<!--:en-->Welcome To Ann Arbor [5] Art Fairs (Parking & Hospitality)<!--:--><!--:ja-->ようこそアナーバーへ【5】アナーバー・アートフェアズ(駐車と宿泊について)<!--:--> 1

 アナーバー・アートフェアズは、毎年7月に開催され、50万人もの人出で賑わいます(アナーバーの人口は約10万人)。今年は、7月18日(水)-21日(土)の4日間です。期間中は、アナーバーへ至る道は混み、ダウンタウンでの駐車は難しくなります。又、泊まりがけで来る場合、直前にホテルに電話をしても、部屋が見つからない可能性があります。今月号では、駐車と宿泊について、有用と思われる情報をいくつか提供したいと思います。

アナーバー・アートフェアズ

 アートフェアズと複数になっているのは、4つの独立したアートフェア(The Ann Arbor Street Art Fair, the Original、The State Street Area Art Fair、The Ann Arbor Summer Art Fair、Ann Arbor’s South University Art Fair)で構成されているためです。その中でも、53年前に始まったThe Ann Arbor Street Art Fair, the Original は、アメリカで最も歴史のあるアートフェアのひとつに数えられています。ダウンタウンの通りには、千人弱の、北米各地から選考されたアーティストや工芸家たちのテントが軒を並べます。もちろん、作品は買うことができます。又、商店のバーゲンセール、無料のストリートパフォーマンスやコンサートなども楽しめます。お洒落なレストランで食事をしながら、道行く人々を眺めるのも良いかもしれません。(写真)

車でのアクセス

 デトロイト国際空港からは、インターステートのI-94(出口177・175・172)が便利です。ノバイからは、M-14(出口3)を使うと便利です。通勤・帰宅時間と重なると、高速が混雑する可能性がありますので、本誌3月号で紹介した「アナーバーへの裏道」を使うのも一案かと思います。アナーバー観光局日本語サイト(http://nihongo.visitannarbor.org)の「ぶろぐ」ページにも、裏道についての記事が載っています。

公営駐車場

 8箇所あります。アートフェア期間中は、1日10ドル(午後5時以降は5ドル)で駐車できます。前述のアナーバー観光局日本語サイト「アクセス・駐車場」ページでは、各駐車場の位置が確認できるグーグルマップ、駐車場ごとの空車情報をリアルタイムでチェックできるサイトのリンクが載せてあります。

AATAパーキング&シャトル

 ダウンタウンは一方通行が多く、アートフェア期間中は歩行者天国になるので、道は混雑します。地理に不慣れな方には、AATA(地元バス会社)が運行するパーキング&シャトルがお勧めです。利用の手順は、以下のとおりです。

  1. Pioneer High School (601 W. Stadium Blvd.)かBriarwood Mall(100 Briarwood Circle)の駐車場に停める(無料)。
  2. 往復3ドルでシャトルに乗る。
  3. Main & WilliamかS. University & Stateの交差点にあるバス停で降り、アートフェアを楽しむ。
  4. 帰りは、いずれかのバス停からシャトルに乗って、元の駐車場まで戻る。

アートフェア会場での移動

 ダウンタウンは徒歩で廻れますが、早めに移動したい時は、Trolleyというバスが利用できます(運賃1ドル)。(写真)

ホテル

 郊外のホテルの中には、アートフェア会場までシャトルを出す所があります。詳細は、各ホテルに直接問い合わせることをお勧めします。今年は、Holiday Inn Ann Arbor Near the University of Michiganが、アートフェア特別パッケージ

 ($109+Taxで同室2人まで、和定食(朝食)・無料シャトルサービス付)を出しています。予約期限は7月9日で、20室限定とのことです。予約サイトへのリンクは、前述のアナーバー観光局日本語サイトの「ホーム」ページに載せています。和定食についても、同サイトの「ぶろぐ」ページに記事が載っています。又、アナーバー周辺のホテルの検索は、同サイト「泊まる」ページにてできます。どうぞご覧下さい。

(注)以上で述べた、駐車料金・バス運賃は、2011年度のレートです。今年のレートは、変更される可能性がありますので、予めご了承下さい。

執筆者紹介:矢野健治(アナーバー観光局 日本語プロジェクト担当)

1998年よりアナーバー在住。2010年より、アナーバー地域コンベンション&ビジターズビューロー(略称:観光局)の日本語プロジェクト担当。英語担当:Mary Christianson。地域の魅力を読者に届けるコラムです。公式観光局日本語サイトはこちら:www.nihongo.visitannarbor.org

このコラム及び日本語サイトの内容に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスにて承っております。

担当者:矢野 メール: nihongo@annarbor.org

写真提供:アナーバー観光局