“なんで?”と英語で言うのはとっても簡単ですね:“Why?” しかし、時によっては“Why not?”と言った方がいい場合があります。

肯定文の時には“Why”を使います。例文として:

* A: I like to watch horror movies. B: Why?
(A:ホラー映画を見るのが好きなの。B: なぜ?)

* A: I spend all of my money on watches. B: Why?
(A:時計に全財産を費やしてるの。B: なぜ?)

しかし、否定文の時には“why not.”を使います。例文として:

* A: I do not like to watch love movies. B: Why not?
(A:恋愛映画を見るのは好きじゃないの。B: なぜ?)

* A: I have never tried to play golf. B: Why not?
(A:ゴルフをやったことがないの。B: なぜ?)

簡単です! 肯定には=肯定。 否定には=否定。例文:

* A: My son can’t seem to be able to finish his homework. B: Why not?
(A:息子は宿題を終わらせそうもない。 B:なぜ?)

* A: She would have mice for pets if I let her. B: Really? Why?
(A:もし私が許せば、彼女はネズミをペットにするだろう。B:本当に?なぜ?)

* A: I’m not interested in quilting. B: Why not? It’s fun!
(A:私、キルトに興味がないの。 B:なぜ?楽しいのに!)

ヒント:“Why not?”は、何かをしたいか聞かれた時に“もちろん!”と答えるのにも使っていました。例文:

* A: Do you want to go skiing with me this Sunday? B: Sure, why not?!
(A:今週の日曜日、私とスキーに行かない? B:もちろん。)

* A: Can you help me plant the flowers? B: Okay, why not.
(A:お花を植えるのを手伝ってくれない? B:いいよ。)

Japanese Family Services, USA

当社は日本人駐在家庭を支援、サポートを提供しております。
当社のウェブサイトで皆様のお役に立てる情報やヒントなどをブログとしてご紹介して
おります。 www.jfsusa.com  information@ jfsusa.com
24055 Meadowbrook Rd. Novi 48375 2 48-946-4301