<!--:en-->デトロイト美術館で雛祭り<!--:--><!--:ja-->デトロイト美術館で雛祭り<!--:--> 3

日本の伝統文化をたしなむ女性たちが実演披露

 日本のひな祭り当日にあたる3月3日の日曜日に、デトロイト美術館(D I A )の一画「リベラ・コート」を会場に、日本の雛(ひな)祭りイベントが開催された。デトロイト総領事館によるプログラムで、雛人形の展示の他、茶の湯のお点前、生け花、琴の演奏などの日本の伝統文化を大勢の来訪者が鑑賞した。

 総領事館の文化担当者アニータさんより、総領事館の使命の一つとして文化紹介を行っているが、自分たちだけではできないため、今回は外部の多くの女性たちが伝統文化の披露を請け負ってくれている由が伝えられた後、女の子の成長を祝うと同時に春の訪れを祝う意味もあるといった雛祭りの概要や、雛壇の解説がなされた。
 実演は、邦楽グループ『雅(みやび)』の布村聡子さんと浅野裕子さんによる琴の演奏で優雅な幕開け。『うれしいひな祭り』『桜』の他、5曲を美しい音色と見事な弦さばきで披露した。

 続いてJSDウィメンズクラブのメンバーによる茶道の実演に移り、その楚々とした立ち居振る舞いや美しい点前に惹きこまれ、観客席も粛々とした雰囲気が満ちた。会場となった「リベラ・コート」はDIAが誇る荘厳なスペースで、壁は「Detroit Industry」という労働風景の巨大なフレスコ画(画家Diego M. Rivera)になっており、‘わびさび’の世界とは程遠い躍動感溢れる絵画の空間だが、茶の湯の落ち着いた雰囲気を生み出していた。茶の湯の所作とその背景にある文化や生活習慣について、日本の知識が少ない人の立場や関心に合わせ、分かりやすい解説がなされた。
 プログラムの中盤は、いけばなインターナショナルデトロイト支部のメンバーによる実演。まず、前支部長の下浦敏子さんが生け花の歴史を簡単に説明した後、流暢な英語で伝統のスタイルや基本概念などの解説をつけながら生け花を披露した。洋風なチューリップがアレンジされ、美しい作品に仕上がると大きな拍手が巻き起こった。続いて、流派の異なるノーハンさんが趣の異なる作品を手がけ、こちらも多くの観客の好意的な反響を呼んだ。
 プログラムの最後は風呂敷による包み方の披露。風呂敷は近年日本でも、無駄のなさと機能性、そして美しい柄が見直されている。庶民が銭湯(風呂屋)へ行く折に衣類や入浴用具を包むもの(風呂敷包み)であったが、時代と共に廃れたが最近のエコ志向や環境に良い優れものとして再び見直されるようになっていることなど解説が加えられた。2本のワインボトルで二本包み、バスケットボールでスイカ包み、一升瓶包み、バック(手提げ)包などを披露した。四角い布が変化自在に、様々な形の物を包んでゆく魔法のような手順に観客は釘付けとなっていた。配布された包み方の説明書きを手に「家で是非挑戦してみたい」との意欲的な声が呟かれていた。

 桃の節句とも呼ばれ、春の訪れを伝える行事でもある雛祭り。春には程遠い寒さの3月初頭のミシガンの午後であったが、美術館の一画には華やかな彩りと優雅な空気が満たされた。