コロナ渦で訪日旅行が難しい今、日米間をまたいだ最大規模の【九州バーチャルフェス】が開催される。バーチャルフェスでは、豪華ゲストによるトークショーや豪華景品が当たるイベントを企画。お申込み者先着2500名に、八女茶やくまモングッズなどの無料特典も!

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

コロナ渦で訪日旅行が難しい今、日米間をまたいだ最大規模の【九州バーチャルフェス】が開催される。バーチャルフェスでは、豪華ゲストによるトークショーや豪華景品が当たるイベントを企画。お申込み者先着2500名に、八女茶やくまモングッズなどの無料特典も!

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。

在留邦人応援プロジェクト (在デトロイト日本国総領事館後援、JBSD・ミシガン大学日本家庭健康プログラム共催) 日本国政府の後援による海外在留邦人支援事業として、JBSDはミシガン大学日本家庭健康プログラムの先生方のご協力を得て、以下のイベントを共催することになりました。 この企画は在留邦人を対象としておりますので、どなたにでもご参加いただくことができます。 【内 容】オンラインセミナー マインドフルネスワークショップ ▪日程:9月から11月の毎週月曜日12回シリーズ。ひと月だけの参加も継続参加も可能です。 ▪講師: フォーク阿部まりこ ▪時間:各回とも東部標準時 午後12時30分-1時 ▪各月のご登録リンクは以下のとおりです。 【9月】13日、20日、27日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kje_Hr_uQIKPmpzNj3m8PQ 【10 月】 4日、11日、18日、25日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_VPBJFkpxRU2JoKPYyJifuA 【11 月】1日、 8日、 15日、 22日、 29日 参加登録リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_knU2c4CgQ26G6Bo2gtDj2A   マインドフルネスとは、「今、この瞬間の自らの体験に気づくこと」。 様々な要因で不安・ストレスを抱きやすい生活の中、これらとどう向き合うかが課題となっています。そこで、ストレス低減のヒントとなる「マインドフルネス」についてワークショップを行います。 (JNC過去のポストより ーおうちでできるマインドフルネス練習法<<こちらをクリック) 講師:フォーク阿部まり子 フォーク阿部まり子 (Mariko Abe Foulk, LMSW, ACSW) ミシガン大学 Michigan Medicine 老年医学センター 日本家族健康プログラム 臨床ソーシャルワーカー プロフィール:関西学院大学社会学部社会福祉卒業。ミシガン大学ソーシャルワーク大学院修士。その後40年、精神科及び老年科臨床ソーシャルワーカーとして活躍。1993年から現職。高齢者と家族、在米日本人、駐在員家族への個人及びグループ心理療法提供。近年は、ストレス解消法やうつや不安の予防及び治療の一環としてのマインドフルネス心理療法の実践をしてきた。 日本では専門職及び傾聴ボランティア対象にマインドフルネスやセルフケアに関する講演提供。著書:「高齢者のマインドフルネスに治療法」(共著2018.誠信書房)、英語では全米ソーシャルワーク学術誌に実践成果を発表(2013.2017)。その他チーム医療など学術論文多数。アンナーバー在住。