

 20年ほど前から、アナーバーでは、高さが30センチにも満たない小さなドアや窓が建物の壁などに見られるようになりました。www.urban-fairies.comというウェブサイトによると、近くの森などから、フェアリー(妖精)のファミリーが移り住んだということになっています。街なかに移り住んだため、urban fairies という名で呼ばれており、子供たちに人気があるそうです。最近では、ワシントンポストやCBSラジオでも取り上げられるようになりました。

 フェアリードアは、市内に全部で20カ所以上ありますが、ダウンタウンで歩いて廻れる範囲では7カ所です。ミシガン大学のMott Children’s Hospitalにも1つあります。場所によって建物の外側か内側のみ、両方が小さな部屋でつながっているケースなど様々です。子供がメッセージを書き込めるよう、ノートが置いてある所もあります。

 場所は下の地図で確認できます。公営駐車場(Ⓟ)は、ノバイ方面から来る場合、201 West Huron St.と123 East Washington St.が分かりやすいと思われますが、他にもあります。詳細は観光局サイト(www.nihongo.visitannarbor.org)をご覧下さい。

又、201 West Huron St.の公営駐車場の、Washington St.を隔てた向かい側には、Mark’s Cart (www.markscartsannarbor.com)という、比較的新しい (屋台が集まってできた)フードコートがあります。なかなか人気があるようなので、一度寄られてみてはいかがでしょうか。

 天気の良い日に、ダウンタウンでフェアリードアを見つけながらの散策はいかがでしょうか。

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

帰国生入試情報:帰国生の中学・高校選びQ&A~受験生と保護者の疑問にお答えします帰国生入試情報:帰国生の中学・高校選びQ&A~受験生と保護者の疑問にお答えします

0

  帰国予定の方にとっては、お子さんの帰国後の学校選びは大きな課題の一つです。帰国後の住所や帰国時期(学年や学期)によって受け入れ先が異なりますし、滞米年数や来米時期によってお子さんの日本語力が異なるので、それに合わせた学校選びや受験対策が必要になります。ここでは、帰国後の学校選びの際によく聞かれる質問について回答します。

Q.帰国するタイミングはいつがよいのでしょうか。

A.  高校入試では国内外を問わず9年間の学校教育課程を修了していることを条件にしている学校が目立ちます。つまり、高校入学時にアメリカの学校の9年生を修了していないと受験できないということになります。この条件をクリアできない場合には、帰国して日本の公立中学を卒業するという方法があります。公立中学は住民票があれば必ず受け入れてくれますが、中3の2学期以降は快く思われないこともありますので注意が必要です。一方、中学入試では6年間の学校教育課程を修了していなくても受験できる学校が目立ちます。

  また、編入(中学入試では中1の4月、高校入試では高1の4月以外の時期での入学)は定員に欠員が生じた場合のみ募集することもあり、必ず実施されるというものではありません。また募集人員も多くはなく、時には高倍率になることもあります。中高一貫校の場合は高1の4月でも編入です。編入では入試日や入試科目などが公表されないこともあり、受験校の選択や受験対策がしにくいのが問題です。帰国時に編入する場合には早めの受験校情報収集と学習対策が必要です。

  編入では帰国する時期も重要です。私立中では3年生での編入は実施しない場合が目立ちます。また、中高一貫校でも中学3年生での編入学は実施しない学校もあります。高校では高1の4月に入学しない場合にはすべて編入であり、学年が上がるにつれハードルも高くなり、高3からの編入はほとんどありません。遅くとも高2の夏休み明けまでに編入するのが望ましいでしょう。

  一方、高校編入で注意したいのは、卒業後の大学受験です。ほとんどの国公立大や早稲田大、慶應義塾大の一部の学部などでは、海外の高校卒業を帰国生大学入試の出願要件としています。海外の高校を卒業していなくても出願できる大学でも、日本の高校在学期間を1年半以内とか2年以内などと定めていることがあります。したがって、海外の高校卒業前ならば高2の4月以降に編入することをお勧めします。

Q. 帰国生の公立高校入試は国内生とどう違うのですか。

A.  公立高校では、調査書(中学校の成績など)と学力検査(国語、数学、理科、社会、英語)を総合的に評価して入学者が選抜されます。ただし、帰国生への対応は都道府県によって様々です。

  まず、大多数の都道府県が帰国生に対して特別な配慮をするのに対し、新潟、香川、徳島、愛媛ではそれを明示していません。また、次の18の都道府県(北海道、福島、茨城、千葉、東京、神奈川、富山、石川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、大分)では帰国生受け入れ高校を特定校に定めているので、それら以外の高校では特別な配慮はないといえます。その他の25県ではすべての高校において特別な配慮がされることになっています。ただし、入試での負担軽減がほとんどで、入学後のサポートはあまり期待できません。全国で帰国生が10人以上いる公立高校は30校ほどですし、ほとんどの高校では帰国生がいないとか在籍したことがないというのが実態だからです。一方、帰国生在籍数の多い高校では、ある程度のサポートは期待できそうです。ちなみに帰国生在籍数が20人以上の公立高校は次の通りです。東京都立:国際、三田、竹早、神奈川県立:横浜国際、神奈川総合、鶴嶺、新城、横浜市立:東、静岡県立:浜松北、愛知県立:千種、豊田西、刈谷北、大阪府立:住吉、千里、神戸市立:葺合

  次に、入試科目に目を向けると5科目が22道県、3科目が18都府県、2科目が2府県で、それ以外が5県です。3科目の都府県の多くでは国語、数学、英語が課されすが、長野は数学、理科、英語の3科目ですし、山梨と熊本では5科目のうち3科目を選択できます。学力検査を課さない5県の内、兵庫は適性検査と小論文、岡山は調査書と面接、福島、長崎、鹿児島は作文のみです。なお、栃木、群馬、神奈川、長野、岐阜、三重、大阪、奈良、広島、福岡、熊本では学力検査の他に作文または小論文が課されます。また、札幌市立の4校は英語のみ、都立国際は英語の作文のみで受験できます。

  このように公立高校の帰国生入試は都道府県によって様々ですので、各々の教育委員会にて情報を収集し、対策を立てることをお勧めします。

17

Q.帰国生への配慮をしない公立高校ではどんな入試が行われるのですか。

A.  帰国生への配慮をすると明示していない新潟、香川、徳島、愛媛の各県や、帰国生の受け入れ校を定めている18の都道府県(北海道、福島、茨城、千葉、東京、神奈川、富山、石川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、大分)の受け入れ校以外の高校では、帰国生を全く受け入れないということではありません。実際にこのような高校に入学した生徒は何人もいます。ただし、入学後の特別なサポートはもちろん、入学試験における優遇措置などは期待できません。

  例えば、入学試験においては、国内生と同様に英語、国語、数学、理科、社会の5教科を受験しなければならなかったとか、国内生と同様に中学校の成績の評定を点数化したいということで、海外の学校で受講したクラスの成績を日本式の5段階評価に換算したというケースもありました。また、編入試験においては、一緒に受験した生徒に海外からの帰国生はおらず、他の都道府県から引っ越してきた生徒ばかりだったということもよく耳にします。

  このような状況を考えると、学校選びの際には、まずは帰国生受け入れ校に照準を合わせて選択するのがよいのですが、通学圏内に対象校がないとか、受け入れ校でなくても魅力を感じる学校があるという場合には、視野を広げて選択し、各学校に受験の可否を確認することも大切です。ただし、その場合には、先述したように国内生と同様な試験が課されることもありますので、特に日本の高校の学年相応の国語や数学を十分に学習しておく必要があります。国語には現代文のみでなく古文や漢文も含まれますし、数学は現地校で学習しているといっても、言語や解法が違いますし、履修していない分野が含まれていることもあります。どのような範囲で出題されるのかを、受験予定の学校に予め確認することをお勧めします。

Q. 帰国生入試のための対策を教えてください。

A.  できるだけ早く受験予定校を決定し、各校の入試科目や出題傾向に合わせた学習をすることが大切です。帰国生中学入試では、国語と算数の2科目を課す学校が目立ちますが、理科や社会も加えた4科目を課す学校や英語、作文を課す学校もあります。また、帰国生高校入試では、国語、数学、英語の3科目を課す学校が多いのですが、理科や社会を加えた5科目を課す学校や作文または小論文を課す学校もあります。また、ほとんどの学校で面接を課します。

  各校の入試科目や出題傾向についての情報収集は、受験情報誌にも掲載されていますが、入試本番の1~2月は、新聞社や受験業界などのウェブサイトで多数の受験情報が掲載されます。試験本番での心構え、今年の入試問題や解答・解説、出題傾向分析、そして受験対策や学校情報などを把握するにはもってこいです。

  ここで掲載される入試問題は帰国生入試専用問題ではありませんが、帰国生入試で国内生の一般入試と同一問題を課す学校を受験する場合には、ダウンロードしてチャレンジするとよいでしょう。解答や配点があれば答え合わせや点数化もできます。合格最低点が公表されていれば、現時点での合格の可能性を図ることもできます。公表されていない場合でも、7割前後正解できれば合格の可能性があると考えてよいでしょう。例外はありますが、入試問題は合格ラインが3分の2くらいとなるように作成されているからです。

  帰国生中学入試で一般入試と同一試験問題を課す学校は、一般入試の解禁日の2月1日以降に入試を行う学校が目立ちます。帰国生高校入試では一般入試と同一問題を課す学校が大多数です。入試において安定した得点力を身につけるためには、問題演習を繰り返すことが大切です。また、時間内にスピーディーに問題を解く練習を積むことも必要です。模擬試験はぜひ受験したいですね。海外では受験機会が少ないですが、一時帰国の際に受験するのもよいでしょう。

執筆者 河合塾 海外帰国生コース 北米事務所 丹羽 筆人

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師も務めている。

<問い合わせ先> 河合塾北米事務所 1-866-460-1023  E-mail:kikoku@ujeec.org

  帰国予定の方にとっては、お子さんの帰国後の学校選びは大きな課題の一つです。帰国後の住所や帰国時期(学年や学期)によって受け入れ先が異なりますし、滞米年数や来米時期によってお子さんの日本語力が異なるので、それに合わせた学校選びや受験対策が必要になります。ここでは、帰国後の学校選びの際によく聞かれる質問について回答します。

Q.帰国するタイミングはいつがよいのでしょうか。

A.  高校入試では国内外を問わず9年間の学校教育課程を修了していることを条件にしている学校が目立ちます。つまり、高校入学時にアメリカの学校の9年生を修了していないと受験できないということになります。この条件をクリアできない場合には、帰国して日本の公立中学を卒業するという方法があります。公立中学は住民票があれば必ず受け入れてくれますが、中3の2学期以降は快く思われないこともありますので注意が必要です。一方、中学入試では6年間の学校教育課程を修了していなくても受験できる学校が目立ちます。

  また、編入(中学入試では中1の4月、高校入試では高1の4月以外の時期での入学)は定員に欠員が生じた場合のみ募集することもあり、必ず実施されるというものではありません。また募集人員も多くはなく、時には高倍率になることもあります。中高一貫校の場合は高1の4月でも編入です。編入では入試日や入試科目などが公表されないこともあり、受験校の選択や受験対策がしにくいのが問題です。帰国時に編入する場合には早めの受験校情報収集と学習対策が必要です。

  編入では帰国する時期も重要です。私立中では3年生での編入は実施しない場合が目立ちます。また、中高一貫校でも中学3年生での編入学は実施しない学校もあります。高校では高1の4月に入学しない場合にはすべて編入であり、学年が上がるにつれハードルも高くなり、高3からの編入はほとんどありません。遅くとも高2の夏休み明けまでに編入するのが望ましいでしょう。

  一方、高校編入で注意したいのは、卒業後の大学受験です。ほとんどの国公立大や早稲田大、慶應義塾大の一部の学部などでは、海外の高校卒業を帰国生大学入試の出願要件としています。海外の高校を卒業していなくても出願できる大学でも、日本の高校在学期間を1年半以内とか2年以内などと定めていることがあります。したがって、海外の高校卒業前ならば高2の4月以降に編入することをお勧めします。

Q. 帰国生の公立高校入試は国内生とどう違うのですか。

A.  公立高校では、調査書(中学校の成績など)と学力検査(国語、数学、理科、社会、英語)を総合的に評価して入学者が選抜されます。ただし、帰国生への対応は都道府県によって様々です。

  まず、大多数の都道府県が帰国生に対して特別な配慮をするのに対し、新潟、香川、徳島、愛媛ではそれを明示していません。また、次の18の都道府県(北海道、福島、茨城、千葉、東京、神奈川、富山、石川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、大分)では帰国生受け入れ高校を特定校に定めているので、それら以外の高校では特別な配慮はないといえます。その他の25県ではすべての高校において特別な配慮がされることになっています。ただし、入試での負担軽減がほとんどで、入学後のサポートはあまり期待できません。全国で帰国生が10人以上いる公立高校は30校ほどですし、ほとんどの高校では帰国生がいないとか在籍したことがないというのが実態だからです。一方、帰国生在籍数の多い高校では、ある程度のサポートは期待できそうです。ちなみに帰国生在籍数が20人以上の公立高校は次の通りです。東京都立:国際、三田、竹早、神奈川県立:横浜国際、神奈川総合、鶴嶺、新城、横浜市立:東、静岡県立:浜松北、愛知県立:千種、豊田西、刈谷北、大阪府立:住吉、千里、神戸市立:葺合

  次に、入試科目に目を向けると5科目が22道県、3科目が18都府県、2科目が2府県で、それ以外が5県です。3科目の都府県の多くでは国語、数学、英語が課されすが、長野は数学、理科、英語の3科目ですし、山梨と熊本では5科目のうち3科目を選択できます。学力検査を課さない5県の内、兵庫は適性検査と小論文、岡山は調査書と面接、福島、長崎、鹿児島は作文のみです。なお、栃木、群馬、神奈川、長野、岐阜、三重、大阪、奈良、広島、福岡、熊本では学力検査の他に作文または小論文が課されます。また、札幌市立の4校は英語のみ、都立国際は英語の作文のみで受験できます。

  このように公立高校の帰国生入試は都道府県によって様々ですので、各々の教育委員会にて情報を収集し、対策を立てることをお勧めします。

17

Q.帰国生への配慮をしない公立高校ではどんな入試が行われるのですか。

A.  帰国生への配慮をすると明示していない新潟、香川、徳島、愛媛の各県や、帰国生の受け入れ校を定めている18の都道府県(北海道、福島、茨城、千葉、東京、神奈川、富山、石川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、大分)の受け入れ校以外の高校では、帰国生を全く受け入れないということではありません。実際にこのような高校に入学した生徒は何人もいます。ただし、入学後の特別なサポートはもちろん、入学試験における優遇措置などは期待できません。

  例えば、入学試験においては、国内生と同様に英語、国語、数学、理科、社会の5教科を受験しなければならなかったとか、国内生と同様に中学校の成績の評定を点数化したいということで、海外の学校で受講したクラスの成績を日本式の5段階評価に換算したというケースもありました。また、編入試験においては、一緒に受験した生徒に海外からの帰国生はおらず、他の都道府県から引っ越してきた生徒ばかりだったということもよく耳にします。

  このような状況を考えると、学校選びの際には、まずは帰国生受け入れ校に照準を合わせて選択するのがよいのですが、通学圏内に対象校がないとか、受け入れ校でなくても魅力を感じる学校があるという場合には、視野を広げて選択し、各学校に受験の可否を確認することも大切です。ただし、その場合には、先述したように国内生と同様な試験が課されることもありますので、特に日本の高校の学年相応の国語や数学を十分に学習しておく必要があります。国語には現代文のみでなく古文や漢文も含まれますし、数学は現地校で学習しているといっても、言語や解法が違いますし、履修していない分野が含まれていることもあります。どのような範囲で出題されるのかを、受験予定の学校に予め確認することをお勧めします。

Q. 帰国生入試のための対策を教えてください。

A.  できるだけ早く受験予定校を決定し、各校の入試科目や出題傾向に合わせた学習をすることが大切です。帰国生中学入試では、国語と算数の2科目を課す学校が目立ちますが、理科や社会も加えた4科目を課す学校や英語、作文を課す学校もあります。また、帰国生高校入試では、国語、数学、英語の3科目を課す学校が多いのですが、理科や社会を加えた5科目を課す学校や作文または小論文を課す学校もあります。また、ほとんどの学校で面接を課します。

  各校の入試科目や出題傾向についての情報収集は、受験情報誌にも掲載されていますが、入試本番の1~2月は、新聞社や受験業界などのウェブサイトで多数の受験情報が掲載されます。試験本番での心構え、今年の入試問題や解答・解説、出題傾向分析、そして受験対策や学校情報などを把握するにはもってこいです。

  ここで掲載される入試問題は帰国生入試専用問題ではありませんが、帰国生入試で国内生の一般入試と同一問題を課す学校を受験する場合には、ダウンロードしてチャレンジするとよいでしょう。解答や配点があれば答え合わせや点数化もできます。合格最低点が公表されていれば、現時点での合格の可能性を図ることもできます。公表されていない場合でも、7割前後正解できれば合格の可能性があると考えてよいでしょう。例外はありますが、入試問題は合格ラインが3分の2くらいとなるように作成されているからです。

  帰国生中学入試で一般入試と同一試験問題を課す学校は、一般入試の解禁日の2月1日以降に入試を行う学校が目立ちます。帰国生高校入試では一般入試と同一問題を課す学校が大多数です。入試において安定した得点力を身につけるためには、問題演習を繰り返すことが大切です。また、時間内にスピーディーに問題を解く練習を積むことも必要です。模擬試験はぜひ受験したいですね。海外では受験機会が少ないですが、一時帰国の際に受験するのもよいでしょう。

執筆者 河合塾 海外帰国生コース 北米事務所 丹羽 筆人

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師も務めている。

<問い合わせ先> 河合塾北米事務所 1-866-460-1023  E-mail:kikoku@ujeec.org

ミシガン在住のモスナー陽子氏が 平成28年秋の叙勲受章

ミシガン在住のモスナー陽子氏が 平成28年秋の叙勲受章 5

IMG_1585

昨年11月3日付けで平成28年秋の叙勲が発令され、ミシガン州サギノー市在住のモスナー陽子氏(83才)が旭日(きょくじつ)単光章の受章者に選ばれた。モスナー氏はサギノー市日本文化センター(茶室・日本庭園)の所長を務めており、受賞の功労概要は「日米友好親善及び日本文化普及功労」と表された。旭日章は、功労の内容に着目し、顕著な功績を挙げた者に授与されている。

2月18日、当地日本国総領事の公邸にて授賞式ならび祝賀会が催され、ミシガン州の上院議員、サギナー市長をはじめ、家族や友人、センターの関係者が列席し、輝かしい受章の喜びを共にした。

和田在デトロイト総領事より勲記ならびに勲章がモスナー氏に授与され、会場は祝福と称賛を示す盛大な拍手に包まれた。総領事からは旭日単光章についての説明のあと、モスナー氏は昨年秋の旭日章受章者のうち海外居住者13名の一人であることや、親切かつ逞しい人物であるなど述べられた。特に、友人にも地域、そして両国に対して愛情をもって尽くし、それが貢献の基盤にあると人柄を称えた。氏の貢献によって、姉妹都市関係にあるサギナー市と徳島市の交流活動を通して日米交流に寄与し、また、日本文化センターの維持や恒例の日本祭をはじめとする企画運営を成功に導いたと感謝と慰労の言葉を重ねた。

IMG_1566ミシガン州の議員(Ken Horn Senator, 32nd District)からミシガン州発行による表彰証書が授与され、モスナー氏の功績と人柄にたいする心からの称賛、そして喜びが述べられた。

サギノー市長からの祝辞も、親愛と感謝に満ちたもので、献身的・精力的な貢献と、「夫を立てる賢明な女性」のように慎みのある素敵な人であると、その人柄を称えた。また、サギノー市と徳島市の姉妹都市提携についても説明があった。

サギノー市はミシガン州の東中央部にあり、観光地として名高いフランケンムースやバーチランアウトレットモールが同じサギノーカウンティーにある。

サギノー市と徳島市が姉妹都市提携を結んだのは1961年。きっかけは、徳島からの全米派遣農業実習生がサギノー市滞在中にホストファミリーと親しくなり、帰国後も交流を続けるうち、提携の話が持ち上がった。1961年夏、ホストファミリーの友人がサギノー市長になったのを機に具体化し、同年12月に姉妹都市となった。

モスナー陽子氏は結婚によって1957年にサギノーに移住。アイゼンハワー大統領が創設したPeople to People Internationalの活動に尽力し、姉妹都市提携後は55年間もの長きにわたり、精力的に姉妹都市交流に貢献し続けてきた。

IMG_1550サギノー市と徳島市の友好のシンボルとして造られた茶室「阿波鷺能庵(あわさぎのうあん)」と日本庭園は両市が建設費を出し合い、敷地も両市で共有しているが、その設立にあたっては、モスナー陽子氏がゼロからの資金集めをスタート。反日感情もあらわな当時のアメリカで、茶室のモデルを携え足労を重ね、サギノー有数の企業など随所でプレゼンテーションをし、何故必要なのかを説いて回るところから理解を深めていったという。忍耐と努力の末、長い時を経て茶室の着工に漕ぎつけた。海外で最大級の本格的な木造平屋の数奇屋風茶室が1986年に完成。その後、モスナー氏はボランティアとして、後には正式なディレクターとしてセンターの管理と運営に携わってきている。

同センターでは各地の学校のフィールドトリップも数多く受け入れ、他州からの観光客も多い。文化紹介と日米交流の場として貴重な貴重な役割を果たしている。
IMG_1528www.japaneseculturalcenter.org/

祝辞の後、モスナー陽子氏が挨拶に上がり、「受賞は全く予想していなかった」「生まれた日本が大好きで、今はこの国が自分の国。両国の為に何かするのは、私にとっては自然なことで、Nothing Special(特別なことではない)」とにこやかに語った。そして「皆さんのサポート無しには無し得なかった。喜びを分かち合えて幸せです」と結んだ。

式次第には陽子さんの零れんばかりの笑顔の御写真に、「誠心誠意」の言葉が添えられていた。

本格的な茶室が在るだけでは飾り物であるが、茶の湯の実演やお茶会が、その多くがセンターの主催で行なわれ、生きた文化紹介をしている。この日の式典には、茶の湯実演のためにメトロデトロイト地区から度々足を運んできた茶道の師範たちも出席し受章を祝った。

総領事館の文化担当者としてモスナー氏とは20年以上の既知の中であるサビオ氏が司会を務めていたが、「陽子さんは、一人の市民が日米友好親善や文化普及に大きく貢献できるという素晴らしいお手本。精神が若い人に受け継がれ、文化理解さらに平和に繋がって欲しい」と告げ、多数の列席者が頷いていた。

JIMG_1559APAN’S IMPERIAL DECORATION AWARDED 

TO MRS. YOKO MOSSNER OF SAGINAW

DETROIT, Mich. – NOV. 07, 2016– Mrs. Yoko Mossner, Executive Director of the Japanese Cultural Center, Tea House and Gardens of Saginaw, was selected to receive the Order of the Rising Sun, Silver Rays, for her tireless contributions to friendship and goodwill between the United States and Japan, and enthusiastic promotion of Japanese culture. The 2016 Autumn Imperial Decorations were announced on November 3, 2016 by the government of Japan.

Mrs. Mossner, born in Tokyo, moved to Saginaw, Michigan in 1957. Within three years she became active in People to People International, founded by President Eisenhower, and actively pursued a sister-city relationship between Saginaw and Tokushima, Japan which was established in 1961. Her invaluable contributions have facilitated numerous academic, cultural and leadership exchanges, and fifty-five years later she continues to be committed to the rich and mutually beneficial alliance.

Mrs. Mossner’s enthusiasm, diligence and fundraising efforts were instrumental in the construction, maintenance and management of a Japanese garden in Saginaw to commemorate 20 years of a fruitful partnership, as well as an authentic Japanese teahouse built five years later in 1986. As director of the Japanese Cultural Center she has introduced various aspects of traditional Japanese culture to countless visitors. The Japanese Garden and Culture Center, which became a symbol of the Saginaw-Tokushima sister city relationship, is beloved by the residents throughout the region. It is well known that a Japan Festival is held there annually and many couples celebrate their weddings there as well.

Mitsuhiro Wada, Consul General of Japan in Detroit, will soon hold a conferment ceremony honoring Mrs. Mossner for her all she has done to advance friendship and goodwill between the U.S. and Japan. Consul General Wada stated, “It is an honor for us to publically recognize Yoko Mossner for cultivating and nurturing this close friendship and genuine respect between the cities of Saginaw and Tokushima – which she accomplishes with both intensity and grace.”

The Order of the Rising Sun, Silver Rays, is conferred in the name of Japan’s Emperor, and acknowledges individuals who have made significant contributions to the promotion of Japanese culture.

帰国生入試情報:帰国生の中学・高校選びQ&A

0

~受験生と保護者の疑問にお答えします。

米日教育交流協議会・代表  丹羽 筆人


帰国生の中学・高校選びQ&A

~受験生と保護者の疑問にお答えします。

いつがよいのでしょうか。

A.  この質問については、小学生、中学生、高校生の場合について、順に説明します。

≪小学生の場合≫

住所地の公立校であれば、いつでも編入できます。しかし、帰国生を受け入れたことのない学校の場合、面倒見がよくなかったり、異質な子どもとして見られたりすることもあるかもしれません。事前に住所地の学校の様子を調べることが大切です。

一方で、帰国生がある程度いる受け入れ校を選ぼうとすると、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、富山、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、徳島、広島、徳島、福岡、沖縄にある90校ほどのみとなります。受け入れ校の内、公立校は18校で、それ以外の国私立校では編入時期が年2~3回(4月、9月、1月)と限られている学校も目立ちます。したがって、住所地や帰国時期が限定されてしまいます。

中学校への進学は、国内生は90%以上が公立中ですが、帰国生の場合は35%ほどが私立や国立の中学校を選択します。ただし、国私立校への進学が目立つのは東京、神奈川などの大都市のみです。国私立校では入学試験が課され、帰国生入試の場合は、国語、算数の2教科が多く、英語を課す学校もあります。英語以外のテストは、国内生と同じ問題が課されることも多いので国内生と同様な受験対策が必要です。

このため、父親を残し小学4年生や5年生の時期に帰国し、日本で早めに受験対策をする方も目立ちます。帰国生中学入試の出願資格は在外年数が1~2年以上で、帰国後1~2年以内が多く、中には在外年数と帰国後の年数が同数、つまり、在外年数が3年ならば、帰国後3年でも受験できる学校や、帰国後の年数は無制限という学校もあるからです。小学6年生まで海外に在住し、中学受験に臨むという受験生は、最近では少なくなりました。ライバルのことを考えると早めに帰国したほうがよさそうです。

ただし、作文や面接のみという負担の軽い入試を行う学校もあります。中高一貫校では、帰国生の英語力や異文化体験を重視して受け入れ、6年間かけてじっくり育てようという方針の学校もあります。決して無理して受験対策をする必要はないともいえます。

≪中学生の場合≫

住所地の公立中学校には必ず編入できます。しかし、帰国生を受け入れたことのない学校の場合、面倒見がよくなかったり、異質な生徒として見られたりすることもあるかもしれません。事前に住所地の学校の様子を調べることが大切です。

一方、私立中学校では、編入時期が4月、9月、1月というように決まっている学校があります。編入時期に合わせて帰国しないと、編入までにどの学校にも所属しない ブランクの時期が生じます。もちろん、随時受け入れてくれる学校もあります。また、中高一貫校の場合は中3での編入でも受け入れは概ね柔軟ですが、そうでない場合もあります。中高一貫校では高校の履修内容を先取り学習している学校もあり、中3の編入試験で高1相当レベルの問題が課されることもあります。編入試験がどのような範囲から出題されるのかを確認することも必要です。

高校への進学には、必ず入学試験が必要です。私立校では、国語、数学、英語の3教科という学校もありますが、多くは理科や社会も加えた5教科型です。帰国生入試では、国語、数学、英語の3教科という学校が主流ですが、自宅の近くに帰国生入試実施校がなければ、国内生と同様に5教科型での受験が必要です。帰国生入試実施校を受験できない場合には、できるだけ早く帰国したほうがよいともいえます。

また、現地校の9年生を修了していないと入学が認められない高校があります。その場合、帰国して中学校を卒業する必要があります。中学への編入は、国私立校では中3からでは難しく、中1~2の間のみとなります。公立校はいつでもよいのですが、中3の夏休み前までの編入をお勧めします。夏休み明け以降の編入は、学級担任の先生から敬遠されることもあります。受け持ちの生徒の高校進学のための書類作成や指導に追われているためです。

≪高校生の場合≫

帰国生の編入を実施する高校は決して多くはなく、定員に余裕がある場合のみというのが一般的です。また、編入時期も4月、9月、1月などに限る高校も目立ちます。また、編入できる学年も2年生までという高校が多く、3年生に編入できる高校はごくわずかです。

編入のためには入試があります。入試は編入時期の2か月ほど前に実施する学校が多いので、3か月ほど前には受験校を決定し、出願せねばなりません。急に帰国が決まり、帰国までの期間が短い場合には、入試や出願の時期を逸してしまうこともあります。

編入試験の入試科目は、高校によって異なりますが、英語、数学、国語の3教科が課されることが多いです。国語には古文や漢文も含まれ、理科(物理、化学、生物など)や地歴公民(日本史・世界史・政治経済など)が課されることもあります。出題範囲は編入する高校の進度によって異なります。編入後に授業についていけるかどうかを確認するために、直近に実施された定期テストが入試問題として使われることもあります。数学は高校によっては進度が異なり、例えば、1年生でも数学Ⅱのように1学年上の履修科目が課される場合もあります。

このように高校生が帰国する場合には、帰国予定時期の志望校の編入実施の有無、学年、入試日や出願期間、入試科目や出題範囲などを早めに確認する必要があります。志望校が帰国のタイミングで編入を行わないことも踏まえ、多めに選定しておきましょう。

なお、日本の高校では、履修したすべての科目の単位を取得しないと卒業できません。また、卒業後、ほとんどの国公立大と早稲田大、慶應義塾大などは、帰国生入試で受験できません。また、高校1年生で編入した場合には、帰国生入試で受験できる大学が少なくなります。大学受験でも国内生と同様な対策が必要になります。大学入試において帰国生としてのメリットを得たい場合には、現地の高校を卒業する必要があります。

15

Q. 帰国生入試のための対策を教えてください。

A.  できるだけ早く受験予定校を決定し、各校の入試科目や出題傾向に合わせた学習をすることが大切です。帰国生中学入試では、国語と算数の2科目を課す学校が目立ちますが、理科や社会も加えた4科目を課す学校や英語、作文を課す学校もあります。また、帰国生高校入試では、国語、数学、英語の3科目を課す学校が多いのですが、理科や社会を加えた5科目を課す学校や作文または小論文を課す学校もあります。また、ほとんどの学校で面接を課します。

各校の入試科目や出題傾向についての情報収集は、受験情報誌にも掲載されていますが、入試本番の1~2月は、新聞社や受験業界などのウェブサイトで多数の受験情報が掲載されます。試験本番での心構え、今年の入試問題や解答・解説、出題傾向分析、そして受験対策や学校情報などを把握するにはもってこいです。

ここで掲載される入試問題は帰国生入試専用問題ではありませんが、帰国生入試で国内生の一般入試と同一問題を課す学校を受験する場合には、ダウンロードしてチャレンジするとよいでしょう。解答や配点があれば答え合わせや点数化もできます。合格最低点が公表されていれば、現時点での合格の可能性を図ることもできます。公表されていない場合でも、7割前後正解できれば合格の可能性があると考えてよいでしょう。例外はありますが、入試問題は合格ラインが3分の2くらいとなるように作成されているからです。

帰国生中学入試で一般入試と同一試験問題を課す学校は、一般入試の解禁日の2月1日以降に入試を行う学校が目立ちます。帰国生高校入試では一般入試と同一問題を課す学校が大多数です。入試において安定した得点力を身につけるためには、問題演習を繰り返すことが大切です。また、時間内にスピーディーに問題を解く練習を積むことも必要です。模擬試験はぜひ受験したいですね。海外では受験機会が少ないですが、一時帰国の際に受験するのもよいでしょう。

Q. 帰国生の公立高校入試は国内生とどう違うのですか。

A.  公立高校では、調査書(中学校の成績など)と学力検査(国語、数学、理科、社会、英語)を総合的に評価して入学者が選抜されます。ただし、帰国生への対応は都道府県によって様々です。

まず、大多数の都道府県が帰国生に対して特別な配慮をするのに対し、新潟、香川、徳島、愛媛ではそれを明示していません。また、次の17の都道府県(北海道、福島、千葉、東京、神奈川、富山、石川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、奈良、岡山、福岡、大分)では帰国生受け入れ高校を特定校に定めているので、それら以外の高校では特別な配慮はないといえます。その他の26県ではすべての高校において特別な配慮がされることになっています。ただし、入試での負担軽減がほとんどで、入学後のサポートはあまり期待できません。全国で帰国生が10人以上いる公立高校は30校ほどですし、ほとんどの高校では帰国生がいないとか在籍したことがないというのが実態だからです。一方、帰国生在籍数の多い高校では、ある程度のサポートは期待できそうです。ちなみに帰国生在籍数が20人以上の公立高校は次の通りです。東京都立:国際、三田、竹早、神奈川県立:横浜国際、神奈川総合、鶴嶺、新城、横浜市立:東、静岡県立:浜松北、愛知県立:千種、豊田西、刈谷北、大阪府立:住吉、千里、神戸市立:葺合

次に、入試科目に目を向けると5科目が19道県、3科目が18都府県、2科目が2府県で、それ以外が4県です。3科目の都府県の多くでは国語、数学、英語が課されますが、長野は数学、理科、英語の3科目ですし、山梨と熊本では5科目のうち3科目を選択できます。学力検査を課さない4県の内、兵庫は適性検査と小論文、岡山は調査書と面接、福島、長崎、鹿児島は作文のみです。なお、栃木、群馬、神奈川、長野、岐阜、三重、大阪、奈良、広島、福岡、熊本では学力検査の他に作文または小論文が課されます。また、札幌市立の4校は英語のみ、都立国際は英語の作文のみで受験できます。

このように公立高校の帰国生入試は都道府県によって様々ですし、仕組みが変わることも多いので、各々の教育委員会にて情報を収集し、対策を立てることをお勧めします。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、全国の高等学校での進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際教育事業も担当。米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務め、2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。また、帰国生入試や帰国後の学校選びのアドバイスも行っており、北米各地で進学講演も行っている。河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザー、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、名古屋商科大学アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師(教務主任兼進路指導担当)

◆米日教育交流協議会(UJEEC)

Website:www.ujeec.org

米大統領選2016の見所

0

(次回)米大統領選2016の見所 (2)
http://www.japannewsclub.com/2015/12/米大統領選2016の見所-(2)/

Presidential Election:

米国の大統領選が刻々と近づきつつある。米国民にとっては4年に一度の一大行事です。なぜならば大統領は米国の国家元首(chief of state)であり、行政府の長(chief of executive office)であり、陸海空軍を統括する総司令官(commander in chief)であり、

国民の手で直接選ばれる国民の顔(symbol)であるからだ。更に誰が大統領に選出されるかは、少なからず世界情勢を左右するだけではなく、日本にとっても重大な影響を及ぼすので日本人にとっても興味津々である。7年間に亘り大統領職を務めた現職のBarak Obama大統領は再来年の一月に行われる新大統領の就任式(Inauguration Ceremony) を以って任期は完了します。

News Sources: 

私は過去3回に亘り、大統領選を間近に接してきました。情報源は主に新聞、雑誌、TV、ラジオ等で、誰もが気軽に接することの出来るものばかりです。生きた英語を学びたい一身から、ことあるごとにそれらの情報収集に努めてきました。従って私にとって来年の大統領選は4回目となリます。大統領選があるたびに、様々な話題が浮上してきます。そして選挙の結果だけを追うのではなく、それに至る過程をつぶさに観察してみると、実に多くのドラマがあることに気がつきます。今回のそれも例外ではありません。それらの中心には、それぞれの候補者の信念・信仰・憲法解釈・政策・その他の百花繚乱を見ているような気がします。例えば、それぞれの候補者の異なる出自・性別・人種・階層・過去の思い出・現状認識・将来の展望等、様々な論争点が浮き彫りになるのです。それらの事柄が浮上するたびに、見慣れない英語表現や概念も浮上してきます。一つの例を挙げれば、千百万人いると言われる違法移民(illegal immigrants)に関する論争の中でAnchor Babyと言う表現が頻出します。それは、違法移民が話題になると頻出する表現です。ある妊娠中の母親が、出生主義(birthright citizenship)に基き、米国の市民権(citizenship)を取得できることをいいことに、違法な手段で米国に入国しそこで出産を果たすと、その子供には米国の市民権が自動的に与えられるのです。こうして生まれた子供は、親子のかすがいとなって違法移民をアメリカ国内に繋ぎ止めて、違法移民を増大させている、と言う主張に繋がってくるのです。これはそのほんの一例に過ぎませんが、同じような話題を米国大統領選という文脈の中で、これから一年間に亘り追いかけてみたいと思います。そこで最初に話題にしたいのが、共和・民主両党の大統領候補指名(presidential nomination)を狙う候補者(candidates)の顔ぶれです。

1st & 2nd Republican Presidential Debates:

米国の二大政党の元で、それぞれの党内でそれぞれ独自の論争が繰返されます。そこに現れる顔ぶれには、おなじみの顔もあれば、意外な顔も登場します。それらの候補者がほぼ出揃うのは、選挙が行われる一年とちょっと前です。今年の場合、共和党(Republican Party又はGrand Old Party、略してGOPと呼ばれる事もある)からは十数人の候補者がひしめいております。それらの候補者が一堂に会して行われる第一回目のディベートが8月20に開催されました。出席者は8名です。更に、第二回目のディベートが9月16日に開催されました。出席者は、前半が4名。そして後半が11名です。

これらのディベートを通して、三人の候補者が特別な脚光を浴びております。Donald Trump氏、Ben Carson氏、Carly Florina氏の上位三人です。彼らに共通していることは、それぞれ政治家としての経験がないことです。そのために、outsiderという言葉が良く使われます。それに比して、政界で知事(governor)や上院議員(senator)として前評判の高かったJeb Bush氏やMark Rubio氏は各種世論調査で低迷したままである。彼らはいわばinsiderであるが、共和党員の支持を失っているのは、既成の政党や政治家に対する不満・反発があり、より新鮮かつ強力なリーダーシップ(leadership)を求めているからであると言われている。

まず、トップを走るDonald Trump氏は不動産で巨額の富を築いた実業家であり、それに続くBen Carson氏は、アフリカ系のアメリカ人で小児科の神経外科医であり、ダークホース的な存在であるCarly Florina氏は、コンピュターでお馴染みのHewlett-Packard社に秘書として入社してから経営最高責任者(CEO)の地位まで上り詰め、最後は解雇されたと言ういわくつきの会社経営者である。政策論争に関する詳細は後ほど触れるとして、各種世論調査で上位を独占する彼ら三人は異色の人材です。まず最初に注目したいのが、首位を走り続けるトランプ氏の歯に衣着せぬ発言です。違法移民対策として国境沿いに高い強固な塀を建造し、コストは隣国のメキシコに負担させるとか、現在違法滞在している千百万人は一人残らず彼らの本国に強制送還をするという。また、現職の大統領であるバラックオバマ氏や元国務長官のヒラリークリントン氏を無能呼ばわりしたり、うそつきであるとさえいう。又、かつては本命視されていた元ブッシュ大統領の実弟であるJeb Bush氏はリーダーとなるためにはエネルギー不足であると言ってのける。そういった発言は猛烈な反発にあっているが、本人は一向にひるむ気配はない。他の候補者に向けられた誹謗中傷は常識の範囲を逸脱しているという非難も絶えない。一方では、女性を馬鹿にしていると言う非難があるかと思えば、その一方で、強力なリーダーシップの現れであるという評価も少なくない。最も注目されるのが、現在人気はあるけれど、実際に民主党の候補との政策論争に対等、又は、それ以上に渡り合えるのかどうか疑問視する向きも少なくない。その後を追うのが、ベンカーソン氏である。

彼は物静かで、政治とは縁のないの学者のようである。ところが、静けさの中に意外な強硬路線を主張する。例えば、銃の規制に反対し、ナチの時代にユダヤ人が大量に殺戮されたことは、あまりにも有名であるが、もし彼らが銃を所持していたら、大領殺戮はまぬがれることが出来たであろうと言って、銃の所持は憲法修正第2条に保障された国民の権利であると言う共和党員には支持され、銃規制を主張する民主党員からは猛烈な反発にあったりしている。そして、民主党支持者が多いアフリカ系アメリカ人の中にあって、異色の共和党候補者であるといえるであろう。カーソンに迫るのが、カーリーフローリン氏である。かつてTimes誌で世界で最も強力な女性経営者として紹介された事があり、その舌鋒の鋭さには、たじたじする者も多い。彼らは政治には無関係でも、職業政治家にうんざりしている共和党員は、政治の世界に新風を吹きこみたいという願望の現れであろうか。下馬評ではしばしば有望視されていたJeb Bush氏を始めとする職業政治家は、今のところ各種世論調査(poll)でも既述の三人から、はるか後塵を拝しているのが現態である。

1st Democratic Presidential Debate:

共和党のディベートに引き続いて行われた民主党(Democratic Party)の第一回ディベートは10月13日に実施されました。際立ったのは、ダントツで上位を占める二人です。先頭に立ったのがHillary Clinton氏で、それを追うのがBernie Sanders氏です。クリントン氏は、いわずと知れた前大統領ビルクリントン(Bill Clinton)氏の妻であり、一期目のオバマ政権(Obama Administration)の内務長官(Secretary of State)を勤め、アメリカで初の女性大統領を狙う民主党のホープである。特に、デイベートでは貫禄十分に他の参加者を圧倒し高い評価を受けました。しかし彼女にも弱みがあるといえます。その中で最も頭を痛めているのが、内務長官時代に私設Eメールサーバーを使用していた問題です。その問題を問われるたびに説明がころころ変わり、一貫性に欠けるといって批判されております。又、それは信頼性(reliability)・好感度(likability)・正直さ(honesty)の問題であるということで、突出していた支持率も下降気味です。更に、国務長官の時代に、リビアのベンガジ(Benghazi)にあるアメリカ領事館が襲撃され、大使を含む4人が殺害された事件に関し、現地から安全(security)に問題があるので警備の強化を要請されたにもかかわらず、なんら有効な対策も講じる事がなかったのは、三軍の総指揮官としての大統領職には不適切であると言う共和党の集中砲火を浴びているのです。その上、現職の副大統領であるJoe Biden氏の立候補がささやかれ続けたが、10月21日に不出馬の声明が発表されるに及んで、むしろ、クリントン氏の支持率は11%位上昇したと言われています。それに続く民主党の有力な候補は、Bernie Sanders氏です。彼は民主社会主義者(democratic socialist)を名乗リ、元来、共産主義(communism)や社会主義(socialism)にアレルギー体質といっても過言でもないアメリカ国民が、どういう反応を示すのか注目されるところです。現在のところ、現体制(establishment)に失望し、投票にも行った事がないという多くの若者たちから信望や期待を集め、破竹の勢いでクリントン氏に迫っています。

『追記』  これから何が起こるかは不明ですが、各種報道に触れていると、生きた時事英語の教材として、これ以上に面白い題材はないと思います。もっと多くの日本人の方々が、現在進行中の話題を共有し、対米経験を加味し、対米中に起きた出来事をリアルタイムで追及していけば、かけがえのない思い出が出来ると信じております。繰り返しになりますが、4年に一度行われる米大統領選は、そういう話題として最適であると確信しております。

筆:小林 義尚

米大統領選2016の見所 (2)

0

(前回)米大統領選2016の見所
http://www.japannewsclub.com/2015/11/米大統領選2016の見所/

The “get Hillary” committee did not get Hillary:

2015年10月22日(木)、民主党の猛烈な反対にもかかわらず開かれた下院のベンガジ特別委員会(Benghazi House Committee)は、11時間に亘り、共和党主導の激しい論戦が繰り広げられました。この委員会は“get Hillary”と呼ばれ、共和党のヒラりークリントン氏の「しっぽをつかむ」という意図がありありの委員会でした。その発端となったベンガジ事件が起きたのは2012年9月のことであり、当事の内務長官であったヒラリークリントン氏が、すでに責任はとっていると繰り返し述べたが、事実誤認があるといって共和党の委員は追求の手を緩めず、長々と質問を浴びせかけたのです。CNNを通して同委員会の様子が延々と実況中継されておりました。11時間に亘る論戦の中で、時折憔悴しきった表情を見せることもありましたが、クリントン氏はほとんど全ての質問に淀みなく答えていたのが印象的でした。結果的に共和党が期待する新たな証言は出てこなかったというのが大方の見方です。その中で“grill”という言葉が度々出てきましたが、「焼く」という本来の意味ではなく、「厳しく尋問する」という意味で使われていたのです。従ってベンガジ委員会は、「殺人事件の検察官が、厳しい尋問をしているようだった」という、多くのメディアの論調は言い得て妙でした。

3rd Republican Presidential Debate:

10月28日に開かれた第3回目の共和党大統領候補10名によるディベートは、いくつかの点で今までのディベートとは違っておりました。それぞれのディベートは主要なメディアが持ち回りで企画し運営に当たっております。第一回目はFOXが担当し、第二回目はCNNが、そして第三番目はCNBCが担当しました。特に今回はビジネス報道で知られるCNBCですので、税制や財政が中心に論議されるものと期待されておりましたが、実際に蓋を開けてみると、ディベートの司会者(moderator)からそれぞれの候補者に対し辛辣な質問が続々と浴びせかけられたのです。それに対し、ディベートの参加者からは、罠が仕組まれているようで、卑劣な質問“gotcha question”が多かっただけでなく、革新派(liberal)に有利で、保守派(conservative)に不利な内容の質問が多かった、という声が殆ど全員の参加者からよせられたのです。(その表現の中に出てくる“gotcha”は、“I’ve got you”が短くなり、“got you”となり、その発音に併せた綴り字のことです。)その後、一部のデベート参加者が集まり、CNBCをボイコットすると同時に、政策中心のディベートが出来るようなフォーマットへの改善を、共和党全国委員会(Republican National Committee, 略してRNCという。それに対して、民主党全国委員会はDemocratic National Committee, 略してDNCという。)に申し入れたのです。

GOP tells NBC next debate suspended over ‘gotcha questions’:

共和党全国委員会(RNC)は、CNBC主催で行われた、第三回目の共和党候補者のディベートで酷い扱いを受けたという理由で、次回からは辞退する(suspend)と発表しました。それに対し、NBCは、誠意を以って(in good faith)対処すると応えたのです。その表現(in good faith)は、RNC側が、ディベートは、司会者による悪意を以って(in bad faith)行われたという見解に呼応する表現のように思えました。

How your political views are decided by Fox and CNN?

FOXやCNNをはじめとする主要なメディアが、視聴者の政治的見解をどう決定するのかを示す面白いデータがあります。これはPew Research Journalism Projectが、

2015年の3月から4月にかけてインターネット上で行ったものです。それによると、左右の両極化は著しく、その上、かなり深化しているということです。

保守派を自認する人々の47%がFOXを主なニュース源としており、88%がFOXは信頼できるが、その他のニュース源は信頼できないと答えております。又、革新派を自認する人々は、一つに限らず、複数のニュース源を挙げております。例えば、CNN、MSNBC、PBS、などです。確かに、FOX系統のメディアには、ビルオーライリー(Bill O’Reilly)、メーガンケリー(Megyn Kelly)、ショーンハニティ( Sean Hannity)などそうそうたる保守派の論客がひしめいており、それぞれが自らの名前を冠した番組を持っており、保守派の色合いが濃い主張が、TVやラジオを通して、連日、展開されております。又、オバマ政権に批判的である事も周知の事実です。

4th Republican Presidential Debate:

第四回目の共和党候補者のディベートは、世論調査で上位8名に限定され、外交・財政、金融、その他が討議されました。最初に、1,100万人いるといわれる違法移民を全員送り返すというトランプ氏の提案が、ジェブブッシュ氏(Jeb Bush)やジョンケーシック氏(John Kesich)などが、人的資源に限りがあり、違法移民を特定する難しさを指摘し、非現実的だと反論することから討議が始まったのです。そして、本選に集中しないと、民主党候補は、われわれの議論を聞いて、“high-fives”をしながら喜んでいることだろう、と自嘲気味に述べておりました。その後は、トランプ氏が、司会者を勤めるような形で議事は進行していったのです。更に、テッドクルーズ氏(Ted Cruz)は五つの省庁を廃止するといいながら、それらの名前を正確に言う事が出来ずに、‘oops’で締めくくる場面もありました。‘oops’は、皆さんご存知の、驚き・狼狽・謝罪の気持ちを表す表現です。その後、ランドポール氏(Rand Paul) とマークルビオ氏(Mark Rubio) の間で、軍事費をめぐる論争があり、ルビオ氏は、税金を大幅に減らし、あらゆる規制を緩和させることで、企業の競争力を増し、アメリカの豊かさと偉大さを再び取り戻す、という、いつもと同じ論理の主張を繰り返すと同時に、中東では、過激な思想を持つイスラム教徒(radical jihadists)が、人民の首を切り(behead)、キリスト教徒を弾圧しているので、かれらに対抗する軍事力を増強する必要があるというルビオ氏の考えに対し、ポール氏は、一方で、入りを制しながら、他方では、一兆ドルの軍事費の増加を図るというのは、保守派の思想に根底から背くという議論でした。又、TPPが話題なると、トランプ氏は、『中国は中国の通貨を不当に操作している』と、日ごろの主張を繰返したが、ポール氏が、この条約に、中国は加盟していないと指摘すると、参加者から失笑が漏れる一幕もありました。カーソン氏はクリントン氏のベンガジ事件にふれ、いつものことながら、『彼女はうそつき(liar)だ』と何度も言い放ったのは、政治という脈絡の中であるとはいえ、大人げないと感じました。

2nd Democratic Presidential Debate:

民主党の大統領選候補者による、第二回目のディベートは、11月14日(土曜)に行われましたが、その直前に、パリで同時テロが発生し、全米を恐怖のどん底に巻き込みました。従って、民主党のディベートも、そのあおりを受けて、外交政策に的が絞られました。そこで、パリの同時テロが起こる前の記者会見で、オバマ大統領は、『米国はISISを封じ込めた(contained)』という発言をしていたのです。それを受けて、クリントン氏は、『封じ込める』のではなく、『壊滅すべき(defeat)だ』と主張し 大統領との距離を強調したのです。その一方で、サンダース氏は、前回のディベートでは、友好的な態度で臨みましたが、今回は反撃に転じたのです。それをメディアは、『口げんかをする』という意味で“brawl”という表現を使っています。そして彼は、『クリントン氏は、ウォール街の言いなりである(in the pocket of Wall Street)』とか、多額の選挙費用を、石油、ウォール街、軍事産業等から受け取っており、彼らが反対給付を求めてくるのは明らかだという疑問を呈したのです。しかし、サンダース氏は、抑制をきかし(hold back)、本気で喧嘩しようとしたわけではない(Sanders didn’t take off his gloves.)と、各種メデアは伝えております。さらに、クリントン氏は、パリの同時テロをを受けて、『選挙は大統領を選ぶだけでなく、陸海空軍の総司令官を選ぶのだ』ということを強調しておりました。テロは、今後も、大きな話題となるであろうことは明らかです。

Ted Cruz makes a big leap in Iowa polls:

来年の2月1日に、アイオワ州で最初に実施される、米国大統領選共和党予備選(Iowa Caucus)で、投票に行くと答えた共和党員を対象とするQuinnipiac Universityの世論調査によると、今まではトランプ氏に大きく水をあけられていた、テキサス州の上院議員で、共和党の大統領選候補者でもある、Ted Cruz氏が、Ben Carson氏、Mark Rubio氏、その他の候補者を抑えて、トランプ氏に僅差で迫る2位に浮上してきたということです。今まで先頭集団は、外部者(outsider)が占めてきたが、いよいよこれからは、外部者と内部者( insider) の直接対決が始まろうとしております。(続く)

筆:小林 義尚

著者略歴: 語学学校KOBY USAの校長。1987年に来米しMMUCに通訳として入社(6年間勤務)。早稲田大学第一商学部中退。立教大学経済学部卒業。働きながら、デトロイト大学大学院に学びMAとMBAを取得。ウェイン州立大学の経済学博士課程に進学すると同時に経済学部講師に就任。中途で病気の為退学。1993年に、コービィインターナショナルアカデミーを創立。2004年に第三者に経営権を譲渡。2012年にKOBY USA INCを設立。コービィランゲージセンターとコービィラーニングセンターの運営に従事。在米経験は約30年に亘る。

米大統領選2016の見所 (4)

0

(初回)米大統領選2016の見所
http://www.japannewsclub.com/2015/11/米大統領選2016の見所/

(前回)米大統領選2016の見所 (3)
http://www.japannewsclub.com/2016/01/米大統領選2016の見所-(3)/


President Obama sheds tears during gun speech:

銃による大量殺戮が頻発しているのに、共和党主導の議会がなんら有効な対策をとってこなかったことに業を煮やしたオバマ大統領は、2016年1月5日に、大統領権限で

実施できる銃規制対策 (executive action on gun control)を発表しました。その 時オバマ大統領は多数の罪のない子供たちが犠牲となっていることに触れ、公の席で大粒の涙を流し(shed tears)、有効な銃規制が急務であると説いたのです。それは、銃の所有に

関して、共和党と民主党では、真っ向から対立する根深い考え方の違いを見逃す事が

出来ません。共和党は、銃は憲法修正第二条(2nd amendment of the constitution)で保証された権利であり、それに制限を加えることは絶対に許されないと主張するのです。

それに対し民主党は、銃が野放しになっている事が問題で、もっと効果的な銃の規制が必要だと主張するのです。これは古くて新しい論争で、銃乱射事件が起こるたびに、同じ論争が蒸し返されます。それが時期大統領選でも大きな争点の一つになるであろうことは間違いありません。

Gun control in America: How Americans got here:

歴代の大統領が辿った銃規制の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

1934, 1938: Roosevelt cracks down on Capone and Co:

1934年に、第32代目のローズベルト大統領の時代に、機関銃や散弾銃の規制と

同時に罰則を強化する目的で制定されたものです。当時はアルカポネ (Al Capone)や

バッグスモーガン(Bugs More)などの悪名高いギャングらが暗躍し、血なまぐさい抗争を繰り広げていた時代です。

1968: For John, Robert, and Martin:

1963年11月22日に当事の現職大統領であったジョン F ケネディが暗殺され、アメリカ国内だけでなく全世界を震撼させました。1968年には、4月に、公民権運動の指導者であるマーチン L キングJrが暗殺され、更に、6月には、次期大統領候補として有望視されていたロバート F ケネディが暗殺されるという痛ましい事件が相次いで起きたのです。それを受けて、1968年に36代目の大統領リンドン B ジョンソンの時代に制定された銃の規制改革法です。

Firearms Owners Protection Act 1986: Reagan’s compromise:

この法案は、1981年に、第40代目の大統領であったロナルド W レーガンの時代に、民主・共和の超党派の議員と銃ロビイストの間で時間をかけて論議した結果成立した

ものです。それは、完全に自動化された武器や機関銃を民間の顧客に売却することを禁じたものです。それは、長い間銃規制に不満を持ってきたNRA (National Rifle Association)や、銃の保持は憲法修正第2条で保証された固有の権利であると主張する活動家達 (gun rights activists)の主張も取り入れ、武器所有者のデータベース化は 行わないとか、より厳格な管理の下で州と州をまたぐ銃の移動を認める、ということも含んだもので、妥協の産物であるともいわれております。

1993: The Brady Bill and background checks:

1991年のレーガン大統領暗殺未遂事件 (attempted assassination on Ronald Reagan)で頭を拳銃で撃たれ負傷した大統領報道官 (Press Secretary)のジェームスブラディ

(James Brady)の名前を冠した法律で、1993年に42代目の大統領である、ビル J クリ

ントン大統領が署名し施行されたものです。彼は、拳銃 (hand gun)を購入する際に5日間の待機期間 (waiting period)を設けようとしたのですが、連邦捜査局 (Federal Bureau of Investigation)が、全米インスタント・クリミナル・バックグラウンド・チェック・システム (National Instant Criminal Background Check Systemを省略してNICSという)の運用を開始したのを理由に採用されませんでした。

1994: Clinton signs the assault weapon Ban:

ブラディ法案が発効した翌年の1994年に、ロナルドレーガン、ジェラルドフォード、ジミー

カーターの三人の元大統領が連名で書簡を送り、軍事目的で作られた突撃用武器の製造・所有・販売の禁止を支持する旨が書かれておりました。更にこれらの武器に弾薬 (ammunition)を供給する弾倉 (magazine)の大きさも制限すべきであるとも述べていたのです。それを受けて、1994年に、クリントン大統領が突撃武器の禁止法案 (Assault Weapon Ban)として署名・発効させたものです。

*この法律は、ジョージ W ブッシュ大統領の時代に期限切れとなり、それ以来、更新されることはありませんでした。オバマ政権の下で、共和党が多数を占める議会は、銃規制となると悉く拒んできたのです。

Donald Trump predicts ‘you won’t be able to get guns’:

この発言は共和党員共通の理念を代弁すると同時に、ドナルド氏独特の言辞 (rhetoric)が使われており、『オバマ大統領の銃規制が実施されれば、アメリカ国民が銃を持てなくなる日も近い』と、共和党員の不安を誘うような言い方をしております。それに対しオバマ大統領はCNNで放送されたタウンホールンミーティングで、憲法で保証された銃の保持を制限する意図はさらさらなくバックグラウンドチェックを強化することで罪のない子供が犠牲になるのを未然に防ごうとしているだけなのに、銃の保持を全面的に禁止すかのごとく言いふらしているのはトランプ氏の陰謀 (conspiracy)でさえあると述べておりました。

Trump raises Cruz’s eligibility to run for president:

トランプ氏は、競争相手であるクルーズ氏が大統領選に出馬する資格 (eligibility)が

あるかどうかという新たな問題を投げかけています。というのは母親がアメリカ国籍を持っていたのでクルーズ氏もアメリカ国籍を取得したけれども生誕地がアメリカでなくカナダであったという点が引っかかるというのです。それをさしてトランプ氏は『不確かな問題(precarious problem)』だとも言っております。なぜならば、アメリカ合衆国憲法の規定で、大統領はアメリカ生まれの市民でなければならないというのです。そこで問題視されているのは、natural born citizen (アメリカ生まれの市民)が何を意味するかということです。一般的な解釈では、親がアメリカ市民権を持ち、アメリカで生まれた子供は自動的にアメリカの市民権を得るということです。しかし、出生地が『アメリカ本土』ではなく、

『アメリカ領』、『自治領』、『外国』で生まれた場合にはどうなるのか、という最高裁の判決が出ていない事が『不確かな問題 (precarious issue)』といわれる所以かもしれません。

The State of the Union Address:

アメリカ大統領が毎年1月に行う年頭教書 (the State of the Union Address)の中で、

バラックオバマ大統領は、残された最後の一年に何を到達目標とするかというよりも、

むしろ未来に夢を託すという事に重点を置いているようでした。それは8年目を迎える大統領が、あと一年で任期を終えるために、思うように動いてくれない共和党主導の議会 (congress)に夢を託し任期満了前のレイムダック (lame duck)といわれるよりも、二極化の著しい中で辛くも成し遂げた実績 (achievements)を後の世代に遺産 (legacy)として残す方が得策だと考えたからではないでしょうか。例えば、リーマンショック直後の金融危機 (financial crisis)を克服したこと、医療保険制度改革法 (Obama Care)、キューバとの

国交回復、環太平洋経済連携条約協定(TPP)の交渉妥結、など立派な業績がある

一方、富める者と貧しい者の間の格差は益々拡大しているという国民の不満は少なく

ありません。

この一般教書演説の実況中継を見ていると、オバマ大統領の背後には、バイデン副大統領とライアン下院議長が並んでおりましたが、二人の反応は正反対で、バイデン副大統領(民主党)はしばしば拍手を送っておりましたが、ライアン下院議長(共和党)は一二度拍手を儀礼的にしただけで、後は退屈そうな顔を隠そうともしませんでした。

6th Republican Presidential Debate:

第6回共和党ディベートは、世論調査で上位(tier 1)7名の候補者と、それに続く(tier 2)

4名の候補者が、早い時間帯と遅い時間帯に分かれて行われました。遅い時間帯に行われたメインディべートでは、ドナルドトランプ氏、テッドクルーズ氏、マークルビオ氏の三人に的が絞られてきたようです。今まで全国レベルでトップを走ってきたトランプ氏が共和党全国大会 (Republican National Convention)で大統領候補に指名されたら

クルーズ氏を副大統領候補に指名するとまで公言しておりましたが、今回のディベートでは、手のひらを返したようにクルーズ氏に食って掛かったのです。第一の理由はクルーズ氏がカナダ生まれで、二重国籍を持ち、憲法の規定によりアメリカ合衆国の大統領になる資格そのものが疑わしいということでした。それはいわゆるbirther issue (大統領の出生をめぐる資格問題)といわれる問題です。又、クルーズ氏が、上院議員選挙の際に、妻が関与するGoldman Sachsから多額の借金があったのに、それを政治資金報告書に記載していなかったということを問題視したのです。そのほか参加者の間で、国家の安全保障をめぐる論議も活発に交わされ、大統領候補を選ぶというよりは、むしろ米国陸海空軍の最高司令官 (commander in chief)のみを選ぶための選挙であるという感じを否めませんでした。

3rd Democratic Presidential Debate:

民主党のディベートはヒラリークリントン氏とバーニーサンダース氏の対決が見ものでした。争点は健康保険、銃規制、選挙資金などが主でした。サンダース氏は、増税をしてでも国民皆保険 ( Medicare for All)を主張するのに対し、クリントン氏はオバマ政権の下でやっと成立した医療保険改革法 (Obama Care)を擁護しました。銃規制に関しては、クリントン氏はより厳格な規制を主張しましたが、サンダース氏は犯罪に使われた銃を売った人にまで責任を負わせるのは行過ぎであると反論しました。また選挙資金に関する論戦では、クリントン氏がウォール街から多額の献金を受け取っていると、サンダース氏はクリントン氏を非難するなどそれはかつてみられなかったような激しい論戦でした。

Definition of Birther:

今回の記事で何度か出てきたBirtherという言葉が頻繁に使われるようになったのは2008年頃からです。現在の大統領である Barak Obama氏が、憲法に定めるnatural born citizenではなく、従って大統領になる資格がないと信ずる人びとを指してbirtherというようになったのです。当事はいろいろな噂が飛び、オバマ氏の出生証明書 (birth certificate)が偽造であるとか、父親はイスラム教徒であるから彼もそうであるに違いない、従って聖書に手をかざして大統領就任の宣誓行うことは許されないと主張していたのです。その出生をめぐる大統領の資格論争 (birther issue)が、又、再燃しているのです。テッドクルーズ氏が生まれたのはカナダで、しかも最近まで二重の国籍やパスポートを持っていたとか、仮に大統領に選出されたとしても、民主党が問題視し法廷闘争に持ち込まれ、大統領職には没頭できないのではないか、とトランプ氏は真面目な顔をして主張しているのです。

筆:小林 義尚

著者略歴: 語学学校KOBY USAの校長。1987年に来米しMMUCに通訳として入社(6年間勤務)。早稲田大学第一商学部中退。立教大学経済学部卒業。働きながら、デトロイト大学大学院に学びMAとMBAを取得。ウェイン州立大学の経済学博士課程に進学すると同時に経済学部講師に就任。中途で病気の為退学。1993年に、コービィインターナショナルアカデミーを創立。2004年に第三者に経営権を譲渡。2012年にKOBY USA INCを設立。コービィランゲージセンターとコービィラーニングセンターの運営に従事。在米経験は約30年に亘る。

帰国生入試情報:帰国生の中学・高校選びQ&A帰国生入試情報:帰国生の中学・高校選びQ&A

0

~受験生と保護者の疑問にお答えします。

  帰国後の学校選びは多くの方が関心を持っています。「帰国生受け入れ校はどこか。」、「受け入れ条件(たとえば海外在住期間や現地校での在籍期間、帰国後の住所、学校の成績、英語力など)は何か。」、「どのような選考方法(書類審査や入学試験など)なのか。」、「入学後に勉強についていけるのかどうか。」、「学校生活になじめるのか。」、「英語力を保持することができるのか。」など、わからないことも多数あります。ここでは、帰国後の学校選びの際によく聞かれる質問について回答します。

Q.  帰国生の多い学校はどこですか。

A.  帰国後に進学する学校は、帰国生がたくさんいるのが安心とお考えの方も多いでしょう。確かに似た境遇の仲間が多ければ日本の学校生活にも順応しやすいですね。では、どんな学校に帰国生が多いのでしょうか。そこで、高校別の帰国生徒数を海外子女教育振興財団発行の「帰国子女のための学校要覧2014」にて調べてみました。

  帰国生徒数が最も多い高校は同志社国際(540人)です。次いで国際基督教大学(495人)、南山国際(353人)が続き、桐蔭学園(289人)、立命館宇治(190人)、慶應義塾湘南藤沢(150人)、都立国際(147人)、啓明学園(146人)、頌栄女子学院

(133人)、早稲田大学本庄(132人)、茗溪学園(130人)、國學院久我山(121人)、玉川学園(112人)、関西学院千里国際(110人)、実践女子学園(105人)、桐朋女子(100人)、中央大学杉並(99人)、広尾学園(90人)、渋谷教育学園幕張(89人)、青山学院(80人)、早稲田大学高等学院(61人)、神奈川県立横浜国際(60人)と続きます。確かにこれらの高校の名前は海外生活の中でもよく見聞きします。

  同志社国際、国際基督教大学、南山国際、関西学院千里国際の4校は、帰国子女の受け入れを主たる目的として設立された学校です。帰国生徒数も多く、学校全体の生徒数に占める比率も高いです。同志社国際(63.9%)、国際基督教大学(67.6%)、南山国際(90.1%)、関西学院千里国際(47.2%)。このほかの学校の占有率に目を向けると、啓明学園が46.5%と先述の4校に匹敵する高さですが、生徒数で

は4位の桐蔭学園は9.9%、5位の立命館宇治は17.8%とそんなに高くはありませんし、青山学院は6.4%、早稲田大学高等学院は4.1%にとどまっています。生徒数のみではなく占有率にも目を向けるとよいでしょう。

Q. 帰国生の多い学校に入学した方がよいのでしょうか。

A.  帰国生の多い高校では自分に似た境遇の生徒が多いので学校生活にも順応しやすいですし、帰国生に合わせた授業もあり負担が軽く、海外で培った英語力を維持する環境もあるところが目立ちます。また、入試も作文や面接のみだったり、英語力を重視してくれたりするところもあり、帰国生には魅力的です。

  一方で、帰国生の多くない高校では、帰国生向けの授業やサポートがなく、学校生活になじむのが大変なこともあります。入試でも英語、数学、国語の3教科の学力を重視する学校が目立ち、理科や社会を含めた5教科を課す学校もあります。

  ただし、帰国生の多い高校では、一人ひとりに目を向けてもらえない、入学後も日本語での学力が伸びない、受験生が少なく大学受験をするのにふさわしい環境とは言えないというような問題を抱えていることもあります。一方で、帰国生の多くない学校には、一人ひとりのサポートが行き届いているし、英語力を維持できるプログラムがある、多数の国内生に囲まれるので日本語力の向上が早いというようなメリットのある学校もあります。大学受験でも帰国生入試ではなく一般入試で国立大や難関私立大に合格する生徒が目立つ高校もあります。

  したがって、帰国生の数だけで判断しないで、学校の教育方針やカリキュラム、帰国生のためのサポート、入学試験、卒業後の進路などを綿密に調べることが重要です。

Q. 受験校はどのようにして探せばよいのでしょうか。

A. 学校選びのために最初に手掛けたいのが志望校選定のための情報収集です。志望理由には様々なポイントがありますが、大切なのは子ども自身がその学校に入学して満足できるかどうかを見極めることです。帰国生受け入れ校であっても、入学

後は国内生と同様に扱う学校も多いので注意が必要です。学力レベルの高い学校では授業についていけないという問題が生じます。また、海外で育った子どもは日本特有の校風になじめないこともあります。カリキュラムや授業の特徴、学校生活の様子などを確認することが重要です。それには各学校のウェブサイトやパンフレットが参考になりますが、そこには学校の長所しか書かれていません。海外子女教育振興財団やフレンズ帰国生母の会などの編集した帰国生や保護者の生の声を掲載した情報誌も活用しましょう。

  志望校が決まったら、次は入試情報の収集です。出願条件をクリアしているか、どんな書類が必要か、入試ではどんな科目が課されるかなどを確認しましょう。過去の入試問題を入手して解いてみることも大切です。入試に関する情報は、志望校のウェブサイトや募集要項にて確認できますが、海外の学習塾(JOBAやena、Sapixなど)の情報誌にも掲載されています。

  一方で、実際に学校を訪問して自分の目で見たり、学校関係者の話を聞いたりすることも重要です。5~6月は日本の学校が米国各地を訪れ、説明会や相談会が行われます。また、日本では5~7月にかけて学校説明会や相談会が目白押しです。海外では学校の生の情報が入手しにくいですので、このような機会を利用することはとても大切です。また、学校を訪問して担当の先生に直接質問することも重要です。夏休みに一時帰国した際には積極的に学校訪問をしましょう。学校を訪問できないときは電話やE-mailで問い合わせれば答えていただけます。

  なお、受験では本命の第1志望校の他に複数の学校を併願するのが一般的です。ただし、第2志望以下も含めて、受験するすべての学校に入学したいと思えるようでないといけません。つまり、受験するそれぞれの学校に何らかの魅力を感じていることが重要です。魅力を感じないような学校であれば入学後に不満を持つこともあるかもしれません。また、帰国生入試では多くの学校で面接があるので、面接官に志望理由があいまいであると思われ、不合格となってしまうこともあるかもしれません。

  そうならないためには、受験する学校すべてについて、入学後にどんなことをしたいのかを考えましょう。「米国で身につけた英語力を伸ばしたい」、「得意な理数系の実力を伸ばしたい」、「スポーツや音楽に打ち込みたい」など具体的に定めた目標を、入学後に実現できるような機会が受験する学校にあれば、入学後にも満足できる学校生活が送れるはずです。

Q. 編入学に関する情報はどのように収集すればよいのでしょうか。

A. 帰国生の場合は編入学する生徒も決して少なくはありません。父親の仕事の関係で中1の4月とか高1の4月という節目のところで帰国できるとは限らないからです。

年度の途中で入る場合にはすべて編入学になりますし、4月でも中2または中3、高2または高3で入学する場合は編入学となります。中高一貫校の場合は高1での入学も編入学です。

編入学は受け入れ枠が小さく、選考も厳しいというのが現状です。編入学を定期的に募集している学校はごく少数です。欠員が生じた場合にしか行わないという学校も目立ちます。また、編入学情報をまとめた情報誌やウェブサイトも見当たりません。では、編入学先はどのように見つければよいのでしょうか。

  まず、志望校を多めに選択し個々に編入学の有無を確認します。志望校を多数ピックアップしないと編入可能な学校がなかなか見つからないこともあります。編入可能な学校が見つかったら、募集人員や選考方法(入試科目や入試日など)、出願条件などをお聞きしましょう。入試については科目だけではなく、出題範囲も確認するとよいでしょう。特に中高一貫校や進学校の場合は、履修内容が当該学年よりも先に進んでいることもあるからです。

  また、編入学先を探すのは、帰国時期が決まったぎりぎりの時期ではなく、できるだけ早めがよいでしょう。編入学可能な学校を見つけ出すのには時間がかかります。編入学先の候補が見つかれば、その学校に的を絞った受験対策もできますし、一時帰国の際に学校訪問をして、学校の雰囲気を見たり、先生方に相談したりすることもできるからです。一時帰国している余裕のない場合には、E-mailや電話にてコンタクトして情報収集をしましょう。返事が早い、対応がよいという学校は受け入れに積極的なので、入学後にも満足した学校生活が送れることが期待できます。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師(教務主任兼進路指導担当)も務めている。

◆米日教育交流協議会(UJEEC)

  Phone:1-248-346-3818  Website:www.ujeec.org

~受験生と保護者の疑問にお答えします。

  帰国後の学校選びは多くの方が関心を持っています。「帰国生受け入れ校はどこか。」、「受け入れ条件(たとえば海外在住期間や現地校での在籍期間、帰国後の住所、学校の成績、英語力など)は何か。」、「どのような選考方法(書類審査や入学試験など)なのか。」、「入学後に勉強についていけるのかどうか。」、「学校生活になじめるのか。」、「英語力を保持することができるのか。」など、わからないことも多数あります。ここでは、帰国後の学校選びの際によく聞かれる質問について回答します。

Q.  帰国生の多い学校はどこですか。

A.  帰国後に進学する学校は、帰国生がたくさんいるのが安心とお考えの方も多いでしょう。確かに似た境遇の仲間が多ければ日本の学校生活にも順応しやすいですね。では、どんな学校に帰国生が多いのでしょうか。そこで、高校別の帰国生徒数を海外子女教育振興財団発行の「帰国子女のための学校要覧2014」にて調べてみました。

  帰国生徒数が最も多い高校は同志社国際(540人)です。次いで国際基督教大学(495人)、南山国際(353人)が続き、桐蔭学園(289人)、立命館宇治(190人)、慶應義塾湘南藤沢(150人)、都立国際(147人)、啓明学園(146人)、頌栄女子学院

(133人)、早稲田大学本庄(132人)、茗溪学園(130人)、國學院久我山(121人)、玉川学園(112人)、関西学院千里国際(110人)、実践女子学園(105人)、桐朋女子(100人)、中央大学杉並(99人)、広尾学園(90人)、渋谷教育学園幕張(89人)、青山学院(80人)、早稲田大学高等学院(61人)、神奈川県立横浜国際(60人)と続きます。確かにこれらの高校の名前は海外生活の中でもよく見聞きします。

  同志社国際、国際基督教大学、南山国際、関西学院千里国際の4校は、帰国子女の受け入れを主たる目的として設立された学校です。帰国生徒数も多く、学校全体の生徒数に占める比率も高いです。同志社国際(63.9%)、国際基督教大学(67.6%)、南山国際(90.1%)、関西学院千里国際(47.2%)。このほかの学校の占有率に目を向けると、啓明学園が46.5%と先述の4校に匹敵する高さですが、生徒数で

は4位の桐蔭学園は9.9%、5位の立命館宇治は17.8%とそんなに高くはありませんし、青山学院は6.4%、早稲田大学高等学院は4.1%にとどまっています。生徒数のみではなく占有率にも目を向けるとよいでしょう。

Q. 帰国生の多い学校に入学した方がよいのでしょうか。

A.  帰国生の多い高校では自分に似た境遇の生徒が多いので学校生活にも順応しやすいですし、帰国生に合わせた授業もあり負担が軽く、海外で培った英語力を維持する環境もあるところが目立ちます。また、入試も作文や面接のみだったり、英語力を重視してくれたりするところもあり、帰国生には魅力的です。

  一方で、帰国生の多くない高校では、帰国生向けの授業やサポートがなく、学校生活になじむのが大変なこともあります。入試でも英語、数学、国語の3教科の学力を重視する学校が目立ち、理科や社会を含めた5教科を課す学校もあります。

  ただし、帰国生の多い高校では、一人ひとりに目を向けてもらえない、入学後も日本語での学力が伸びない、受験生が少なく大学受験をするのにふさわしい環境とは言えないというような問題を抱えていることもあります。一方で、帰国生の多くない学校には、一人ひとりのサポートが行き届いているし、英語力を維持できるプログラムがある、多数の国内生に囲まれるので日本語力の向上が早いというようなメリットのある学校もあります。大学受験でも帰国生入試ではなく一般入試で国立大や難関私立大に合格する生徒が目立つ高校もあります。

  したがって、帰国生の数だけで判断しないで、学校の教育方針やカリキュラム、帰国生のためのサポート、入学試験、卒業後の進路などを綿密に調べることが重要です。

Q. 受験校はどのようにして探せばよいのでしょうか。

A. 学校選びのために最初に手掛けたいのが志望校選定のための情報収集です。志望理由には様々なポイントがありますが、大切なのは子ども自身がその学校に入学して満足できるかどうかを見極めることです。帰国生受け入れ校であっても、入学

後は国内生と同様に扱う学校も多いので注意が必要です。学力レベルの高い学校では授業についていけないという問題が生じます。また、海外で育った子どもは日本特有の校風になじめないこともあります。カリキュラムや授業の特徴、学校生活の様子などを確認することが重要です。それには各学校のウェブサイトやパンフレットが参考になりますが、そこには学校の長所しか書かれていません。海外子女教育振興財団やフレンズ帰国生母の会などの編集した帰国生や保護者の生の声を掲載した情報誌も活用しましょう。

  志望校が決まったら、次は入試情報の収集です。出願条件をクリアしているか、どんな書類が必要か、入試ではどんな科目が課されるかなどを確認しましょう。過去の入試問題を入手して解いてみることも大切です。入試に関する情報は、志望校のウェブサイトや募集要項にて確認できますが、海外の学習塾(JOBAやena、Sapixなど)の情報誌にも掲載されています。

  一方で、実際に学校を訪問して自分の目で見たり、学校関係者の話を聞いたりすることも重要です。5~6月は日本の学校が米国各地を訪れ、説明会や相談会が行われます。また、日本では5~7月にかけて学校説明会や相談会が目白押しです。海外では学校の生の情報が入手しにくいですので、このような機会を利用することはとても大切です。また、学校を訪問して担当の先生に直接質問することも重要です。夏休みに一時帰国した際には積極的に学校訪問をしましょう。学校を訪問できないときは電話やE-mailで問い合わせれば答えていただけます。

  なお、受験では本命の第1志望校の他に複数の学校を併願するのが一般的です。ただし、第2志望以下も含めて、受験するすべての学校に入学したいと思えるようでないといけません。つまり、受験するそれぞれの学校に何らかの魅力を感じていることが重要です。魅力を感じないような学校であれば入学後に不満を持つこともあるかもしれません。また、帰国生入試では多くの学校で面接があるので、面接官に志望理由があいまいであると思われ、不合格となってしまうこともあるかもしれません。

  そうならないためには、受験する学校すべてについて、入学後にどんなことをしたいのかを考えましょう。「米国で身につけた英語力を伸ばしたい」、「得意な理数系の実力を伸ばしたい」、「スポーツや音楽に打ち込みたい」など具体的に定めた目標を、入学後に実現できるような機会が受験する学校にあれば、入学後にも満足できる学校生活が送れるはずです。

Q. 編入学に関する情報はどのように収集すればよいのでしょうか。

A. 帰国生の場合は編入学する生徒も決して少なくはありません。父親の仕事の関係で中1の4月とか高1の4月という節目のところで帰国できるとは限らないからです。

年度の途中で入る場合にはすべて編入学になりますし、4月でも中2または中3、高2または高3で入学する場合は編入学となります。中高一貫校の場合は高1での入学も編入学です。

編入学は受け入れ枠が小さく、選考も厳しいというのが現状です。編入学を定期的に募集している学校はごく少数です。欠員が生じた場合にしか行わないという学校も目立ちます。また、編入学情報をまとめた情報誌やウェブサイトも見当たりません。では、編入学先はどのように見つければよいのでしょうか。

  まず、志望校を多めに選択し個々に編入学の有無を確認します。志望校を多数ピックアップしないと編入可能な学校がなかなか見つからないこともあります。編入可能な学校が見つかったら、募集人員や選考方法(入試科目や入試日など)、出願条件などをお聞きしましょう。入試については科目だけではなく、出題範囲も確認するとよいでしょう。特に中高一貫校や進学校の場合は、履修内容が当該学年よりも先に進んでいることもあるからです。

  また、編入学先を探すのは、帰国時期が決まったぎりぎりの時期ではなく、できるだけ早めがよいでしょう。編入学可能な学校を見つけ出すのには時間がかかります。編入学先の候補が見つかれば、その学校に的を絞った受験対策もできますし、一時帰国の際に学校訪問をして、学校の雰囲気を見たり、先生方に相談したりすることもできるからです。一時帰国している余裕のない場合には、E-mailや電話にてコンタクトして情報収集をしましょう。返事が早い、対応がよいという学校は受け入れに積極的なので、入学後にも満足した学校生活が送れることが期待できます。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY、MI州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師(教務主任兼進路指導担当)も務めている。

◆米日教育交流協議会(UJEEC)

  Phone:1-248-346-3818  Website:www.ujeec.org

クリスティーナのおしゃべりカフェ ~アメリカ生活の豆知識 “Happy…….!” “ハッピー……….!” 「Happyを使った挨拶」

0
クリスティーナのおしゃべりカフェ
クリスティーナのおしゃべりカフェ

“Happy February!!” “Happy Valentines Day!” Has someone said that to you? What did you say? Maybe you said, “Yes” or “Thank you”. “Thank you” is okay, but I also recommend “You, too” or “Happy February (to you, too)!”

“Happy February!!” “Happy Valentines Day!”と誰かから言われたことはありますか?何と返事をしましたか?多分 “Yes” や”Thank you”と答えたのではないでしょうか。 “Thank you” でもいいのですが、”You, too” や “Happy February (to you, too)!” と答えるのもいいですね。

So when should you say “Happy something-something”? You know “Happy birthday” and “Happy New Year” but where else can you use it? You can say it for new events, for a new week or new month, a holiday, or for something special. You can be creative with it!

ところで、いつ ”Happy・・・・・・” と言えばいいのでしょうか? ”Happy birthday” や

”Happy New Year” は知っていると思いますが、他に何に使えますか?これは新しいイベント、新しい週、月、ホリデー、何か特別なことに使えます。是非これを使ってみてください!

**Common examples include:

Happy Monday! Happy Friday!

Happy February (or any new month).

Happy winter/spring/summer break!

Happy first/last day of school! Happy snow day!

Happy Easter! Happy Fourth of July! Happy Mother’s Day!

(Quick hint: we don’t usually say “Happy Christmas” even though it’s a good idea.)

一般的な例は次のとおりです:

楽しい月曜日を! 楽しい金曜日を!

楽しい2月を! (もしくは他の月).

楽しい冬 /春/夏休みを!

楽しい最初の/最後の学校の日をl! 楽しい雪の日を!

楽しいイースターを! 楽しい独立記念日を! 楽しい母の日を!

(ヒント:いい考えだとは思うのですが、”Happy Christmas”とは言いません)

Here are a few sample conversations with ‘happy.’

‘happy.’を使った会話例をいくつか紹介します。

A: Hey, happy first day of spring!

B: Oh, you, too!! I didn’t know about it!

A: Yep! From today! I’m so happy!

B: Maybe, but there’s still snow outside….

A: こんにちは、楽しい立春を!

B: あら、あなたもね!! 知らなかったわ!

A: そう! 今日からですよ! とっても嬉しいわ!

B: そうね、でもまだ外に雪があるんだけど…

A: Happy Friday!

B: You, too. Any plans for the weekend?

A. Nope, just relaxing at home.

B: Oh, really? We have Japanese school.

A: 楽しい金曜日を!

B: あなたもね。週末に何か予定はあるの?

A. いいえ、自宅でゆっくりするわ。

B: え、本当? 私たちは日本の学校があるの。

 

Japanese Family Services, USA 

当社は日本人駐在家庭を支援、サポートを提供しております。

当社のウェブサイトで皆様のお役に立てる情報やヒントなどをブログとしてご紹介しております。 www.jfsusa.com  information@jfsusa.com

24055 Meadowbrook Rd. Novi 48375 248-946-4301

 

「フリーサポートデー」

学校関係書類、不明な請求書等のご質問に無料でお答えいたします!

2017年2月13日(月)11:30-13:30

上記の時間内に直接JFS USAオフィス(Koby内)にお越しください。

写生大会 at the DETROIT ZOO 2017

写生大会 at the DETROIT ZOO 2017 15

IMG_2487

去る6月4日(日)、JBSD(デトロイト日本商工会)主催による恒例の写生大会が、昨年同様にデトロイト動物園を会場にして開催された。

昨年は土砂降りに見舞われ、雨が降ったり止んだりを繰り返した悪天候の下での開催であったが、今年は朝のうちの小雨が徐々に好転し、昼前には青空も見えるまずまずの天気に恵まれた。

IMG_2443午前10時の受け付け開始後まもなく、園の入り口に近いペンギン館では既に絵に取り組んでいる家族がちらほら。

「昨年は他を見ていたら(絵を描く)時間が足りなかったので、まず描いてから見て回るつもり」「雨が降る前に、と考えて」

「ペンギンを描くと決めていた」など、昨年の経験を活かして着々と行動している人たちが、雨に濡れる心配のない場所で筆を進めていた。

父親がアメリカ人であるスミットファミリーは同イベントへの参加は初めて。「動物園には子供たちが小さい頃によく来ていたが最近は来ていなかった。良い機会になった」と家族で楽しんでいた。「外が気持ちい日だから嬉しい」とアイリさん(4年生)。「外でペイントをするのは初めて」とカイくん(2年生)。父親は「(自分も)写生に参加すれば良かった」と。

IMG_2437去年は娘のみであったが、今年は父親も写生に取り組んでいる親子にも出会った。

今年の1月に当地に赴任し、家族は3月に日本から滞米したばかりだという男性は「親も一緒の写生は、日本ではしたことがない」と話し、熱心に勤しんでいた。

クレヨン、色鉛筆、水彩絵の具など、材料はさまざま。親子や友達と並んで絵を描く姿を、興味津々に眺めている一般来園者の姿が見られた。

雨に祟られた去年と一昨年は、被写体が偏りがちであったが、今年はバラエティに富み、爬虫類が多かった昨年に比べ、色もカラフルで躍動感溢れるものが多い傾向が見られた。

描かれた作品は例年通りレベルの高い作品が多く、当日、JBSD担当者と共に受付や見回りにあたったデトロイトりんご会の校長をはじめ補習校講師たちによる入念な審査が行なわれた。

午後2時半、すっかり晴れあがった青空の下、爽やかな風が吹き抜けるテント内で表彰式が行われた。冒頭、在デトロイト領事館の酒井首席領事が挨拶にあがり、「心がけが良いので良い大会になったのだと思います」と評した後、淡路市の図書館と姉妹図書館関係にあるウェストブルームフィールド・ライブラリーに本写生大会の入賞作品が夏中展示されることを伝達。また、領事として、心の交流を大事に考えており、可能な限り応援してゆきたい旨と、「当地で数々の経験をし、日本に持ち帰って欲しい」との願いが伝えられた。

IMG_2461力作が並ぶ中、次ページ記載の参加者が入賞を飾った。

学齢期による各部門ごとの入賞者に、賞状とメダル、副賞の授与をした後、宮本校長は、「細かいところまで丁寧な作品、いろいろな色を使っている作品、動き出しそうな絵を描いた人、いろいろありました」など、講評に加え、「絵は心を表します。大切にしてください」と願いを述べた。

表彰式後、朝とは打って変わった眩しい日差しの下で、入賞者記念撮影となった。入賞者はもとより、晴れ晴れとした表情に溢れる散会となった。

写生大会 入賞者 各部門の金賞作品

DSC_7617
いわしたすみれさんの作品

DSC_7625
岡田渉吾さんの作品

DSC_7622
泉井心寧さんの作品

DSC_7628
野澤諒輔さんの作品

DSC_7630
野澤暁子さんの作品

 

DSC_7634

【未就学・幼稚園の部】

金賞  いわした すみれ

銀賞  神吉 優実

銅賞  川上 連太郎

努力賞 中村 健人

努力賞 樋口 玲奈

【小学校1-3年の部】

金賞  泉井 心寧

銀賞  宮内 咲帆

銅賞  吉野 沙南

努力賞 泉井 詩穏

努力賞 平峯 菜々美

【小学校4-6年の部】

金賞  岡田 渉吾

銀賞  神吉 優歩

銅賞  志田 美咲

努力賞 川上 愛花里

努力賞 トーソン 花

努力賞 斎藤 友睦

【中学生・高校生の部】

金賞  野澤 諒輔

銀賞  奥野 杏梨

銅賞  メイ  きあな

努力賞 水田 アレックス

【一般の部】

金賞  野澤 暁子

銀賞  戸塚 結

銅賞  森 彩音

努力賞 武藤 美穂

努力賞 プーセンプ 麻衣

IMG_2458デトロイト動物園では、上の写真のようなリサイクル品を材料にしたアート作品など、生き物や植物をテーマにした作品や環境保存に関する展示が点在している。ワークショップや学習会も多数開催している。ワイン、ビールのイベントもある。要チェック!

ホームページ:  detroitzoo.org

 

Welcome To Ann Arbor [10] Apple Orchards & Cider Millsようこそアナーバーへ【10】秋の風物詩:りんご園・サイダーミル

<!--:en-->Welcome To Ann Arbor [10] Apple Orchards & Cider Mills<!--:--><!--:ja-->ようこそアナーバーへ【10】秋の風物詩:りんご園・サイダーミル<!--:--> 1

 ミシガンの秋と言えば、りんご狩りや(りんごジュースをつくる)サイダーミルでの体験を思い出される方もいらっしゃるかと思います。りんごの他にも、ドーナツ、ジャム、ハチミツ等を売っている所が多いようです。

 さて、今年はニュースでも言われていますが、この春の異常気象で、ミシガンのりんご農家が大打撃を受けました。生産高は約9割も減り、被害はチェリー、なし、ももにまで拡大しています。3月には、温かい天気が続いた後に霜が降ったため、ほとんどのつぼみがダメージを受けました。りんご農家では、普段から気温の変動に対応できるよう複数の品種を育てていますが、そういった策も残念ながら効き目がなかったようです。

 今月は、アナーバー近郊のりんご園とサイダーミルをいくつか紹介したいと思います。不作にもかかわらず、皆オープンします。農家をサポートするという意味合いを込めて、訪れるてみるというのも良いかもしれません。

Dexter Cider Mill (3685 Central Street, Dexter, MI)

 ミシガンで最も古く(125年前)から存続しているサイダーミルです。中に入ると、昔の時代に迷い込んだような気分になります。8月24日のオープニングデイに、オーナーのナンシーさんにお話を伺うことができました。今年は、不作のため、りんごジュースの値段が少し高めになっているそうですが、ご理解頂きたいとのことです。ドーナツ、アップルブレッド、キャラメルアップル、ジャム、ハチミツ、キャンディー、パイ(オーナーのおばあさんのレシピ)なども置いてあります。又、週末には、近くのワイナリー(Sandhill Crane Winery)のワインのテイスティングができます。詳しい日時は、ウエブサイトで確認して下さい。

オープン期間: 8月24日から11月中旬まで。水~土の9amから5pm。www.dextercidermill.com

Wasem Fruit Farm (6580 Judd Road, Milan, MI)

 やはり異常気象の影響で、りんご、プラム、なしが不作でした。ジュースを作るため、りんごを他から仕入れることも考えたそうですが、財政的に無理と判断したそうです。ラズベリー、パンプキン、スクワッシュとおいしいドーナツは置いています。10月には、ミニパンプキン、ひょうたん、トウモロコシの茎、麦わらが買えるそうです。

オープン期間: 9月9日から10月31日まで。月~金の9amから6pm。www.wasemfruitfarm.com

Talladay Farms (6270 Judd Rd Milan, MI 48160)

 Wasem Fruit Farmのすぐ近くにある農場で、巨大なコーンメイズ(トウモロコシ畑の迷路)でよく知られています。探検には、45分から1時間半ほどかかるとのことです。

オープン期間: 9月21日から10月28日まで。金曜の 6pm – 10 pm、土曜の 1pm – 10 pm、日曜の 1pm – 6 pm。www.talladayfarms.com

Wiard’s Orchard and Country Fair (5565 Merritt Rd., Ypsilanti, MI 48197)

 175年前から続くりんご園。サイダーミル、コーンメイズ、ドーナツショップなどがあります。子供のポニーライドや(干し草を積んだトレーラーに乗ってゆっくりフィールドを巡回する)ヘイライドもできます。詳しくは、ウエブサイトで確認して下さい。

オープン期間: 9月15日から10月31日まで。www.wiards.com (734) 390-9211

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

 ミシガンの秋と言えば、りんご狩りや(りんごジュースをつくる)サイダーミルでの体験を思い出される方もいらっしゃるかと思います。りんごの他にも、ドーナツ、ジャム、ハチミツ等を売っている所が多いようです。

 さて、今年はニュースでも言われていますが、この春の異常気象で、ミシガンのりんご農家が大打撃を受けました。生産高は約9割も減り、被害はチェリー、なし、ももにまで拡大しています。3月には、温かい天気が続いた後に霜が降ったため、ほとんどのつぼみがダメージを受けました。りんご農家では、普段から気温の変動に対応できるよう複数の品種を育てていますが、そういった策も残念ながら効き目がなかったようです。

 今月は、アナーバー近郊のりんご園とサイダーミルをいくつか紹介したいと思います。不作にもかかわらず、皆オープンします。農家をサポートするという意味合いを込めて、訪れるてみるというのも良いかもしれません。

Dexter Cider Mill (3685 Central Street, Dexter, MI)

 ミシガンで最も古く(125年前)から存続しているサイダーミルです。中に入ると、昔の時代に迷い込んだような気分になります。8月24日のオープニングデイに、オーナーのナンシーさんにお話を伺うことができました。今年は、不作のため、りんごジュースの値段が少し高めになっているそうですが、ご理解頂きたいとのことです。ドーナツ、アップルブレッド、キャラメルアップル、ジャム、ハチミツ、キャンディー、パイ(オーナーのおばあさんのレシピ)なども置いてあります。又、週末には、近くのワイナリー(Sandhill Crane Winery)のワインのテイスティングができます。詳しい日時は、ウエブサイトで確認して下さい。

オープン期間: 8月24日から11月中旬まで。水~土の9amから5pm。www.dextercidermill.com

Wasem Fruit Farm (6580 Judd Road, Milan, MI)

 やはり異常気象の影響で、りんご、プラム、なしが不作でした。ジュースを作るため、りんごを他から仕入れることも考えたそうですが、財政的に無理と判断したそうです。ラズベリー、パンプキン、スクワッシュとおいしいドーナツは置いています。10月には、ミニパンプキン、ひょうたん、トウモロコシの茎、麦わらが買えるそうです。

オープン期間: 9月9日から10月31日まで。月~金の9amから6pm。www.wasemfruitfarm.com

Talladay Farms (6270 Judd Rd Milan, MI 48160)

 Wasem Fruit Farmのすぐ近くにある農場で、巨大なコーンメイズ(トウモロコシ畑の迷路)でよく知られています。探検には、45分から1時間半ほどかかるとのことです。

オープン期間: 9月21日から10月28日まで。金曜の 6pm – 10 pm、土曜の 1pm – 10 pm、日曜の 1pm – 6 pm。www.talladayfarms.com

Wiard’s Orchard and Country Fair (5565 Merritt Rd., Ypsilanti, MI 48197)

 175年前から続くりんご園。サイダーミル、コーンメイズ、ドーナツショップなどがあります。子供のポニーライドや(干し草を積んだトレーラーに乗ってゆっくりフィールドを巡回する)ヘイライドもできます。詳しくは、ウエブサイトで確認して下さい。

オープン期間: 9月15日から10月31日まで。www.wiards.com (734) 390-9211

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局

ブッシュズ・マーケット ウエストブルームフィード店日本食品コーナーを設置

ブッシュズ・マーケット ウエストブルームフィード店日本食品コーナーを設置 1

IMG_03131 ヒラーズ・マーケットの閉店に伴い、その日本食料品の担当を長年務めていた恭子さんを起用して、ブッシュ・マーケットのウエストブルームフィールド店が日本食品コーナーをスタートした。

IMG_3708 日本食品コーナーは6カ所の各売り場に設置されている。入り口近くの野菜売り場に豆腐や味噌、魚売り場の並び(右手)の冷凍庫に冷凍食品、など、慣れないと見逃してしまいそうだが、目印として“日の丸”のサインが掲げてある。その他、調味料や乾物などのドライ(常温)食品はアジアセクション(Isle3)に多種取り揃えてある。その横にお米、通路を隔てて日本酒類が置かれている。あとは、宝探し気分で散策してみたら、他の発見も多いことであろう。

IMG_3719IMG_3717
恭子さんは日本食品のことに限らず、困ったことや疑問、何でも相談に応じるとのこと。米国滞在40年以上の主婦なので、生活情報が豊富。日本食に関する専門知識も詳しく、心強い存在である。恭子さんが店内に見当たらない時は、いつでも電話で応対してくれる。電話番号は店内の2ヶ所(冷凍庫とドライ食品売り場)に漢数字で掲示してある。

近隣住人のショッピングの便利さだけでなく、日本人コミュニティにとって嬉しいニュースである。

IMG_3706 毎週土曜日(昼頃)に、恭子さんによる料理実演“イージークッキング”が企画されている。ここで手に入るものを日本風にアレンジしたレシピで、バリエーション豊かに届けている。

同店の店長は、需要が多ければ、日本コーナーをより広げていく予定と話している。

Busch’s ウエストブルームフィールド店

33300 W. 14 Mile Rd. West Bloomfield, MI

(14 Mile Rd.とFarmington Rd.の北東)