<!--:en-->リダックがロサンゼルス(LA)郊外トーランスに ホテルをスタート!<!--:--><!--:ja-->リダックがロサンゼルス(LA)郊外トーランスに ホテルをスタート!<!--:--> 4

総合不動産会社のリダック(株式会社リロ・ホールディング海外子会社)が、ホテル運営を開始した。2014年1月に既存のホテルを買い取り、リダック ゲートウェイ ホテル イン トーランス(以下リダック ゲートウェイ ホテル)として営業を開始していたが、ロビーをはじめ客室や会議室などの改装が進み、7月にリニューアルオープンした。「日本語の通じる日本人に優しいホテルとして認知度を高めていく所存です」とのリニューアル表明の通り、日本人向けの設備とサービスに力を入れている。

同ホテルはロサンゼルス国際空港より南東へ15分。ダウンタウンは通らずに済むのが不慣れな者に助かる。トーランスには日本企業が数多くあり、近隣には駐在員や現地の日本人が多く住んでいるそうで、日本人が滞在するのに適した地域。ミシガンからの訪問で心弾むのは、日本日本マーケットミツワやニジヤ、マルカイなどが有名な日本スーパーがあること。ミツワはリダック ゲートウェイ ホテルから歩いてでも行ける範囲。建物内に本屋、食器のお店、風月堂など菓子の老舗店舗も入っている。隣接して(日本の百円ショップ)ダイソーもある。飲食店の多いガーデナ地区までも近く、とても便利な立地にある。

☆弊紙レポーターは8月中旬、リニューアルオープンしたばかりのホテル内を取材する機会を得た。日本人好みな設備やサービスを中心に紹介させていただく。

リニューアルされた客室(デラックスルーム)はカーペットも家具も新調され、トイレもバスルームシャワーも 新しく清潔。特に日本人に嬉しいのは温水洗浄機能付トイレと深めのバスタブ等、日本式の浴室設備が導入されている点。ゆったりとしたデスクの横にはコーヒーメーカー、冷蔵庫、電子レンジが備えられ、仕事空間としても滞在空間としても機能性とゆとりが感じられる。

まだ、2階部分の改装が続いているが、宿泊客に迷惑がかからないように徐々に進めているとのこと。年内には全客室が改装済みとなり、102室が稼働する予定になっている。

フロントには日本語を話せるスタッフが常駐。日本の新聞や日本語フリーペーパーも用意され、日本人滞在客の快適さを重視していることが見て取れた。TVジャパンの視聴もできる。

ホテル内に和洋食レストラン「玉手箱」が併設されていて、朝食(バフェ)付きの宿泊プランもある。日本風な朝ごはん-ーー味噌汁とご飯、納豆や焼鮭などで一日をスタートすることができる。昼食/夕食時にはポピュラーな日本食メニューを取りそろえ、日本のビールも提供している。

また、(原則)5マイル四方まで、バンによる送迎シャトルサービス(無料:原則一人一日一回)を提供しているので、不慣れな地で車を運転することなく、食事やドリンクを楽しむことができるのがありがたい。

ビジネスフレンドリーであるだけなく、ロサンゼルス観光の拠点として家族旅行の際にも打ってつけ。豪華な施設のホテルとは言えないが、その分、価格も手ごろで、住宅が決まるまでの短期滞在、長期の出張にも便利で快適なホテルといえる。

スタッフも親切でフレンドリー。LAでの滞在ホテルとしてお勧めできる。

《その他のサービス・設備》

施設・備品

  • 会議室は60人規模と20人規模、大小あり。コーヒーや軽食、ケータリングサービスの手配可。
  • パティオ席があり、パーティー開催も可能。
  • 館内にサウナ、共用コインランドリー。 *部屋にはアイロンと台がある。
  • 簡易ベッド(ロールウェイベッド)の追加が可能。

サービス・特典

  • 企業の出張手配・予約担当者が簡単に予約をとれるようコーポレート専用窓口を設置。
  • フリーWiFi、フリーパーキング。
  • コーポレート料金有り。現在、改装前の部屋を特別価格で提供中。

《観光地へのアクセス》

LAダウンタウンまで30分、ディズニーランドまで40分弱、映画などによく出てくるサンタモニカ方面までは35分(いずれもスムーズな場合)。メインのフリーウェイに近く、アクセスが楽なのも助かる。

特に冬が長く厳しいミシガンからの避寒の旅先として、日本食や生活用品や本の買い出しも兼ねて行くという魅力もある地である。

ホテルから車で十数分ほどの距離にあるレドンドビーチ(Redondo Beach)は観光客やスポーツ愛好家の間で人気の地域。桟橋周辺にはシーフード店もあり、ローカル感と良い意味で古びた趣のある一画。太平洋に沈む夕日を楽しむこともでき、散歩にも向いている。

更に足を伸ばせば、メキシコ(ティファナ)まで2時間半ほど、デスバレーへは5時間ほどで、日帰りも可能。全く異なった世界に身を置くことができる

リダック ゲートウェイ ホテル イン トーランス/Redac Gateway Hotel in Torrance

詳細は、www.redachotel.com、日本語  http://www.redachotel.com/ja-jp/
お問合せ:  e-Mail: info@redachotel.com
住所: 20801 S. Western Ave., Torrance, CA 90501
TEL: (310)328-2800(日本語対応) FAX: (310)328-2860

総合不動産会社のリダック(株式会社リロ・ホールディング海外子会社)が、ホテル運営を開始した。2014年1月に既存のホテルを買い取り、リダック ゲートウェイ ホテル イン トーランス(以下リダック ゲートウェイ ホテル)として営業を開始していたが、ロビーをはじめ客室や会議室などの改装が進み、7月にリニューアルオープンした。「日本語の通じる日本人に優しいホテルとして認知度を高めていく所存です」とのリニューアル表明の通り、日本人向けの設備とサービスに力を入れている。

同ホテルはロサンゼルス国際空港より南東へ15分。ダウンタウンは通らずに済むのが不慣れな者に助かる。トーランスには日本企業が数多くあり、近隣には駐在員や現地の日本人が多く住んでいるそうで、日本人が滞在するのに適した地域。ミシガンからの訪問で心弾むのは、日本日本マーケットミツワやニジヤ、マルカイなどが有名な日本スーパーがあること。ミツワはリダック ゲートウェイ ホテルから歩いてでも行ける範囲。建物内に本屋、食器のお店、風月堂など菓子の老舗店舗も入っている。隣接して(日本の百円ショップ)ダイソーもある。飲食店の多いガーデナ地区までも近く、とても便利な立地にある。

☆弊紙レポーターは8月中旬、リニューアルオープンしたばかりのホテル内を取材する機会を得た。日本人好みな設備やサービスを中心に紹介させていただく。

リニューアルされた客室(デラックスルーム)はカーペットも家具も新調され、トイレもバスルームシャワーも 新しく清潔。特に日本人に嬉しいのは温水洗浄機能付トイレと深めのバスタブ等、日本式の浴室設備が導入されている点。ゆったりとしたデスクの横にはコーヒーメーカー、冷蔵庫、電子レンジが備えられ、仕事空間としても滞在空間としても機能性とゆとりが感じられる。

まだ、2階部分の改装が続いているが、宿泊客に迷惑がかからないように徐々に進めているとのこと。年内には全客室が改装済みとなり、102室が稼働する予定になっている。

フロントには日本語を話せるスタッフが常駐。日本の新聞や日本語フリーペーパーも用意され、日本人滞在客の快適さを重視していることが見て取れた。TVジャパンの視聴もできる。

ホテル内に和洋食レストラン「玉手箱」が併設されていて、朝食(バフェ)付きの宿泊プランもある。日本風な朝ごはん-ーー味噌汁とご飯、納豆や焼鮭などで一日をスタートすることができる。昼食/夕食時にはポピュラーな日本食メニューを取りそろえ、日本のビールも提供している。

また、(原則)5マイル四方まで、バンによる送迎シャトルサービス(無料:原則一人一日一回)を提供しているので、不慣れな地で車を運転することなく、食事やドリンクを楽しむことができるのがありがたい。

ビジネスフレンドリーであるだけなく、ロサンゼルス観光の拠点として家族旅行の際にも打ってつけ。豪華な施設のホテルとは言えないが、その分、価格も手ごろで、住宅が決まるまでの短期滞在、長期の出張にも便利で快適なホテルといえる。

スタッフも親切でフレンドリー。LAでの滞在ホテルとしてお勧めできる。

《その他のサービス・設備》

施設・備品

  • 会議室は60人規模と20人規模、大小あり。コーヒーや軽食、ケータリングサービスの手配可。
  • パティオ席があり、パーティー開催も可能。
  • 館内にサウナ、共用コインランドリー。 *部屋にはアイロンと台がある。
  • 簡易ベッド(ロールウェイベッド)の追加が可能。

サービス・特典

  • 企業の出張手配・予約担当者が簡単に予約をとれるようコーポレート専用窓口を設置。
  • フリーWiFi、フリーパーキング。
  • コーポレート料金有り。現在、改装前の部屋を特別価格で提供中。

《観光地へのアクセス》

LAダウンタウンまで30分、ディズニーランドまで40分弱、映画などによく出てくるサンタモニカ方面までは35分(いずれもスムーズな場合)。メインのフリーウェイに近く、アクセスが楽なのも助かる。

特に冬が長く厳しいミシガンからの避寒の旅先として、日本食や生活用品や本の買い出しも兼ねて行くという魅力もある地である。

ホテルから車で十数分ほどの距離にあるレドンドビーチ(Redondo Beach)は観光客やスポーツ愛好家の間で人気の地域。桟橋周辺にはシーフード店もあり、ローカル感と良い意味で古びた趣のある一画。太平洋に沈む夕日を楽しむこともでき、散歩にも向いている。

更に足を伸ばせば、メキシコ(ティファナ)まで2時間半ほど、デスバレーへは5時間ほどで、日帰りも可能。全く異なった世界に身を置くことができる

リダック ゲートウェイ ホテル イン トーランス/Redac Gateway Hotel in Torrance

詳細は、www.redachotel.com、日本語  http://www.redachotel.com/ja-jp/
お問合せ:  e-Mail: info@redachotel.com
住所: 20801 S. Western Ave., Torrance, CA 90501
TEL: (310)328-2800(日本語対応) FAX: (310)328-2860

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください