Michigan Japanese Language Speech Contest ミシガン日本語弁論大会 2

ハイスクールと大学の日本語学習者を対象とした日本語弁論大会が在デトロイト日本国総領事館の主催で2月末にノバイ市のシビックセンターを会場にして行なわれた。このコンテストは毎年、デトロイト日本商工会(JBSD)、ミシガン南西オンタリオ日米協会、ミシガン日本語教師会、国際交流基金の支援や協力、そしてデルタ航空の協賛を得て実施されている。事前の選考を経て、今年は高校部門8名と大学部門11名が本大会に出場し、学習の成果を披露した。

  当大会への応募資格と条件は、日本に長期滞在していないこと。よって、日本渡航の無経験者か、あるいは短期滞在を経験した出場者たちであるにも拘らず、滑らかな話し方をする参加者が年々増えている。高校生は吸収力の高い時期とあって、応募条件内の数カ月という留学経験を通して驚異的な語彙と会話力をつけている学生もいて、滞在期間の違いがスピーチにも現れる傾向が強いと言える。一方、インターネットなどを通して、当地に居ながら吸収してきた学生も少なくない。日本に一度も行ったことのない学生が上位に食い込むケースも珍しくない。作文(論文)コンクールではないため、語彙力や知識、文章構成力が高いからといって上位入賞するとも限らない点もスピーチコンテストの難しさであり、面白さでもあると言える。

  本コンテストでは規定時間内に、暗記したスピーチの発表を課せられる。大学生にはスピーチ後の質問応答もあり、これも審査の対象となる。語彙の豊富さと正しい使い方、話題の展開など作文の要素に加えて、発表の話し方などが総合的に評価される。和田総領事をはじめ、JBSDらびにJSDウィメンズクラブ、日米協会の代表、計4名が審査を務めた。

  高校の部で第1位に輝いたエミリー・リンさんは、中国にいる祖父のことを話題にスピーチ。自分と祖父との気持ちの距離感をポケモンの主人公と比べて表現したり、中国人でありながら日本語を勉強している理由を「なぜなら、日本は祖父にそっくりだからです。かっこよくて、とてもきれい(後略)」と語った。 

大学の部の第1位となったサキラ・イスラムさんは、自分を育ててくれたデトロイトというコミュニティに恩返ししたい、デトロイトの街の経済や教育の問題を解決したいと思って、石巻市との交流プログラムに去年参加した。初めて海を見た時の気持ち――「海は地球上の全てをつないでいる!みんな同じだ。」――という一体感で胸がいっぱいになった。それまで、彼女にとってのコミュニティはデトロイトだったが、それは世界になった。

「将来、私は、国連で次の世代のために新しい交流プログラムを作ったり、町と町のコミュニケーションをよくしたりしようと思っています。そうすれば、私は海のように世界のすべてのコミュニティをつなげられるのではないでしょうか。」と力強く述べた。 

サキラさんの他にも、「日本の食べ歩きをしたい」という女子高校生、「ロボット工学で世界一の日本で勤めたいので日本語を勉強している」という男子高校生、「僕の生活ではずっと、日本は大切だった」という大学生のスピーチもあった。来たる東京オリンピックでは人々の意識の持ち方によってグローバリゼーションや多文化主義が進むだろうとの指摘、また、コスモポリタニズムの良さを具体的に語ったものもあった。

  日本語、さらに日本文化を理解する若者たちは日米理解や交流、さらにはグローバル化している世界の宝であると、実感させられた大会であった。出場者たちの活躍を期待したい。

  今回は日本に関連しない内容も多い傾向ではあったが、日本での経験によてっ広がった視野や気づきを題材にした参加者が多い。言語だけではなく、日本の習慣や価値観も学ぶ若者たちの新鮮な観点や感想を垣間見ることができるこのイベントは、聴く人々、特に日本人にとっても得るところが大きい。以下(P6,P7)に、全参加者のスピーチ内容の要約と各部門の優勝者の原稿全文を紹介させていただく。