<!--:en-->日本の伝統文化をたしなむ女性たちが実演 デトロイト美術館で雛祭り<!--:--><!--:ja-->日本の伝統文化をたしなむ女性たちが実演 デトロイト美術館で雛祭り<!--:--> 4


「とても素敵!」「華やかな気持ちになったわ!」。笑顔とともに、称賛の声が集まった。

  3月1日の日曜日、デトロイト美術館で日本の雛(ひな)祭りイベントが開催された。デトロイト総領事館によるプログラムで、雛人形の展示の他、生け花、茶の湯のお点前、琴の演奏などの日本の伝統文化を大勢の来場者が鑑賞した。

  受付の女性は来館者に、「美しくて、素晴らしいプログラム」と推奨。「ここで催されるイベントで最も好き」「着物姿の女性たちも素敵」と絶賛の言葉を寄せた。

   会場となった「リベラ・コート」は、同美術館が誇る荘厳なスペースで、壁には「Detroit Industry」という労働風景の巨大フレスコ画(画家Diego M. Rivera)が四面に施されている。そこには少々場違いともいえる優美で繊細な雛壇が飾られ、品格を放っていた。

  まず、総領事館の文化担当者アニータさんより、女の子の成長を祝うと同時に春の訪れを祝う意味もあるといった雛祭りの概要や伝統的な祝い方の説明に加え、日本の家屋事情や着物について、また、ボーイズデー(端午の節句)の飾りやゴールデンウィーク事情の話題も織り交ぜて、日本紹介が行われた。

   実演は、いけばなインターナショナルデトロイト支部のメンバーによる生け花の披露でスタート。流派や花材の異なる3人が同時にアレンジを進め、伝統スタイルや基本概念などの解説が添えられた。配置構成に「天・地・人」の考え方があり、単なるアレンジメントでは無いと説いた。美しい作品が仕上がると大きな拍手が巻き起こった。

   続いてJSDウィメンズクラブのメンバーによる風呂敷ラッピングと茶道の実演に移り、風呂敷の名称は元々風呂屋へ行く折に衣類や用具を包み、敷物にも使えることに由来しており、一時廃れたが、場所を取らず再利用できる優れものとして再び見直されていると紹介がなされた。バック(手提げ)包、スイカ包み、2本のワインボトルで二本包み、などを手際よく披露した。単なる四角い布が変化自在に、様々な形の物を包んでゆく手順に観客は釘付けとなっていた。ビデオでもユニークなバリエーションが紹介され、日本人の観客も、包み方の多様性とアレンジの美しさに感心していた。

  茶道実演では、即席の茶席ながらも、茶の湯の落ち着いた雰囲気を生み出していた。凛とした美しい立ち振る舞いや点前に惹きこまれ、観客席も粛々とした気配が漂った。お点前の進行に合わせた所作の意味のほか、茶道具や掛け軸に絡めて、日本の美意識や考え方についても話が添えられた。

   プログラムの最後は、邦楽グループ『雅(みやび)』のお二方による琴の演奏。この行事名と同じ琴曲『ひな祭り』の他、ポピュラーな洋楽曲として、カーペンターズがヒットさせた『Cross to you』と『シバの女王』を繊細な美しい音と見事な弦さばきで披露し、透き通った音色が会場を包んだ。琴曲『ひな祭り』は童謡の『うれしいひな祭り』とは趣が異なり、華麗で流れるような旋律が穏やかを感じさせる曲。すまし顔でこの日のプログラムを楚々着々と進めた女性たちと重なるものであった。

  桃の節句とも呼ばれ、春の訪れを伝える行事でもある雛祭り。2月上旬の大雪がまだ解けきれずに残るほど、春には遠いミシガンの午後であったが、美術館のこの一画は優雅な癒しの空間になっていた。