I have a memory of getting to know my first Japanese roommate in college. On one of the first weekends, I asked her if she would like to go to an event with me. She thought for a moment and then said, “No.” I remember being surprised at her directness. I understand now that it was a language-learning issue and not a cultural issue, as I have used the same simple language structure when speaking French or Japanese in actual situations. So my English hint for this blog is to learn how not to say, “no.”

私は大学で初めて日本人のルームメイトを知った思い出があります。ある週末に、私は彼女に一緒にイベントに行くか誘ってみました。彼女は少しの間考えて“No.”と答えました。私は彼女の率直さに驚かされたのを覚えています。実際の状況で、私がフランス語や日本語を話す時に同じ簡単な言語構成を使ったように、今ではそれが言語を学ぶ上での問題であって、文化的な問題ではない事を理解しています。そこで、このブログの英語のヒントは“no.”と言わない方法をご紹介します。

The easiest way to decline an offer is to say, “I’m ok, thanks.”

  • “Would you like a piece of pie?” “I’m ok, thanks. It looks good, though!”
  • “Would you like to open a credit card?” “Oh, I’m ok, thanks.”
  • “Would you like to start a dressing room?” “Thank you, but I’m ok.”
  • “Would you like more coke?” “Oh, I’m okay, thank you. We are done.”

申し出を断る簡単な言い方は “I’m ok, thanks.”( “私は結構です。ありがとう。”)

  • “パイはいかがですか?” “私は結構です。ありがとう。でもおいしそうですね!”
  • “クレジットカードをお作りしましょうか?” “あっ、私は結構です。ありがとう。”
  • “更衣室をご利用になりますか?” “ありがとうございます。でも結構です。”
  • “もっとコーラはいかがですか?” “あっ、私は結構です。ありがとう。ご馳走様でした。”

If you are being offered something special, like homemade food or nice hand-me-downs or help that you don’t need, you should have a good excuse with it. You might not even say, “I’m ok.”

  • “Would you like a cookie I made?” “Ohhhh, that looks so good but I am on a diet! Maybe next time?”
  • “Would you like me to help you with your English homework?” “Oh, thank you for the kind offer, but I’m okay. I can’t study unless I am by myself and listening to music!”
  • “Would you like me to drive your child to school?” “Oh, you’re so kind, but my husband is going to drive him. Thank you though!!!”
  • “I can loan you $20 if you need.” “Oh, thank you very much, but I’m ok. I’ll figure something out.”

もし手作りの食べ物、状態の良いおさがりの服、必要のない手助けのような、何か特別な申し出を受けた場合は、断るためのいい言い訳が要ります。 “I’m ok.”(私は結構です)だけではいけないでしょう。

  • “私の作ったクッキはいかがですか?” “ えっと、とても美味しそうだけど、ダイエット中なの!今度でいいかしら?”
  • “あなたの英語の宿題を手伝いましょうか?” “ご親切にありがとう。でも大丈夫です。私は一人で音楽を聴きながらでないと勉強ができないの!
  • “お子さんを学校まで車で送りましょうか?” “あら、親切にありがとう。でも主人が送っていくから大丈夫です。本当にありがとう!!”
  • “もしよかったら$20ドル貸しましょうか?” “あら、どうもありがとう。でも結構です。ちょっと考えるわ。” 

When we are thinking how to translate sentences in our mind, we often revert to simpler words and grammar. That’s why you might say, “No, thank you” in English, and I might say, “Iranai” or “iya” in Japanese. But even in Japanese, it’s politer to say, “Ah, arigatou. Keiko desu.” So next time, let’s practice saying, “I’m okay, thanks!”

私たちは、頭の中で文をどのように翻訳するかを考えていると、よく簡単な単語や文法に戻ってしまいます。これが原因であなたは英語で“No, thank you”と言ってしまうしだろうし、私も日本語で“いらない”や“イヤ”と言ってしまうのでしょう。しかし、日本語でも丁寧な言い方は“あっ、ありがとう。結構です。”というので、次回からは“I’m okay, thanks!”と言える練習をしましょう。

Japanese Family Services, USA 

当社は日本人駐在家庭を支援、サポートを提供しております。

当社のウェブサイトで皆様のお役に立てる情報やヒントなどをブログとしてご紹介しております。 www.jfsusa.com

information@jfsusa.com

24055 Meadowbrook Rd. Novi 48375 248-946-4301

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください