<!--:en-->University of Michigan Matthaei Botanical Gardens<!--:--><!--:ja-->ミシガン大学の自然園Matthaei Botanical Gardensに盆栽ガーデンがオープン<!--:--> 5

 Matthaei Botanical Gardensは大学校舎とは離れた自然豊かな地区にあり、1時間コースのトレイルもあるほど広大な敷地に季節ごとに自然の草花が息づいている。大学の研究機関だが一般公開しており、温室の裏手の造園区域にはロックガーデン、子供用の広場など趣向の異なる花壇や菜園があり、よく手入れされ、凝った配置となっている。
 今季、温室に隣接した一画に盆栽ガーデン(Bonsai & Penjing Garden)が新設された。木の塀に囲まれた展示スペースには、およそ70の盆栽があり、いくつかの作品はギャラリーのように展示台に鎮座している。これらはアナーバー盆栽ソサエティーのメンバーを中心とする愛好家や収集家の寄贈によるもので、手入れや剪定にも有志のボランティアが献身的に携わっている。盆栽ガーデン開設は彼らの長年の夢であり多大な労力の結晶として実現した。
 5月19日に催されたオープニングセレモニーは琴の演奏で始まり、夏日のような眩い日差しの下、300人程の人々が盆栽ガーデンの開設を祝福した後、盆栽を鑑賞した。
 松田在デトロイト総領事は挨拶の中、「東西の文化がここに息づいていることが素晴らしい」といった贐の言葉と、かつて実父から教えられたという「盆栽はミニチュアであるが、同時に壮大さをもつ」とのエピソードを語った。
  担当者からは、この盆栽ガーデンは長年の夢であり、ここ数年、推進組織(Bonsai Garden Leadership Committee)を中心に、アナーバーの盆栽ソサエティーを始め州内外のコレクターやアーティストの惜しみないボランティアの尽力を得て開設にこぎつけた経緯が伝えられた。続いて、推進メンバーであり、この庭園のガイドラインを築いてきたDr.Wikieより、挨拶と盆栽収集の歴史が述べられた。50年ほど前にミシガン大学の学者Dr. Seeversが盆栽をスタートし、没後、同園に163本が寄贈された。彼の名にちなんでセーバーツリーと呼ばれたこれらの木々が予算カットのために放置されたり、瀕死の状態に陥ったために鉢から出して土に返した時期があったこと、また、ボランティアによるケアの体制が築かれて来た事実などが紐解かれた。
 邦楽グループ「雅」は、4竿の琴にキーボードを加えて、日本の名曲「さくらさくら」の琴曲「さくら幻想曲」や「瀬音」「流れ」など自然をテーマにした曲、そして米人にもポピュラーな「コンドルは飛んでいく」やディズニーメドレーなどを演奏した。美しい音色とともに、日本の伝統音楽をも紹介する豊かなひとときとなった。
 展示された盆栽の中には樹齢60年を超すものもあり、素人目にもその枝ぶりや全体の姿、景色の見事さに惹き込まれた。ボランティアでイベントの写真撮影に携わっているミッシェルさんは「この日を心待ちにしていた。(展示内容は)期待以上に素晴らしい」と御満悦。それにしても、当地で盆栽を愛する人が多いこと、知名度が高いことに驚きを覚える。手入れに携わっている盆栽ソサエティーの一員Ms.Ttudyさんは自宅でも18の盆栽を育てているとのこと。きっかけはアナーバーのフラワーショーで、同ソサエティーの出展による盆栽を目にして、その姿に惹かれたのだそう。自然の変化や息遣いに身近に寄り添えるのが育てる魅力なのだと話してくれた。

 ちなみに、アナーバー盆栽ソサエティー(Ann Arbor Bonsai Society)はMatthaei Botanical Gardensを会場に月一回集い、盆栽の手入れの他、情報を交換している。
 同ガーデンの盆栽は、鉢の中に温度管理機能を備えているものもあり、維持には手間も費用も掛け続けていくことになる。募金や協力を随時必要としているので、関心のある方はMatthaei Botanical Gardensの担当者あてにご連絡を。gayles@umich.edu
 Matthaei Botanical Gardensは研究機関であり、自然遺産を継承したり、人々に知識や学習の場を提供したりするのが一つの使命で、自然観察のガイドツアーや学習プログラムなどが頻繁に行われている。温室(Conservatory)以外は無料で日の出から日暮れまで自由に散策できる。盆栽ガーデンが加わって楽しみが倍増した庭園の豊かな自然に恵まれた空間や、それぞれの季節の花の美しさや木々の色を楽しみに訪れたい場所である。

Matthaei Botanical Gardens

1800 N. Dixboro Rd. Ann Arbor, MI
問い合わせ:(734) 647-7600