人間関係において、悔しい気持ち、いたたまれない気持ちになることはありませんか? 例えば、職場でちょっとしたミスだけなのに怒鳴られ、まるで自分がダメ人間のように扱われたり、意見が違うだけなのに、友人間で面倒な争いに巻き込まれて、なんだか自分が悪者にされてしまったりなど、人間関係にストレスを感じている方は多いのではないでしょうか。失望感や疎外感を覚えたり、人間関係の悩みに陥ったときというのは、本当に何とも言えない気持ちになります。四方八方がふさがれがれたような気分で心も重くなります。また、どうすることもできない状況に心が打ちひしがれ、精神的にやられてしまうこともあるでしょう。

「自分は悪くない。アイツが悪いんだ。」と片付けようとしても心はすっきりしません。他の学校へ転校するしてもまた嫌な仲間に出会うかもしれません。問題がある毎に友人・知人と縁を切るわけにもいきません。自分と合わない人、難しい人というのは、どこへ行ってもいるわけですから、これらは、ただの一時しのぎにしかすぎません。人間関係というのは、様々な問題をはらんでおり、人とうまく付き合うのはなかなか難しいものです。皆が皆、良い人ばかりとは限りませんし、皆が自分に対して友好的というわけではありません。職場に嫌な人がいることもあれば、親戚にどうしても苦手だというタイプの人もいるでしょう。世の中には、いろいろな性格の人がいるわけですから、気が合わない人がいるのも当然です。また、「どうしてあの人はこんなことをするんだろう」と失礼極まりない人やいじわるで押しつけがましい人に出会うこともあるでしょう。しかし、どんな人との関係であれ、その関係が悪化し、複雑化してしまうと、なんだか自分の人生自体がこじれた感じになってしまいます。

我々皆、「もう人間関係にうんざり」とすべての人間関係を断ち切ってしまいたい気分になるときがあります。しかし、私達人間は、人との交際・接触・付き合いがあることにより、人生が豊かになり、意味があるものになるわけで、すべての人間関係を断ち切ってしまったらとても寂しい人生になってしまいます。生態系システムのように私達は様々な場所で様々な人とのつながりがあるからこそ、私達の暮らしが可能になるわけです。ゆえに、簡単に「人間関係、やめ~た」というわけにはいかないわけです。

では、人とうまく付き合うにはどうすればいいのでしょう。どんな難しい相手とでもうまく付き合う方法について、ここで少しご紹介しましょう。人間関係の問題は様々な理由にて生じます。まず、相手に問題があるのか、もしくは、自分自身に問題があるのか、それとも、両者に問題があるのではなく、その状況に対する対応・理解・コミュニケーションの方法に問題があるのか見極めます。

  • あなたの持つ人間関係の悩みはどこから発生していますか?
  • あなたは、誰とどんな風に、どんな場合、問題がありますか?
  • 前回問題が起こったとき、どんな内容でどんな人とどんなことが問題になりましたか?
  • 何が自分にとって、その状況が難しく感じられたのでしょう?
  • 相手は、どんな様子でしたか?

あなたの持つ問題を細かく分析していくことにより、あなたの持つ問題がはっきり見えてきます。何がどんな風にどんな人と問題があるのか、まず、しっかり把握することは問題解決をする上でとても重要となります。そうすることにより、全体的なあなたの人間関係のパターンも見えてきます。

また、自分を見つめ直すという作業も大切です。なんといっても人を変えることはできないし、大抵、置かれた状況も変えることができないのが常です。自分に出来ることは、問題に対する自分の態度・対応の方法を変えることではないでしょうか。これは、自分というものを変えるという意味ではありません。人間関係を円滑にするということは、自分を失くすということではでもありません。それどころか、対人技術・能力を身につけるということは、更に自分らしく生きるということです。自分に向き合うということは容易なことではありませんが、自己の内面を深く洞察することは大切です。例えば、誰かと会話しているとき、相手の意見・態度を否定的にとらえていることはありませんか? 何らかの理由でイライラしているとき、不満をかかえているとき、相手にその感情をぶつけているということはありませんか? 相手に自分の意見・考え・やり方を押し付けていることはありませんか? それとも、孤独を恐れるあまり、不本意な人間関係に依存していることはありませんか? 自分をよく見つめ直すことにより、何が問題であるかということが見えてきます。

人間関係がしんどいと感じるのは、大半の人が抱えている問題です。人付き合いがしんどく感じられたり、人間関係にうんざりする時もありますが、どのように人間関係を築くかにより、学校の成績、昇給、出世、人生までが変わってしまうのが現実です。人間関係における問題は本当に様々で複雑です。ゆえに、人間関係の中で感じる不快感、モヤモヤ感というのは、心身にとても負担がかかります。人間関係が困難な状況が長く続くと、人と付き合うことに不安を感じるようになったり、人の前で自分らしく振舞えなくなったり、また、人といるストレスから心身症的症状で苦しむことになったりということが起こります。人とうまく付き合う技術・能力というのは身につけることができます。上手な人間関係というのは、自分を含む両者の気持ちを思いやりながら、お互いの意見を尊重できることです。自分と相手の両方の短所も含めて受け入れるというのは容易なことではありませんが、その上でお互いの気持ちや意見を恐れなく表現・理解し合えるというのが素晴らしい関係ではないでしょうか。人間関係とコミュニケーションというのは、密接に結びついています。どんな風に人と対応するのがベストなのか、コミュニケーションの技術を磨くことは人と楽しく関わるひとつの秘訣です。自己分析や人間関係の技術・能力を身につけるのは難しく、心の専門家であるカウンセラーにお願いするというのも一つの方法です。また、悩みを友人に相談して、その答えや対応に傷ついて、更に人間関係のストレスを強くしてしまうこともあるので、全くの第三者であり専門家であるカウンセラーに相談するとよいのではないでしょうか。

執筆者紹介:こあきバイヤーズドルフ

こあきバイヤーズドルフ: Lifescape Counseling LLC のオーナー、メンタルヘルスカウンセラー、クロスカルチャーコンサルタント。日本語にて様々な心のケアサービスを提供。

詳しくは、www.lifescapecounselingllc.comをご覧ください。また、Facebook、ブログの方も随時更新しておりますので、フォローください。(ウエブサイトにリンクあり)

Lifescape Counseling LLC (Tel) 734-237-3589

108 N. Center Suite 204, Northville, MI 48167

人間関係において、悔しい気持ち、いたたまれない気持ちになることはありませんか? 例えば、職場でちょっとしたミスだけなのに怒鳴られ、まるで自分がダメ人間のように扱われたり、意見が違うだけなのに、友人間で面倒な争いに巻き込まれて、なんだか自分が悪者にされてしまったりなど、人間関係にストレスを感じている方は多いのではないでしょうか。失望感や疎外感を覚えたり、人間関係の悩みに陥ったときというのは、本当に何とも言えない気持ちになります。四方八方がふさがれがれたような気分で心も重くなります。また、どうすることもできない状況に心が打ちひしがれ、精神的にやられてしまうこともあるでしょう。

「自分は悪くない。アイツが悪いんだ。」と片付けようとしても心はすっきりしません。他の学校へ転校するしてもまた嫌な仲間に出会うかもしれません。問題がある毎に友人・知人と縁を切るわけにもいきません。自分と合わない人、難しい人というのは、どこへ行ってもいるわけですから、これらは、ただの一時しのぎにしかすぎません。人間関係というのは、様々な問題をはらんでおり、人とうまく付き合うのはなかなか難しいものです。皆が皆、良い人ばかりとは限りませんし、皆が自分に対して友好的というわけではありません。職場に嫌な人がいることもあれば、親戚にどうしても苦手だというタイプの人もいるでしょう。世の中には、いろいろな性格の人がいるわけですから、気が合わない人がいるのも当然です。また、「どうしてあの人はこんなことをするんだろう」と失礼極まりない人やいじわるで押しつけがましい人に出会うこともあるでしょう。しかし、どんな人との関係であれ、その関係が悪化し、複雑化してしまうと、なんだか自分の人生自体がこじれた感じになってしまいます。

我々皆、「もう人間関係にうんざり」とすべての人間関係を断ち切ってしまいたい気分になるときがあります。しかし、私達人間は、人との交際・接触・付き合いがあることにより、人生が豊かになり、意味があるものになるわけで、すべての人間関係を断ち切ってしまったらとても寂しい人生になってしまいます。生態系システムのように私達は様々な場所で様々な人とのつながりがあるからこそ、私達の暮らしが可能になるわけです。ゆえに、簡単に「人間関係、やめ~た」というわけにはいかないわけです。

では、人とうまく付き合うにはどうすればいいのでしょう。どんな難しい相手とでもうまく付き合う方法について、ここで少しご紹介しましょう。人間関係の問題は様々な理由にて生じます。まず、相手に問題があるのか、もしくは、自分自身に問題があるのか、それとも、両者に問題があるのではなく、その状況に対する対応・理解・コミュニケーションの方法に問題があるのか見極めます。

  • あなたの持つ人間関係の悩みはどこから発生していますか?
  • あなたは、誰とどんな風に、どんな場合、問題がありますか?
  • 前回問題が起こったとき、どんな内容でどんな人とどんなことが問題になりましたか?
  • 何が自分にとって、その状況が難しく感じられたのでしょう?
  • 相手は、どんな様子でしたか?

あなたの持つ問題を細かく分析していくことにより、あなたの持つ問題がはっきり見えてきます。何がどんな風にどんな人と問題があるのか、まず、しっかり把握することは問題解決をする上でとても重要となります。そうすることにより、全体的なあなたの人間関係のパターンも見えてきます。

また、自分を見つめ直すという作業も大切です。なんといっても人を変えることはできないし、大抵、置かれた状況も変えることができないのが常です。自分に出来ることは、問題に対する自分の態度・対応の方法を変えることではないでしょうか。これは、自分というものを変えるという意味ではありません。人間関係を円滑にするということは、自分を失くすということではでもありません。それどころか、対人技術・能力を身につけるということは、更に自分らしく生きるということです。自分に向き合うということは容易なことではありませんが、自己の内面を深く洞察することは大切です。例えば、誰かと会話しているとき、相手の意見・態度を否定的にとらえていることはありませんか? 何らかの理由でイライラしているとき、不満をかかえているとき、相手にその感情をぶつけているということはありませんか? 相手に自分の意見・考え・やり方を押し付けていることはありませんか? それとも、孤独を恐れるあまり、不本意な人間関係に依存していることはありませんか? 自分をよく見つめ直すことにより、何が問題であるかということが見えてきます。

人間関係がしんどいと感じるのは、大半の人が抱えている問題です。人付き合いがしんどく感じられたり、人間関係にうんざりする時もありますが、どのように人間関係を築くかにより、学校の成績、昇給、出世、人生までが変わってしまうのが現実です。人間関係における問題は本当に様々で複雑です。ゆえに、人間関係の中で感じる不快感、モヤモヤ感というのは、心身にとても負担がかかります。人間関係が困難な状況が長く続くと、人と付き合うことに不安を感じるようになったり、人の前で自分らしく振舞えなくなったり、また、人といるストレスから心身症的症状で苦しむことになったりということが起こります。人とうまく付き合う技術・能力というのは身につけることができます。上手な人間関係というのは、自分を含む両者の気持ちを思いやりながら、お互いの意見を尊重できることです。自分と相手の両方の短所も含めて受け入れるというのは容易なことではありませんが、その上でお互いの気持ちや意見を恐れなく表現・理解し合えるというのが素晴らしい関係ではないでしょうか。人間関係とコミュニケーションというのは、密接に結びついています。どんな風に人と対応するのがベストなのか、コミュニケーションの技術を磨くことは人と楽しく関わるひとつの秘訣です。自己分析や人間関係の技術・能力を身につけるのは難しく、心の専門家であるカウンセラーにお願いするというのも一つの方法です。また、悩みを友人に相談して、その答えや対応に傷ついて、更に人間関係のストレスを強くしてしまうこともあるので、全くの第三者であり専門家であるカウンセラーに相談するとよいのではないでしょうか。

執筆者紹介:こあきバイヤーズドルフ

こあきバイヤーズドルフ: Lifescape Counseling LLC のオーナー、メンタルヘルスカウンセラー、クロスカルチャーコンサルタント。日本語にて様々な心のケアサービスを提供。

詳しくは、www.lifescapecounselingllc.comをご覧ください。また、Facebook、ブログの方も随時更新しておりますので、フォローください。(ウエブサイトにリンクあり)

Lifescape Counseling LLC (Tel) 734-237-3589

108 N. Center Suite 204, Northville, MI 48167

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください