Japan News Club serving Detroit's Japanese community with local news for over 15 years.

ワシントンD.C.から南へ150マイル コロニアル・ウィリアムズバーグ(ヴァージニア州)
掲載日:2015.03.9 | トラベル

200年以上前の植民地時代にタイムスリップ

コロニアル・ウィリアムズバーグは、ウィリアムズバーグ(バージニア州の独立市)にある18世紀の町を復元させた歴史的地区。1.5キロメートル以上のエリアに、修復保存または復元された約140もの建築物と、90エーカーに及ぶ庭園や緑地が、植民地当時そのままの姿に再現されている。

ウィリアムズバーグは、かつての大英帝国の北米における最大かつ最も繁栄した植民地の首都で、自由平等・代議制政府・社会に対する一個人の権利と義務などアメリカ思想が生まれ育まれた地でもある。ウィリアムズバーグの歴史は、すぐ隣のジェームスタウンにイギリス人が初めて入植し、バージニア植民地となったことから始まった。大学の町として栄え、1699年にジェームスタウンの植民地政府の建物が火災に遭ったため、ウィリアムズバーグが新しい植民地政府の首都として選ばれた。アメリカ独立にあったって、1776年6月にバージニア会議が採択したバージニア権利宣言は個人の自由と州政府の自治を謳っており、この文書はアメリカ合衆国権利章典の基礎となっている。独立後は、自治州となったバージニア州の首都として、東海岸から五大湖に及ぶ一大帝国の政治、社会、経済、文化の中心となった。つまり、歴史的に非常に重要な地なのである。

それを残すために、徹底的に町の史跡の保存や再建の努力が成されている。昼間の史跡保存指定地区(以下、史跡地区)への一般車両をシャットアウト(言うなれば歩行者天国。シャトルバスや馬車のみが交通手段)と近代的な建造物の撤去の結果、歴史テーマパークさながら、まさにタイムスリップしたかのような景観が生み出されている。

テーマパークではなく、生活が営まれ、当時の言葉や理念までも

「パークのような」と前述したが、日本の明治村や、ここミシガンにあるグリーンフィールドビレッジと大きく異なる点は、実際に当時のままに再現された家に住んでいる人々がいること。博物館や町の公共の建物として使用されているものもあれば、観光客向けのレストランやギフトショップも多いが、観光用に保存しているだけの施設群ではないのだ。

住人たちは歴史再現の役も担い、生活様式や言葉も当時のものを踏襲し、過ごしている。メインストリートでは、当時の衣装を着て歩いている人やおしゃべりに興じている人々に出会う。トーマス・ジェファーソンに扮した人がスピーチを行っていたり、裁判所では当時の法律や事例に基づいた模擬裁判が行われている。工芸品や馬具などを作っている職人もいて、当時の工具を使って見学者を迎え、製作した物は商品になり、一石二鳥。18世紀その

ままの工程・工具で作られた陶器やガラスが人気とのこと。昔風なハガキ、ジンジャーエール、駄菓子など、気軽に購入できる物もかなりあり、訪問者は見物だけでなく、自らも昔の暮らしに触れることができる。アイスクリームもいかにもホームメードの味であった。

歴史的な会議や独立戦争の様子をデモンストレーションするなど、当時のウィリアムズバーグの生活を再現するために、様々なプログラムが組まれている。ガイド付きの見学を提供している建築物も多数ある。

これらの魅力に惹かれ、毎年世界各国から百万人以上もの観光客が訪れるそうだ。多少混んでいても、牧歌的な空気が漂っていて、癒されるのも魅力。

観光・訪問のヒント

コロニアル・ウィリアムズバーグは自由に無料で街並みや公園を散策することができるが、フォークアート博物館など資料館的な建物への入館やガイド付きの内部見学、一部のデモンストレーションのためにはパスの購入が必要となる。

公道から外観を眺めて回ったりギフトショップに入ったりするだけでも十分に価値があり、また、立ち入りを規制していない観賞用の庭も多く、見どころは多い。住人たちの衣装を眺めるのも楽しい。

さらに、史跡地区の外、歩ける範囲に現代仕様のお洒落なショップやカフェも数多くある。旧い家並みと自然が共存しているこの地区。春から初夏、そして秋が訪問のベストシーズン。4月にはガーデンツアー、5月には最大の催しであるフェスティバルが行われる。

Historic Garden Week Apr 18 – Apr 25, 2015

Festival Williamsburg May 22 – May 24, 2015

ワシントンD.C.からの日帰りツアーもある。(日本語ツアーもあり)

車で訪れる場合は、Visitor Centerに駐車して、シャトルで史跡地区へ移動するのが確実で容易。景観を損なわない為にか(昔の不便さを体感させたいのか)、案内サインやイベント情報の掲示が少ないので、パンフレットを入手したり、滞在時間や関心に合わせた散策の仕方を教えてもらうことをお勧めしたい。

Colonial Williamsburg Regional Visitor Center

101 Visitor Center Drive Williamsburg, VA 23185

参照:オフィシャル日本語サイト http://www.history.org/languages/japanese.htm

*上記日本語でのイントロダクションのみ。詳細は英語のホームページ:www.history.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。