夏の終わりの賑やかなフェスティバル

 レイバーデー週末の恒例になった“Ford Arts, Beats & Eats”イベントがロイヤルオークで開催され、インターナショナル・ステージで、和太鼓パフォーマンスグループ“雷音(らいおん)”が昨年に引き続き出演した。ステージ担当者は「昨年、大人気を博した。再出場してくれて嬉しい」と語っていた。音楽ジャンルは異なるもののエレクトリック楽器によるバンドの出演が多い中で、和太鼓は異彩を放ち、気迫の篭ったビートで大勢の観客を釘付けにしていた。

 フェスティバルはロイヤルオークの道路数ブロックが会場に充てられ、10ヵ所の特設ステージに延べ200を越すパフォーマーが出演。そして地元やデトロイトのレストランなどによるフード屋台、アート作品やジュエリーのブースがずらりと軒を連ねた。求め易い価格でありながら質が高い品々が多いことが定評になっている。週末は夕闇が深まるまで、遅々としか歩くことができないほどの人出だった。常連の地元の人によれば「ミシガン・ステイトフェア(農牧業の品評会も含む、クラフトやパフォーマンスなどのイベント)の開催がなくなってから、来場者が増えた」と言うこと。今やメトロデトロイトで屈指の賑やかさを誇る夏のイベントになっている。このイベントの収益金は数十万ドルに上り、寄付に充てられている。

夏の終わりの賑やかなフェスティバル

 レイバーデー週末の恒例になった“Ford Arts, Beats & Eats”イベントがロイヤルオークで開催され、インターナショナル・ステージで、和太鼓パフォーマンスグループ“雷音(らいおん)”が昨年に引き続き出演した。ステージ担当者は「昨年、大人気を博した。再出場してくれて嬉しい」と語っていた。音楽ジャンルは異なるもののエレクトリック楽器によるバンドの出演が多い中で、和太鼓は異彩を放ち、気迫の篭ったビートで大勢の観客を釘付けにしていた。

 フェスティバルはロイヤルオークの道路数ブロックが会場に充てられ、10ヵ所の特設ステージに延べ200を越すパフォーマーが出演。そして地元やデトロイトのレストランなどによるフード屋台、アート作品やジュエリーのブースがずらりと軒を連ねた。求め易い価格でありながら質が高い品々が多いことが定評になっている。週末は夕闇が深まるまで、遅々としか歩くことができないほどの人出だった。常連の地元の人によれば「ミシガン・ステイトフェア(農牧業の品評会も含む、クラフトやパフォーマンスなどのイベント)の開催がなくなってから、来場者が増えた」と言うこと。今やメトロデトロイトで屈指の賑やかさを誇る夏のイベントになっている。このイベントの収益金は数十万ドルに上り、寄付に充てられている。

返事を書く

コメントを記入してください
お名前を記入してください