Japan News Club serving Detroit's Japanese community with local news for over 15 years.

ルネサンス フェスティバル 2017
掲載日:2017.09.12 | トップ, トラベル

IMG_33508月19日から10月1日までの週末と Labor Day、そして’Festival Friday’9/29(金)、Holly(PontiacとFlintの間)でルネサンスフェスティバルが開催されている。広大な野外会場がルネサンス期の衣装をまとった人々で賑わう。貴族や騎士、商人、農民、ジプシー、バイキングや海賊、はたまた寓話の世界からの登場もOKということで、魔法使いに妖精、人魚、トロールまでいる。パフォーマーや店のスタッフだけではなく、エキストラの俳優が歩いていたり口論していたりする。仮装している来場者もかなりいる。カラフルなペンキと花などで彩られた小屋や店は大掛かりな舞台道具のよう。かの時代の市場の賑わいはかくのごときか、といった雰囲気の中で、買い物や飲み食い、踊りや音楽、寸劇などが楽しめる。古代ヨーロッパへタイムトラベルができる期間限定特設テーマパークといったところ。主催者によれば、例年、25万人がミシガン州内はもとより他州やカナダからも訪れる当地指折りのイベントである。

DSC_778617エーカーという広大な敷地に、300を超すアーティストのブースやテントの売店が立ち並び、工芸アート製品 ―エキゾティックなジュエリー、ガラス製品、絵画、皮製品、陶器、などなど― のほか、他所ではあまり見ないルネサンス風な衣装や装飾品を扱う店が多いのが特徴。ナチュラルな石鹸やハーブ、ハニーやスパイスの店もある。さらに、占い屋敷や香りの店が魅惑的な雰囲気を醸し出している。吹きガラス、鍛冶屋の実演も行われている。

IMG_3210場内に17ある大小ステージやストリートではハープやバグパイプをはじめとする様々な楽器による音楽、アイリッシュダンスなどの踊り、コメディー、曲芸などを日がな楽しむことができる。ハイライトは大広場で繰り広げられる馬上競技のショー。内容設定は子供も楽しめるような、茶番で笑いを誘うものだが、本物の馬の颯爽とした走り、そして剣の立ち回りは演出とはいえ見ごたえがある。1日1回(12時半)行われるパレードはなかなかの見もの。

IMG_3198毛色の変わったところで人気を集めていたのは「Birds of Prey」という猛禽(もうきん)のショー。調教した鷹やフクロウを間近でみることができ、ラッキーであれば手や肩に乗せてもらったり、一緒に写真を撮ったりできる機会に恵まれる。

IMG_3224その他、追加料金になるが、食事をとりながら観る特別ショーやカクテルパーティーもある。今年の新しい催しの一つは「New 30 Craft Beers」。クラフトビールばやりを反映している。

子ども向けの人力による乗り物や大人も楽しめるゲームのコーナーがあり、木造りの大ブランコ、斧投げなど、シンプルさがユニーク。コンピューターやハイテクゲームがあふれる時代に、その素朴さが受けるのか、無邪気な歓声があがっていた。クラフトやダンスなど参加型のアクティビティーも数多く企画されている。

IMG_3367開場は10:00am~7:00pm。雨天でも開催。店を覗き、ショーをいくつか観ているうちに2,3時間はすぐに経つ。各週末の特別イベントも組まれている。詳しい情報は、www.michrenfest.comで。

ビールも喫煙もありという、自由なルネサンスらしいフェスティバルだ。前述したように扮装も楽しめる場だが、騎士や海賊につきものの剣など、武器の類は持ち込めないのでご注意を。

IMG_3363入場料:大人$22.95、子ども(5~12歳) $13.95 。*乗り物やゲーム代は別。

ホームページ内のオンライン、またはKroger、Walgreens、Menardsなどの店内で前売り割引券が購入可。Tim HortonやSubwayでクーポンが入手できる。

開催場所:12600 Dixie Hwy, Holly MI 48442

(I-75をExit93で降り、Dixie Highway北上)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。