Thursday, June 20, 2024

アメリカ医療のトリセツ # 10

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

薬局の使い方1(処方箋、薬局の種類、リフィルとは)

2021-10_Layout-UM

アメリカ医療のトリセツ # 09

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

6. なぜアメリカの医療費は高いのか?

2021-09_Layout-UM

アメリカ医療のトリセツ # 08

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

5.アメリカの健康保険

(3) 保険のプランで何がカバーされるのか?

UM-JNC_2021-08

 

アメリカ医療のトリセツ # 07

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

5.アメリカの健康保険

(2) 保険のプランを選ぶのに必要な用語について

  アメリカの健康保険は日本と違い保険会社の数もプランの種類も多いうえ、転職や転勤の直後に じっくり考えたり相談する時間がない中で選ばないといけないことも多く、よく理解しないまま プランを選んでしまったことで、思わぬ出費につながることもよくあります。前回は、保険の種類を大ま かに説明しましたが、今回は、健康保険のプランを選ぶ際に知っておいたほうがいい用語の意味につい て説明します。

  保険のプランがいくつか提示されて選ぶ際に、つい、毎月の支払の少ないものを選びがちです。 ただ、今まで健康で特に医療機関にかかる必要がなかったとしても、この先今までなかったような 思わぬ事態が起こる可能性は十分あります。例えば、交通事故でケガをしたり、急に具合が悪くなって 救急外来受診をしたり、などの起こりうる状況を考えて、プランを選ぶ必要があります。

1. Deductible

  プランを選ぶ際にはDeductible に注意しましょう。日本語訳は、「控除対象」ですが、自動車保険でも健康保 険でも、deductibleというのは、その額までは自分が負担する、という意味です。自動車保険でdeductible $1000 というのは、1000ドルまでの出費は自分が負担し、それを超える分は保険会社が払う、という意味です。健康保 険でも、例えば、deductible $4000 という保険に入ると、4000ドルまでは、すべて自費で、それを超えたら保険が カバーする、という意味です。自己負担であるdeductibleを超えたら、保険がカバーしてくれるのは100%なのか、 80%なのか、ということも確認する必要がありますが、最低限その額に達するまでは保険は一切支払われない、と いうことを意味します。Deductibleが高い保険に入ると、医療を受けた場合の自費分が増えますが、入院や手術な どの高額な医療を受ける際には、一定額以上は保険が支払ってくれるので、何万ドル以上の医療費を支払わなくて はならない可能性は、かなり減らせます。また、deductibleが高いプランは、deductibleの低いプランと比べると、 月々の支払いは少ない仕組みです。

  D e d u c t i b l eが 高い 保 険も、予 防 的な検 診( p r e v e n t i v e c a r e)は10 0 %支 払わ れるプランが 多い です。そのため、毎年のがん検診や、健康診断で勧められる検査は概ね支払われ、本人に請求が来ることはほ とんどありません。ただ、具合が悪くなって受診した場合の受診料は、このdeductibleの額に到達するまでは、自 費となります。風邪をひいたくらいでは、医者にかかる必要はありませんが、ひどい腹痛が起きれば、救急外来に 行くこともあるかもしれませんし、その請求が2000ドルを超えることはまれではありません。  普段健康で、病院にかかることはめったにないから、毎月の支払いが安い、deductibleが高いプランを選ぶこ とはよくあります。それで、高額が請求が来る例をあげてみます。

<高額請求が来る例>

例1. 大腸癌検診のためにやった大腸カメラで、将来癌にな る可能性があるポリープが見つかり、カメラの時に同 時に切除された。一度に取ってもらったことはよかっ たが、3000ドルの請求書が来た。

☞ 解説:ポリープを見つける前までは検診でも、将来癌になる ポリープを取り除くという治療は検診ではなく、病気の治療とみ なされるので、自己負担が発生します。

例2. 乳がん検診のマンモグラムを受けたら、怪しいとこ ろがあるから、詳しいマンモグラムを受けるように勧 められ、詳しいマンモグラムと超音波を受けたら、 800ドルの請求が来た。

☞ 解説:詳しい検査は、検診ではなく、問題を診断するための 検査なので、自己負担が発生します。さらに、乳癌が疑われれ ば、生検(組織を一部取る精密検査)が勧められ、このような検 査も治療も、deductibleに達するまでは、保険が支払われない 契約になっています。癌検診をする目的は、早期に癌または前 癌病変をみつけて治療することなので、もし、癌かもしれない病 変が見つかった場合に、その検査や治療を支払わない保険は、 保険としての役割をあまり果たしていませんし、deductibleが高 い場合、その額に達するまでは、個人で払わないといけない、と いうことを理解しておく必要があります。

例3. 腹痛で救急外来を受診し、急性虫垂炎と診断さ れ、盲腸を取る手術をうけて3日間入院した。入院 費は4万ドルだったが、自己負担分はdeductibleの 5,000ドルだった。

☞ 解説:こういうdeductibleが高いプランを、catastrophic planとも呼びますが、これは、「とんでもないことが起こったとは、 多額の負債にはならないように、一定額以上は保険が払う」という意味です。保険がまったくないのに比べると、緊急入院や 手術などになった場合の医療費による、高額の負債のリスクを減らしてくれます。

  Deductibleは、1年間に個人でいくら、家族でいくら、というように決まっていることが多いです。例えば、妻が入院 してdeductibleをすでに払った場合、その年内で夫が検査や治療を受ける場合、すでにdeductibleに達しているとみな されて、保険が支払われることが多いです。保険の年度は、benefit periodといい、多くの場合は1月から12月ですが、保険 によっては違う場合もあるので確認が必要です(4月から3月、等)。例えば、年度初めにdeductibleに達すると、その 年のうちに別の検査をしても保険が払ってくれます。そのため、もし必要な検査が高額だから伸ばしていたような場合 は、deductibleに達した年のうちにやっておくと保険が支払ってくれるので、いい機会と思って受けるといいでしょう。 逆に、年末にせっかく自費分を払っても、年度が替わると、昨年度の自費分はdeductibleには加算されず、またゼロか ら払わないといけなくなります。

2. Copayment または Copay

  Copayment または Copayとは、一度に払う患者 負担分、という意味です。例えば、医者を受診する際 に、保険が効くことはわかっていても、かかるたびに Copayを払うことが決まっていることも多いです。プ ランに明記されているはずですが、主治医にかかる Copayが20ドルの場合、3回かかると、60ドルを診 療所に払う計算になります。また、アージェントケア (Urgent care)にかかる場合のCopayや救急外来に かかる場合のCopayもそれぞれ異なります。また、 かかる医療機関がネットワーク内か外かによっても、 Copayは違うことが多いので、自分がかかる医療機関 がネットワーク内なのか、外なのか、知っておくほう がいいでしょう。理学療法(リハビリ)なども、保険が カバーしても、Copayが25ドルとすると、10回行くと 250ドルの請求が来る計算になります。

  このように、健康保険のプランを選ぶ際には、注意 すべき点がいくつかあります。毎月の支払いだけでな く、万が一の事も考慮して、最もご自身やご家族に適 したプランを選びましょう。

  例えば、deductibleが高いプランと低いプランを比 べた場合、deductible が5000ドルのプランが、毎月 の支払いが500ドル少ないとすると、年間で6000ドル 節約できるので、その分、多少自己負担分を払って も、概ね節約したことになり、たとえ何かあって5000 ドル払っても、十分おつりがくる、という計算になりま す。ただ、アメリカの医療費は高いので、全体の20% を自己負担する、というようなプランは極力避けるこ とをお薦めします。

筆者プロフィール:
医師 リトル(平野)早秀子(ひらのさほこ)
ミシガン大学医学部
家庭医学科助教授
リボニア・ヘルスセンター
1988年慶応義塾医学部卒業
1996年形成外科研修終了。
2008年Oakwood Annapolis
Family Medicine Residency 終
了後、2008年より、ミシガン大学
家庭医学科で日本人の患者さんを診察しています。産科を含む女性の医療、小児医療、皮膚手術、創傷のケアに、特にちからを入れています。

アメリカ医療のトリセツ # 06

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

5.アメリカの健康保険

(1) 日本の保険との違いと、保険の種類について

2021-06_Layout-UM2

アメリカ医療の ト・リ・セ・ツ # 05

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

5. 医療通訳について

2021-05_Layout-UMF

2021年春、未だ続くパンデミック
〜新型コロナ ワクチン接種の重要性

0


さんは、新型コロナ禍は、2021年の夏、どうなるのか、いまどうなのか、疑問に思っている人も多いかと思います。アメリカでは、ファイザー・モデルナ・ジョンソンエンドジョンソン(J&J) の3種類のワクチンが承認されており、接種も進んできました。ファイザーとモデルナのワクチンは、メッセンジャーRNAを使ったワクチンで、症状がでる新型コロナ感染を95%予防できますが、2回接種する必要があります。ジョンソンエンドジョンソン (J&J) のワクチンは、症状が出る新型コロナ感染を70%予防し、1回の接種で終了です。これだけ見ると、J&Jのワクチンは効果が低いように感じるかもしれませんが、新型コロナ感染による入院は皆無だったという結果があり、更にワクチンは世界中で治験がおこなわれたので、南アフリカや南米からの変異株にも有効である可能性が高いとされています。

5月4日現在、アメリカ全体では、16歳以上の人口の44%が、ミシガン州では50%が、最低一回のワクチンを受けたと報告されています。目標は、集団免疫を獲得し、はしか、水疱瘡のように、ほとんど流行しない、という状況になることですが、それには、人口の70-80%程度が免疫を持つ必要があります。実際に何パーセントの人がワクチンをうければ、集団免疫を獲得できるのかは、新型コロナに関しては、まだわかっていません。ミシガン州知事は、ワクチン接種の率があがるにつれて、徐々に規制を緩和していく計画を発表しています。アメリカでは、12歳から16歳のワクチン接種も間もなく承認される見込みです。現在は、ワクチンの接種予約は、保健所、民間の薬局、医療システムなど、様々なルートがあり、比較的容易にとれるようになっています。専門家は、アメリカでは、接種率が、集団免疫を獲得する程は上がらないのではないか、と懸念しています。その場合、インフルエンザの流行のように、常時新型コロナウイルスがあちこちで流行ったり、学校が閉校になったりする、という状態が続くことになります。新型コロナを全く心配しないで生活ができるようになるためには、集団免疫を獲得する必要があるので、なるべく多くの人が、ワクチンを受けることが大切です。

たとえ、集団免疫が獲得できなくても、ワクチンの効果はあり、現に、世界中で、コロナ患者の数は減ってきています。ワクチンが進んでいる国ほど、患者数は少なく抑えられています。ミシガンでも、2021年4月16日をピークに、その後は、感染者数は減少してきています。現在、患者数、死亡者数ともにどんどん増えているのは、世界でも、日本とインドだけです。日本でのワクチン接種が遅れていることが原因と思われます。

症例数グラフの出典:Google Statistics (英米日) (https://www.google.com/search?q=covid+data%2C+United+States&oq=covid+data%2C+United+States&aqs=chrome..69i57j0j0i22i30l8.9765j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

ミシガンでは、以前ほどの規制はないものの、まだ集団免疫には程遠く、いわゆる、「New Normal」が続いており、常に感染の危険があるという事を意識しておくことが大切です。ワクチン接種が受けられない年齢の子供達が通う学校での流行は頻繁に起こると考えられます。最近は、検査がどこででも簡単にうけられるので、感冒様の症状が出た場合は、新型コロナの検査を受けることが勧められていますが、陰性の結果がでるまでは、新型コロナに感染したと仮定して行動してください。結果を待つ間に、学校、職場、買い物に行ったりしないようにしましょう。

米国疾病センターは、ワクチン接種が終了して2週間たつと、免疫が確立し、ワクチンを受けた人たちは、ワクチンを受けた人たち同士の屋内での集まりはマスクをしないで1.8メートルはなれていなくてもいいと発表しました。ただ、不特定多数の人がいる屋内では、今まで通り、マスクを着用し、手洗いを励行しましょう。また、ワクチン接種が終了している人は、新型コロナ患者と接触しても、隔離をする必要がありません。どういうときにマスクをするべきか、等の詳しい情報は、はこちらを参照してください。https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/fully-vaccinated.html#vaccinated

ワクチンを受けられる年齢については、刻々と変化しており、ファイザーのワクチンは2021年5月10日から、12歳以上が接種できることになりました。モデルナとJ&Jのワクチンは現在のところ18歳以上が適応ですが、どの会社も子供の治験を進めており、子供の接種は秋以降には可能になると思われ、通常に近い形での学校生活の復活が望まれます。

ワクチンの重要性はわかったけれども、副作用が心配、という人も多いでしょう。世界中ですでに19億人が新型コロナのワクチンを受けています。アストロゼネカやジョンソンエンドジョンソンは、脳の血栓症が話題になりましたが、一般人口の発症率よりも低く、ワクチンが原因とはいえないとして、ワクチンが再開されました。ただ、この脳の血栓症は50歳以下の女性に報告されており、米国疾病センターは、若い女性は別のワクチンを受けることを考慮するように注意書きをしています。その他の、ワクチンによる死亡例はアレルギー反応によるアナフィラキシーショックなどによるもので、極めてまれです。それに比べ、新型コロナにかかった場合は、血栓症になる可能性も20倍、感染者の10%程度が入院が必要になります。死亡率は、年齢によって異なりますが、乳幼児、小児から40代までは、0.2%程度、50歳代以上は、1-13%と年齢が上がるほどコロナ感染が死亡につながる確率があがります(韓国のデータ)。入院が必要にならなくても、何か月も疲労、息苦しさ、味覚障害など症状が続く人も少なくありません。よくあるワクチンの副作用は、疲労感、頭痛、ワクチン接種部位の痛みや腫れ、筋肉痛、発熱、悪寒、吐き気などで、ほとんどの場合は1-2日以内に改善します。また、腋のリンパ腺が腫れることもあるため、マンモグラフィは6週間たってから受けることが勧められています。

日本では、変異株についての報道が多く、ミシガン州を含むアメリカ4州から日本に帰国する場合は、3日間専用の施設で隔離するように、最近規制が強化されました。変異株の種類や割合は、アメリカではサンプリングによって調べており、現在、ミシガン州では、イギリスでみつかったB1.1.7という変異株が感染者の大半を占めています。棒グラフは、現在のミシガン州を含む中西部の変異株の割合を示しています。ここ3か月の間にも、変異株の割合が急増していることがわかります。

B1.1.7: イギリスで報告された変異株で、アメリカでは2020年12月からみられている B.1.351:南アフリカで報告された変異株で、アメリカでは2021年1月からみられている P.1: ブラジルからの変異株で、アメリカでは2021年1月からみられている。日本ではこれを空港で調べている。 B.1.429, B.1.427: 2021年2月にカリフォルニア州で報告された変異株 B.1.2, B 1.596, B 1.1.519は変異株とはみなされていない (変異株の出典 https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#variant-proportions のregion 5>IL, IN, MI, MN, OH, WI州 )

ただ、コロナ患者数、入院患者数ともにワクチンが進むにつれて減少しており、米国疾病センターは、ワクチンが変異株にも有効であると発表しています。また、研究が進むにつれて、必要が出れば、ワクチンの追加接種が行われることもありえます。変異株が多くても、ワクチンを多くの人が受ければ、新型コロナ禍は乗り越えられるということを理解することが大切で、子供も含めてワクチン接種が進んで、集団免疫がえられるまでは、引き続きマスクと手洗いを続けましょう。

ーーーーーーーー

筆者プロフィール:
医師 リトル(平野)早秀子 | ミシガン大学医学部家庭医学科助教授
1988年慶応義塾医学部卒業、1996年形成外科研修終了。2008年Oakwood Annapolis Family Medicine Residency 終了後、2008年より、ミシガン大学家庭医学科で日本人の患者さんを診察しています。産科を含む女性の医療、小児医療、皮膚手術、創傷のケアに、特にちからを入れています。
ミシガン大学についての情報:
https://medicine.umich.edu/dept/japanese-family-health-program

アメリカ医療の ト・リ・セ・ツ # 04

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

4. 救急救命室(ER)または、アージェント・ケアの利用の仕方

2021-04_Layout-UMF

アメリカ医療の ト・リ・セ・ツ # 03

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

3. かかりつけ医と各科の専門医のかかり方

2021-03_Layout-UMF

アメリカ医療の ト・リ・セ・ツ # 02

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

2. 検体検査や画像検査の受け方、及び結果の聞き方について

2021-02_Layout-UMF

ストレスからの解放 おうちでできるマインドフルネス練習法

0

界から想像しきれない莫大な数の命を奪ったパンデミック到来の2020年も、幕を閉じました。もう何か月も非日常的生活が続く中、忍耐の緒が切れそう、また切れてしまったことを経験された方もいらっしゃるかもしれません。様々なレベルのストレスを抱える毎日は今も続いています。そんなストレス軽減化の一助として注目されている「マインドフルネス」とその応用をここでもう一度振り返ってみたいと思います。

 マインドフルネスとは、“今この瞬間の自分の状態に優しく気づくこと”です。そのような気づきの中から、新たな発見が生まれるのです。例えば、「もうこれ以上こんな状態が続いたら、私はダメになってしまう!」と悲鳴をあげたいその瞬間、それに気づいて、そっと注意を呼吸の感覚に向けます。圧力釜のようにパンパンになっていた自分の中の圧力がすうっと抜けるのを味わった方もいらっしゃるかもしれません。そして、次の瞬間も、自分の予想に反して、まだ大丈夫な自分を発見します。そして、その次の瞬間も…というふうに。

 頭の中で叫んでいる自分の思考・気持ちに少し距離を置いて接してみます。悲しい気持ち、焦燥感、憤り、そんな苦しい気持ちすべてに「つらいね。」と優しく接してみます。すると、心のどこかで何かがほんの少しですが動きます。ほんの少しのゆとりが生まれるのです。すると、今の状態にどのように対応したらいいか、以前は見えなかった選択肢が見えてくることもあります。もしかしたら、全部自分が解決しなくちゃ、と焦っていた自分が見えてくることもあります。「つらいね。ご苦労様」と自分をねぎらってあげることを忘れていたかもしれません。そんなねぎらいの中から新たな力が湧いてくる場合もあります。そんなねぎらいの声掛けで、自分にもっと優しくできるようになることもあります。そしたら、周りの人たちにも優しくなっている自分に気づいた、という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 マインドフルネスの練習を通して、今の状態が自分が好むような状態でないときも、自らを批判せず、優しく気づくことができるようになっていきます。少しずつ、少しずつ。そして困難に新たに向かっていく勇気や希望が生まれます。

 フォーマルな練習としては、マインドフルネス瞑想があります。筆者の声で誘導した瞑想2つのリンクを下記に記しますので試してください。一日5分でも10分でも、できる範囲でいいのです。脳科学の研究では、たったの8週間のトレーニングの後に、実施前とくらべて脳のポジティブな変化 (ストレス耐性が増し、記憶や思考能力の向上)が出たという報告もあります。インフォーマルな練習としては、今していることに注意を傾けること。例えば、シャワーを浴びているとき、次のことを計画したり心配しながら、浴びるのではなく、シャワーのお湯が体に触れる感覚にゆったりと気づいてみます。お皿洗いをしているときは、手がお皿やお湯に触れる感覚に気づいてみます。すると、その体験そのものの質が変わります。歩くときも、たまには足の裏が地面に触れる感覚に気づきながら歩いてみます。以前マインドフルネス講習会に参加された女性が、子供と散歩した時、足が地面に触れる感覚に気づきながら歩いてみたら、子供の話を聞きながらも、心が安定している自分に気づいた、と語ってくれたのを思い出します。また、どんな時にでも気づけるものに呼吸があります。息を吸い胸やおなかが若干膨らむことに、息を吐くとき、若干しぼむことに、やさしく気づいてみます。ただそれだけでも自律神経の副交感神経が活性され、ストレスホルモンの分泌が減っていきます。気持ちも少し和らいでいきます。

 いろいろ予期せぬことが起こるのが人生というものですが、それへの柔軟性、レジリエンス(ストレスでへこんだものが元に戻る力)を培っていくことで、前には見えなかった命のすばらしさに気づくことも多々あります。読者おひとりおひとりにとって、どうぞ新年がよいお年となりますようにとの願いをもって、筆を置かせていただきます。

マインドフルネス練習法 こちらをクリック(音声)
呼吸のマインドフルネス こちらをクリック(音声)

筆者プロフィール

フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW)
ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター,日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー。

関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

ミシガン大学病院についての情報は、ウェブサイトで確認できます。

https://medicine.umich.edu/dept/japanese-family-health-program

アメリカ医療の ト・リ・セ・ツ # 01

アメリカ医療のトリセツ
アメリカ医療のトリセツ

1. プライマリーケアープロバイダー(PCP)とは?

2021-01_Layout-UMF