<!--:en-->Pazki Day is February 12th!<!--:--><!--:ja-->移民の国アメリカで異国料理~その2<!--:--> 1

2月12日は、Paczki Day!

 今年のPaczki Dayは、2月12日。Paczki Dayには、メトロデトロイト近辺にあるPolishベーカリー店にPaczkiを購入するために、長い行列ができる。

 Paczki Day とは、ポーランドの祝日のひとつ。毎年、レント(Lent*)の前の最後の火曜日(Fat Tuesday)がPaczki Dayとされ、レントの期間に禁止とされる食べ物を使い果たすのがその始まり。Paczki Dayは、家族、友達等で集まり、大量のごちそうを食べるという、ポーランド人の祝祭日なのである。

いろいろなソーセージの種類がある。ビールのおつまみにぴったり!?

 ちなみにPaczkiとは、甘い詰め物がしてあるドーナツのようなもの。近年ではいろいろなフルーツジャムやクリームの詰め物もあるが、プラムジャム、ローズヒップジャムが伝統的。Paczkiもレントの期間に禁止とされる砂糖、ラード等を使い果たす目的から生まれたひとつの食べ物。

 なぜミシガン州でポーランドの祝日が大きくお祝いされるのかといえば、なんとミシガン州は、イリノイ州、ニューヨークに次ぎ、アメリカで3番目に大きなポーランド人系のコミュニティがあるのが所以。多くのポーランド人の移民がミシガン州へ入ってきたのは、50年代頃。大きく経済成長するデトロイトへ職を求め、また、多くのカトリック系の学校、教会が所在したためミシガン州へ多く移民があったとされる。

左から順にSauerkrauts(キャベツの漬物)Pierogi(餃子に似たもの),Kielbasa(ポーランドのソーセージ), Golabki(ロールキャベツのようなもの)

 ゆえに、ミシガン州ではミニポーランドと呼ばれる地区(トロイ市、ハムトラミック市近辺)がある。その近郊には、ポーリッシュカルチャーセンターを含め、レストラン、食材店、旅行会社、伝統工芸品店、本屋等がある。

*レント(Lent)とは、カトリック信者が断食と悔い改めを行う期間、灰の水曜日(Ash Wednesday)から復活祭(Easter)までの40日間。

 Paczki Day をきっかけに、ポーリッシュレストランに行ってみてはいかが? 肉が多いPolish Foodは、日本人には重い感じがするかもしれないが、ポーランド本場の味が楽しめる。お試しあれ。

デトロイト近郊のポーリッシュレストラン

Polish Village Café(現金のみ。)

2990 Yemans Hamtramck Michigan 48212 / (313)874-5726
www.thepolishvillagecafe.com

Wawel Polish Resturant(American Polish Cultural Center内)

2975 E. Maple Road Troy Michigan 48083
www.americanpolishcenter.com/restaurant.html

by: オトニョ

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください