Michigan Japanese Language Speech Contest ミシガン日本語弁論大会 3

IMG_2068 高校と大学の日本語学習者を対象とした日本語弁論大会が在デトロイト日本国総領事館の主催で3月末にノバイ市のシビックセンターを会場にして行なわれた。このコンテストは毎年、デトロイト日本商工会(JBSD)、ミシガン南西オンタリオ日米協会、ミシガン日本語教師会、国際交流基金の支援や協力、そしてデルタ航空の協賛を得て実施されている。事前の選考を経て、今年は高校部門5名と大学部門11名が本大会に出場し、日ごろの学習の成果を披露した。

和田総領事は開会にあたり、英語で、まず、参加者の緊張をほぐすかのように穏やかな口調と笑顔で、「才能ある人たちのスピーチを楽しみにしています」と語りかけ、当地の高校ならびに大学における日本語学習者の多さと熱心さに言及。「パブリックスピーチの難しさはよく知っている」と共感の言葉を告げた。加えて、学生たちのモチベーションを高めた指導者に対して感謝を述べた後、「語学が人生を豊かにするであろう。学び続けて欲しい。海外に行くチャンスを得て欲しい」とのエールを届けた。

当大会への応募資格と条件は、日本に長期滞在していないこと。よって、日本渡航の無経験者か、あるいは短期滞在を経験した出場者たちであるにも拘らず、滑らかな話し方をする参加者が年々増えている。高校生は吸収力の高い時期とあって、応募条件内の数カ月という留学経験を通して驚異的な語彙と会話力をつけている学生もおり、滞在期間の違いがスピーチにも現れる傾向が強いと言える。一方、インターネットなどを通して、当地に居ながら吸収してきた学生も少なくない。日本に一度も行ったことのない学生が上位に食い込むケースも珍しくない。作文(論文)コンクールではないため、語彙力や知識、文章構成力が高いからといって上位入賞するとも限らない点もスピーチコンテストの難しさであり、面白さでもあると言える。

IMG_2076 本コンテストでは規定時間内に、暗記したスピーチの発表を課せられる。大学生にはスピーチ後の質問応答もあり、これも審査の対象となる。語彙の豊富さと正しい使い方、話題の展開など作文の要素に加えて、発表の話し方などが総合的に評価される。和田総領事をはじめ、JBSD 文化部会ならびにJSDウィメンズクラブ、日米協会の代表、計4名が審査を務めた。

高校の部で第1位に輝いたクリスティーンさんは、小田急線のアナウンサーのことを話題にスピーチ。アナウンスの真似が入ったが、実際のアナウンサー顔負けの美しさで、スピーチ全般も聞き取るのに全く問題がない滑らかさであった。彼女はJBSD基金の奨学金の支援を受けて留学プログラムYouth For Understanding で短期留学した経験があるが、留学前の日本語力との格段の進歩に驚かされた。彼女の明るさと人懐っこさも上達の鍵であろうと感じられた。

大学の部の第1位となった中国出身のフヤさんは自身の名前「欧陽和雅」を題材に流暢に語った。『「和」と「雅」の漢字には、「平和」と「優雅」という意味が含まれています』と切りだし、中国語における意味や命名してくれた両親の思いを語った後、日本語における意味、そして「和」と「雅」は正に日本という国を代表する漢字であるとを述べ、『自分の名前が表す通り、「和」と「雅」の人になりたいと考えています。』と表明。歴史的・政治的に色々な問題のある日中関係を調和していく存在になるために、『日中両国の歴史や文化を学び、和雅の心を世界に呼びかけたいと思います。』とスピーチを結んだ。スピーチの後、審査員より「日本と中国が仲良くするために、どうしたら良いですか?」との質問に対して、「中国の若い人は日本に対して偏見が無い」と、日本人には嬉しい言葉に続けて、「インターネットでもっとよく知ることができます。お互いが理解することが大切」と明瞭に答えた。会場の聴衆から、感嘆の声が漏れた。

フヤさんの他にも、「日米の架け橋になりたい」という女子学生、日本語が人生を変えてくれ、翻訳家になるために日本語を勉強しているという男子学生のスピーチもあった。日本語さらに日本文化を理解する若者たちは宝であると、改めて実感させられた大会であった。出場者たちの活躍を期待したい。

IMG_2049 スピーチ内容の多くが、日本での経験によって広がった視野や気づき、あるいは日本語学習を通じて得た思いを題材にしている。言語だけではなく、日本の習慣や価値観も学ぶ若者たちの新鮮な観点や感想を垣間見ることができるこのイベントは、聴く人々、特に日本人にとっても得るところが大きい。

全参加者のスピーチ内容の要約と各部門の優勝者の原稿全文を紹介させていただく。

原稿要約:プログラム順に氏名、学校名、題名。要約の中、『斜め字』は原文の引用。

*一部平仮名を漢字に変換。

高校(ハイスクール)部門

KRISTINE BASSETT 1位

Troy Athens High School

電車声   *8ページに全文掲載

私は小田急ラインの声になりたい。

日本に行った時、小田急線の日本語と英語のきれいな女の人の声によるアナウンスの後、「あなたも小田急線の声になれます」と言った。私は日本語も少し出来るので、ステキなアナウンサーになれると信じ、練習し始めた。ホストお母さんは笑って「子供みたい」と言ったが、試してみるのはとても楽しい。『子供のように遊んだら、人生がもっと明るくなるかも知れません。』

MICHELLE CHEN 総領事賞

Troy Athens High School

名探偵コナン

良いアニメを見つけたかったのでアニメエキスパートの友達に聞き、名探偵コナンを知り、私の人生は完全に変わった。コナンに夢中になった。800以上のエピソードを観たので、私の日本語は探偵の使う言葉に変わった。『時代劇のアニメを見すぎたら、私の言葉は古臭くなるかもしれない。』。『日本語の面白さは言葉の使い方にあると思う。』

JULIANA GAO 2位

Troy Athens High School

家族4人のうち、妹と母は普通だが父は不思議。妹が取っているスケートクラスの間、父は時間を無駄にしたくないのでそこのお手洗いで歯を磨いたり髭を剃る。また、欲しかった2%ミルクが無いので従業員しか入れない倉庫に入って行ったこともある。普通じゃないけれど、たくさん面白い考えがある。一緒に色々な食べ物を食べたり作った。全然つまらなくない。そんな父が大好き。

IYLA MILLER  JBSD特別賞

Clarkston High School

なぜ音楽の力が大好き

『音楽の力は強く美しいです。それは無限です。音楽は文化の間に橋を建てることが出来ました。』 例えば日本とアメリカで、アメリカの多くの音楽家が演奏のために日本に行き、日本の音楽はアメリカを動かした。ビリージョエルが「音楽は治癒であると思う。(中略)私たちを感動させ、文化は違っても音楽が大好きです」と言った言葉は正しいと思う。

LAYA SATHYAN 3位

Troy Athens High School

そふのものがたり

小さい頃、家族でインドに隔年行き、親戚に会った。親戚の中で一番好きな人は祖父で、祖父は英語が上手ではないが物語でインドの文化を教えてくれた。祖父は私のアメリカの一日の物語を聞きたがり、私は毎日の生活を語って分け合った。私は自信が付いて、今ここにいる。 『私の物語を皆さんと分け合いたいです。』

大学(UNIVERSITY)部門

BENNETT DAVIS

Oakland Community College

架け橋になりたい

三年前に独学で日本語の勉強を始めた。去年6月に高校を卒業。将来の夢について。

長い間、日本と米国は良好な関係を維持しているが、そのために私も力になりたい。15歳からボランティアとして教会で日本人に英語を教え始め、生活習慣の違いなどの説明、言葉と生活の支援もしている。

6ヵ月前に初めて愛知県豊田市に行き、授業をし、アメリカのことを教えた。『子供達がとても規則正しいことが大変印象的でした。』『日本生活様式はすばらしいです。日本はすばらしい国です。』

ANGEL DELGADO

Wayne State University

日本語は私の人生を変えました

高校を卒業せず、16歳から働いてその日その日を生き続けていた。若い頃、その生き方は楽しかったが、年が経って自分の人生をよく考え始め、日本に行くという子供の頃の夢を叶えようと思い、行く前に日本語を少し分かりたいと勉強し始めた。一人で学ぶことは難しかったが、会話が出来るまでになり、一人で日本に行った。そこで、友達の翻訳家の仕事の話を聞き、「その仕事をしたい」と初めて思った。アメリカに戻り、勉強して一般教育学位試験を受けて合格し、大学に入り、日本語クラスで生涯の友が出来、良い先生に出会った。『私の人生が短い間に大変変化しました。』『全部は日本と日本語のお蔭です。』

VICTORIA EICHBAUER

Wayne State University

苦難の先に

日本が大好き。日本語能力に自信を失うことがあったが、時間をかけて少しずつ学んできた。去年、日本に留学し、人生の目標の一つが叶った。授業では一つの文も話せなかったので、日本に居るうちにもっと日本が上手になりたい、自信をつけたいと思った。二期目が大変苦しく、友達と話せず旅行もできず勉強して、ちょっと鬱になった。学校の近くにある琵琶湖を見て、美しさだけでなく、その大きさに驚いた。その波の音は優しい歌のようで、琵琶湖のおかげで私の心は強くなった。

日本に居る間、自然や景色についてよく考えた。『人間による破壊にも関わらず、自然は強くって、何度も元の美しい景色を取り戻します。琵琶湖と日本の自然のように、私は同じ我慢強さを身につけた気がします』

言語の学習において、一番重要なことは我慢強さを身につけること。

YU-EN HSIAO

Michigan State University

私の家族

父母と兄二人の五人家族。末っ子で愛されてきたが、子どもの頃は気づかず、不満に思っていた。それは、ダウン症である下の兄の為に私は生まれてきたと思っていたから。両親は年をとったら兄の世話をできなくなることを心配し、三人目の子供が欲しいと考え、私が生まれた。小学生の時、毎週末、両親は兄を病院に連れていき、私は祖父母と家に居た。寂しかった。中学に入る時、(私は)上海の良い学校に行くはずが、下の兄が学校でいじめられていたため、同じ学校に行くことになり、嫌な思いをした。過去の私は兄が嫌いで、兄の行動や思いや感情を許すことに疲れていた。でも、高校卒業後アメリカに勉強に来て、家族と離れ、年に1回しか帰らないので、家族との時を大切している。兄はまだ子供みたいだが、人と色々話し、普通の事もわかるようになり、母と一緒に自分の店で普通の大人の生活を学んでいる。天使みたいな存在で、純粋な思いや笑顔は家族を助けてくれた。家族全員で挑戦を乗り越えてきた。『他の家族より、もっと強い絆が出来たと思います。』

DILLON JAGHORY JBSD特別賞

Michigan State University

地球人

2015年9月、中国杭州市の浙江大学に行き、1年間国際学院の交換プログラムに参加した。寮に入った日に、守衛のおばさんたちに「あんた、全然アメリカ人みたいじゃない。まるで中国人のようだね!」と言われた。内気な性格から表現の仕方まで、私の言動は典型的なアメリカ人のイメージとは全く一致しない。私はアフガニスタン系アメリカ人だが、祖先の文化と疎遠になり、アメリカ、アフガニスタン、日本、中国という四つの国の文化を吸収しているが、どこにも帰属感を感じられない。生まれも育ちもアメリカなのに、ペルシャ語なまりの英語を話していたので、小さい時から外国人のレッテルを貼られ、同級生にいじめられた。この幼少期の経験が現在の私の無口な性格を作りだしたと言える。

高校時代、アイデンティティを見つけたいという強烈な欲望に駆られ、外国語に熱中。日本語を独学した結果、高校四年生の時、日本語AP試験に合格した。外国語を通して新しいアイデンティティを樹立した。

『この数年、私は自分のことを二度と恥ずかしく思ったり困惑しないということを心に誓っています。なぜなら、自分や同じような苦しい状況にある二世の移民たちはすべてアメリカンストーリーの不可欠な一部分なのだと気づいたからです』『私は完全ではないというよりむしろ、四つの部分から私は形成されている』。

私はアメリカ人でも、中国人でもアフガニスタン人でもない。私は地球人です。

YOUNGHOON KIM 総領事賞

Kalamazoo College

私は彼がきらいです

彼の文章を初めて見たのは2009年の冬。毎日塾に行く韓国の小学生には、世界はただ灰色で、雪や街燈の美しさは目には入らなかったが、感性と言う物は私から消えないようで、小説が好きで、塾の後に書店に行き本を読むことが習慣だった。そこで彼の本『1Q84』を見つけた。ただ「有名な作家の本だな」と思って高価なその本を買った。小学生にとって『1Q84』は長くて面白くない本で、全部は読まず、名前が良いとだけ記憶した。時が流れ中学生になって、もっと多くの本を読んだが、有名な作家が嫌いで、『1Q84』の作者も嫌いだった。アメリカに来て、小説以外の楽しみがたくさんでき、二年ほど、小説がない人生を過ごした。また小説を読み始めた時は高校三年生で、『ノルウェイの森』を面白いと思った。心の底をふるえさせる文章だった。『この小さい紙の束がそこまで人に感動を与えること自体が私には大きな衝撃でした。』少年から青年になるまでに受けた痛みを、『ノルウェイの森』が描き出してくれていた。大嫌いだった彼は、その文章で私の心を照らし、私の中で彼が大きくなった。それ以外の本も探し始め、『人間失格』、『金閣寺』、『羅生門』など他の日本の小説も読んだが、彼より人の心をえぐる作家はいない。

『彼は、人がかろうじて抑えた感情をえぐり出す方法を知っているみたいです。彼の作品を読んだらその感情が出てきます。その感覚が嫌いですが、同時に、私はそれを期待しています。彼の本を読んだ日はいつも複雑な気持ちになり何も出来ません。だから、私は彼が嫌いです。彼の名は村上春樹。』

大学部門 1位 全文

私の名は

HEYA OUYANG (オーヤン フヤ)

皆さんは、私の名前を聞いたり、顔を見たりした時、何人だと思いますか。私の出身は中国なので、日本の人が見たら、すぐに私が中国人だと分かるでしょう。しかし、不思議に思うかもしれませんが、中国で初めて自己紹介をした時に、私は十回のうち八回は「日本人ですか?」と日本人に間違えられたり、「日本人みたいな名前ですね。」と聞かれたりすることがあります。これがなぜか分かりますか。

まず、私の名前の由来について、お話したいと思います。私の名前を漢字で書くと

「欧陽和雅」です。「和」と「雅」の漢字には、「平和」と「優雅」という意味が含まれています。また、中国語の「和」という字は、「君と私」、「日本とアメリカ」の中の「と」という意味でも使われます。欧陽は父の苗字で、雅は母の名前と同じ発音です。だから、父の苗字と母の名前をつなげている「欧陽和雅」という私の名前には、父と母の愛の証という意味が含まれているのです。

皆さんもご存知のように、中国の名前は日本のと同じ順番ですから、欧陽は私の苗字で、和雅は下の名前です。しかし、日本と違って、中国には漢字二文字の苗字はとても少ない上、漢字四文字の姓名は更に少ないのです。日本には漢字四文字の名前が多いですから、中国人にとって、私の名前は「日本人の名前だな!」というイメージがあります。

その上、「和雅」という私の名前自身も、非常に日本的だと言えます。「和」と「雅」、この二つは正に日本という国を代表する漢字です。「和」という字には色々な意味がありますが、その一つに「日本の」「日本風の」という意味があります。日本の着物は和服で、日本の食べ物は和食と呼ばれます。そして、この日本を意味する「和」には、「平和」や「調和」のように、「仲良くする」という意味もあります。これは日本人が好む概念の一つではないでしょうか。

「雅」という字も、「風雅」「優雅」などのように、日本文学の美的理念の一つです。日本の皇太子妃の名前も小和田雅子で、「和」と「雅」両方の字が含まれています。実は、高校の時の親しい友達は、日本や日本文化が大好きだった私に「雅ちゃん」や、「雅子」という日本人らしいあだ名をつけ、今でも私をそう呼びます。

このように、私は小さい頃から、日本と深い縁があると思います。日本語や日本文化を通して学んだことを生かして、私はこれから、自分の名前が表す通り、「和」と「雅」の人になりたいと考えています。私の考える「和の人」というのは、賢くて、性格も柔らかく、人と人、人と自然の関係を「調和」するような人のことです。私の考える「雅の人」というのは、他人を尊敬すると同時に、自分の知識や意見を大事にするような人のことです。今、日本と中国には、歴史的・政治的に色々な問題があります。しかし、「和雅」という名前を授かった私は、日中の「和」と「雅」を目指したいと思います。つまり、日中問題を対立ではなく調和の立場から知識を深めれば、日中関係はもっとよくなるのではないでしょうか。私はそのために、日中両国の歴史や文化を学び、和雅の心を世界に呼びかけたいと思います。

ハイスクール部門 1位 全文

電車声

KRISTINE BASSETT

私は小田急ラインの声になりたいです。

皆様、電車に乗った事がありますか?乗ったことのある方は手を上げてください。

多いでしょう。私も日本に行った時、電車に良く乗りました。

日本人はだいたいアナウンサーの声はなれているから気にしないと思うけど、外国人として、私はいつもその電車から聞こえる声をちゃんと聞いていました。

私のホストファミリーは南足柄市という小さな町に住んでいます。私のホストお姉さんは家から遠い高校に通っていました。私の家に一番近い駅の開成駅から本厚木駅までは電車で一時間ぐらいかかります。その間に9つの駅があります。

そして、電車が止まる前、この声を聞きます。

「まもなく、東海大学前、東海大学前です。お出口は右側です。お忘れ物なさいませんよう、ご注意ください。」

そして後で英語の方も言いました。

私はそのきれいな女の人の声がすごく好きでした。「私がそのようにりゅうちょで話せたら良いな!」と思いました。

でも、アナウンスの後で、同じ声が英語で「あなたも小田急線の声になれます!」と言いました。私はびっくりしました。もうとてもステキな声なのに、他のアナウンサーがほしいんですか?なぜでしょう?

急に、考えがありました。

私がそのアナウンサーになれるんですか?私は英語が出来ます。日本語も少し出来ます。ですから、私はステキなアナウンサーになれると信じていました。ですから練習し始めました。いつも練習をしていたら、ホストお母さんは私に笑って言いました。

「子供みたい、あなた!」

「でも楽しいよ!」と答えました。

「弓歌もやろう!」とお姉さんが言いました。でもお姉さんは下手でした。

本当に、私のアナウンサーのような声もあまり上手ではありませんでしたけど、ためしてみるのはとても楽しいです。皆さま、もしひまでしたら、やってみてください。とても子供っぽい事で、ばかのような気持ちになりますけど、大人の人生は大体つまらないです。だから、もう一度子供のように遊んだら、人生がもっと明るくなるかも知れません。ばからしいけど、面白いですよ。