ASCENSION Brewing Company - Novi, Michigan 1

100_1863オープニングのハプニング

NoviにできたAscension Brewing Companyは今年7月のオープンで1週間でビールが売り切れ一時休業した“伝説”を作った。BrewチームのJoeyは「ビールを楽しんでもらえる、誰からも愛される場所を作りたい」と言う。

ミシガン州のブリューワリー産業の成長にもかかわらず、人口約57,000人のNovi市には10年ほど前にLocal Color Breweryが閉店してからは次に続く店がなかった。Ascension B.C.はクラフトビールのファンにとっては待望の店。本紙では以前、近隣のブリューワリー(サウスライオンのWitch’s Hat, ファーミントンのFarmington B.C., ノースビルのNorth Center B.C.)を紹介した。それらとの違いは何、とJoeyに単刀直入に聞いてみた。

DSCN0011「ビールのバラエティーとキッチンの充実」

「3人のチーフシェフがいて、ヘルシーな料理。ほかのところ(上記)にはキッチンがなくお客さんの料理の持ち込みはOKだけれど、うちは新鮮な料理で立ち寄って楽しんでもらいやすいプライス。もちろん他とは友好な関係を作っているよ」。メニューはアペタイザー、サラダ、スープ、ピザ、サンドイッチと店の奥行き以上にディッシュが充実。キッズ向けのメニューもある。

気になるビールのラインナップだが、「今日は16種類が出ている」バラエティーの豊かさ。ミシガン産のモルツとホップだけを使ったH.O.M.E.S.(IPA, ABV. 7%)はスムーズ。おもしろいところでは、ココナッツとアーモンドの風味を生かしたPorterの15 Mile Porter (ABV. 4.8%)は濃厚で楽しめる。

DSCN0017ユニークな“Crowler”

通常、クラフトビールは、お店でタップから注がれるのを楽しむ、缶入りをブリューワリーやスーパーで購入する、または各ブリューワリーでGrowler(0.5ガロン入りの各店のロゴの入ったビン。リフィルが可能。)入りを買う、が主流。Ascensionでは“Crowler”(1クオート、約946ml.)が購入できる。目の前でタップからビールを特製のアルミ缶に入れ専用の機械で密封する。「大手のビール会社のカンは大量生産システム。Growlerに入れられたビールは72時間が命といわれるけど、Crowlerでは光は遮断され3週間は保存できる」という。もともとはコロラド州のOskar Bluesが始めたという。家呑みしたい人、レクレーションの場で楽しみたい人にはカンのデポジットはないので試してみてはいかが(価格は各ビールの2倍)。

DSCN0013すこし愚問かもしれないけれど、Noviという場所柄日系コミュニティーへのアピールする点を聞いてみた。「日本人はクラフトビール好き。10月に出すBlond Aleには柚を使っているよ」。甘みのあるシトラスの味わい、を炭酸注入前のまさに醸造したままをサンプルさせていただいた(Abv 5-6%)。Ninjya BBQサンドイッチでキムチの味を生かしたのもさりげないアピールかも。

カントリーな外観。

10月10日(土)には駐車場に特設テントを張り、秋のイベントを行う。Pig Roast、スペシャルのビールのリリース、ゲームなどを予定。

Ascension B.C.はMarket Placeからすぐ。

【住所】42000 Grand River Ave., Novi, MI 48375

【ウェブサイト】http://ascension.beer/