今回も「花」を使った言い回しを見て行きたいと思います。たとえとして「花盛り」は、ある人の最盛期を示しますので、“He is at his peak.” です。「女性が年頃だ」という場合には、 “She is in the bloom of youth.”  で、欧米諸国でも花に持つイメージは似たものと言えます。さて、「風花」(かざばな)という美しい言葉があります。これは日本特有の言い方で、英語では説明するしかありません。 “A flurry of snow in the clear sky” と表現できます。「花より団子」はそのままですと、“dumplings over flowers” ですが、そのままだと通じないかもしれません。“Function over beauty” (美的感覚より機能重視) と言ったところでしょうか。

「百花繚乱」は、いろいろな才能が一時に花開くことですので、“Showing many talents all at once” と表現できます。それに因んで、「才能が開花する」と言いますが、これは英語でも、“Talent blossoms.”と全く同じ言い方をします。もう一つ、「花も実もある」とは優雅さと機能を兼ね備えていることを意味しますので、 “to be both elegant and useful” と言えば良いでしょう。

上記についてご質問のある方、また、その他の表現について知りたい方は、izumi.suzuki@suzukimyers.com まで。―――――――――――――――――――――――――――――――――
鈴木いづみ:会議通訳者、公認法廷通訳者、アメリカ翻訳者協会日<>英翻訳認定資格を有す。通訳・翻訳・日英語学クラス等のサービスを提供する鈴木マイヤーズ&アソシエーツ(株)社長。www.suzukimyers.com

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください