<!--:en-->サンクスギビングとターキーディナー の話<!--:--><!--:ja-->サンクスギビングとターキーディナー の話<!--:--> 1

ハロウィーンが終わると店頭の飾りつけが一変し、ターキーの絵柄をあちこちで見かけるようになる。食にまつわる行事としては最大と言っても良い感謝祭がやってくる。

感謝祭(Thanksgiving Day)の起源は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマスに移住したピルグリムと呼ばれる入植者の最初の収穫を記念する行事であると一般に伝えられている。本国から持ってきた種子などで農耕を始めたところ、土地に合わず餓死者が続出。アメリカ先住民の助け(食物を分け、栽培法を教えてくれた等)によって救われたので、その感謝を表すために次の年に先住民を招いて収穫を祝う宴会を開いたとの話がポピュラーだが、このストーリーは先住民との暗い歴史に明るい逸話を加えた作り話だとの説もあるとか。神の恵みに対する感謝と認識している人も多い。

現代では、一般的には宗教色は薄れた分、宗教や人種に関わりなく、食事を囲んで大勢の親族や友人が集う日であり、大切な家族行事の一つと位置づけらることが多い。一方で近年は、年末商戦の開幕ともいえる大セールが、かつてはThanksgiving Dayの次の日にあったものが、競うように早まって、セールの方に関心も過ごす時間も移行している節がある。

伝統的な晩餐会のメインディッシュとなるのは七面鳥、つまりターキーの丸焼き。それをスライスしてグレービーソースやクランベリーソースを添える。典型的なサイドディッシュは、スタッフィング、マッシュポテト、ヤム(サツマイモ)やスクワッシュ(カボチャ)の料理、インゲンのキャセロール、コーン、ワイルドライスなど。ターキーディナーと呼ばれるメニューだ。

ちなみに、ターキーを切り分ける役は、家の主人というのが一般的。

短期滞在の方もアメリカに居るからには、一度はこの典型的なディナーを経験してみては?  大型スーパーや肉屋、デリのお店でセットメニューの事前注文を受け付けるが、ターキーはもとより、ポピュラーなメニューの材料が大安売りされるので、ぜひ一部だけでもチャレンジを!

ターキーディナーに慣れていない(あるいは一度焼いて懲りてしまった)人の為に、ここでは、在米歴の長い日本人女性たちのヒントをいくつか紹介。

○ターキーは表面にバターを塗って焼くと皮がパリッとなり、香ばしい。ホイルでカバーするより、市販されている袋に入れて焼く方がしっとりする。

スタッフィング(クルトン+セロリやマシュルームなど)はその名の通り、ターキーの中(内臓を取りのぞいた空間)に詰めて一緒に焼き上げるのが定番ではあるが、肉汁や脂でぐちゃっとなるので、別に調理した方が無難。

独特の匂いを緩和するために、焼く前に生ニンニクを中側に塗り付けたり、中にニンニクやセロリや好みのハーブなどを入れて焼くのも一案。

○コーンブレッドはミックスの粉を利用しても結構美味しい。右の写真はJeffyのコーンマフィン・ミックス。

筆者と友人の一致した意見は「(チェーン店)“ボストン・マーケット”のコーンブレッドが一押し」。このお店はチキンの丸焼きがメインの商品で、チキンもスタッフィングなどのサイドメニューも癖が無く、人気。

○スイートポテト・キャセロールはマシュマロとブラウンシュガーを載せて焼くので超甘。日本人にはデザート感覚の一品としてお勧め。Yam(マッシュドまたは水煮)の缶詰を利用すれば簡単。

ハロウィーンが終わると店頭の飾りつけが一変し、ターキーの絵柄をあちこちで見かけるようになる。食にまつわる行事としては最大と言っても良い感謝祭がやってくる。

感謝祭(Thanksgiving Day)の起源は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマスに移住したピルグリムと呼ばれる入植者の最初の収穫を記念する行事であると一般に伝えられている。本国から持ってきた種子などで農耕を始めたところ、土地に合わず餓死者が続出。アメリカ先住民の助け(食物を分け、栽培法を教えてくれた等)によって救われたので、その感謝を表すために次の年に先住民を招いて収穫を祝う宴会を開いたとの話がポピュラーだが、このストーリーは先住民との暗い歴史に明るい逸話を加えた作り話だとの説もあるとか。神の恵みに対する感謝と認識している人も多い。

現代では、一般的には宗教色は薄れた分、宗教や人種に関わりなく、食事を囲んで大勢の親族や友人が集う日であり、大切な家族行事の一つと位置づけらることが多い。一方で近年は、年末商戦の開幕ともいえる大セールが、かつてはThanksgiving Dayの次の日にあったものが、競うように早まって、セールの方に関心も過ごす時間も移行している節がある。

伝統的な晩餐会のメインディッシュとなるのは七面鳥、つまりターキーの丸焼き。それをスライスしてグレービーソースやクランベリーソースを添える。典型的なサイドディッシュは、スタッフィング、マッシュポテト、ヤム(サツマイモ)やスクワッシュ(カボチャ)の料理、インゲンのキャセロール、コーン、ワイルドライスなど。ターキーディナーと呼ばれるメニューだ。

ちなみに、ターキーを切り分ける役は、家の主人というのが一般的。

短期滞在の方もアメリカに居るからには、一度はこの典型的なディナーを経験してみては?  大型スーパーや肉屋、デリのお店でセットメニューの事前注文を受け付けるが、ターキーはもとより、ポピュラーなメニューの材料が大安売りされるので、ぜひ一部だけでもチャレンジを!

ターキーディナーに慣れていない(あるいは一度焼いて懲りてしまった)人の為に、ここでは、在米歴の長い日本人女性たちのヒントをいくつか紹介。

○ターキーは表面にバターを塗って焼くと皮がパリッとなり、香ばしい。ホイルでカバーするより、市販されている袋に入れて焼く方がしっとりする。

スタッフィング(クルトン+セロリやマシュルームなど)はその名の通り、ターキーの中(内臓を取りのぞいた空間)に詰めて一緒に焼き上げるのが定番ではあるが、肉汁や脂でぐちゃっとなるので、別に調理した方が無難。

独特の匂いを緩和するために、焼く前に生ニンニクを中側に塗り付けたり、中にニンニクやセロリや好みのハーブなどを入れて焼くのも一案。

○コーンブレッドはミックスの粉を利用しても結構美味しい。右の写真はJeffyのコーンマフィン・ミックス。

筆者と友人の一致した意見は「(チェーン店)“ボストン・マーケット”のコーンブレッドが一押し」。このお店はチキンの丸焼きがメインの商品で、チキンもスタッフィングなどのサイドメニューも癖が無く、人気。

○スイートポテト・キャセロールはマシュマロとブラウンシュガーを載せて焼くので超甘。日本人にはデザート感覚の一品としてお勧め。Yam(マッシュドまたは水煮)の缶詰を利用すれば簡単。

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください