人生には様々な「始まりと終わり」と呼ばれる節目があります。その節目には結婚など喜ばしい節目もあれば、大切な人の死などとても残酷なものもあります。しかし、どんなに喜ばしい節目であれど、各節目において、私達の心の中は複雑になるものです。たとえば、子供が学校を卒業、巣立ちという成長の出目度い場面といえど、親子とも新しいスタートへの興奮、希望とともに、その変化への対応には様々な心の葛藤な生じるものではないでしょうか。

では、なぜ、節目には、私達の心の中にジレンマが生じるのでしょう? それ は、何かの終わりというのは何かの始まりではあるけれど、何かが終わるとい ういうことは、そこには必ず何か失うものがあるからです。私達は、人生を通 して、様々な転機に遭遇します。どのような転機であれ、それぞれの転機におい て、私達は幾分の心理的調節を要求されます。簡単に調節できる転機もあれば、 ある転機以来、「心がすっきりしない」、「自分が自分でなくなってしまった」 ということもあるでしょう。
人生の転機などにより、何か自分とり大切なものを失うことを英語でEmotional Lossesと呼びます。卒業、結婚などの喜ばしい出来事はもとより、Emotional Lossesは様々なことにより生じます。大切な人・ペットの死、離婚など大切な 人・ものとの別離、または、突然、会社から解雇、失業、転職、転勤などからも 心理的な喪失が発生します。さらに、なんらかの事故や病気により健康の一部を 損傷、また、なんらかの心理的ダメージによるトラウマにより安心感、信頼感、 夢や希望を失うなど、心理的喪失というのは、様々なことから生じます。
転機がどのようなものであれ、何かを失うというのは、とても私的で悲痛な体験 です。どのような転機が一番苦痛なものであるかというのは、各個人より様々で すが、その喪失とされるものがあなたにとり多大であればあるほど、その悲嘆プ ロ1/セ4スpはag複e雑sでiとzeてaもd困.難HなonもgのHにuaなります。ゆえに、ある人にはなんていうこ とMaのrcなhか2っ0た07ことがあなたにとってはとても大きな喪失に感じられることが起こります。こうした感じたの違いが生じるのは、人それぞれ、性格も違えば、人生経験・環境も異なるからです。

人生の転機は私達の心の中に様々な波風を引き起こします。喪失から、強い悲しみ、怒り、孤独感を感じることもあれば、罪悪感、後悔の念に苛まれることもあります。また、ある転機をきっかけに心の奥にしまい込んでいたものが溢れ出てきたり、昔の傷が痛みだしたりすることもあるでしょう。あるいは、ある人生の転機をきっかけに人生に対して後向きになってしまったり、人生が楽しくなくなってしまうということもあるでしょう。

自分ひとりで多様に変化する感情や心理的葛藤と付き合う方法を見つけるのは容易ではありません。ゆえに、あまりの激しい心痛から逃れるために、お酒、食べ物、ショッピング、仕事にのめり込むといったことも起こるでしょう。しかし、これらは、短期的な癒しに過ぎなく、心痛が消えてなくなるということはありません。感情というのは、押さえつけても消えてなくなることはなく、反対に押さえつければ、押さえつけるほど、それらの感情を避ければ避けるほど、感情が複雑化し、悲しみからの癒しを先送りしてしまうことになります。

生憎、心の傷というのは、ほっておいても治るということはありません。反対にほっておくと精神的疾患を引き起こしてしまいます。人生の転機への調節がうまくいかず、うつやその他の精神疾患にかかってしまうというのはとてもよくあることです。ある人生の転機をきっかけに人生の意味という問いにぶつかったり、あなた自身の価値というようなものが粉々に砕けてしまったり、様々な感情に打ちのめされたり、絶望に陥いってしまうことがあります。また、納得のいかない転機に対して様々な問い、また、論理的な説明を探し求め続け、途方にくれてしまうこともあります。

心の傷というのはその傷口から血が溢れ出ていても、化膿してきても見えることはありません。心の場合、どのぐらいとその度合を自己では適切に判断するのはとても難しいことです。カウンセリングに行くことが恥辱の印となっている傾向がありますが、私達皆、風邪をひいたり、怪我をしたりして、病院に行きます。また「肩が凝ったなぁ~」と思うとマッサージに行くこともあります。身体と同じく、心もケアが必要です。心も風邪をひいたり、傷を負うことがあるのは当然です。心も身体検査やエステが時には必要です。

人生にはいろいろなことがあります。つい「自分のことは自分で」と思いがちで すが、自分ひとりですべてを抱え込むというのは心身にとても負担がかかりま す。心の傷も「あのときの出来事はなんでもないと思っていたけど、実は自分に とり大きな打撃になっていたんだな~」などと青あざのような印が表に現れると 今カウンセリングに行かなければなどとわかりやすいのですが、残念ながら、 心の場合、何かが明確に表に印が現れることはありません。最近、「元気がな い」、「涙が止まらない」、「前向きになれない」などの心のサインが出てい たら、カウンセリングというものを利用していただけたらと思います。カウンセ ラーとともに、新しい人生の目標、意味を見つめ直し、人生の転機を乗り越えて いくというのもよいのではないでしょうか。

執筆者紹介:こあきバイヤーズドルフ

こあきバイヤーズドルフ: Lifescape Counseling LLC のオーナー、メンタルヘルスカウンセラー、クロスカルチャーコンサルタント。日本語にて様々な心のケアサービスを提供。

詳しくは、www.lifescapecounselingllc.comをご覧ください。また、Facebook、ブログの方も随時更新しておりますので、フォローください。(ウエブサイトにリンクあり)

Lifescape Counseling LLC (Tel) 734-237-3589

108 N. Center Suite 204, Northville, MI 48167

人生には様々な「始まりと終わり」と呼ばれる節目があります。その節目には結婚など喜ばしい節目もあれば、大切な人の死などとても残酷なものもあります。しかし、どんなに喜ばしい節目であれど、各節目において、私達の心の中は複雑になるものです。たとえば、子供が学校を卒業、巣立ちという成長の出目度い場面といえど、親子とも新しいスタートへの興奮、希望とともに、その変化への対応には様々な心の葛藤な生じるものではないでしょうか。

では、なぜ、節目には、私達の心の中にジレンマが生じるのでしょう? それ は、何かの終わりというのは何かの始まりではあるけれど、何かが終わるとい ういうことは、そこには必ず何か失うものがあるからです。私達は、人生を通 して、様々な転機に遭遇します。どのような転機であれ、それぞれの転機におい て、私達は幾分の心理的調節を要求されます。簡単に調節できる転機もあれば、 ある転機以来、「心がすっきりしない」、「自分が自分でなくなってしまった」 ということもあるでしょう。
人生の転機などにより、何か自分とり大切なものを失うことを英語でEmotional Lossesと呼びます。卒業、結婚などの喜ばしい出来事はもとより、Emotional Lossesは様々なことにより生じます。大切な人・ペットの死、離婚など大切な 人・ものとの別離、または、突然、会社から解雇、失業、転職、転勤などからも 心理的な喪失が発生します。さらに、なんらかの事故や病気により健康の一部を 損傷、また、なんらかの心理的ダメージによるトラウマにより安心感、信頼感、 夢や希望を失うなど、心理的喪失というのは、様々なことから生じます。
転機がどのようなものであれ、何かを失うというのは、とても私的で悲痛な体験 です。どのような転機が一番苦痛なものであるかというのは、各個人より様々で すが、その喪失とされるものがあなたにとり多大であればあるほど、その悲嘆プ ロ1/セ4スpはag複e雑sでiとzeてaもd困.難HなonもgのHにuaなります。ゆえに、ある人にはなんていうこ とMaのrcなhか2っ0た07ことがあなたにとってはとても大きな喪失に感じられることが起こります。こうした感じたの違いが生じるのは、人それぞれ、性格も違えば、人生経験・環境も異なるからです。

人生の転機は私達の心の中に様々な波風を引き起こします。喪失から、強い悲しみ、怒り、孤独感を感じることもあれば、罪悪感、後悔の念に苛まれることもあります。また、ある転機をきっかけに心の奥にしまい込んでいたものが溢れ出てきたり、昔の傷が痛みだしたりすることもあるでしょう。あるいは、ある人生の転機をきっかけに人生に対して後向きになってしまったり、人生が楽しくなくなってしまうということもあるでしょう。

自分ひとりで多様に変化する感情や心理的葛藤と付き合う方法を見つけるのは容易ではありません。ゆえに、あまりの激しい心痛から逃れるために、お酒、食べ物、ショッピング、仕事にのめり込むといったことも起こるでしょう。しかし、これらは、短期的な癒しに過ぎなく、心痛が消えてなくなるということはありません。感情というのは、押さえつけても消えてなくなることはなく、反対に押さえつければ、押さえつけるほど、それらの感情を避ければ避けるほど、感情が複雑化し、悲しみからの癒しを先送りしてしまうことになります。

生憎、心の傷というのは、ほっておいても治るということはありません。反対にほっておくと精神的疾患を引き起こしてしまいます。人生の転機への調節がうまくいかず、うつやその他の精神疾患にかかってしまうというのはとてもよくあることです。ある人生の転機をきっかけに人生の意味という問いにぶつかったり、あなた自身の価値というようなものが粉々に砕けてしまったり、様々な感情に打ちのめされたり、絶望に陥いってしまうことがあります。また、納得のいかない転機に対して様々な問い、また、論理的な説明を探し求め続け、途方にくれてしまうこともあります。

心の傷というのはその傷口から血が溢れ出ていても、化膿してきても見えることはありません。心の場合、どのぐらいとその度合を自己では適切に判断するのはとても難しいことです。カウンセリングに行くことが恥辱の印となっている傾向がありますが、私達皆、風邪をひいたり、怪我をしたりして、病院に行きます。また「肩が凝ったなぁ~」と思うとマッサージに行くこともあります。身体と同じく、心もケアが必要です。心も風邪をひいたり、傷を負うことがあるのは当然です。心も身体検査やエステが時には必要です。

人生にはいろいろなことがあります。つい「自分のことは自分で」と思いがちで すが、自分ひとりですべてを抱え込むというのは心身にとても負担がかかりま す。心の傷も「あのときの出来事はなんでもないと思っていたけど、実は自分に とり大きな打撃になっていたんだな~」などと青あざのような印が表に現れると 今カウンセリングに行かなければなどとわかりやすいのですが、残念ながら、 心の場合、何かが明確に表に印が現れることはありません。最近、「元気がな い」、「涙が止まらない」、「前向きになれない」などの心のサインが出てい たら、カウンセリングというものを利用していただけたらと思います。カウンセ ラーとともに、新しい人生の目標、意味を見つめ直し、人生の転機を乗り越えて いくというのもよいのではないでしょうか。

執筆者紹介:こあきバイヤーズドルフ

こあきバイヤーズドルフ: Lifescape Counseling LLC のオーナー、メンタルヘルスカウンセラー、クロスカルチャーコンサルタント。日本語にて様々な心のケアサービスを提供。

詳しくは、www.lifescapecounselingllc.comをご覧ください。また、Facebook、ブログの方も随時更新しておりますので、フォローください。(ウエブサイトにリンクあり)

Lifescape Counseling LLC (Tel) 734-237-3589

108 N. Center Suite 204, Northville, MI 48167

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください