<!--:en-->Witch’s Hat Brewing Company - South Lyon, MI<!--:--><!--:ja-->Witch’s Hat Brewing Company(ウィッチハット)South Lyon, MI<!--:--> 1

アメリカのテレビ番組にあった”Cheers”を知っている人はかなりの通だろう。テレビ・ラジオ番組のジャンルに「シットコム(sitcom)」と呼ばれるものがある。シチュエーション・コメディーの略で、舞台が固定され、登場人物の軽妙な会話が主のもの。“Cheers”は1980年代に人気を博し、NBCの「Must See TV」のキャッチフレーで、木曜日の夜に放送されていた。ボストンのバーにやってくる常連が、おしゃべり、交流するシナリオで、オープニングのテーマソングの「誰もが自分の名前を知っている、そこに寄ってみたくなる」のフレーズは、当時からアメリカに住んでいる人なら聞いたことがあるだろう。その雰囲気をかもし出そうとしているのが、Witch’s Hat Breweryだ。

家族経営のこのBreweryの名前の由来は、Breweryの向かいにあるWitch’s Hat Depot。South Lyonのシンボルで鉄道駅だったが、現在の公園に移転保存された。屋根の形が魔女の帽子をしていてかわいらしい。現在はチャペル、学校などとともにSouth Lyonの歴史資料を保存したり、市民に開放されるスペース。オーナー夫妻はSouth Lyon出身でWitch’s Hat Depotで結婚式を挙げたというから、Breweryが昨年11月にこの場所へ新装移転したのも思い入れの証だろう。

確かなビール作りが特徴

メインのビールは5種類で、シーズナルを組み合わせて提供している。

Three Kord Kolsch:オーナーはもともとbeer festivalに参加していたビール好き。ビールの本家ドイツも訪れ、ケルンのプライドをここに込めた。Kolschはケルン独特のビール。

AVB5%切れ味のよさと、明るい黄色が特徴。クラシックなビールを好む人に超おススメ。

Train Hopper IPA: このBreweryのフラッグスター・ビール。最初は苦味を感じるが「朝の出発寸前の汽車に飛び乗るような気にさせるほどホップのうまさがある」とリストに書かれているほどホップの風味が豊か。AVB6.9%。

Hyppie Girl Beonde:ブロンド・エール。コリアンダー(ハーブのシラントロ)とともに醸造されている。むしろ甘みを感じるほど。飲みやすさがうれしい。AVB4.5%。

どのBreweryでもMugクラブがあるが、ここは”Drink Local” にしているユニークなMug メンバー会員プログラムを行っている。他のところはお店のロゴがついたマグを使うが、ここのはDearborn Grass Academyの製作によるマグ。カラフルで重量感のある250オンスのマグは一つ一つデザインや色が違うのだ。壁面にかけられた400個のマグは、ここは美術館かと思うほどのアート感覚あふれたアイディア。これも地域を大切にし、他と違った特色を出したいというオーナーの考えから。

(年会費$50、マグは$150)

Witch’s Hat BreweryはBrew Pubで、ビールのみを提供するTap Room。それでも「食べ物の持込みがいつもOK」なので、常連や家族連れでにぎわっている。

ある意味では“懐かしい少し前のアメリカ”を感じさせる”Cheers”をモデルにしているWitch’s Hat Breweryは、Noviの中心から、またはUS-23からも、車でわずか10分ほど。「誰もが自分の名前を知っている、そこに寄ってみたくなる」場所になりそうだ。

Witch’s Hat Brewing Company

601 S. Lafayette, South Lyon, MI 48178

【電話番号】(248) 486 2595

【ウェブサイト】http://witchshatbrewing.com