Japan News Club serving Detroit's Japanese community with local news for over 15 years.

51 North Brewing Company – Lake Orion, MI
掲載日:2015.01.12 | おでかけ特集, レストラン

文&写真 by ヤマトノオロチ

行き着いた先

  長年、自宅でビールを作っていた男が1990年代後半のマイクロビューワリーの萌芽期に魅せられていた。今はない Detroit Brew Factory の常連となり、仲間とビール作りのグループを作るうちにビール産業へ足を踏み入れ、ついに自分のビューワリーを持つようになった。

  51 North Brewing CompanyのオーナーDon Gindhartは、ビューワリーを建てる場所を探していた。前年、候補にしていたデトロイト近辺での計画は実現されず、同じように場所探しをしていた仲間からLake Orionを紹介された。51 North Broadwayは1932年にガソリンスタンドとして建って以来、いくつかの商売が入れ替わっていた。Donは町が所有していたこの建物の中に入った瞬間に、ここだ、と決めたそうだ。

  外観からは想像できないほど、高いドーム状の天井と高窓から射し込む明るい光。2012年、51 North Brewing Companyが誕生。

3つのコンセプト

  Donのコンセプトはローカル、世代をつなげる、そしてビールに対する情熱。常時12のクラフトビールを提供し、そのうち半数は季節限定。中でもユニークで彼のコンセプトを反映しているのが、Mango IPA、Paint Creek Tangerine WheatとBlack IPA。前者は、その風味と香り、名前に反して果物のマンゴーではなく緑茶からこの味を引き出している。お茶の仕入れをしている友人が持ってきたものからビールを造ってみようか、と編み出した。スムーズでフルーティー。対照的にTangerine Wheatは本物のタンジェリンオレンジを使っていた。最初は季節限定だったが、人気が高くレギュラーのコアビールになった。前々回紹介したKuhnhenn BreweryにDonはかつて関係していたことからアドバイスを受け、tangerine extract(摘出液)を使うことで通年提供が実現した。ABV5.7%とは思えないほど軽く飲みやすく感じる。Black IPAは色、風味といい、porterを思わせるが、伝統的な手法基準(Beer Judge Certification Program)ではIPA。モルツを焙煎しホップでバランスをとった。Donは、ブリューガイはどんな味を加えるかも楽しんでいるんだ、と言う。

   Don自身3つのバンドを持っているのでこだわりがある。天井からつるされた他のブリューワリーのTシャツは、“Tシャツスワッピング“のためだけでなく、音の反響を調節する意図もあるそうだ。効果のほどはさておき、火曜日の夜のオープンマイクの時にはだれでもステージでパフォーマンスできるようにしている。「Lake Orionの14歳もすごい演奏をした」と喜ぶ顔には、ファミリーを育て上げた男の顔ものぞかせる。

  シェフは奥さんのMary。祖母、母、おばたちから伝統的な料理を受け継ぎ、そして材料は健康的なものを使う。グルテンフリーのメニューも多い。お勧めは牛肉をスタウトビール

で炒め、ブルーチーズとスカリオンのディップで食べるBeer Bite on Broadway($10)。サンドイッチ、ピザも豊富で値段もほとんどが$10以下。

1月24,25日(土、日)はLake OrionのWinter Festival。湖上ゴルフや雪上レースなどが行われる予定。ブリューワリーのアニバーサリーは25日。

51 North Brewing Company

51 North Broadway, Lake Orion, MI 48362

【電話番号】 248-690-7367

【ウェブサイト】www.51northbrewing.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。