Japan News Club serving Detroit's Japanese community with local news for over 15 years.

水が豊かなミシガンの湖や川の自然に親しもう
掲載日:2013.08.12 | おでかけ特集, トップ, トラベル, 生活

ミシガン育ちの多くの人は短い春から秋を満喫しようと自然の中に身を置く。ヨットやボートを所有している人も多く、湖や川沿いの家に船寄せの施設が備わっているのはごくありふれた光景である。

せっかくミシガンに住んでいるのだから水辺のアウトドアライフを楽しみたいものだが、フロリダ等の観光地と違って、ボート類のレンタルやツアーのビジネスサービスが少ないのが難。今月号では、メトロパークなどの公共の施設を中心に、手軽なカヌー/カヤックのレンタルサービスがある場所、そして用具無しで楽しむことが出来る自然観察やネイチャーセンターをいくつか紹介したい。

デトロイト近郊の公園でのカヌー乗り

身近な州のレクリエーションアリアの2つProud Lake と Island Lake、そしてウェインカウンティの公園Hines ParkにあるNewburgh Lake、以上の3ヶ所で HEAVNER CANOE& KAYAK RENAL運営のカヌーレンタルを利用することができる。
*営業期間や時間、料金はまちまちなので、下記Webサイトなどでご確認ください。
http://www.heavnercanoe.com/

前者2ヶ所(Proud Lake と Island Lake)はステイトパークの入場許可書が必要になる。(入り口で購入が可能。)どちらも何ヶ所かに設定された出発点から川を下る方式で、シャトルのサービスもある。仲間や家族と車2台で行き、シャトルを利用しない方法をとると格安になる。より長い距離や一泊のトリップのアレンジも可能 (要予約)。

Proud Lake は Milfordの南東(Wixomの北西)。約1時間の距離から6時間以上かかるコースまで6種の設定がある。

Island Lake はNew Hudsonの西、Kensington MetroparkのKent Lakeの西端がレンタルカヌーの拠点になっている。1時間から3時間程度の2つのコース。

Newburgh Lakeでは、小さい湖の畔で借りて、同じ所に返却。事前に依頼すれば川くだりも可能。Hines Park は Northville から Plymouth などの7市を経てDearborn Heightsまで続く細長い公園。住宅街を縫う緑のオアシスラインと言っても過言ではないほど木々が豊か。湖水の澱みは否めない。車道(Hines Drive)に沿って自転車レーンもありジョギングやサイクリングをする人にポピュラー。NewburghLakeはフリーウェイ I – 2 7 5 から1マイルほど東。

ここで、(日本の公園や湖でよく見る)手漕ぎボートとカヌーの違いを解説。一番大きな違いは前に進むのがカヌーで後ろに進むのがボート。そして、ボートは櫂(オール)が艇に固定されているのに対し、カヌーは櫂が固定されていない。ということで、カヌーイングで注意を要するのはオールを水に落とさないようにすること。そして1本のオールで左右に切り替えながら漕ぐのに慣れが要る。また、カヌーは細長く左右のバランスが不安定なので転覆にも要注意。進路の状況は確認し易い。初心者でも10分も漕げばコツをつかめる(と思う)が、流れの急な箇所で舵を取るには技術が要る。レンタル用の一般的なカヌーには4,5人乗ることができるが、中で移動するとバランスを崩し転覆しかねないので、動き回りたい時期のお子さん連れでの長いコースは避けた方が無難。

メトロパークで水や自然に親しむアクティビティ

メトロパークは Huron River と Clinton River に沿って、デトロイトを中心に半円状に点在する(現在13箇所)。住宅街近くにありながら緑と水の自然が豊かだ。住民の憩いやアクティビティの場を提供する目的とともに、自然保護も重要な使命。ネイチャーセンターを中心に、学習活動の場や観察ツアーなどを多種提供している。期間および時間や料金の詳細等は公式サイトwww.metroparks.comでお確かめの上、お出かけ下さい。

Delhi Metropark / Dexter-Huron Metropark / Hudson Mills Metropark

Delhi Metroparkは、レンタルカヌーでの川下りサービスの施設がある唯一のメトロパークで、上流のHudson Mills又はDexter-Huronまでカヌーと一緒に運んでくれる。Dexter-Huronからは3マイル。Hudson MillsからはDexter-Huronを経て約8マイルのカヌーイングになる。特に上流は水が澄み緑が深く、町から近いことが信じられないほど。

先日この8マイルのカヌーイングをしたので、詳細を加えて記させていただく。

湖でのカヌーはしたことがあったが、川下りコースは初めてなので短い3マイルコースをする予定で現地入りしたところ、その時間(月曜日の12時)は8マイルのスタート地点へのシャトルしかないと発覚。3マイルコースのシャトルは3時まで無いとのことで、覚悟を決めて8マイルに挑戦することに。曜日によって異なるので予約時に確認されたし。

スタッフから全員(この日は20名強)に、「目標になる橋は5つ。橋の下は右側を。Dexter-Huronに寄って休憩が可能」など口頭で簡単な説明を与えられた後、一足乗り込むと揺れるカヌーにスタッフの手を借りて乗り込み、腰をすえて、いざ出発。8マイルをする者が初心者であるはずは無いと思うからか、漕ぎ方の説明などは全く無い。

川の流れの速さはというと、漕がなくても早歩き程度の速さの場所もあるが、大半は漕がないとほとんど進まないくらいの穏やかさ。水量によって異なるのかもしれない。川面の輝きと緑の美しさに目を奪われつつも、自分たちがどれだけ進んだかが分からず気持ちは落ち着かない。目標となる1つ目の橋が見えるまでが長く、(結果的には全体の1/3ほどの)1時間かかった。数日前の嵐のせいなのか倒木がかなり多い。浅瀬や岩も要注意。川の流れに引きずれて倒木にはまったり、浅瀬に乗り上げて前にも後ろにも進めなくなたりしたが、手足やオールを駆使して危機脱出。川面が白く波立っている所は浅いので回避すべきだと学んだ。途中、岸辺に佇む鹿や七面鳥に遭遇した。

Dexter-Huronまで2時間程。我々の後から出発した家族連れには父親と娘の気合いの入った漕ぎで一気に追い越されたが、他の数艘は視野にも入らなかったので、まず平均並みか速めのスピードといったところか。Dexter-Huronで陸に上がって休憩できると言われていたが、うまく岸に寄せる技術もカヌーを岸に上げる力も無いと判断して素通り。ここまで来れば先が知れて気持ちに余裕が生まれたが、後半は木々の間に見える家も増え、最後のほうは自動車道と並走し、町の雑沓感が伝わってきた。

上陸しての休憩をしなかったので3時間10分でDelhi Metroparkに到着。終点の数百メートル手前に‘West Delhi, Canoe Take-out’の看板があり、誰もいないがここで自力で引き上げるべきなのかと迷い、幸い手元にあった電話番号に問い合わせた。もう少し先と確認でき、安心して先に進んだ。濡れては大変なので車に置こうかと迷った携帯電話が役立った。行き過ぎ、カヌーの破損にはペナルティーを科されるので要注意。終盤には腕が疲れたが、非力な(?)女性二人でも無理の無いコースで景色にも満喫。とはいえ、転覆したり倒木にはまり込んだら厳しかっただろう。濡れてもよい服装、いざという時に川底で踏ん張れる靴の着用をお薦め。ライフベストとベンチクッションは借りられる。

Indian Springs Metropark

ミシガン南東部の自然を学習するEnvironmentalDiscovery Center (環境学習センター) があり、実験室やエコシステムについての展示、学習プログラムが充実している。池を水中から観察するためのガラス張りのドームが数年前に完成したが、水の透明度が低く、魚や植物はあまり見えないのが残念。プレーリー(草原)が多い公園。

Kensington Metropark

Kent Lake を包括するパークで、湖畔沿いのトレイル(8マイル強)は林間、原っぱもあり景色が良い。湖の探索用に乗り合いの観覧船のほか、レンタルの足こぎボート、カヌー、カヤックなどあり、メトロパークの中で最も充実してる。ペッティングファーム、ネイチャーセンターもある。湿地のトレイルは野鳥観察に絶好。

Stony Creek Metropark

Stony Creek Lakeを包括するパークで、湖畔1周のトレイルは8.3マイル。Kensingtonと似た趣だが起伏が多い。その起伏を利用したメトロパークでは唯一のマウンテンバイク・トレイルが充実している。ボートやカヌーのレンタルサービス有り。

Lake Erie Metropark

Marshlands Museum and Nature CenterというMarsh(湿地帯・潟)にフォーカスした博物館がある。猛禽類(鷲など)の生物の剥製展示の他、水辺の狩の歴史に関する旧式ボートやデコイの展示があるのがユニーク。エリー湖を臨む波のプール (Wave Pool) が人気。ただし波のプールはそれ程大きくはなく、他のプールは無い。

Lake St. Clair Metropark (旧称Metro Beech)

セントクレア湖に面する公園で、ボートランチ(艀)設備もあるがレンタルは無い。自然センターは規模が小さいが、野鳥の剥製の展示が充実しており、様々なプログラムを企画している。湖に臨むウォータースライド付きプールやSquirt Zoneという水遊び場があり、夏の人気スポット。対岸に並ぶボート施設を備えた民家を眺めるのも一興。

遠出してHoughton Lakeへ

近場のパークでのカヌーもいいけれど、一足伸ばして、さらに豊かな自然の中でカヌー体験をしてみるのもいいかも。デトロイトから車で約3時間北方のHoughton Lakeでは、カヌーをしながら様々な野生植物・動物に遭遇でき、森林浴効果も抜群。1-2時間のコースから半日、一日コースと様々ある。

カヌーの他にもチュービングやカヤッキングで川下りを楽しむこともできる。チュービングはグループでパーティー感覚で楽しみたい人にお勧め。ゆ~ったりした気分で自然を満喫したい方にはカヌーイングやカヤッキングがグー。

服装は水着または濡れても良いものでいく必要があるが、カヌーなどすべて貸出してくれる。初心者でも問題なし。Houghton Lakeの辺りには、下記のリスト以外にもたくさんカヌーができるところがある。White Birch Canoe Trips & Campgroundには緑豊かなキャンプ場もある。日帰りも可能だが、できれば泊りがけでゆっくり満喫したいもの。

http://www.whitebirchcanoe.com/
http://canoeatcampbells.com/
http://www.paddlebrave.com/webapp/p/6/rates.html

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。