<!--:en-->「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内<!--:--><!--:ja-->「サマーキャンプ in ぎふ 2013」のご案内<!--:--> 2

日本語の学習意欲を芽生えさせる多彩な自然・文化・歴史体感プログラム

日本の里山での「サマーキャンプ in ぎふ 2013」(米日教育交流協議会主催)を今年も実施します。
 海外での生活が長くなると子どもの日本語力には伸び悩みが見られる。特に海外生まれや幼少時に来米した子どもにはその傾向が目立つ。また、就学後に移住した子どもでも、年齢差や個人差はあるものの3~4年後から英語力が向上する一方で日本語力が停滞する傾向がみられる。また、日本の礼儀作法を習得したり文化・風習などを理解したりすることも難しい。そこで、米日教育交流協議会では、子どもたちの日本語学習意欲を芽生えさせることを目的に、日本人が守り続けてきた素晴らしい自然、文化、歴史が残されている里山(岐阜県揖斐川町)で日本語・日本文化を体験する「サマーキャンプ in ぎふ」を実施している。このキャンプは、補習校講師でありアメリカに長く暮らす子を持つ父親でもある当協議会の代表者が出身地の岐阜県の人々と協力しながら作り上げたもので、実施される多彩な「自然・文化・歴史体感プログラム」には次のようなものがある。伝統文化体験、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・名所見学など。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿プログラムも用意している。参加者や保護者の満足度は高く、喜びの声が主催者に寄せられており、複数回参加する子どもも目立っている。

実施期間:第1期-7月5日から17日、第2期-7月26日から8月5日
主な体験プログラム:伝統文化体験(ものつくり、食つくりなど)、自然体験(ハイキング・川遊びなど)、地域交流体験(スポーツ・音楽クラブなどとの交流)、地域生活体験(ホームステイ)、禅寺体験(座禅・読経など)、史跡・社会見学などの多彩な自然・文化・歴史体感プログラム。第1期では地元の町立小・中学校、県立高校での体験入学、第2期では日本の子どもとの合宿交流プログラムも用意している。
参加対象:海外在住で日本語学習中の小学生(4~6年生)、中学生、高校生。
参加費用:$2,050(第1期)、$1,850(第2期)

*日本との往復航空券代、集合・解散場所までの交通費などは含まない。

◆お問い合わせ・お申し込み先
 IACE TRAVEL アジア課 電話:1-866-735-4223  E-mail:info@iace-asia.com
 *現在、参加申し込み受け付け中。
詳細は、米日教育交流協議会のウェブサイトhttp://www.ujeec.orgを参照。