2024年、オハイオ州クリーブランドを訪れる予定のある方はいらっしゃいますか? ご予定のあるみなさまには、ぜひ「ロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)」の訪問をおススメさせてください。

ロックの殿堂は1995年に開館された、ロックンロールの歴史やビートルズからエルヴィス・プレスリー、マイケル・ジャクソンなどの世界的なアーティストたちの展示や映像などを楽しむことができるロックの博物館です。よくハリウッドにあるロック・ウォークが「ロックの殿堂」と言われたりしますが、ロックンロールの殿堂財団が、ロックの歴史やその発展に影響を与えたアーティスト、プロデューサー、エンジニアなどの著名人を「ロックの殿堂入り」として展示・ 記録保存しているのは、この「ロックの殿堂」です。

今回は、ロックの殿堂を楽しむ3つのポイントをご紹介します!

  1. ロックの殿堂入りアーティストの展示: 
    毎年、ロックの殿堂入りするアーティストが発表されますが、ここでは殿堂入りしたアーティストたちの写真や楽器、衣装などが展示されています。ロックの殿堂といっても、マイケル・ジャクソンや、スティーヴィー・ワンダーなど、ロック以外のアーティストのものも、数多く展示されています。個人的には、全盛期を知っているマイケル・ジャクソンの衣装の数々がとても印象的でした。また、殿堂入りしていないレディーガガ、ビヨンセなどの展示もあります。
  2. 映像やオーディオ、インタラクティブな体験:
    訪問者は写真や展示を見るだけでなく、アーティストの楽曲を聴いたり、ライブパフォーマンスやインタビューの映像を見ることができます。また実際に楽器を触って演奏するという体験もできます。
  3. ロックンロールのエネルギーをうつした建築:
    エリー湖を背景にしたロックの殿堂は、ガラス張りのピラミッド型というユニークな建築でクリーブランドのランドマークとなっています。ロックのエネルギーを反映すべく、大胆で斬新な建築としたのだそうです。訪問の際は、まずはぜひこの建物の記念撮影をお忘れなく。また、1階のカフェやギフトショップは入場券がなくても入れますので、展示や企画を見るお時間がない場合は、このフロアだけでもお楽しみいただけます。

「ロックの殿堂」は、音楽ファンだけでなく、歴史やアートに興味を持つ人たちにも楽しんでいただけると思います。また特別なイベントやライブコンサートも頻繁に開催されていますので、公式ウェブサイトで最新のスケジュールを確認して、お出かけください。 (取材・文:Toshiko Steffes)

Rock & Roll Hall of Fame
1100 Rock and Roll Boulevard
Cleveland, Ohio 44114
https://www.rockhall.com/

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください