ミシガン州での商談会は昨年11月に続いて今回が2回目。特に近江の茶については、今年5月に、州内バイヤーを滋賀県に招き、茶摘み体験や茶園見学、茶入れ勉強会などを実施し、豊かな自然の中で丁寧に近江茶が生産されている現場を直接肌で感じてもらう機会を設けた。これらのプロモーションが実を結び、今夏からミシガン州内の3店舗で近江茶の提供・販売が開始された。

「なぜ滋賀県でお茶?お茶といえば静岡茶、宇治茶などが有名だけど・・・?」と思われる方も多いのではないだろうか?

滋賀県の甲賀市等、昼夜の寒暖差が激しく、霧が発生しやすい気候と地形は、風味豊かで上質な煎茶香り高いお茶の栽培に適している。また、近江の茶の歴史は古く、今からおよそ1200年前の西暦805年、比叡山延暦寺の開祖として有名な最澄が中国より持ち帰った茶の実を比叡山の麓に播いたことが日本茶の始まりとされている。そう、近江茶は日本茶の起源なのである。

 商談会に参加したバイヤーからは、「オリジナル商品を作りたい」、「ミシガン州のスーパーで売っているものが日本茶の全てだと思われている。香り豊かで奥深い日本茶の味わいをもっと多くの人に知ってほしい。」等の声があり、今後もミシガン州で上質な近江の茶の販売が展開される予定。
これからの寒い季節、温かい近江茶でほっと一息はいかがですか?

●ミシガン州内で近江茶を取り扱っているお店

・Eli Tea Bar
https://www.eliteabar.com/pages/eli-tea-bar
108 S Old Woodward Ave, Birmingham, MI 48009

・Goldfish Tea
http://goldfishtea.com/
117 W 4th St #101, Royal Oak, MI 48067

・Tea Haus 
https://teahaus.com/
204–206 N 4th Ave, Ann Arbor, MI 48104