<!--:en-->グローバル社会で活躍する子どもに育てるために~「サマーキャンプ in ぎふ」の取り組み<!--:--><!--:ja-->グローバル社会で活躍する子どもに育てるために~「サマーキャンプ in ぎふ」の取り組み<!--:--> 2

米日教育交流協議会(UJEEC)・代表 丹羽筆人

参加する子どもたちの年齢層や在住国・地域はグローバル 

グローバル化が進む国際社会において、複数の言語を使いこなし、異文化を理解することが、とても重要になっています。日本に生まれながら米国など諸外国に暮らす子どもや日本人の血を引きながら米国など諸外国で生まれ育っている子どもの数も増加しています。このような子どもたちが日本と米国など諸外国の双方の言語と文化を理解するための教育的な活動を実践するために、2006年に米日教育交流協議会(US-Japan Educational Exchange Council 略称:UJEEC) を設立しました。

  当協議会の活動の一つである「サマーキャンプ in ぎふ」は、日本で実施する海外に暮らす子ども専用の日本語・日本文化体験学習プログラムです。当協議会設立の2006年から9年間にわたり、7月上旬から8月初旬に年1~2回実施してきました。これまで実施した16回にのべ176人が参加しました。1年目の参加者数は、第1期が2人、第2期が3人というような寂しいスタートでしたが、2年目以降は徐々に増加し、9年目の昨年は第1期が22人、第2期が10人と過去最多となりました。(2011年と2013年は1回のみ実施)

  参加者構成は年度や実施期間によって異なりますが、平均すると女子が約55%と男子を上回り、小学生が約40%、中学生が約50%、高校生が10%です。参加対象は小学4年生から高校生であり、幅広い年齢層の子どもが一緒に活動することが特長です。また、米国在住者のみならず、カナダ、メキシコ、英国、アイルランド、トルコ、韓国、中国、香港、台湾、タイに暮らす子ども、そして日本に暮らしインターナショナルスクールやアメリカンスクールに通学している子ども参加しました。米国在住者では、カリフォルニア州やワシントン州、ニューヨーク州、ニュージャージー州などが

多いですが、全米各地に散らばっています。このように幅広い国や地域に暮らす子どもたちが出会うことができる場にもなっています。

  このように幅広い年齢層や在住国・地域の子どもたちと交流することは、グローバル社会で活躍するための資質を培うことにつながっています。

日本語が好きになっても嫌いにならない工夫 

「サマーキャンプ in ぎふ」には、このように幅広い年齢層や多数の国や地域の子どもが参加しますが、子どもたちの日本語力もさまざまです。日本語のボキャブラリーが少なく、日常生活をするための必要最低限の会話しかできない子どももいれば、日本の学年相応の読み書きの力がある子どももいます。しかし、ほとんどの子どもにとって、日本語は第二言語か第三言語で、大多数の子どもの共通言語は英語です。このような状況を考慮し、当キャンプでは日本語を使う機会をできるだけ増やす一方で、無理強いして嫌いにならないように、以下のような工夫をしています。

  一つ目は、日本語で活動することです。交流する地元の子どもたちはもちろん、スタッフや講師、ホストファミリーも日本語で話し、通訳はいません。日本語を聞いたり話したりする機会がたくさんあるので、日本語力が自然に向上します。また、日本の人々とたくさん話をするために、日本語をもっと上手になりたいという気持ちも芽生えます。

  二つ目は、自由時間や食事中には参加者の間では英語で会話することを認めているということです。これは子どもたちがフラストレーションを貯めないための配慮です。また、活動の効果を高め、安全を確保するため、日本語力の乏しい子どもには、指導者の重要な指示を伝える際に英語を使うこともあります。

多彩なプログラムで楽しみながら日本文化を理解する

  「サマーキャンプ in ぎふ」では、楽しみながら日本文化を理解するための多彩な体験学習プログラムを組んでいます。特に日本の自然を活かした食文化や昔から継承されている伝統文化に触れること、日本で生活したり、日本人と接したりする際に必要なマナーを修得することに主眼を置いています。ここで今年実施予定の主なプログラムをご紹介します。

◆学校体験:地元の公立中学校・高等学校で、日本の学校の授業や掃除や給食などの学校生活を体験します。同年代の日本の子どもたちとの交流によって、生きた日本語に触れることができます。

◆地域交流体験:地元で行われているイベントや諸活動に一緒に参加します。これらの活動を通じて、生きた日本語に触れることができます。第1期では「和太鼓」の練習に参加して交流し、第2期では地元の子どもたちとともに「いかだ」を作り、川下りを体験します。

◆地域生活体験:地元民家でのホームステイはそこに暮らす人々の心のあたたかさを感じる場であるとともに、日本の家庭の日常生活を経験する絶好の機会となります。また、日本語でたくさん話をすることもできるでしょう。第2期のホームステイ先は、川下り体験で交流する子どもたちの家庭です。

◆古民家生活体験:所有者の方が手入れし大切にされている築100年の古民家「とっさの家」で田舎暮らしを体験します。薪割りをしてかまどを使ってご飯を炊いたり、五右衛門風呂に入ったり、古民家に隣接する山や川で遊んだりします。源流に近いため、川の水は美しく、夏でも冷たく感じられるほどです。

◆伝統文化体験:日本の伝統工芸(わら細工、竹細工、和紙工芸、草木染め、機織り、木工など)の製作や食づくりを通してものをつくる喜びを味わいます。自然の素材を利用した手作りの製品や食事のあたたかさときめ細かさを肌で感じることによって、日本人が古来より代々伝えてきた伝統文化のすばらしさと奥深さを理解することができます。そして、命や物を大切にする心を育みます。

◆農業体験:里山で栽培されている作物の収穫やその準備作業に携わることによって、昔から受け継がれている日本人の生活を感じます。また、作業を教えてくれる地元に暮らす人々と触れ合うことによって日本人の温かさも感じることができます。

◆自然体験:緑豊かな山道を散策するハイキング、さわやかな清流で楽しむ川遊びなどを通じて、日本の自然を味わいます。ハイキングでは、新鮮な空気を満喫しながらバードウォッチングや植物・昆虫採集なども楽しめます。川遊びでは、美しい川での水遊びやBBQも楽しめます。

◆寺院体験:地元の人々の生活に密着している禅宗の寺院で読経、座禅などを体験します。自分自身を静かに見つめる時間は、今後の人生にとって貴重な体験になるでしょう。 また、ここでの生活を通じて、様々な礼儀や作法を学ぶことができます。

◆史跡・地場産業見学:岐阜県下に多数ある史跡・名所を訪れます。訪問の候補地は、山県市内の史跡の他、岐阜城とその城下町などです。また、地元の工業施設など、現代のものつくりの現場を見学し、伝統産業や地元の資源との関係なども学びます。

  「サマーキャンプ in ぎふ 2015」は、参加者の申し込みを受け付けています。詳細は、米日教育交流協議会のウェブサイト www.ujeec.org をご覧ください。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。

1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師も務めている。

◆米日教育交流協議会(UJEEC) Website:www.ujeec.org

米日教育交流協議会(UJEEC)・代表 丹羽筆人

参加する子どもたちの年齢層や在住国・地域はグローバル 

グローバル化が進む国際社会において、複数の言語を使いこなし、異文化を理解することが、とても重要になっています。日本に生まれながら米国など諸外国に暮らす子どもや日本人の血を引きながら米国など諸外国で生まれ育っている子どもの数も増加しています。このような子どもたちが日本と米国など諸外国の双方の言語と文化を理解するための教育的な活動を実践するために、2006年に米日教育交流協議会(US-Japan Educational Exchange Council 略称:UJEEC) を設立しました。

  当協議会の活動の一つである「サマーキャンプ in ぎふ」は、日本で実施する海外に暮らす子ども専用の日本語・日本文化体験学習プログラムです。当協議会設立の2006年から9年間にわたり、7月上旬から8月初旬に年1~2回実施してきました。これまで実施した16回にのべ176人が参加しました。1年目の参加者数は、第1期が2人、第2期が3人というような寂しいスタートでしたが、2年目以降は徐々に増加し、9年目の昨年は第1期が22人、第2期が10人と過去最多となりました。(2011年と2013年は1回のみ実施)

  参加者構成は年度や実施期間によって異なりますが、平均すると女子が約55%と男子を上回り、小学生が約40%、中学生が約50%、高校生が10%です。参加対象は小学4年生から高校生であり、幅広い年齢層の子どもが一緒に活動することが特長です。また、米国在住者のみならず、カナダ、メキシコ、英国、アイルランド、トルコ、韓国、中国、香港、台湾、タイに暮らす子ども、そして日本に暮らしインターナショナルスクールやアメリカンスクールに通学している子ども参加しました。米国在住者では、カリフォルニア州やワシントン州、ニューヨーク州、ニュージャージー州などが

多いですが、全米各地に散らばっています。このように幅広い国や地域に暮らす子どもたちが出会うことができる場にもなっています。

  このように幅広い年齢層や在住国・地域の子どもたちと交流することは、グローバル社会で活躍するための資質を培うことにつながっています。

日本語が好きになっても嫌いにならない工夫 

「サマーキャンプ in ぎふ」には、このように幅広い年齢層や多数の国や地域の子どもが参加しますが、子どもたちの日本語力もさまざまです。日本語のボキャブラリーが少なく、日常生活をするための必要最低限の会話しかできない子どももいれば、日本の学年相応の読み書きの力がある子どももいます。しかし、ほとんどの子どもにとって、日本語は第二言語か第三言語で、大多数の子どもの共通言語は英語です。このような状況を考慮し、当キャンプでは日本語を使う機会をできるだけ増やす一方で、無理強いして嫌いにならないように、以下のような工夫をしています。

  一つ目は、日本語で活動することです。交流する地元の子どもたちはもちろん、スタッフや講師、ホストファミリーも日本語で話し、通訳はいません。日本語を聞いたり話したりする機会がたくさんあるので、日本語力が自然に向上します。また、日本の人々とたくさん話をするために、日本語をもっと上手になりたいという気持ちも芽生えます。

  二つ目は、自由時間や食事中には参加者の間では英語で会話することを認めているということです。これは子どもたちがフラストレーションを貯めないための配慮です。また、活動の効果を高め、安全を確保するため、日本語力の乏しい子どもには、指導者の重要な指示を伝える際に英語を使うこともあります。

多彩なプログラムで楽しみながら日本文化を理解する

  「サマーキャンプ in ぎふ」では、楽しみながら日本文化を理解するための多彩な体験学習プログラムを組んでいます。特に日本の自然を活かした食文化や昔から継承されている伝統文化に触れること、日本で生活したり、日本人と接したりする際に必要なマナーを修得することに主眼を置いています。ここで今年実施予定の主なプログラムをご紹介します。

◆学校体験:地元の公立中学校・高等学校で、日本の学校の授業や掃除や給食などの学校生活を体験します。同年代の日本の子どもたちとの交流によって、生きた日本語に触れることができます。

◆地域交流体験:地元で行われているイベントや諸活動に一緒に参加します。これらの活動を通じて、生きた日本語に触れることができます。第1期では「和太鼓」の練習に参加して交流し、第2期では地元の子どもたちとともに「いかだ」を作り、川下りを体験します。

◆地域生活体験:地元民家でのホームステイはそこに暮らす人々の心のあたたかさを感じる場であるとともに、日本の家庭の日常生活を経験する絶好の機会となります。また、日本語でたくさん話をすることもできるでしょう。第2期のホームステイ先は、川下り体験で交流する子どもたちの家庭です。

◆古民家生活体験:所有者の方が手入れし大切にされている築100年の古民家「とっさの家」で田舎暮らしを体験します。薪割りをしてかまどを使ってご飯を炊いたり、五右衛門風呂に入ったり、古民家に隣接する山や川で遊んだりします。源流に近いため、川の水は美しく、夏でも冷たく感じられるほどです。

◆伝統文化体験:日本の伝統工芸(わら細工、竹細工、和紙工芸、草木染め、機織り、木工など)の製作や食づくりを通してものをつくる喜びを味わいます。自然の素材を利用した手作りの製品や食事のあたたかさときめ細かさを肌で感じることによって、日本人が古来より代々伝えてきた伝統文化のすばらしさと奥深さを理解することができます。そして、命や物を大切にする心を育みます。

◆農業体験:里山で栽培されている作物の収穫やその準備作業に携わることによって、昔から受け継がれている日本人の生活を感じます。また、作業を教えてくれる地元に暮らす人々と触れ合うことによって日本人の温かさも感じることができます。

◆自然体験:緑豊かな山道を散策するハイキング、さわやかな清流で楽しむ川遊びなどを通じて、日本の自然を味わいます。ハイキングでは、新鮮な空気を満喫しながらバードウォッチングや植物・昆虫採集なども楽しめます。川遊びでは、美しい川での水遊びやBBQも楽しめます。

◆寺院体験:地元の人々の生活に密着している禅宗の寺院で読経、座禅などを体験します。自分自身を静かに見つめる時間は、今後の人生にとって貴重な体験になるでしょう。 また、ここでの生活を通じて、様々な礼儀や作法を学ぶことができます。

◆史跡・地場産業見学:岐阜県下に多数ある史跡・名所を訪れます。訪問の候補地は、山県市内の史跡の他、岐阜城とその城下町などです。また、地元の工業施設など、現代のものつくりの現場を見学し、伝統産業や地元の資源との関係なども学びます。

  「サマーキャンプ in ぎふ 2015」は、参加者の申し込みを受け付けています。詳細は、米日教育交流協議会のウェブサイト www.ujeec.org をご覧ください。

執筆者のプロフィール

河合塾で十数年間にわたり、大学入試データ分析、大学情報の収集・提供、大学入試情報誌「栄冠めざして」などの編集に携わるとともに、大学受験科クラス担任として多くの塾生を大学合格に導いた。また、現役高校生や保護者対象の進学講演も多数行った。一方、米国・英国大学進学や海外サマーセミナーなどの国際的企画も担当。

1999年に米国移住後は、CA、NJ、NY州の補習校・学習塾講師を務めた。2006年に「米日教育交流協議会(UJEEC)」を設立し、日本での日本語・日本文化体験学習プログラム「サマー・キャンプ in ぎふ」など、国際的な交流活動を実践。さらに、河合塾海外帰国生コース北米事務所アドバイザーとして帰国生大学入試情報提供と進学相談も担当し、北米各地での進学講演も行っている。また、文京学院大学女子中学校・高等学校北米事務所アドバイザー、名古屋国際中学校・高等学校アドミッションオフィサー北米地域担当、デトロイトりんご会補習授業校講師も務めている。

◆米日教育交流協議会(UJEEC) Website:www.ujeec.org

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください